銀行での借入は他の借金より審査に通りにくい理由って?

よく言われていることだと思うんですが、銀行って他の借り入れよりも通りにくいって言われていますよね?

例えば消費者金融やクレジットカードのキャッシングよりも厳しいと言われていると思うんですが、これってどういう理由からなのでしょうか?

銀行の借入は条件もいいし使いたいという人はたくさんいます。

だから通りにくい状況から通りやすいようにすれば、結構借入ができるようになるかと思うんですが、どうしてやっていないのでしょうか。

銀行の借入は相手を選んでいるから条件もよくなる

喩え話をさせてもらいたいと思うんですが、ある二人の人がいるとします。

一人は年収が1000万円を超えるような人で、大企業で役職に付いている人です。もう一方の人はアルバイトをしている人で、年収は240万円くらいです。
(⇒120万しか年収がなくても借入できる?

さて、どちらのほうが多くのお金を借りることができるでしょうか?簡単ですね、一方の最初の人のほうがたくさんお金を借りることが出来ます。

なぜかといえば返済可能性が高いからで、貸出をある程度しても返済されると考えられるからです。

収入が高いとそういう風に考えられるわけですが、銀行もこれと同じような仕組みになっています。

つまり銀行というのはこういった返済可能性の高い人達を相手にしているというわけです。だからこそ条件がいいのです。

普通こういう年収が高くて返済可能性の高い人にはぜひとも借りてもらいたいものです。じゃあ借りてもらうにはどうするか?

条件を良くするしかありません。条件を良くしてほかよりも金利が低い、楽に返済できる、サービスがいいから借りてもらうというようにアピールするのです。

銀行の借入はまさにこれで、条件を良くしてアピールしているのです。

その分条件を良くするからにはその良い条件に見合った人に貸し出しをすることになりますから、アルバイトをしている人であるとか安定しない収入の人などに対しては貸出をしないようになっていくというわけです。

つまりこのターゲットを絞っているということと条件が良くなるということはセットだと考えられます。銀行の借入条件がいいのはこういうことなのです。

ちなみに消費者金融などは条件はよくありませんが、ほとんどの人が借りられるようにしているという点があるのです。

この借りられるようにしているということから、借金をしやすくしている代わりに条件が厳しくなっているというセットの状況になっているのです。

まさに銀行の反対だと思ってもらえればいいでしょう。

以上のように銀行はターゲットを絞っているからこそこういうことができるというわけです。条件がいいということはそれだけ使える人も限られるということでもあります。

【参考ページはこちら】
銀行借入をすると口座作らされる?

銀行での借入で審査に通りにくいのは何が原因なのでしょうか

銀行で借入をしたいけど、審査に通るだろうかと心配になる人は結構多いものです。

これは、銀行の審査基準が厳しいため、たとえばアルバイトや、パートの人は特に審査に通りにくいためです。

また、正社員や公務員といった、比較的安定収入がある場合でも、勤続年数とか、自宅名義が誰であるかといったことで、やはり審査で落ちてしまうということもあります。このような場合は、どこでお金を借りるのが一番いいのでしょうか。

一番の代替策は、やはり消費者金融です。消費者金融の場合は、パートとかアルバイト、あるいはフリーターであっても、収入さえあればいくらか融資をしてもらえます。

もちろん、属性審査も銀行よりはるかに緩いので、初めてお金を借りる場合には、消費者金融にまず申し込んでみることをお勧めします。

特に大手の業者は対応もきちんとしていますので、借入の際に嫌な思いをすることはほとんどありません。

消費者金融への申込は、まず申込用紙に所定の事項を記入し、本人確認や収入証明の書類を添えて提出します。

その後審査が1時間ほどかかり、通ったらお金を借りることが出来るようになります。また、最近では、ネットでの申込もできるようになっています。

自分が借りたい業者のサイトにあるフォームから、やはり所定の事項を入力して送信します。必要書類は、FAXまたはアプリを使って送付します。

このネットでの申込は、最近特に消費者金融では多くなっています。

窓口に行かなくても申込ができ、しかも審査時間が30分と短いため、その日のうちにお金を借りるには、大変便利だからです。

この方法の魅力はもう一つあります、それは、借入分を申込者本人の口座に振り込んでもらえるということです。

ですから、いつものキャッシュカードで引き出すことができます。忙しくて窓口に行けないとか、なかなか家を空けられない場合には最適のキャッシングといえます。

消費者金融で気を付けたいのは、総量規制です。借り過ぎや多重債務、あるいはそれに伴う債務整理の件数の増加を防止するため、2010年の改正貸金業法から新規に設けられたもので、年収の3分の1に相当する金額を借入限度額とするものです。

これはすべての消費者金融の利用に適用されるため、他にも利用している場合には、自分が希望する金額を融資してもらえないこともあります。

たとえば、年収600万の人の場合、200万が限度額になりますが、既に他から180万借りている場合は、あと50万借りたくても、20万までしか借りられないといった具合です。

この総量規制については、対象外としている業者もありますので、そこを利用するといいでしょう。

また、専業主婦が配偶者名義でお金を借りる場合は、配偶者の限度額がその分少なくなるわけですので、事前に配偶者の同意が必要になります。

それ以外にも審査に通りにくいケースとしては、ブラック情報の有無が挙げられます。

このブラック情報、あるいはブラックリストとは、ローンの返済が遅れた場合に信用情報に登録される事故情報のことです。(こちらもご参考に→ブラックなのに即日借入できることもある?

このローンとは、クレジットカードの返済なども含まれます。1回や2回ならまだ心配することはありませんが、3回、それも連続して遅れた場合には、事故情報がついてしまいます。

この情報があると、新規にお金を借りることや、クレジットカードを作ることがかなり難しくなります。

返済が遅れた場合の事故情報の登録期間は約5年間です。それ以外に、債務整理を行った場合も事故情報が付きます。

債務整理も、つまり期日までの返済ができなかったとみなされるためで、任意整理は5年間、自己破産は7年間ブラックの状態になります。

ただ、金融機関によって若干差があり、消費者金融では、自己破産でも5年経てばお金を借りることが出来る場合もありますが、金融機関によっては、10年間ほどはブラックということもあります。

ですから、収入もきちんとあって属性も悪くないのに落ちる場合には、自分の信用情報をチェックしてみるといいでしょう。

信用情報機関には消費者金融系、クレジット系、銀行系と3つの種類がありますので、自分が利用したい金融機関の情報機関に連絡し、情報を郵送してもらうか、あるいはネット上でダウンロードするのがいいと思われます。

その他にも通りにくい理由としては、書類の不備が挙げられます。たとえば、本人確認の書類を忘れた場合は、もちろんお金は借りられません。

申込は本人が行わなければならないからです。

収入証明は、最近は不要とされる所もありますが、収入額をきちんと提示したい場合や、職場への在籍確認をしてほしくない場合に備えて、勤務先の名前の入った給与明細などは、一応持っておくと便利です。

また、申込用紙にきちんと記載されているかどうかも、審査の結果を左右します。

たとえば、勤務先の社名や電話番号などが、きちんと記載されているかどうかです。

あまり食い違いがあると、この人は本当にそこに勤めているのかどうか、疑われることもあります。

それから、他社からどのくらい借り入れているかもまた、審査に通るかどうかの決め手となります。

この場合も、多く借りようとしてつい件数を少なくしたり、金額を少なめにしたりしがちですが、これは絶対にやらないでください。正直に事実を記載するようにしましょう。

特に他からの借入金額は、消費者金融ではかなり重要視されることになります。

また消費者金融でなくても、他からいくら借りていて、件数はどのくらいかというのは、いくら融資するかの参考になります。

他社からの借り入れている場合は、金額もそうですが、件数が意外とものをいいます。

同じ200万円を借りているにしても、4社から50万円ずつと、1社から200万円というのでは、もちろん後者の方に信用が置かれます。

これは、考えてみれば当然なのですが、1つの会社から多くの金額を借りられるということは、それだけ信用があるということなのです。

ですから、融資される金額、あるいは融資可能な枠も大きくなります。

申込の際には、このような点をまず自分でチェックして、そのうえでいくら借りたいかを割り出すといいでしょう。

それと、始めから何十万も借りられるというのはまず難しい話です。最初は5万円から10万円前後、きちんと返済されていれば、段々枠を広げてくれるというのが普通の融資の仕方です。

それと、審査に通りにくいもう1つの理由として、申込ブラックがあります。

これは、返済が遅れていないのにブラックになるケースです。なぜ審査に通らないのかといいますと、1度に沢山の申込をしてしまうせいです。

お金を借りる時、本命と、滑り止めにもう1件というのはよくあることですが、せめて3件までにとどめましょう。

4件を超えると、この申込ブラックになる率がかなり高くなってしまいます。

申込の事実は、各金融機関で共有されます。ですから、その人が何社申し込んだかも当然知られており、申込件数があまりに多いと、返済能力に疑問を持たれ、審査で落ちてしまうわけです。

もし申込ブラックになった場合には、次に申込を行うまで、半年間空けるようにしましょう。

半年を置くと、前の情報が消えてしまいますので、改めて新規の申込ができるようになります。

また、この時、以前とは違う会社に申し込む方が、審査に通りやすくなります。

銀行でお金を借りようとするが通りにくい、毎回審査に落ちてしまうというのは、確かに収入や属性の問題もあります。

しかしそれだけではありません。申込の際に書くべきことをきちんと書いているか、ごまかしたりしていないか、そういう点を是正することで、かなり通りやすくなるはずです。

また、ブラック情報がある場合は、やはりお金を借りるのは見合わせた方がいいでしょう。

そして、くれぐれも、1度に何社も申し込ます、節度を持って申込をするように心がけてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.