パート主婦は借入審査に通過できるのでしょうか?

こんばんは、私の名前は愛子(仮名)です。とある歌手が好きなのでこの仮名を使わせていただきます。融資に関して質問がありますので、どうかよろしくお願いします。

私は結婚してから、パートタイムとして仕事をしています。スーパーの品出し業務です。仕事自体は他のパートの人と仲良く出来ていますし、特別大変な事もありません。

ただ、結構時給が安いのが困りものです。扶養控除内ですが、それでも低めと言えます。

なので、家計の足しにして残った分だけだと、正直言ってかなり自由に使える分がありませんので、それが結構ストレスになります。

私は趣味でおしゃれをするのが好きなので、独身時代と違ってそれが自由にできないというのが辛いです。せめて新作の服だけでも買えるようになりたい…。

そこで検討しているのが、カードローンやキャッシングによる融資です。

こうした借入ならカード一枚でいつでもお金が借りられて、毎月少しずつ返していけるから、家計への影響も少ないと思います。ただ、そうなると気になる事があるんです。

カードローンというか借入全部が、主婦にとって厳しいと聞いています。

専業主婦の友達は、融資審査に申し込んでもすぐさま落とされてしまってお話にならなかったとぼやいていました。

主婦だとやっぱり男の人に比べて審査に取りにくいんですね…。

でも私はパートをしていて自分のお金で返す事ができるのですが、それでもダメなのでしょうか?どうかお答えください。

パート主婦なら小額なら普通に借りられます

愛子さん、こんばんは。主婦業、そしてパート勤務お疲れ様です!

私は独身女ですが、結婚願望もありますけど、やっぱり家庭に入るとなかなかお金も好きに使えないみたいで大変そうですね…参考になります。

主婦の人が融資を受けられないっていうのは、結構有名な話ですよね。

何でも昔は主婦の人にも普通に貸し付けていて、それで破産者が多かったから止めたのだとか…それならしょうがないと思う反面、返せる人にとっては困った話ですよね。

だから収入が無い専業主婦は今ではどこも貸してくれないって事で有名ですけど、実はパート主婦の方もそうなのかで言えば、そんな事は無いですよ!

そもそも、カードローンみたいな小口融資は『パートタイムOK!』としているところがとっても多いんです。

専業主婦の場合は自分の収入が無いという事で返済能力が0になっちゃいますが、パートタイムだと自分の収入があるという事で、その自分の収入の中から融資額っていうのも決められるんです。

だから大金を借りるのは難しいですけど、10万くらいなら用意してもらえると思います!

パート主婦っていうのは、主婦である前に金融業者からすれば、きちんと収入のある一人の人間なのです。

だから気にせず、審査を受けるようにしてみてください!特に普段使っている銀行だと、融通が利きやすいみたいですよ!

【参考ページはこちら】
借入が家族にバレたらどうしよう?

パート主婦の借入方法はどんな種類があるのか

何らかの理由でお金を借りなくてはいけないことがありますが、やはり借入をするには返済能力があると認められることが大切です。

まったく収入がないなどではやはり返済するあてがないと判断され、審査もクリアできな可能性は高いものです。

まったくの無職という場合は、やはり貸してくれる業者はないと考えておいて良いでしょう。

主婦の方の場合は家計を管理していることもあり、お金のことで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

突然の冠婚葬祭など予期せぬ出費が出る場合もありますし、さらに家電や生活用品の購入、子供の学費、習い事の費用など様々なお金が必要となりますので、家計のやりくりはやはり大変と言えます。

そして、やりくりで借金をせずに生活が行なえているという方も少なくありませんが、やはりどうしてもお金が用意できないという場合もあるものです。

そして、そういった場合は何らかの形で借金をしてお金を用意したいということもあるのではないでしょうか。

主婦の人がお金を借りることができるのかということとなりますが、主婦にも様々なタイプがありますので、そのタイプによってもお金を借りる方法は変わってきます。

お金を借りられる条件についても知っておきたいですが、やはり最低条件としては安定した収入があることがあげられます。

そしてこの場合も継続して安定した収入があれば、アルバイト、パート、派遣社員、自営業などの人にも利用できることが多くなっています。
(⇒様々な職業の方におすすめの借入情報

そして申し込みの際には必要事項を入力していきますが、この場合は住所や氏名、電話番号、さらに勤務先の情報や、年収、勤続年数なども入力することとなります。

まず、まったく仕事を持っていない専業主婦の場合は勤務先の情報や年収などは記載できませんので、やはり消費者金融などで借りるのは難しいと言えます。

消費者金融の場合は総量規制がありますので、その人の年収の3分の1までの金額を借りることとなりますが、そもそも収入がないとなると審査をクリアすることはできなくなります。

そして、銀行のカードローンの場合は、配偶者の方に安定した収入があれば利用できることも多くなっています。

消費者金融を利用したい場合は配偶者貸付を利用することとなりますがこの場合は配偶者の同意が必要となりますので、申し込み方法や条件はよく調べておきましょう。

家庭で必要なお金の場合は、夫婦で相談しながらお金を用意するという場合もありますが、借金の理由によっては家族にも知られたくない場合もあるものです。それゆえに配偶者の同意なしで借りたいという場合もあるのではないでしょうか。

パートやアルバイトなどで収入がある人の場合なら、特に配偶者許可が必要なく、本人の名義で借りることができます。

パートなどで収入がある場合ならまったく仕事を持っていないという主婦の人に比べてさらに選べる金融機関の幅も広がります。

本人の名前で消費者金融でも、銀行のカードローンでも申し込むことができますので、それぞれに合ったサービスを選んでいきましょう。

パートの場合は収入があまり多くないこともあり正社員の人に比べてやや審査が厳しい場合もありますが、それでも勤続年数が長い場合などは信頼もつきやすく審査もクリアしやすいと言えます。

そして、このときも審査に受かりたいからと、年収や勤続年数を多目に書くことは避け、正直に記入することが大切です。

消費者金融と銀行のカードローンの違いについても知っておきたいですが、まず消費者金融は総量規制の対象であるのに対し、銀行は対象ではありません。それゆえに年収の3分の1以上の借入をしたい場合などは銀行を選ぶこととなります。

さらに利息は銀行のほうが低金利の傾向がありますが、こちらも申し込みの際にはよく比較しておきましょう。

カードローンの場合は手続きも比較的簡単で即日にも融資を受けることができるのがメリットです。

緊急の場合にもすぐに対応が出来ますので、急いでお金を用意したい場合などは活用していくと良いでしょう。

業者選びについては業者の信頼性の高さ、そして、利息、借入限度額、融資の迅速さなどはよく比較しておきたいところです。

選ぶのに悩んだ場合は比較サイトなども良い参考となります。サービス内容は似ていても、それぞれ少しずつ内容は違いますので、よく比較しておきたいところです。

それから、今は女性用のローンを用意している業者も多く、オペレーターなども女性が対応してくれますので、より安心して相談することができます。

初めて利用するという場合などはこうした女性専用のサービスを活用してみるのも良いでしょう。

業者選びに悩んだ場合は、できるだけ大手を選んでおきましょう。大手業者は審査も厳しい傾向にありますが、サービス内容も優れていますし、うっかり悪徳な業者を選んでしまったということを避けることができます。

そして中小の業者から選ぶ場合であっても、焦らずその業者の情報はよく確認しておきましょう。

業者が選べたら、いよいよ手続きを行うこととなります。まずは準備する書類をチェックしておきましょう。

審査では本人であることを確認できないと手続きを進めていくことはできませんので、本人であることが確認できる書類を用意しておきます。

写真つきの運転免許証は特に信頼性が高いと言えますが、持っていない場合はパスポートや健康保険証などを用意しておきます。

そしてこうした書類があれば手続きは行なえますが、借りる金額によっては収入が証明できる処理が必要です。

消費者金融の場合は50万円以上の借入を刷る場合、他社と合わせて100万円を超える借入をする場合は収入を証明できる書類が必要ですので、こちらも用意しておきます。

手続き方法ですが、こちらも様々な方法が用意されています。

来店する場合は店頭で窓口で手続きをすることもできますし、無尽契約機は人を介さずに画面を見ながら手続きが行えます。

さらに今は来店なしで申し込める方法を選ぶ人も増えています。

来店なしで申し込みができる方法としては、まずは郵送があり、こちらは書類を取り寄せて、記入し、また返送してから審査が行なわれることとなります。

審査にクリアすれば、カードが送られてきますがこの方法はやや時間がかかりますので、余裕を持って用意しておきたいところです。

急いでお金を必要としている場合には電話やインターネットが便利です。いずれの場合も24時間対応していることが多くいつでも好きな時間を利用して手続きができます。

特にインターネットの場合はオペレーターとのやり取りの手間がなく、スピーディーな手続きができます。
初めて手続きする場合などは質問しながら手続きが行える電話を選ぶのも良いでしょう。

審査の結果については、簡易審査の結果は30分程度で得ることができますので、契約内容を確認し、手続きを進めていくこととなります。

そして本審査も無事クリアできればその日からも融資を受けることができます。

審査で確認される内容は、まずは本人の情報、さらに職場の情報の確認があり、本当に在籍しているかなどのチェックもあります。

さらに現在、他に借金がある場合はその件数や金額も確認されます。

そして、過去に金融で何らかのトラブルが起きていないかなども確認され、問題ないと判断されれば融資が利用できるようになります。

来店の場合はその場での融資となりますが、インターネットや電話の場合は振込みでの融資となりますので、振込みしてもらいたい口座についても伝えておきます。

カードの受け取り方法については、郵送で受け取ることもできますし、あとで無人契約機で発行させるという方法もあります。

さらに明細書などの書類についても今はインターネットで確認することが増え、郵送物は送られない傾向にあります。

業者により対応が違いますので、郵送物の有無や明細の受け取り方などもよく確認しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.