銀行借入での必要書類は消費者金融と違いますか?

銀行でお金を借りる為の、必要書類について今調べています。私は27歳まで実家で暮らしており、それから家を出ておよそ一年が経過しています。

一年ほど経った今、少しお金に困っていまして、銀行カードローンの作成を検討しているのです。

やっぱり実家暮らしに比べて一人暮らしは大変で、今月も少し計算をミスってしまい、その結果お金が足りないのです。

でも近場の銀行の支店でカードローンのパンフレットを見つけて、これを使おうと思ったんです。でも、パンフレットはごちゃごちゃしてて分かりにくくて。

だから、銀行借入での必要書類について聞いておきたいのですが、こちらは消費者金融とは必要書類が異なっていたりしますか?

こうした必要な物の解説は消費者金融の方が上手いのか、そちらのサイトでざっと確認しました。そうなると大体に種類ですよね。

身分証が分かる物と、収入が分かる物?で良かったですか?銀行だと消費者金融よりも何だか手順が面倒そうな印象が強く、普通に申し込んで作れるかどうか分かりません。

その疑問はきっちり解消しておきたいと思います。

銀行借入での必要書類というのは、消費者金融と違いますか?それだけでも構いませんから、教えて下さるとありがたいです。

ほぼ同じですが収入証明がちょっとだけ違うかもしれません

銀行のカードローンは低金利などで人気ではありますが、ユーザビリティという面ではまだ消費者金融に劣っているケースが多いですね。

消費者金融は大手だとサイトの構成やプランが洗練されていて、すんなりと使えるようになるというのは同意ができます。

しかし、消費者金融も銀行でも、カードローンを使う限りは融資を使うという事と同義です。

となれば、あまりにも大きな差があるとユーザーの不要な混乱を招きますし、どちらに申し込むかで色々変えたりせねばならず、面倒です。

そうした事もあってか、必要書類という点では、銀行と消費者金融に劇的な差はありません。

身分証明になるものと収入が証明できる書類の二枚さえあれば、基本的には申し込みができます。どんな書類が該当するかおさらいもしておきましょう。

身分証については、運転免許証やパスポート、住基カードなどが良く使われます。ただ、顔写真は意外と必須ではありません。

なので健康保険証などでも十分使えますから、いつも持っている身分証をチョイスすれば大体は問題無しでしょう。

また、収入証明については給与明細、源泉徴収票といった物があれば問題ありません。

どちらもサラリーマンならあるでしょうし、個人事業主などなら確定申告控えでも問題はありません。好きな方を使いましょう。

ただ、一つ補足をするとしたら、銀行カードローンの場合は総量規制がありませんから、収入証明が不要でも借りられる金額が多めです。

100万までは大体不要になりますし、銀行によっては200万まで借りる事もできます。

よって、大金を借りるならより銀行カードローンが楽で確実と言えるでしょうね。

【参考ページはこちら】
銀行借入のメリット・デメリット

銀行から借入をするための必要書類について

銀行から借入をする際には、いくつかの書類を提出しなければなりません。

いくつもの書類を提出しなければならない場合もありますし、あまり多くの書類を提出しなくて良い場合もあります。

必要書類はローンの種類によって異なっています。最も書類の提出が少ないのは、カードローンなどです。

必要書類が多いケースを考えてみましょう。

たとえば、保証人を必要とするローンの場合、保証人になってくれる人が、それを受諾したことを証明する書類が必要となります。

この場合には、保証人の身分証明をするための書類が必要となるケースもあります。そして、保証能力があるのかどうかを証明するための書類が必要となることもあります。

保証料力があるかどうかについてですが、これはたとえば収入を証明する書類があれば良い場合が多いです。

収入があれば返済することはできるのですから、それだけの収入があることを示せば良いわけです。

この場合、保証人に依頼して、保証人を引き受けたことを示すための書類に署名捺印してもらうことが必要になったり、収入証明をとってもらったりすることも必要となります。

担保を設定する場合には、そのためにも書類が必要となります。たとえば住宅ローンの場合には、購入するべき住宅を担保として設定します。

この場合、住宅を購入したことを示すために売買契約書などの書類を提出することが必要になるケースが多いです。

不動産担保ローンでも、やはりその不動産を所有していることを示すための書類が必要となります。

署名捺印をするときには実印を求められるケースが多いです。実印が必要となる場合には印鑑証明も提出しなければなりません。

そのためには印鑑登録を行わなければならないのです。印鑑登録は役所でできます。

登録するべき印鑑を購入し、そしてそれを役所に持って行けば簡単に移管登録はできますが、日数を要することもあります。

印鑑登録をしておけば印鑑証明はいつでもとることができます。保証人に対しても実印を求められた場合には、保証人も印鑑証明書を提出してもらわなければならないのが普通です。

ですから、必要書類はそれだけでも増えることになるのです。

保証人や担保を設定するときには、それらを設定するために多くの書類が必要になることは頭に入れておきましょう。

逆に考えれば、保証人も担保も必要ではない場合には、書類の数は減ります。その代表的なものがカードローンです。

カードローンにもいろいろなものがありますが、最近主流になっているものは保証人も担保も必要ありません。この場合、あまり多くの書類は必要ないのです。

カードローンのサービスを利用するときには、身分証明書だけで良い場合があります。たとえば、運転免許証があれば、それ以外の書類が必要ないケースもあるのです。

すでに銀行口座を開設している場合、その口座のオプションとしてカードローン口座を開設するのであれば、身分証明書の提出も必要ないことがあります。

ネット銀行に口座を開設している人の場合、画面上でカードローン口座の開設ができることもあるのです。

このように、カードローンでは簡単に口座開設ができ、そしてすぐにでも借りることができるケースが多いです。

ただ、この場合には極度額があまり大きくはならない傾向があります。極度額とは、借りることのできる最大の金額を指します。

ですから、たとえば極度額が100万円であれば、最大でも100万円までしか借りることはできません。

極度額は審査で決まります。500万円を借りたいと思っていても、審査の結果として100万円しか借りられないこともありますから注意が必要です。

極度額は審査で決まるのですが、大きくしようと思えば厳しい審査を受けなければなりません。そのために収入証明の提出が必要となるケースが多いです。
(⇒借入限度額に関するおすすめ記事

収入証明を提出しなければならない場合とそうではない場合の違いは極度額による違いなのですが、その基準はそれぞれで異なっています。

たとえば、200万円以上の極度額を設定したい場合には収入証明を提出しなければならないところもありますし、300万円までなら提出しなくても良い場合もあります。

消費者金融などの貸金業者の場合には、50万円を超える場合に収入証明を提出しなければなりません。

これは法律によって定められているからです。消費者金融は貸金業者の一つですが、この貸金業者を規制するための法律として貸金業法があります。

貸金業法では、保証人や担保を設定しない個人向けの貸付では、50万円を超えた場合に収入証明を提出しなければならないと定められています。

消費者金融から借りる場合には50万円が基準となりますが、銀行の場合にはそれぞれが独自に決めるという点に注意しておきましょう。

そして、たいていは50万円よりも高くなっています。200万円くらいなら、たいていは収入証明の提出をしなくても借りることができます。

ですから、提出したくないと思ったのなら、提出しなくても良いところを探せば良いだけのことなのです。

必要書類は少ない方が手続きが楽ですから、できるだけ提出しなくて良いものを探そうと考えるのは自然な考え方だと言えるでしょう。

しかし、提出するものが少ないと融資としては不利になることもありますから注意が必要です。たとえば、金利が高くなることもあるのです。

多くの銀行では、金利は極度額によって決まります。極度額が大きければ大きいほど金利は低くなると言うのが一般的です。

その差が10%以上にもなることがありますから、極度額はできるだけ大きくしておいた方が良いのです。

極度額を大きくするためには、先述しましたように収入証明の提出が必要になるケースが多いです。

その手間がかかるという点ではデメリットだとも考えられますが、金利が低くなることを考えれば、メリットの方が大きいとも考えられます。

たとえば、10万円だけ借りたいと思った場合、極度額は10万円で十分です。しかし、この場合でも極度額を800万円として申し込みをするのは良い方法です。

申し込んでも審査落ちになって、たとえば300万円までしか借りることができないこともありますが、申し込みをするときには、そこで借りられる最高の金額を申し込んでおくのが良いと考えられます。

あるメガバンクでは、10万円の極度額であれば金利は14%で、800万円の極度額であれば金利は4%となっています。

10%の違いは大きいと言わざるを得ないでしょう。それにしても、800万円も借りる必要はないと考える人もいるのではないでしょうか。

実際のところ、800万円の極度額を設定したからと言って、800万円も借りる必要はありません。

極度額は最大の金額ですから、10万円だけ借りても良いですし、実際には10万円に対してしか利息はかかりません。

有利に借入をしようと思った場合、提出するべき書類の数は大きくなると考えておいた方が良いです。

面倒であれば書類の数を減らすというのは良い方法ですが、その場合には極度額が小さくなって、金利は高くなる傾向があることも頭に入れておくべきでしょう。

ただ、その場合でも必ずしも不便になるわけではありません。

金利が高くなれば、確かに利息は大きくなりますが、その違いについてはそれほど大きくはならないことも多いのです。

特にカードローンではこのような傾向があります。

たとえば、10万円くらいの少額の資金を10日間だけ借りるといった場合、もしも金利が10%違ったとしても、利息の違いは300円弱です。

少額の資金を短期間だけ借りるのであれば、金利が少し高くても、それほど多くの利息の違いにはなりません。

書類を提出する手間を考えれば、数百円くらいならかまわないと思う人も多いのではないでしょうか。

このあたりを考えた上で、どのようなサービスを利用するのかを検討することが必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.