専業主婦で借入2件でも審査に受かる方法はありませんか?

今は専業主婦が少なくなっているからかもしれないですけれども、専業主婦向けの貸出ってあんまり無いですよね。

そもそも総量規制だって消費者金融を使うのがかなり難しいですし、こういうのって本当に困っている人は専業主婦には多いと思います。

でも専業主婦で借入2件でも審査に受かる方法もあるというように聞いたことがあるんですけれども、どういうことをすれば2件以上の借り入れをすることができるのでしょうか。

この専業主婦に厳しい時代で、審査に受かる方法というのを教えてもらいたいです。

同意書を取るか返済実績をつければ可能性はある

専業主婦で借入2件でも審査に受かるというのはかなり難しい話ではありますね。

専業主婦というとお金を稼いでいないということですから、どうしても借金をしにくい存在なのはどういう人でも同じです。

なので専業主婦は借入ができるところを探している人は多いです。
(⇒専業主婦は闇金以外でも借りられる?

探しても見つからないという人がいる一方で、専業主婦の中には2件以上の借入をしている人も確かに存在はしています。

どういう風にしているのかと気になるかと思いますが結局のところ借入をしている方法は2つしか無いと考えてください。一つが同意書を取ること、もう一つが実績を作ることです。

同意書を取ることと実績を作るということ、この2つが大きいのですが、同意書というのは夫の同意書です。

夫の同意書さえあれば銀行系カードローンだけでなく、消費者金融も使えるようになります。しょうひしゃきんゆうがつかえるようになれば、使える業者の数が増えます。

そうなると借入を出来る可能性が植えるので、2社3社と借り入れをすることも出来る可能性は増えるでしょう。

もし同意書が取れないというのであれば、諦めるかもしくは返済実績をしっかりとつけていくという事が考えられます。

返済実績をつけていくことができれば、借入できる可能性は上がっていきます。

返済しているということはそれだけ家計の中でやりくりすることができているということですから、十分な収入もあるというように考えられるでしょう。

なので返済実績をつけていくと2件目を借りることだって出来るようになります。

そうして借金を増やしていくことも出来るでしょうが、専業主婦であれば借入出来る金額は多くても50万円程度かと思います。

もしこれをいろいろな業者を複数使ったとしても変わらないでしょう。

借入金額の上限については対して変わることはないのですから、できるだけ今まで使っている業者を長く使うということをおすすめします。

借入金額の上限は50万円くらいですし、銀行系カードローンで専業主婦でも借りられるところなら結構そこまでは大きく出来るのです。

大きくできれば十分借入を運用していくことも出来るでしょう。複数の借り入れをしていると返済も大変になりますし、利息のサービスなども受けることが出来ません。

出来る限り一つの銀行系カードローンに集中したほうが結果的にはいいのではないかと思います。

専業主婦で借入2件でも審査に受かるってほんとでしょうか?

人は誰もが日常的に数多くの案件に対してまとまったお金を支出していくものです。

とりわけ専業主婦となると、一家の家計を支える立場として重要な位置を占めてくる立場と言えるでしょう。

夫の給料をもとにして、毎月の家賃、税金、ローン支払い、食費、保険料などを差し引いた上で、その残りの金額からその他のもろもろの用事にお金を割りあてていかなければなりません。

それは夫に日々手渡される昼食用のお金や、あるいは夜の飲み会などの費用である場合もあるでしょう。

また、子供が大きくなってくるとお小遣いや習い事の費用、それに学習塾や参考書などの勉強にかかるお金も大きな割合を占めていきます。

またそれだけでは息のしにくい窮屈な生活になってしまいますので、大いに息抜きできるようにレジャーや旅行、ショッピングなどのリラクゼーションのひと時を確保してあげることも必要。そのためにもかなりの費用の捻出が必要となります。

また、専業主婦もひとりの女性として友人との交流もあればファッションやエステなどで自分磨きも徹底させたいところ。

脱毛や美容外科、美容室などに通い始めるとますますお金の必要性は急増します。

これらのあらゆる案件にお金を過不足なく捻出するのは難しいでしょう。かといってどれかをすんなりと諦めることができるほど簡単なことでもないはずです。

それならばどれかを諦めて悔しさを残すよりも、むしろおかねの不足分を的確に埋め合わせた上で、すべてを順調に好転させていくことが重要と言えるでしょう。

そのためにも、自己責任のもとでお金を捻出できる消費者金融の借入サービスはとても便利な手法と言えるでしょう。

これらの消費者金融の借入にはカードローンやキャッシングと言った手法があります。

カードローンはお金の必要時にATMで一枚の発行済みのカードを使用することで融資金を引き出すことができます。

これに対してキャッシングは申し込みを行う度に審査が行われて、それに通過すると銀行口座に振り込みが行われます。

自分のシチュエーションを十分に考えた上で、どちらの借入方法に適しているかを決定する必要があります。

また、これに加えて専業主婦が申し込みを行う際には、専業主婦が借りやすい条件を提示してくれる消費者金融、および借入サービスをよく見極めた上で決定を下さねばなりません。

というのも、消費者金融の中にはサラリーマンや公務員などの比較的地位の安定した職業のみをターゲットに融資ビジネスを展開しているものもあり、こういった金融会社に最初から申し込んでしまうと、基準にあわないとして即刻審査落ちとされてしまうことも少なくありません。
(⇒様々な職業におすすめの借入情報

逆にこういった金融会社には広告などで専業主婦でも借入可能と銘打っているものも数多くありますので、これらを活用して申し込んでみるのも良いかもしれません。

そして、専業主婦の借入に関して良く言われるのがすでに他社から借入を行っていたならば、新規の借入契約が難しくなるということです。しかしながらこれも事実とは言えないでしょう。

実際には専業主婦で借入2件でも審査に受かるケースは多々起こりえるからです。

もっと正確に言うならば、借入の際に基準となるのは他社からの借金の有無ではなく、むしろその借入金額にあります。

その上で、貸金業法で定められた総量規制と呼ばれる規則に注意しなくてはなりません。

これは消費者金融が利用者に融資提供する場合、その限度額は年収の3分の1までとなるということです。

もしもこの年収の3分の1以上の金額を融資してしまうと、その金融業者は罰則を受けることとなります。

これはもちろん利用者が自分の経済力にそぐわない金額を借入しないための防波堤とも言うべきものですが、それと同時に利用者が返済不能に陥って消費者金融側に大きな損害が及ばないための防波堤でもあります。

翻って考えてみると、つまり2件の金融会社から借金をしたとしても、その合計額が年収の3分の1を超えていないのであれば、貸金業法の総量規制には抵触していないので、その借入は全く問題がないということになるのです。

ただし、現実問題としてはこの総量規制ギリギリまで融資を認めてくれる金融会社は少ないので、借入を行う場合にはある程度の余裕を見て対処していく必要があると言えるでしょう。

これに付け加えて、専業主婦とはいえども何らかの仕事によって収入を得ていることは必要となるのは言うまでもありません。

派遣社員だったり、アルバイトだったり、あるいは一日数時間のみのパート要員であったとしてもそれは列記とした収入を得ている立場と言えます。

そのことをきちんと証明するためにも、申し込みの際には仕事場からもらう給与明細や源泉徴収票、あるいは確定申告書などを提示しなければならない場合もあります。

もしも以上の何にも属さない、全くの無職の専業主婦であるならば借入は難しくなります。

この場合には総量規制の原則が適応されない銀行ローンなどを利用してみる手段もありますが、無収入の場合、これでも適応可能なサービスはかなり限定されてしまうはずです。

まずは何らかのパートにでも従事しておいた方が借金契約に通りやすくなるのは言うまでもありません。

いずれにしても、このように借金契約を取り結ぶ上ではまずネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送のいずれかの手段を使って申し込みを行います。

もしもスピーディーに借り入れを行いたい場合にはやり取りだけで数日かかかってしまう郵送は避けて、ネットや電話、自動契約機などを駆使すると効果的です。

まずは申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収、希望借入額などを書き込んだ上で申請します。そしてこの瞬間から消費者金融側の審査が始まるのです。

審査においてはまず申請内容の精査から始まって、希望融資額が個々の経済能力にあっているかどうかが厳しくチェックされます。

もしもこの時、先に上げたような年収の3分の1を超えるような融資額を希望している場合には即刻却下されることになるのです。

次に信用機関への照会を通じて、過去にブラック情報入りした経験がないかどうかを確認します。

たとえばこれまでの借金において返済が滞ったり、または法的手段に訴えて自己破産してしまったりなどすると10年以上にわたってブラック登録されることとなります。

信用機関にはこういった過去の情報が数多く蓄積されているので、これに該当するかどうかを瞬時に確認することでその人物に関する信頼度が判明するわけです。

他にも短期間中に数多くの消費者金融に借入申請して却下されていたりすると、それらの情報は申し込みブラックとして登録されています。

審査の過程でこのことが判明すると、これもまた審査通過が難しくなってしまいます。

また、信用機関に登録されている信用情報には現在の他社からの借入額に関しても一発で表示されますで、もしも総量規制を超えるような借入を既に行っている場合にはすぐに審査落ちが決定してしまいます。

こうした幾種類かのポイントに気をつけた上でなんら問題がないようでしたら審査通過となるのです。

さらに最後の審査段階として勤務先への在籍確認が行われます。

もしもパートやアルバイトの場合、勤務先に電話がかかってきても構わないような会社もあるでしょうし、逆に電話がかかると不自然な場合もあるでしょう。

消費者金融の中にはもしもこういった電話確認が出来ない、もしくはふさわしくない場合には他の方法でこの確認作業を済ませる方法もありますので、その時には事前に電話相談や店舗窓口にてその旨を申し出てみるとよいでしょう。

文書や証明書など在籍証明が可能な書類を用意することになるかもしれません。

こういった一連の審査が完了して何も問題がなければ融資可能となります。

審査時間はだいたい40分から60分程度なので比較的早めに結果を知ることが可能です。

また融資に関しても基本的には即日融資できるものばかりなので、今日や明日にでも支払いが差し迫った非常時であったとしても、余裕を持って対処することが出来るでしょう。

【参考ページはこちら】
専業主婦でブラック…借入はできない?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.