南都銀行は借入先として大手よりも先に使うべき?

私の地元には地方銀行で南都銀行というものがあります。あまり知られていない地方銀行かと思いますが、一応はかなり地元の人達には信用が置かれているものです。

場合によっては南都銀行の方を大手銀行よりも先に使うというような人もいたりするくらいです。

なので南都銀行を使うのがいいというのは間違いないのですが、大手と比較して客観的に見るとどちらのほうがいいのでしょう?

地元びいきも入ってしまっているのでどうしても客観的な評価ができないのですが、大手よりも先に使うべきなのでしょうか?

南都銀行は十分大手と並ぶだけ借りやすくて使いやすい

南都銀行が大手と並ぶかどうか、どちらを先に使ったほうがいいのかという話ですけれどもこれはなかなか判断が難しい話ではないかなと思います。

南都銀行が大手と並ぶかはたしかに地元の人達にとって見れば良い銀行に見えるでしょうが、客観的に見てもそれは同じでしょう。

実は南都銀行というのはかなりいい地方銀行の一つである、といえます。もしかすると大手と並ぶかそれ以上と言ってもいいかもしれません。

少なくとも地元の人にとって見ればあえて南都銀行を使うことに、マイナスの意味は出てこないでしょう。

ですので南都銀行でも大手の銀行系カードローンでも、消費者金融でも好きなモノを使えばいいと思います。

地方銀行は今や大手に比べて劣っているというように言えない時代になりました。ただ、南都銀行を使った方がいいという人の傾向というのはある程度存在しています。

まず南都銀行の地元にいる人達です。南都銀行は奈良県の銀行ですから、奈良に住んでいる人にはピッタリです。

逆に言えば奈良に住んでいない人、さらに言えば奈良からどんどん離れると支店もほとんどなくなってしまいますから、そういう人はつかないほうがいいでしょう。

地元の人でかつあまり遠くへ行かないという人には使える銀行系カードローンです。

逆に遠くへ行く人、遠くに出張などをして、そこでお金を借りることがあるという人には使いにくいでしょう。

大手の銀行系カードローンのほうが使えると思います。

もう一つ、南都銀行は地方銀行ですから審査が少しだけ銀行系カードローンの大手よりも甘めになっています。

かなり甘いというわけではありませんから、だれでも使えるというものではないですが、それでも通りやすくはなっていると考えられます。

なので南都銀行の借入の方が通りやすいので、多くの人が使いやすいとも言えるかもしれません。

大手の銀行系カードローンは楽になってきたとはいえ、やはりまだまだ借入のハードルは高めに設定されているのは間違いありません。

だから審査に通る自信がないという人は南都銀行での借入というのはいい方法だと思います。

決して金利や借入金額などもそこまで悪くはないですから、使っていて大きな損をするということはありません。

南都銀行を始めとした地方銀行系のカードローンも今はいい選択肢なのです。

【参考ページはこちら】
銀行と銀行系・消費者金融のカードローンに違いはある?

借入れなら南都銀行の豊富なラインナップから

奈良県奈良市に本店を置く南都銀行は、昭和9年の創立以来、地域の経済的発展に貢献してきており、現在でも地域密着型金融としての取り組みを推進しています。

最近は奈良県内だけでなく大阪府内への営業も強化しており、これからもますます成長が期待できる銀行です。

そのような南都銀行ですが、積極的なのは企業など法人へのアプローチだけではありません。

個人向け融資などにも力を入れており、目的ローンやフリーローンなどのローン商品のラインナップも充実しています。

顧客の人生の節目のイベントなどに、資金面で貢献できるような取り組みがなされているのです。

その一例が南都銀行が提供するカードローン「キャッシュクイック」と「E-PACK」です。

どこでも好きな時にキャッシングできるカードローンは最近高い支持を集めており、消費者金融をはじめ大手、地方問わず多くの銀行でもこの商品を販売していますが、このキャッシュクイックとE-PACKも他の金融機関に負けない利便性を備えており、利用するメリットのたくさんあるカードローンです。

キャッシュクイックの特徴はこの銀行に口座を開設していない人でも利用できることにあります。

口座を有していない場合でもインターネットから利用を申し込むことができ、店舗を訪れる必要もありません。

しかも24時間365日申し込みを受けつけているので、急な出費にも対応してもらうことができます。

申し込み方法も簡単です。ホームページ内に設置されている申し込みフォームに必要事項を入力し、送信するだけで仮審査を受けることができます。

審査の結果は電話で連絡されるので、合格していれば郵送またはFAXにて正式な申し込みを行うことになります。

後日ローンカードが発行されれば、そのカードで借入れをすることができるようになるのです。

さらにこのキャッシュクイックの便利なところは、最短だと申し込みを行ったその日のうちに、キャッシングできることにあります。

申し込んだ時間帯により対応してもらえない場合もありますが、電話からの申し込みを午前中など早い時間帯におこなえば、その日のうちに利用できる可能性があるのです。

このスピード感は銀行ではあまりなく、消費者金融並みの顧客サービスを実現しているといえます。

このように便利なキャッシュクイックの具体的なスペックを紹介すると、まず借り入れ限度額は最大で300万円です。

契約時の年齢が20歳以上65歳未満で安定した収入があることが借入れの条件となります。

ただし正社員である必要はなく、パートやアルバイトでも安定した収入があると認められれば利用は可能です。

ただしこの銀行の営業区域内に居住していることが必要です。

年率は保証料込みで14.95%と若干高めですが、これに関しては上記のような利便性を考慮すればやむを得ないところです。

ただ郵便局やコンビニなどの提携ATMから随時返済が可能ですので、これを上手く利用すれば利息の総支払額も抑えることができるでしょう。

次にもう一つのカードローン、E-PACKについてですが、このカードローンは当銀行に口座を有している人向けに開発された商品です。

利用限度額が20万円型、50万円型、70万円型、100万円型の4種類のタイプが用意されており、目的に合わせて選択することができるようになっています。

年齢条件はどのタイプも20歳以上60歳未満となっていますが、それ以外の要件は利用限度額のタイプによって異なります。

20万円型の場合の収入要件は、安定継続収入があることを求めており、配偶者の収入を条件に専業主婦の申し込みも可能となっています。

50万円型のタイプの場合は勤続年数が問われます。サラリーマンの方なら同一勤務先に3年以上勤務していること、自営業者であれば営業開始後3年以上経過していることが要件となります。

また収入要件も安定継続した収入のほかに前年度の税込み収入が200万円以上あることが求められます。

また居住形態についても持ち家、もしくは公社、公団、社宅に1年以上居住していることが条件となります。

70万円型のタイプは勤続年数に関しては50万円型のタイプと同様の条件設定がなされていますが、収入要件の前年度税込み収入が200万円以上から250万円以上にアップします。その他の居住形態に関する条件は50万円型のタイプと同じです。

100万円型のタイプは最も利用限度額が大きいこともあり、利用条件も多少厳格になります。

勤続年数や居住形態に関する条件は50万円型、70万円型のタイプと同様ですが、収入要件である前年度の税込み収入が300万円以上あることが求められます。

またこれらのタイプとは別に、利用限度額が200万円型と300万円型のタイプが用意されていますが、これらのタイプについては利用条件等が上記の4種類のタイプとは異なりますので、詳細については窓口で問い合わせることが必要になっています。

このようにE-PACKの利用条件は、キャッシュクイックと比べると銀行らしく厳しく設定されている印象ですが、そのぶん利便性についてはしっかりと確保されています。

たとえばこのE-PACKには自動油脂機能が付帯しており、公共料金やショッピング料金の引き落としの際に、万が一残高が不足している場合でも、自動で不足分を融資してもらうことができるのです。

また南都銀行のインターネットバンキング、モバイルバンキングを契約している場合には、パソコンや携帯電話などを利用して自宅やお出かけ先からキャッシングを利用することも可能です。

もちろんゆうちょ銀行など提携金融機関のATMをはじめ、全国のコンビニに設置されている提携ATMから、いつでもキャッシングや借入金の返済をすることもできます。手数料も無料です。

ここまでは南都銀行のカードローンについて述べてきましたが、当然このほかのローン商品のラインナップも豊富です。

なかでも使途が自由なフリーローンは、他社からの借入れをひとまとめにするおまとめローンとしての利用も可能ですので、非常に役に立つローン商品となっています。

当銀行のナントフリーローンは申込時の年齢が20歳以上で、完済時に70歳以下であれば申し込むことができます。

収入要件は安定継続した収入があることです。営業区域内に住み、銀行のポイント制度であるナントポイントサービスに加入することも条件となります。

融資金額は10万円以上500万円以下となっていますが、この金額に応じて融資期間が異なります。

融資金額が300万円未満であれば7年以内、300万円以上であれば10年が融資期間となります。

金利は変動金利が適用されますが、ポイントサークルの特典を利用すれば最大で年率1.0%の金利が引き下げられるほか、IC一体型クレジットカードを契約すれば別途0.3%の金利引き下げを受けることもできます。

このほかにも趣味や旅行などにも使用できる多目的ローンをはじめ、住宅ローンやマイカーローン、リフォームローンなど王道とも呼べるローン商品のラインナップも充実しています。

また省エネを目的としたリフォームや、エコカーの取得に利用できるエコローンという環境に配慮した商品もあり、社会や顧客の多彩な要望に応えられるようになっています。

ただこのように便利なローン商品ですが、使い方を誤れば、多重債務の状態に陥ってしまうリスクも少なからずある商品です。

そのような状態にならないためには計画性を持った利用が不可欠ですが、そのためにはローンシミュレーションの利用が重要になります。

銀行のホームページ内に設置されているローンシミュレーション機能を利用すれば、毎月の返済額や返済期間の目安を知ることができます。

事前にそれを利用して、具体的な利用計画や返済計画を立ててから、ローンの申し込みをおこなうようにすると安心です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.