年収から借入可能額を割り出すにはどうしたらいいの?

年収から借入可能額を割り出す方法なんてあるんでしょうか?

例えば私の年収は大して高いわけではありませんが、そこから銀行系カードローンを使ったら借入可能額はこのくらいとか、割り出せる方法などがあったり計算式があったりするのですか?

年収から借入可能額が割り出せるようなソフトやサービスなんかがあったら、教えてもらいたいです。どういうふうに計算しているのか、非常に興味がありますので。

年収から借入可能額はだいたいの推測はできる

まず結論から言うと業者によって借入可能額というのはかなり違います。

借入を最初はどういう年収の人でも5万円と統一しているところもあれば、5万円から始まって100万円まで最初は貸出枠を作っているところもあります。

これらは業者によってだいぶ考え方が違うのです。

なので年収から借入可能額を割り出す、ということ自体はかなり難しいと思ってください。

そういうソフトもなければ業者もシミュレーションでそういったことはわからないようにしているはずです。

シミュレーションでもわからないことなのですがある程度のあたりはわかります。

それは推測するしか無いのですが、推測というのがだいたいどういう業者かにもよるのですが、まずは口コミを見るのがいいでしょう。

口コミを見れば大体の人がどのくらいの金額からスタートしているのかというのがわかります。

例えば中小の業者で10万円からスタート、というところはどんなに年収があろうとも10万円からだし、他社借入が多かったとしても借入が得できる状態であれば10万円からスタートするでしょう。

こういった画一的な業者も中にはありますし、中小には多いです。

もう一つが大手の有名業者を使った時です。

レイクとかプロミスとか誰もが知っているような消費者金融を使った時ですが、これはだいたい年収の6分の1前後くらいで借入を始めるのが多い、とされています。
(⇒増額をするならレイクがおすすめ?

年収の6分の1ですから、もっと言えば総量規制の限界の半分です。

そこから返済をしっかりしているかどうか、信用ができるかどうかによってどんどん変わっていくというわけです。

信用が出来ると判断されたならば、総量規制の金額まで近づいていくというわけです。増額する余地を最初は残しておくと言われています。

銀行系カードローンの場合はだいたい年収の4分の1くらいが多いとも言われています。4分の1だと年収の半分という業界のルールまで増額の余地が残されています。

もちろんこれも業者によって前後しますし、審査が厳しいと言われているところほど少なめになるでしょう。

ですので、銀行系カードローンにしても消費者金融系にしてもまずは口コミをチェックしましょう。

そうすると年収から借入可能額の推測というのが出来るようになります。他社で借り入れしている金額などによっても変わりますのであくまで予想でしかありませんが。

あとは大手なら総量規制や自主ルールの半分くらいからスタートする、というように考えてもらえれば間違いはないかなと思います。

この辺りもある程度計算できるようなシミュレーションがあれば、どの業者を使うか選ぶ参考になるのですけどね。

【参考ページはこちら】
銀行で借り入れをするメリットとデメリット

年収から借入可能額が計算されて融資額が決定される

日常生活を送るなかでは、ときとして予定していなかった出費を強いられてしまうことも珍しくはありません。

そのような場合、日ごろの蓄えを切り崩すなどして必要な分のお金を用立てることができればいいのですが、蓄えが全くないという人やどうしても蓄えを切り崩したくないという人も少ないはずです。

そのような場面では、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどを利用する方法が一般的です。

キャッシングやカードローンは、その利用に際して所定の手続きをしなければなりませんが、手続き自体は非常に簡便になっているので、まだ一度もキャッシングやカードローンを利用したことがないという人でも安心して申し込むことができます。

また、キャッシングやカードローンの申し込みに際しては必要となる書類を予め準備しておかなければなりませんが、給与明細書や運転免許証などの身分証明書を用意すればいいだけなので、その準備に手間取るようなことはありません。

給与明細書や運転免許証などはどこの家庭でも自宅にあるはずなので、必要書類を準備するために役所に出向いたりする必要がないからです。

そのため、ある日突然、急にお金が必要になった場合であっても、すぐに必要書類を持って消費者金融や銀行の窓口に足を運べるというのがキャッシングやカードローンの大きなメリットのひとつになっています。

また、実際にキャッシングやカードローンを申し込みたいという場合、直接消費者金融や銀行の窓口に足を運ばなくてはならないと思っている人が多いでしょうが、近年ではスマートフォンや携帯電話、パソコンなどのインターネットに接続できる機器からの申し込みにも対応しているので、消費者金融や銀行の店舗が近くいないという人や、窓口に足を運ぶ時間がないという人も自宅や職場などからいつでもキャッシングやカードローンの申し込みの手続きをすることが可能になっています。

また、インターネット上からの申し込みの手続きは原則として24時間、いつでも受付をしてくれるので、たとえ真夜中にお金が必要になったとしてもすぐにその場からキャッシングやカードローンの申し込みの手続きをすることができます。

キャッシングやカードローンでは住宅ローンなどのように担保や保証人を求められることはありません。

そのため、初めてキャッシングやカードローンを利用する人であっても殊更緊張する必要はありませんが、実際にお金の融資を受けるためには所定の審査に通らなくてはなりません。

ただし、キャッシングやカードローンでは実際に融資が行われるまでの時間の早さをウリにしたサービスなので、それほど厳しい審査が行われるわけではありません。

基本的に二十歳以上で定職に就き、毎月安定した収入がある人であれば、審査に落とされる心配はありません。

ただし、全く収入のない無職の人や専業主婦などの場合、特にキャッシングではお金の借入を拒否されてしまいます。(こちらもご参考に→専業主婦でブラックでも借入できる?

仮に収入が全くない人にお金を貸した場合、そのお金が確実に戻ってくる保証はどこにもありません。

収入がない人の場合、借入れたお金を返済するためのお金をどこからか工面しなければなりませんが、なかには返済に充てるためのお金を他の消費者業者から借入れる人もいます。

そのようなことが何度も繰り返されてしまうといわゆる自転車操業と呼ばれる状況に陥ることになり、最悪のケースでは自己破産に至ってしまうこともあります。

もしも、お金を貸した相手が自己破産に至ってしまった場合、当然、融資をしたお金は戻ってこないことになります。

そのため、収入の全くない人ではキャッシングを利用してお金を借入れることはできないのです。

その理由としてはキャッシングの場合には総量規制の問題があり、消費者金融は消費者に年収の3分の1までしかお金を貸してはならないという決まりがあるからです。

そのため、収入のない無職の人や専業主婦の場合にはキャッシングを利用してお金を借りることは事実上、不可能となっているのです。

なぜ、このような決まりが設けられているかというと、消費者金融の業者があまりにも安易にお金を貸したり、消費者側があまりにも安易にお金を借りた場合、自分の返済能力を大幅に超えた借金を抱えてしまう恐れがあり、そのことが原因となって多重債務や自己破産に追い込まれてしまう人が増える危険性があるからです。

特にキャッシングの場合、お金を借りるための敷居が低く感じてしまう人も多いため、最初の何回かは節度を持った借入額となりますが、借入を何度も繰り返していくうちに借入額が増加していく傾向があります。

そのため、消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードの利用にあたっては年収から借入可能額が算出されるようになっているのです。

総量規制で決められているように、年収の3分の1以内であればよほどの事情がないかぎり返済が困難となってしまう危険性がないと考えられるからです。

また、総量規制による借入制限で気をつけておかなければならないのが、年収の3分の1というのは消費者金融などの業者一社ごとの借入額の制限ではなく、消費者金融や信販会社などの貸金業者からの借入額を合計した値となっていることです。

そのため、ある消費者金融から借入れの限度額一杯まで借入れてしまった場合、たとえ業者を代えたとしてもそれ以上の金を借りることができなくなってしまうのです。

キャッシングとほぼ同様のサービスとして近年、銀行が力を入れているのがカードローンですが、そのサービスの内容は基本的にはキャッシングとあまり変わりません。

ただし、キャッシングにはあってカードローンにはないものがあります。

それは総量規制の存在です。総量規制とはそもそも消費者金融や信販会社などの貸金業者を対象とした決まりなので、貸金業者というカテゴリーに属していない銀行は総量規制の影響を受けないのです。

そのため、銀行のカードローンの場合、年収によって借入可能額が制限されることはありませんし、場合によっては年収の3分の1を超える金額を借入れることも可能です。

つまり、必要になったお金がやや高額の場合、消費者金融のキャッシングではなく、銀行のカードローンに申し込んでみたほうが自分が希望する金額を借入れられる可能性が高くなります。

ただし、カードローンは銀行が提供しているサービスなので消費者金融のキャッシングと比較した場合、審査は厳しいと思っておいた方が賢明です。

しかし、原則として安定した収入があり、ブラックリストに載るような金融事故を過去に起こしていない人であれば審査の結果を恐れる心配はそれほどありません。

前述したように銀行のカードローンでは総量規制の影響を受けないため年収の3分の1以上のお金を借りることも可能ですが、初めてカードローンを利用するような人の場合、当面のうちは借入可能額は低めに設定されます。

なぜならば、カードローンの場合、住宅ローンのように土地や建物などの担保が必要なく、保証人も必要ないからです。

カードローンでは消費者個人の信用力という目には見えないものを担保としてそれに見合った金額を融資するため、融資をする相手が本当に信用できる人物であるかが判明するまでは高額のお金を融資することができないからです。

銀行側に信用できる人物であると認めてもらうにはカードローンで借入れたお金を期日までにきちんと返済していく努力が必要になってきます。

万が一、借入れたお金の返済を滞納してしまうようなことがあれば借入可能額の上限を上げてもらうどころか、逆に限度額を引き下げられてしまうこともあります。

そのため、カードローンを利用した場合にはきちんと毎月の返済計画を立てて、万が一にも返済が遅れないようにする心がけが大事になってきます。

また、いくら計画的にキャッシングやカードローンを利用したとしても予想外の出来事が起こって、当初の返済計画が狂ってしまうこともあります。

そのようなときに慌てないためにも、自分の返済能力で十分の返済できる範囲内でお金を借入れることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.