パートでもお金を借り入れることは出来るでしょうか?

家の近所のスーパーで、レジ打ちのパートをしています。大体、月に10万円近くの収入です。

最近、結婚式とお葬式が立て込んでしまい、ちょっと余裕がなくなってしまいました。

こんな私ですが、パートであってもお金を借り入れることは出来るでしょうか?ちなみに、旦那には秘密にしたいと思っています。

年収の1/3位ならば、どこであっても借りることが出来るわよ

2010年6月に完全施行された改正貸金業法によって、今までとは借り入れの状況が大きく異なる物となったわ。

今までだったならば、夫の年収がある程度あれば、消費者金融で夫に内緒でお金を借りることが出来たわ。

今はあなたの収入の1/3までなら内緒で借りることが出来るけれども、それ以上借りるためには、夫の書面による同意書が必要とされているわ。

夫の書面による同意書の提出によって、年収の1/3まで貸し付けるという制度があるのよ。でも、これは消費者金融に限られたことではあるけれどね。

でもね、夫の書面での同意書を認めている会社というのも、実は少ないのよね。

消費者金融の大手と呼ばれている会社は、ほぼ、夫の同意書の提出による貸し付けは行っていないのよね。しかも、夫に内緒にしたいというあなたの条件にも合わないわね。

だから、専業主婦はこういう時、銀行を勧められるわ。でも覚えておいてほしいことがあるの。それは、全ての銀行が専業主婦に対応しているわけではないという事よ。
(⇒専業主婦でも開業資金借りられる?

専業主婦であっても旦那様に定期的な収入があるならば30万位なら貸してくれる銀行もあるわ。

旦那様の収入を証明する書類を出せば、旦那様に内緒で借りることが出来るそうよ。でも、殆どの銀行は、定期的な収入があることを貸し付けの条件にしているのよ。

ただ、あなたはパートをなさっているようだから、その収入で借りた方が、自分自身も安心できるような気がするのよね。

どこの銀行であっても、消費者金融であっても、ある程度までなら貸してくれると思うわ。

それは、専業主婦のボーダーラインだと思われる30万円くらいになると思われるわけ。

つまり、あなたは銀行で借りることを検討するもよし、消費者金融でお金を借りることを検討してもよし。

だけれども、忘れないでほしい事があるわ。パートで暮らしているからこそ、借り過ぎないで欲しいわけ。

要するに、むやみに借り過ぎない事よね。借りる機会を自分で限定することと、必要な金額だけを借りることが大切だと思うわ。計画的に借りて、計画的に返せる範囲で利用することが大切だと言えるわね。

【参考ページはこちら】
専業主婦でブラックだと借りられない?

パートやバイトでも借入を行うことはできます

パートやバイトだと金融機関から借入ができない。

もしかしたらそんなふうに思いこんでる方もいらっしゃるかもしれません。

それは本当のことでしょうか?

パートやバイトだと、金融機関からお金を借りることは本当にできないのでしょうか。

結論からいえば、まったくそんなことはありません。

パートやバイトは雇用形態としては正社員に劣るものではありますが、それでも借入を行うことは十分可能なのです。

もちろん、どこからでも無制限に融資してもらえるというわけではありません。

借入ができる一定の条件というものはあります。

ただし、借入ができることはまぎれもない事実なのです。

ではまず、パートやバイトなど非正規の方は、どんなところからお金を借りることができるのでしょうか。

銀行についてはどうでしょうか。

残念ながら、非正規で銀行からお金を借りるのはかなり難しいといわなければなりません。

銀行といえばとりわけ審査基準が厳しいことで知られ、収入が低いことはもちろんアウトですが、雇用形態についても基本的に正社員でなければ審査に通りづらいというのが現状です。

銀行系と呼ばれる貸金業者であれば話はべつですが、正真正銘の銀行からの借入となると、パートやバイトでは難しいと考えていいでしょう。

よって、別のところから借り入れすることを考えなければなりません。

では、どこならお金を貸してくれるのでしょうか?

非正規でも審査が通りやすいのは、消費者金融系の貸金業者です。

消費者金融系にも大手から中小まで幅広くいろんな業者がありますが、この消費者金融な
ら非正規でもお金を借りることができます。

消費者金融にももちろん利用審査はありますが、もともと銀行の審査で落ちる人達にお金を貸すことを目的にしているところもあり、正社員じゃないからという理由で審査に落ちることはありません。

雇用形態がどんなものでも、一定の収入があり、なおかつ返済能力があり、回収可能であることが確認されれば、大体において融資を受けることができます。

とはいえ、どこの消費者金融でも利用審査は設けられているので、その審査にパスできるように属性を備えておく必要があります。

消費者金融の利用審査でチェックされることは、収入、勤務先、勤務年数、居住形態、加入保険の種類、他社からの借り入れ状況、過去の金融事故履歴などとなっています。

こうした一つ一つの審査項目で基準をクリアすることができれば、利用許可が下りて融資が受けられるようになります。

では、それぞれの審査項目におけるチェックポイントを見ておきましょう。

まず収入についてですが、収入はもちろん毎月の金額が多いほど審査が有利になります。

しかしそれだけではなく、収入に安定性と継続性があることも重要です。

ある月の収入は多いが、別の月では極端に少ないなど、安定性や継続性に欠ける場合は審査が不利になることもあります。

次に勤務先ですが、勤務先の項目で問われることは、まず勤務先の規模です。

規模が大きければ大きいほど経営の安定性を示すものとなり、ひいては収入の安定性を担保するものもなります。

したがって、勤務先の規模が大きいと審査は格段に有利になるといえます。

ただし、必ずしも勤務先の規模が大きくなくても、公的機関など景気の波に左右されない職場に勤めているなら問題ありません。

勤務年数は、もちろん年数が長いほど返済能力が高いとみなされ、審査では有利に働きます。

居住形態についてはどうでしょうか?

居住形態でポイントになることは、自分で建てたマイホームに住んでいるか、それとも賃貸住宅に住んでいるか、ここがポイントになります。

このうち、審査で有利になるのはマイホームに住んでる場合です。

マイホームに住んでる場合は、借りに返済が滞っても資産を切り崩して返済ができるため、その分のアドバンテージがあります。

一方、賃貸住宅に住む場合は保有資産で借金を返すことが難しいので、この点ではマイホームより不利になります。

ただし、賃貸住宅に住んでいても、毎月の家賃の支払いが安定しており、なおかつその状態が長く続いているのであれば、審査が不利になることはありません。

他社からどのぐらいの借金をしているか、いわゆる他社借り入れ状況も審査項目となります。

この場合は、いうまでもなく借金の金額と件数がポイントです。

金額と件数が許容範囲であれば問題ありませんが、教養範囲を超えている場合は、審査が不利になったり、あるいは利用困難となる場合もあります。

これについては、収入に安定性がある場合でも不利になることがあるので注意が必要です。

どこで融資を受ける場合でも、他社からの借金はできるだけ少なくしておくのが鉄則です。

さて、信用情報も審査項目のうちですが、その象徴といえるのが過去の金融事故情報です。

ここはとても重要な審査項目となります。

過去の金融事故とは、具体的には、自己破産、債務整理、強制解約、返済遅延などがあります。

過去にこうした金融事故を起こした履歴をもつ人は、審査が不利に働いたり、あるいは即アウトという可能性もあります。

これは貸金業者が回収不能になるリスクを避けるための措置といえます。

今現在どれだけ収入が安定していても、過去の大きな金融事故を起こした履歴をもつ人間に、簡単に融資することはできないのです。

したがって、融資を受ける人は、できるだけ信用情報をクリアーにしておくことが大切です。

さて、消費者金融の審査についてですが、その仕組みについても知っておくようにしましょう。

消費者金融で行われる審査の仕組みは、2段階方式になっています。

すなわち、仮審査と本審査の2段階システムです。

初めに、申込者の概要を機械的に審査する仮審査が行われ、その後で人の手による本格的かつ詳細な本審査が行われます。

このうち、仮審査は機械的なものなのでよほどのことがない限り誰でも審査に通りますが、本審査になるとより詳細なチェックが入るので、ここで落ちてしまう人も少なからずいます。

このような審査の仕組みについてもぜひ覚えておきましょう。

また、借りに消費者金融から融資が受けられることになったとしても、それですぐに大喜びしてはなりません。

借金をすることはそれだけでリスクになりますし、消費者金融特有のデメリットというものもあります。

したがっていざ利用するときは、そうした注意点やデメリットについても理解しておかなければなりません。

例えば、消費者金融は銀行と比べて金利が高く設定されています。

これは審査基準が緩いことへのバランスをとるための措置ともなっていますが、銀行と比べて金利負担が重いものになるので、この点に注意しておかなければなりません。

特に借り入れ期間が長くなる場合はそうですが、借り入れ期間が短くても、事前にしっかりと金利計算を行っておき、綿密な返済計画のもとで順調に返済ができるように、備えをしておく必要があります。

こうした返済計画、また金利計算を行うことを怠るなら、返済負担をどんどん重くしてしまったり、最悪の場合は返済不能に陥ることもあります。

くれぐれもこの点は注意しておきましょう。

また、返済の仕方にも注意が必要です。

消費者金融から融資を受けた場合、その返済方法にはいくつかの選択肢があります。

従来からある窓口返済をはじめ、ATM返済、コンビニ返済、自動口座引き落とし、インターネットからの返済も利用できます。

どの返済方法を選んでも自由ですが、それぞれの方法に特徴がありますので、それをよく見極めたうえで、自分に合った返済方法を選ばなければなりません。

例えば、ひどく物忘れのひどい方は、返済期日が過ぎてしまわないように、自動口座引き落としを選択することができます。

また、借金をしていることをいつも自覚しておきたいという方は、対面での返済となる窓口返済を選択することができるでしょう。

さて、非正規の方が融資を受ける場合は、以上のようなポイントをチェックしておいてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.