借入利息はどうやって決まる?出来るだけ安く借りたいです

融資の借入利息が気になっている25歳です。名前は宏(仮名)って言います。住みは東京で、運送系の仕事をしてます。

最近になってちょっと車を事故っちゃって、修理費とか罰金とか色々払わないといけなくて辛いんですよね…仕事中じゃなかったのが幸いかもです。

というわけで、その色々払う為にお金を借ります。そうなると、多分ほとんどの人が借入利息について注意しますよね?

借入利息が少ないと安くお金が借りられて、後から返せないって事にならなさそうで、良さそうに見えますけど、実際そうですよね?

だから、出来るだけ利息を安く借りたいです。そうなると、融資の利息の決まり方とか知らないと、下げる事も出来ないですよね?

どうもそういう話は普段しないし、調べたりもしないからこういう時に何も分からず、困っています…。

なので、借入利息はどうやって決まるか教えてもらえませんか?借入利息の決まり方が分かると、自分がどれだけの利息で借りられるかとかも分かるかもしれません。

仮に分からなかったとしても説明だけでもしてもらえませんか?

質問してばっかですみません。お金を安く借りないとピンチなので、よろしくお願いします。答えてくれる優しい人、本当にありがとうございます。

審査の上決定され、限度額によって変わります

宏さんは運転のお仕事をされているので当然運転は上手いと思いますが、いくら上手くても事故の可能性があるのが車ってやつなんですよね…

私はそもそもそこまで上手くないから、何回か罰金とか食らっててたまりませんよ。

かといって払わない方法なんていうのも無いから、お金が足りないなら借りるしかありませんね。

で、お金がないから借りるというのなら、当然出来るだけ安く借りるのが基本になりますよね。で、出来るだけ安い借入となると利息を下げないといけません。

借入の利息というのは、融資審査の上で決定されます。融資審査では返済能力に関わる部分をほぼ全て確認されて、その上で信頼出来る人ほど下がるという傾向があります。

確実に返してくれる人なら、安く金利を下げてたくさん借りてもらう方が良いですからね。

また、利息の数値は限度額という借入額によって変わってきます。
(⇒借入の利息に関するおすすめ情報

たくさんお金を借りるほど利息も下がっていく事になりますから、この限度額をいかに用意してもらうかというのが、利息を変えると言っても過言ではないでしょう。

総評として、収入や今までの借入利用と言った面が良い人ほどたくさんのお金が借りられて、利息が下がるという事になります。

その逆の場合は利息も最大値まで取られる事になったりしますので、注意しましょう。

それと、やっぱり初回の融資利用では金利も限度額もあまり奮いません。

やはり何度か利用して返済をきっちりこなさないと信頼も出来上がりませんから、初期の利息よりもじっくり下げていくという考えもまた必要となるでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行の金利よりも低い業者はある?

カードローンの借入利息はどうやって決まる

テレビなどで今やカードローン各社のCMが流れており、カードローンは便利で身近なものになっています。

カードローンは、カード1枚を作れば多くの業者が提携している銀行や全国のコンビニのATMが利用出来ます。

いつでも、好きな時に限度額までは借入や返済が出来る便利なものです。

使用用途なども、関係無く借入する事が出来るので便利です。

カードローンの申込を行う時の方法も、店舗に行かなくてもインターネット環境があれば何処からでも24時間申込が出来ます。

仕事や子育てに忙しい会社員や主婦などもなかなか金融機関に行く時間が無い人でも、パソコンやスマートフォンからすぐに申し込めます。

また急いでお金が必要な人でも、即日融資が受ける事が出来る業者も増えていますので便利です。

保証人なども基本必要ありませんから、気軽に借りる事は出来ます。

カードローンは、利便性が高く便利なものですが、借入をしたら返済をしなければいけません。

当然、借入利息が安ければ、月々の返済金額が安くなりますし借入利息が、高ければ月々の返済金額が多くなります。

返済が楽である事も大切ですから、金利の低い業者が求められます。

カードローンを申し込もうとすると、カードローンには金利について幅があります。

その金利の幅は、かなりあります。

当然誰もが、安い金利でお金を借入たいと思いますが、その金利が決まるのは個人、個人で違いがあります。

カードローンを扱っているのは、銀行や消費者金融、信販会社などですが、一番金利が分かりやすいのが銀行です。

銀行の場合には、どうやって決まるのか非常に分かりやすくなっています。

どこの銀行でも融資限度額や借入残高によって金利が決まり、金利は公式ホームページにおいて公開してあります。

多くの場合には融資限度額が高くなればなるほどに低い金利が適用されます。

金利の面だけで見れば銀行の金利が一番安いので、誰もが銀行でカードローンを組みたいと考えますがその分審査に厳しいという面があります。

他社で借入が複数あったり、収入が少ない場合などは審査に落ちてしまう事がありますし、審査に時間が掛かる場合があります。

急いでお金が必要な人や、収入が少ない人は消費金融や信販系の業者の方が審査に通りやすい場合が多いです。

しかし、銀行と違い消費者金融や信販会社は各会社により金利に違いがあります。

その要因はカードローン会社の資金力やブランド力なども影響してきますから、その会社の資金力やブランド力で各会社ごとで違いがあります。

消費者金融や信販系の会社は多くあり、中には多重債務者を抱える顧客を多く抱えている業者も多くあります。

多重債務者を抱えていると、貸し倒れのリスクが高い事からそういう業者は比較的高い金利を設定しています。

また、中小のカードローンの会社では、利率を高くして経営をしています。

会社側の事情により、金利は違いますが借りる側からみればカードローンの会社で金利が安い業者は審査が厳しく、反対に審査に通りやすい所は、金利が高めの設定になっている所が多いといえます。

大手の業者の方が、金利は低いですがその分審査が厳しいと考えたらいいです。

会社によっても違いますが、さらに個人、個人で金利は違ってきます。

カードローンの金利には、最低の金利と最高の金利が書かれており、それは申込んだ1人ひとりの人で金利は違ってきます。

それはどうやって決まるかといえば、最初にカードローンを作る時の審査で決まるのです。

カードローンを申込む時に審査が行われます。

申込の際には、勤務先や年収、他の業者に借入はないかや、家族構成など事を申込書に記入します。

申込後に審査が行われてその時に、勤務先や年収が高いなどの「社会的信用力が高い」と判断された人ほど、低い金利が適用されて借入限度額も大きくなります。

大手の会社に勤務している人や、公務員や専門職に就いている人は社会的信用力が高いと一般的に判断されています。

同じようにカードローンを申し込んでも、その人の信用力で金利が違ってきてしまうのです。

しかし、勤続年数が短いと審査に通らない場合があります。

勤続年数は、あまり知られていませんがカードローンを借りる際には大切で、勤続年数が1年以上ないと、信用力が無いと判断されてしまい審査に落ちてしまう場合もあります。

勤続年数が1年以上ない人は、勤続年数1年無い人は審査に落ちてしまう可能性があるので、勤続年数が1年超えるまで待った方がいいかもしれません。

他の業者から借入がある場合には、また信用力が変わってきます。

逆に、パートやアルバイトなどの場合や年収が低かったりした場合や、勤続年数が短いなどの場合には「社会的な信用力が低い」と判断された場合には高い金利が適用されてしまい、借入の限度額も少なくなります。

専業主婦でも、配偶者に安定した収入があればカードローンを組める業者は多くありますが、限度額はやはりパートやアルバイト同様に低くなってしまい金利は高めになってしまいます。

お金を貸す側であるカードローンの発行会社からすれば、社会的な信用力のある人の方が、安心してお金を貸せる顧客ほど優遇したいのです。

社会的な信用力がある人を優遇して、お金を多く借りてもらい社会的信用の低い人の限度額を低く抑えて、貸し倒れのリスクを防いでいるのです。

カードローンの申込をする前には、自分の勤務先や年収を考えて自分が社会的信用力が高いか低いかを考えて、自分がどの位置に、該当するか正確には分かりませんが、自分が金利が低い方か金利が高い方かを目安にする事が出来ます。

また最近では、業者によってカードローンの初回借入時に一定期間無利息になるものもあります。

一定期間無利息ですから、もしその期間に返済出来れば当然、無利息で返済する事が出来ますし、その期間に返済出来なくても一定期間は無利息ですからその分利息を抑える事が出来ます。

こういったカードローンを利用すれば、返済の利息を下げる事も可能になります。

カードローンを申し込む際には、金利がいくらかも大切ですが、その利便性も大切なポイントです。

例え、金利の低い業者でもATMなどで借入や返済などをする際にATMの手数料が掛かる業者であれば、長期間借入をしているとその手数料も大きな金額になってしまいます。

借入や返済の時にATMの手数料が掛からない業者を選ぶ事で、費用を抑える事が出来ます。

その為、カードローンの会社を比較してどの業者が利用しやすいかも大切な事です。

また、お金を借入をするわけですから信頼出来る業者であるかも重要なポイントです。

銀行やテレビのCMなどで流れている有名な消費者金融なら、利便性も高く安心出来ますので初めてお金を借りる人は大手の業者でカードローンの申し込みをする方が安心です。

今では、インターネットでカードローンを検索すれば多くのカードローンの会社の比較サイトが表示されます。

そういった比較サイトを見ればその業者の、特徴や金利などが詳しく見る事が出来ます。
また、多くの業者を比較する事で自分がどの業者を利用するのが一番いいか決める事が出来ます。

最近はホームページにシミュレーションが設置されていますので、まずはシミュレーションをしてみて月々の返済金額を比較してみる事も業者を選ぶ方法の1つです。

カードローンを申込む時には、慌てて申込を行わず慎重に業者を決めてその後慎重に申込書類を記入する事です。

もし、誤字や脱字があれば虚偽報告をしたとされて審査に落ちてしまいカードローンを借りられなくなってしまいます。

また、早くカードローンを借りようと何社も申込んでしまうとお金に困っていると判断されてしまい、結局カードローンが組めなくなってしまいます。

業者はみんな、信用情報機関の情報を見てお金を貸すか判断しますので、すぐに分かってしまうので気を付ける必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.