専業主婦です。開業資金で20万円ほど借りたいのですが…

今は専業主婦ですが、独身時代に取った司法書士の資格を生かして、事務所を我が家で開業することにしました。

我が家で開業する予定なので、それほど開業資金は必要ないだろうと思っていたのですが、開業した旨を周囲にお知らせするためには、お金が必要だと気が付きました。

20万円程度を資金として借り入れたいと思っているのですが、専業主婦だと言って、借り入れることは出来ますでしょうか?

旦那は、少しなら借金してもいいと言ってくれています。あるいは、開業資金と言って借りた方が良いでしょうか?

銀行ならば、専業主婦であっても30万くらい借りることが出来る

まず、あなた個人でお金を借りるべく、一般的なのはキャッシングやカードローンというのが発想されるわよね。

でも、2010年に改正された貸金業法のために。専業主婦として使えるカードローンはかなり限られていると言えるわ。

貸金業法が改正されて、新たに設けられたのが「総量規制」という規定よ。

この規定では、個人の借入が年収の1/3までという制限があるわ。ここで言う借入とは、貸金業者からお金を借りることを指すわ。

このため、大手の消費者金融と呼ばれる業者は、「本人に収入がない人」の申し込みを断るようになってしまったというわけ。

これまでだったら、専業主婦であっても申し込む事が出来ていたのにですよ。

では、今、専業主婦だと申し込めないのか?というとそうではないのよ。1つは配偶者貸し付けをやっている業者に申し込む事よ。

配偶者貸し付けというのは、夫婦であることを証明できれば、夫婦の年収を合算した金額の1/3までを借りることが出来るという、「総量規制」の救済策というべき決まりのことを言うわ。

でも、さっきも「大手の消費者金融は…」と書いた通り、このような配偶者貸し付けをやっている業者はあまり多くないのよね。残念ながら。

この原因としては、通常の貸し付けと比べて必要な書類が多いため、業務量が増えてしまうのに対して、それに呼応しているほどの収益の増加が望めないからと言われているわ。

それから、先ほど書いた、「総量規制」の対象外だとされている、銀行のローンに申し込んでみるというのも一つの方法よ。

実際には、配偶者に安定した収入があることが最低条件であるけれどもね。規定されている業者だと、専業主婦であっても30万円位ならば、貸してくれるという形になっているようよ。

【参考ページはこちら】
家族に内緒でお金を借りられる?

開業資金のために主婦が20万円借入れする場合

最近では、会社勤めを辞めて脱サラし、自ら起業する人が増えています。

先の見えない世の中で、会社の将来性に不安を感じ、独力で稼ぐ力を身につけようとする人が増えているのです。

また、会社員として働き続けながら、帰宅後や休日などに副業を始める人もいます。

今では、テクノロジーの進歩が加速度的に進んでいるので、会社の寿命もかつてとは比べられないほど短くなっています。

有名企業といえども、いつ何があるかわからないので、人々は会社に頼らない生き方を始めようとしているのです。

インターネットを閲覧したり、書店に行くと、起業や副業を進める記事や書籍がたくさんあります。

もはや、自分一人の力で収入を得ることのできない人は、社会人として失格であると言わざるを得ないかもしれません。

そして、このような動きは、会社員だけでなく、家庭の主婦層にも広がっています。

これまで、家事に従事する女性の再就職の場は、会社の一般事務やスーパーなどのパートやアルバイトが主流でした。(こちらもご参考に→パートでも銀行から借りられる?

いわば、正社員のサポートとして、アシスタント的に働く役割が求められていたのです。

家庭では夫や子どもの面倒を見て、職場では正社員のフォローをして、いずれの場にあっても副次的なポジションに立つことが、ほとんどの女性にとっては当然のあり方と思われていました。

しかし、今では先に述べたように、時代が大きく変化しています。これまで家に閉じ込められていた女性でも、男女のハンディなく、社会で活躍できる環境が整ってきたのです。

これまで、女性は家事や育児で家を長時間不在にできないために、外で働くことをあきらめたり、短時間のパートやアルバイト勤務に甘んじるしかありませんでした。

どんなに能力やスキルがあっても、働きたいと希望していても、そのための受け皿がなかったのです。

ですが、現在は、企業が受け皿をつくってくれるまで、ひたすら待ち続ける必要はなくなりました。

受け皿がどこにもないのならば、自分で仕事をつくることができるようになったのです。インターネットの普及は、それを大いに後押ししてくれました。

インターネットを使えば、誰でも瞬時に世界中と通信できるので、どこに住んでいても、好きな時間に働くことができます。

家庭を離れられない主婦ならば、家事や育児の合間にネットを使って仕事をすればよいのです。実際に、インターネット通販の企業では、女性社長が活躍している会社がたくさんあります。

また、会社を設立するまでには至らなくても、個人のサイトで小商いを行っている女性も多いです。

これらのサイトでは、個人輸入の商品を取り扱ったり、手作りの作品を販売しているケースが数多く見受けられます。

特に、化粧品や衣料品、育児用品や雑貨などは、自分の趣味や特技を生かせるので、気軽に始められることが多いようです。

個人輸入の商品では、海外の化粧品や食器などを取り扱う人が増えています。化粧品は、国産品よりも海外ブランドの方がステイタスが高く、高級品として位置づけられています。

輸入品の場合は、為替損益を利用して、国内の正規販売品よりも安く仕入れて安く販売することができるので、少しでも安い商品を求めるファンを獲得しやすいのです。

同じことは、食器の場合にもあてはまります。特にヨーロッパの有名ブランドの商品は非常に高額で取引されるので、販売個数は少なくとも、注文が入れば一度に多額の利益を得ることができます。

また、このような商品は、顧客の大半が女性なので、同性の強みを生かして、売れ筋の商品を見極めやすいのもメリットです。サイトの構成も、女性の訪問客をひきつけるような工夫を凝らすことができます。

このような個人ビジネスが順調に成長すると、配偶者の収入を上回るほどの成果をあげることも夢ではありません。

毎月一定の収入を得ることができるようになれば、生活にゆとりが生まれますし、貯金を殖やして将来への備えを万全にすることもできます。

配偶者の仕事に万が一のことがあった時でも、しばらくの間は妻が一家の生活を支えることも可能になります。

今や、どんな起業に勤めていても、定年まで確実に働き続けられるという保障はどこにもありませんから、夫婦の二人とも、仕事をもって収入を得ることは、家計のリスク管理の面からもとても大切なことです。

しかし、主婦の人の中には、配偶者に自分のビジネスのことを内緒にしているという人も少なくありません。

理由はいろいろですが、特に年配の男性ほど、女性が働くことに理解を示さないことが多いようです。

年配の男性は、自分が妻子を養っているという意識が強いので、妻に働かれると、自分のプライドが傷つけられたように感じるのでしょう。

また、このような男性は、家庭の仕事を、会社での仕事に比べて一段低いものと見なしがちです。

長年家事労働に従事してきた女性は、社会に出ても通用しないと思い込んでいるので、こうした男性に対して、仕事がしたいと希望を伝えても、一笑にふされて会話が修了してしまうことも少なくありません。

ですから、夫の理解を得ることは最初から期待せずに、内緒で働いている女性が多いのです。

他には、金銭やビジネス上のトラブルなどのリスクを心配して、妻が働くことを反対する男性もいます。

特に、女性が手掛けようとする化粧品や衣料品などの分野は、多くの男性にとっては門外漢の世界なので、どのような商品が売れるのか、どのようにマーケティングをすれば顧客を獲得できるのか、というアドバイスを行うこともできません。

つまり、女性が活躍しようとする分野において、ほとんどの男性は残念ながらあまり役に立たないのです。

また、ビジネスを始めるには多額の資本金が必要という固定観念にとらわれている男性もいます。

実際には、ネットビジネスなどは、インターネット回線の通信料くらいしかコストはかからないのですが、ほとんどの人はそのようなことさえも理解できないようです。

こうして、諸々の要因により、配偶者や家族の理解が得られないままの女性は少なくありません。

しかし、現実に周囲の協力が得られなくても、社会で活躍している女性起業家はたくさんいるので、多少の反対にはくじけずに、自分のやりたいことを追求することが、結果的には自分にも家族にも良い影響をもたらすことになるでしょう。

家族の協力が得られない場合には、それに代わって金融機関が強力な味方になってくれます。ビジネスを始めるにあたり、多少の開業資金はつきものですが、主婦であっても、銀行や貸金業者から借入することは可能なのです。

よく誤解されがちなことなのですが、専業主婦は金融機関から借入ができない、ということはありません。

融資の判断は、申込者本人が働いているかどうか、ということには左右されないのです。

働いていない人であっても、十分に返済能力があると判断されれば、希望する額の融資を受けることができます。

また、お金を借りる場合には、一般的に連帯保証人が必要であると思われていますが、保証人不要で融資を受けられる業者もたくさんあります。

こうした制度は、配偶者に内緒で起業しようと考えている女性には、とてもありがたいことです。

女性の仕事に反対している男性なら、当然のごとく、ビジネスに必要な資金の借入にも反対するでしょうから、保証人になってくれるわけがありません。

しかし、金融機関のサポートを受ければ、これらの反対に屈せずに、ビジネスを始めることができるのです。

開業に必要な資金は、ビジネスの内容や規模によって異なりますが、目安として20万円程度を想定しておけばよいでしょう。

ネットビジネス用にパソコンを購入したり、商品の仕入れをしたり、ホームページを構築する費用などを考えれば、この程度の金額が必要になります。

収入や保証人がなくても十分に借入可能な金額ですので、安心して起業に取り組みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.