借入が多いが50万円貸してほしい場合に使える業者を紹介して!

すでに私は40万ほどの借り入れがあります。

この借金の理由がお恥ずかしいのですが、ちょっと女性絡みの事でして…今はすっかりと解決しましたが、本当に女って怖い生き物です…今後は女遊びは止めて、真っ当に、そして静かに生きていけたら…なんて考えていますが、好色なのはなかなか治せないのが困りものです。

早く結婚するしかないかなぁ…まあ借金持ちと結婚したがるなんてまず居ないと思いますが。

とは言え、今は前向きに生きており、最近になって資格取得をしてもっと社内での地位を高めようと思っています。

しかしこの資格、特殊性が強い為か取得の為の資金が結構必要になっています。

借金持ちの私がそんな余裕のあるお金を用意出来るわけも無く、もしも今すぐ準備をするとしたら借金しか無いわけですが…まだ懲りていないの?と思われるのを承知でお尋ねいたします。

借り入れがすでに40万ある私でも、50万ほど貸してほしい場合に使える業者なんてあるのでしょうか?

もしも借りられるとしたら合計90万、大抵の金融業者なら躊躇する金額であるのは承知しています。

それでもOKと言ってくれる心の広い金融業者をご存知でしたら、是非とも紹介のほどをよろしくお願いします!

総量規制外の金融業者なら希望はあるかもしれません

女性がらみの借金ですか…バックに怖い人とか絡んでいそうな案件ですね…深くは追求しませんが、基本的に都合よくすり寄ってくる女性は所謂ハニートラップを警戒した方が良いですよ。

男性ってどうしても女性より単純になってしまいがちですから、そこを利用してくる女性の多い事…誰も信じられないなんていうとちょっと悲しいかもしれませんが、そんな時代だと割り切って立ち回るしか無さそうですね。お互い未婚同士頑張っていきましょう。

さて、女性のせいで借金をしたというのはさておき、資格の為に融資を受けるというのは確かに前向きな感じがして良いですね。

でも、すでに借金を抱えているのに50万もの融資額を希望するというのは、なかなか厳しいと言わざるを得ません。

特に総量規制により年収の三分の一まで融資額を制限されてしまっている、消費者金融の場合は特にそうなりますね。

どれくらいの年収があるのかは存じておりませんが、合計で90万借りるとしたら最低でも270万の年収は必要となります。

そこで頼るべきは銀行では無いでしょうか?銀行の場合、この総量規制の対象にはなりません。

つまり今現在40万借りていたとしても、それが銀行から借りるお金の限界に関係しているわけではありません。

これからお金を貸し付けるにしても、きちんと返済能力があると判断してくれたら、銀行はちゃんとお金を貸してくれるでしょう。

ただ、この返済能力には収入も含まれているのが問題です。

消費者金融だと問答無用で年収の三分の一以上はアウトですが、銀行の場合はそうした目安が無い分逆に難しいかもしれません。

一説によると銀行は年収の半分くらいまでは希望がある…という話ですが、それでも実際に受けるまでは分からないのが実情でしょうね。

現状で借りるというのは厳しいですが、資格取得の為にもなんとかして借りられるように、時には金融機関に直接向かっての相談もお勧めします。

【参考ページはこちら】
誰にもバレずに借入するには?

借入が多いが50万円貸してほしい場合は借り入れ可能か

消費者金融や銀行のカードローンというキャッシングは今や身近な存在になり、多くの人が利用をしています。

キャッシングを申し込める人の基本条件としては年齢が満20歳以上の成人で安定した収入があることです。

安定した収入があればパートやアルバイトでもよいという金融会社も多くあります。

ただ消費者金融の場合は貸金業法の総量規制という決まりで年収の3分の1までの額しか借りることができません。だからパートやアルバイトの場合は年収が少なめなので借り入れ限度額も少なめになります。

初めて申し込む場合には審査があります。金融会社側もどんな人にでも希望額を融資するという訳には行きません。

融資をした人が毎月きちんと返済をしてもらえるかどうかを確認したうえでないと貸すことはできないのです。

まず申し込み時に名前や住所、連絡先、年齢などのほかに勤務先や勤続年数、年収などを申告する必要があります。

この申告に対しては多くの場合機械によって短時間で容易に審査されます。この審査を仮審査と言ってこれで基本的な年齢と「安定した収入がある」のかがわかります。また仮審査では他社での借り入れの有無も申告します。

仮審査に通過すれば本審査に入るのですが、本審査では機械ではなく人の手で慎重に審査が行われます。

仮審査で自己申告した内容が虚偽の申告ではないかを確認するために、本人確認のための証明書や源泉徴収票や給与明細など収入を証明する書類を提出する必要があります。

直接店舗にも持参したり、郵送したり、最近ならメールでも提出できるところがほとんどです。

そして場合によっては申告された勤務先に実際に在籍しているのかを確認するために勤務先に電話をかける在籍確認も行われます。

また他社での借り入れの有無やその額、返済状況などを調査するなどをして、お金を融資してもきちんと返済してもらえる人かを確認したり、もし貸すならいくらまで貸すことができるかを判断します。

このような調査を経て本審査の結果が申し込み者のところに届きます。それで本審査に通過するとカードが発行されて融資を受けることができるようになります。

はじめの借入額は少額から始められ、その後も返済状況などの様子を見て順調に返済できているなら増額を申し込むこともできます。

銀行の場合は貸金業ではないので総量規制の対象にならず借り入れ限度額は年収の3分の1までと決まっているわけではないのですが、消費者金融と同じようにいきなり多額の融資をするのではなく、徐々に限度額を増やして行くのです。

借入が多いが50万円貸してほしいというとき、消費者金融の場合、その50万円をあわせて年収の3分の1に満たない場合は申込んでみると融資をしてもらえる可能性がありますが、年収の3分の1を超えてしまうと借りることはできないので、その場合は銀行のカードローンに申込んでみるとよいでしょう。

また他社での借入が多いが50万円貸してほしいという場合には他社での借入状況に応じて融資をしてもらえる可能性もあります。

複数の金融会社で借り入れをしている場合でも2、3件ほどの金融会社から借り入れをしている場合、合計金額が年収の3分の1より少なくて50万円をあわせても年収の3分の1を下回り十分な年収がある場合や、勤続年数が2年以上の場合、自宅が持家で家賃を支払う必要がない場合、また社会保険か組合保険、公務員の共済保険を持っている場合には返済の信用度が高いので借り入れが可能かもしれません。

このような場合には一度申請してみるとよいでしょう。

そして借入先が5件などたくさんある場合には審査には通りにくく、またたとえ6件目も借りられたとしても返済日が何日もあり、返済にトラブルが発生しても困るのでオマトメローンとして一本化することをおススメします。

そうすることで毎月の返済日が一日になり、借入金額が多くなれば利息も低くなるのでその分毎月の返済が楽になることでしょう。

お金がどうしても必要になった時に家族や友人に借りると、返す返さないで万一トラブルが起きた場合信用を失って人間関係に亀裂が入る恐れがあるので、言い出しづらいということは多くの人が感じていることです。

そんなときに消費者金融や銀行のカードローンならトラブルがあった時に縁が切れるという心配はないのですが信用を失うことに変わりありません。

金融関係で返済が延滞したなどのトラブルが起きると、その後借り入れをすることができなくなります。

金融関係機関ではその情報は共通して知り得ることができるので、一か所の金融会社での返済のトラブルの情報が他の金融会社でもわかることになるので、、他のところでもキャッシングができなくなったりクレジットカードを作ることもできなくなってしまうことになるのです。

いわゆるブラックリストにのってしまうということです。
そのようなことになると本当にお金に困って生活ができなくなっても助けてもらえることができないので、無理な借り入れをして返済が行き詰るということがないように気を付けることが必要です。

かつて消費者金融は闇金やサラ金といわれ、高い利息を付けて借金取りが自宅にまで来てサラ金地獄に陥る人もたくさんいましたが、そのような人が出ないために貸金業法が改正されたのです。

利息制限法では最高20%迄しか利息を付けてはならず、20%を超える利息を付ける金融会社は行政処分の対象になっています。

さらに29.2%以上の利息を付けると刑事罰の対象になってしまうので、中小の消費者金融でも今や29.2%を超える利息をつけているところはないでしょう。

そして刑事罰の対象にはならない20%から29.2%の間の利息を付けていた消費者金融は存在していましたが、現在ではその利息分を支払った人の申し込みにより弁護士などが間に入って返しすぎた利息分を返還してもらえるという方法があるのです。

そのため消費者金融はほとんど20%を超えるような高い利息は付けていないでしょう。

また総量規制という決まりも借り入れ申し込み者の安全を守るために造られた法律です。

年収の3分の1を超えるような額を借り入れると返済をするために毎月多額の支出が必要になるため生活が苦しくなってしまうことがないように定められたものなのです。

銀行のカードローンには対象にならない規制ですがそれでも銀行も審査をする際には、無理な返済にならないように十分な審査をして限度額を決めています。

大手の銀行の中には大手の消費者金融と同じグループで審査のベテランである消費者金融が保証会社となって審査もしているというところもあります。

そのようにキャッシングの会社は消費者金融も吟子のカードローンも一緒になって、借り入れ申し込み者が無理な借り入れをしないように考慮してくれているので、借り入れを希望する人もきちんと返済できる範囲内の額を申し込むようにすることが大切です。

インターネットでは多くの金融会社のホームページがあり、それぞれ自社のキャッシングにおける特徴や特典、申し込み方法などを記載しています。

その中に借り入れが可能かどうかが分かる借り入れ診断や返済のシュミレーションができるものがあります。

キャッシングを考えている際にはそのようなものを利用することで計画的にお金を借りることができることでしょう。

そして審査に通過して借り入れができた際には毎月きちんと返済をすることで金融会社からの信用も維持でき、もし増額してほしい場合には年収の3分の1の範囲内で増額をしてもらえることも可能になってきます。

それでもお金に少しでも余裕のあるときにはできるだけ貯金をするようにも心掛け、いざというときのための備えを作っておくことは必要なことです。

そのうえどうしても足りなくなった時や急な出費の必要性が出てきた時にはキャッシングを申し込むようにし、できるだけ早めに返済することを心掛けましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.