家電話は無しの借入審査って厳しくなりますか?

私はアパートに住んでいます。大学生のときから住んでいて、もう合計で8年くらいは暮らしていますね。

ずっと一人暮らしで、新卒で入れた会社に何とか正社員として勤務し続けられています。出来れば結婚したいですが、相手は居ません…。

なので相手欲しさに良く街コンや婚活パーティーに出たり、旅行に行っては現地の女性に話しかけたりと色々してます。

おかげで友達は増えましたが、彼女はできませんね…そうこうしているうちにそうした費用を使いすぎてしまい、ちょっと最近財布が寂しいです。

でもこれからカードローンに申し込むつもりなので、カードローンが出来ればそんな心配も不要ですよね?

カードローンはとても便利な存在で、いつでもお金を借りられて生活費の足しにできたりと、一人暮らしで頼れる人も少ない私にうってつけです。

それで、申し込む前に聞いておきたい事があります。借入審査では、連絡先として電話番号を書きますよね?

それで、家電話がある人は融資をとても受けやすくなると聞いたのですが、私は携帯電話とIP電話の番号しかないのですが…。

家電話無しの借入審査って、そんなに厳しくなるんですか?携帯が発達したから家電話は正直不要な気もするのですが…どうなのでしょうか。その点について教えて下さい。

家電話は無しでも大きな問題はありませんね

アパートって家賃安くていいですよね。

私は今では持ち家に住んでますが、学生時代にはお世話になりましたね…アパートだと壁が薄いところが多くて、隣の人によっては凄い迷惑を被る事もありますが(笑)。そういうトラブルはありませんか?

さて、今回はカードローンの申し込みで、家電話が重要かどうかについての話でしたよね?

家電話というのは携帯電話が発達するまでは連絡方法の主力とも呼べる存在でしたが、今では携帯電話が廉価に手に入るようになり、すっかり減ってきました。

とは言え、家電話というのは携帯電話に比べて取得が面倒であり、電話番号自体が一つの財産であるという見方も強いです。

そうした背景もあり、融資において家電話があれば審査でいくらか便利になるという事を覚えておくのも良いでしょう。

家電話が融資審査の有利にする理由の一つとして、家電話がある人は長くそこに住む傾向というのが強くなるのです。

金融業者というのは根無し草のような生活をしているのを安定面で嫌っていますから、これは理に適っていると言えるのです。

ただし、家電話が大きく審査を有利にするかというと、そうとも言えません。

どちらかと言えばあると有利になる…というレベルであり、質問者さんが心配されているような劇的な差というのはありません。その点は不安がらなくて良さそうです。

無いとは思いますが、そうした都合上家電話を融資審査の為に契約するというのは、リターンが少ないです。将来持てば記入する、くらいに思っておいて構わなさそうです。

【参考ページはこちら】
借入のおすすめQ&A

家電話は無しの借入方法はあるのか調べよう

急なお金が必要になったときに限って、出費が重なっていたり、お給料日までにはまだ日数があるということは珍しくありません。

どうしてもすぐにお金が必要という場合は借入をしてお金を用意することも考えてみましょう。

そして融資を受ける方法も様々ありますが、借入限度額や融資の迅速さ、金利などについてはよく比較して最適な借入方法を選んでいきましょう。

お金を借りるときは家族に相談して借りるという場合も多いですが、その出費が家庭のことではなく、個人的にお金を用意したいときなどは家族に相談なしで借り入れることも多くなっています。

借入をしていることをオープンしている場合もありますが、できることなら他の家族に知られずに借金をしたいと考える場合もあります。

そして、借入方法によっては家族に借入していることが発覚してしまう場合もありますので、申し込み方法についてはよく確認しておく必要があります。

そして、こうした場合は保証人や担保を必要としていないキャッシングやカードローンなどを選ぶことも多くなっています。

キャッシングやカードローンの場合は準備する書類も少なく済むのが特徴で、本人であることを証明できる書類を用意しておけばいつでもすぐに手続きにかかることができます。

キャッシングについては消費者金融が提供しているサービス、銀行が提供しているサービスがありますが、申し込み方法や融資限度額、金利、用意する書類などは業者により違いがありますので、よく比較してそれぞれに合ったサービスを選んでいきましょう。

キャッシングやカードローンの手続きは来店で手続きを行うこともできますが、特に急いでいるときや来店しているところを人に見られたくないなどの場合は来店不要の申し込み方法を選ぶこととなります。

来店不要の方法では電話、郵送、インターネットという方法が用意されています。

そして、この場合も郵送の場合は書類の取り寄せや郵送などの手続きで少し融資に時間がかかりますので、急いでいる場合は電話やインターネットで手続きを行うことが一般的です。

そして、この場合であれば、申し込み後はすぐに審査が開始されますので、短時間で審査結果がわかりますし、即日融資ということも多いものです。

電話での申し込みも便利ですが、他の家族が同居している場合などはやはり会話を聞かれてしまう心配もあります。

他の家族に知られずに手続きを行いたいという場合はインターネットを利用してみると良いでしょう。

インターネットの場合はまず金融業者の公式サイトにアクセスし、専用の申し込みフォームから手続きを行います。

インターネットの場合はパソコン、携帯電話、スマートフォンなどから手続きが行えます。
この場合は専用のフォームに必要事項を入力し送信します。

身分証明書や収入を証明できる書類などの送付もインターネットやファックスから行えるので便利です。

インターネットの良いところは他の家族がいても安心して手続きを進められることにありますが、そのほかにも24時間対応であることもあげられます。

それゆえ深夜遅くからでも手続きが出来ますので、忙しくしている人の場合もいつでも好きな時間を利用して手続きができます。

そして、手続き後は、本当に本人が申し込んだかどうかを確かめるための電話がかかってくることが多くなっています。

この場合は他の家族が電話に出てしまうと、借入の手続きをしていることが発覚してしまうのではと心配な場合もあるのではないでしょうか。

借入の申し込みの際には自宅の固定電話、そして勤務先の電話番号を入力することが多くなっていますが、この電話番号は本人確認や居住の確認、そして職場の場合は在籍確認にとても役立つものです。

携帯電話の番号で良い場合もありますが固定電話の番号を入力しておくとより信頼性が高まり、審査もより有利になる傾向があります。

そして本人が電話に出ると、本当に申し込んだか、申し込み内容についてなどの確認が行われ、その後は審査などの手続きが進められることとなります。

本人が出なかった場合は、後日まで電話がかかってくることが一般的です。

金融機関では、本人以外に内容を知らせないようになっていますので、もしも家族が電話に出た場合も借入をしているということを知られる心配はほぼないと言えるでしょう。

そして個人情報の保護をしっかりと行ってもらうためには大手の信頼性の高い業者を選んでおくことも大切です。

それから、固定電話への連絡が抵抗がある場合は、携帯電話にかけてもらう、もしくはメールで連絡してもらうという方法があります。

携帯電話やメールなら、すぐに本人が電話に出たり、確認ができるというメリットがあり、家族にも知られにくいので活用してみると良いでしょう。

申し込みの確認だけではなく、審査の結果についても電話で伝えられることがありますがこの場合も審査結果についての連絡方法を携帯電話やメールにしておくとすぐに本人が結果を知ることができますし、固定電話にかかってくるという心配もありません。

そして、今は一般家庭でも固定電話を持たない場合も増えていますし、一人暮らしの人の場合は最初から固定電話を使わず、携帯電話しかないということも多いものです。

こうした場合は、固定電話の番号が不要で申し込める業者かどうかも確かめておきましょう。

申し込みの際の対応については金融機関によって違いがありますので、まずは公式サイトなどで申し込みの流れについてよく確認しておきましょう。

業者によっては電話連絡や郵送物なしでインターネットのみで対応している場合もありますので、どうしても電話が困る、家電話は無しの借入にしたいという場合はこうした業者を選んでおくのも良いでしょう。

そしてインターネットのみで手続きを行う場合は、より多くの書類の提出が必要となることも多いので、どんな書類が必要なのか確認し、事前に用意しておきましょう。

電話連絡なしで借入の手続きができると家族に知られる心配はほぼなく手続きを行うことができます。

そして、借入の際はカードが必要になることも多いですが、郵送物についても、カードは自動契約機で受け取るなどの対応にしておけば留守中に他の家族が受け取る心配はありません。

さらにインターネットのみで手続きが行えるサービスを選んでおくメリットとしては職場への在籍確認も書類で行えることがあげられます。

自宅だけではなく職場への電話に抵抗がある場合もこうした方法を選んでおくと良いでしょう。

そして借入方法に問題がなく、返済も順調に行われていれば業者のほうから連絡がくるということはまずありません。

返済が遅れてしまったり、遅延を繰り返しているような場合は督促や自宅への電話連絡がある場合もありますので、そうしたことがないよう、返済はきちんと行いましょう。

もしも返済が遅れてしまうようなことがあれば、放置せずに業者に連絡をしておくことも大切です。

それから電話以外でも郵送物で借入が発覚してしまう場合もありますが、最近は業者の名前を記さずに郵送物を送ってくることも多くなっていますので、こちらも知られる心配はあまりないと言えます。

明細書などについては、今はインターネットから取引状況を確認できるWeb明細が用意されていることも多くなっていますので、インターネットで確認する方法を選んでおけば自宅に郵送物が届くこともありません。

家族に知られずに借入をしたい場合は家電話は無しの借入方法だけではなく、郵送物についての対応もきちんと行うことが大切です。

今は郵送物が不要のサービスも増えていますが、業者により対応方法は違いますので申し込み前にはそれぞれの業者の対応についてよく調べておきましょう。

家電話は無しの借入方法でわからないことがある場合は業者にメールなどで質問すると答えてもらうこともできますので、手続き前にはよく確認しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.