自営業だから借入できないっていう現状は打開できませんか?

京都の方で自営業を営んでいます。仕事の内容はちょっとした小売業者みたいな感じで、コンビニとまでは言いませんが、色々揃う雑貨屋みたいな感じになっています。

コンビニに負けないように、値段やニッチな品揃えにてご近所の方から支持を得ています。

親から引き継いだ仕事なのでこれからも連綿と続けていきたいところですが、消費者がまだまだ冷え込んでしまっている現状、ギリギリ黒字という感じでして、ちょっとでも天候やその他のトラブルがあれば赤字経営になりかけています。

今回は娘の問題でして、友達と旅行中に怪我をしてしまったのです。怪我というよりも、骨折ですね。

普段は店を手伝ってくれたりする良い子なので、怪我をした事で迷惑をかけると謝ってきて、私の方が悲しくなりました。安心して医療費が出せるような家庭なら…と。

もちろん娘のためなので、医療費はきちんと出します。経営でのやりくりでは足りないと思いますので、その場合は少しお金を借りて治療費に充てるつもりですが、自営業という問題はここでもつきまといます。自営業というのは、だいたいが審査に通りにくいのだとか…。

自営業は確かに会社員よりも安定しないというのは承知していますが、それでもやっぱり悔しいというか、納得できません。

娘の為なら尚更です。自営業だから借りられないなんて現状、何とかして打開できませんでしょうか?

自営業でも収入証明さえすれば借りられますよ

お話を聞く限り、本当に良い娘さんみたいっすね。自分の怪我よりも親を心配するなんて、今時本当に良い子に育ったと思うっすよ。これもご両親の教育が良かったってことだろうから、本当に尊敬ものっす。

問題の自営業の融資に関してなんすけど、確かに会社員よりかは不利になっていると言えるっす。

自営業でも規模が大きければ有利になる事はあるっすけど、自営業は上手くいかないと損害が丸ごと自分に来るわけっすから、小さなところほどシビアになるっす。
(⇒自営業が借入しやすいのはどこ?

ただ、それが自営業は絶対に借りられないという事に直結しているわけじゃないっすよ。

自営業であってもお金を借りる事は十分できるわけっすから、その為に必要な事っていうのを解説していくっす。

まず、ちゃんと利益が出ているかどうか、これが大事っす。

利益が出ているとなると、返済能力は0って事になるっすから、お金を返す事はできないっす。何も常に黒字を出すというわけではなく、年間収支で黒字なら十分なはずっすよ。

また、それを証明する為に収入証明が自営業だと必須になってくるっす。

この収入を証明する為の方法っすけど、自営業なら確定申告とかしているはずっすから、その控えを出せば問題ないと思うっす。きちんと保管しているっすか?

これさえ出来れば、自営業でも普通に借りる事は出来るっす。心配せずに、安心して申し込みをしてみるっすよー。

【参考ページはこちら】
自営業なら年収300万円の人より借りられる?

自営業だから借入できない事態を打開するのに必要なこととは

人は誰もが毎日の暮らしの中で様々な出費を余儀なくされながら生きています。

それも自宅の家賃や公共料金、税金、各種保険料やローンといった支払いに始まり、その他にも仕事上の飲み会や服やバッグの購入費、急な冠婚葬祭、旅行や自宅への帰省などでお金が必要になるケースもあるでしょう。

さらに結婚や出産を迎えるとライフスタイルも大きく変容し、子育てに必要な支出もたくさん生じますし、子供の教育費や家族の怪我や病気に伴う治療費、そして家族一緒に出掛けるリクリエーション費など様々な面で出費の可能性は無限大に広がっていくことが考えられます。

家長であれば、そんなあらゆるシチュエーションを想定して、その都度、的確なお金の捻出や支払いを行っていかなければなりません。

もしもお金が乏しくなったり、困窮時を迎えるなどの事態が生じた時にはなんとかしてその不足分のお金を調達してきてそれに充てることが重要です。

もちろん、親に借りたり、友人に借りるなどの方法でこのピンチを乗り切る方法もありますが、しかし返済が難しくなったり、また立て続けにお金を借りるなどの事態になると関係性の悪化も懸念されます。

そうした悩みの種を増やすこと無く、あくまで自己責任でお金を用立てるためにも、消費者金融を用いた借り入れサービスを頼るのが最も手軽な手段と言えるでしょう。

消費者金融の借り入れローンには様々な種類の方法がありますが、中でも人気なのはカードローンとキャッシングです。

まずカードローンと言えば事前に個人カードを発行しておくことで、お金に困った折には近くのATMまで駆けつけて機器を操作するだけで現金出し入れ口から簡単に融資金を引き出すことができます。

この方法を使えば、融資限度額以内ならば何度でも幾らでも引き出すことができるので、ケース・バイ・ケースに応じてその都度サービスを使い続けたい人には大助かりです。

一方でキャッシングとはその都度申し込みを行って融資を受ける方法です。

融資が認められればその日の内に銀行の預金口座に希望額の振り込みが行われ、それを引き出すことによって簡単に現金を手にすることが出来ます。

これらカードローンであれキャッシングであれ、利用者それぞれの都合に合わせて適切に選択していくことが望ましいでしょう。

このようにとても便利な借り入れ方法ですが、利用するにあたっては然るべき申し込みを行い、審査に通過する必要があります。

この手続きにあたってどのような注意が必要なのでしょうか。その手順にしたがってみていきましょう。

まず申し込み時にはその方法が重要になります。

インターネットや電話、店舗窓口、郵送などの方法はカードローンとキャッシングどちらも有効ですが、他にもカードローン独自の方法として自動契約機の利用というものがあります。

いずれにしてもまずは申請フォームや用紙に氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの必要事項を記載して、他にも必要性にあわせて家族構成や住居形態、他社からの借り入れの有無などの書き入れるケースもあります。

そうやってまずは消費者金融側の審査担当者が希望借り入れ額にふさわしいだけの返済能力や経済力を有しているかどうかをチェックしていくわけですが、この時に特に重要となるのが職業と年収です。

各消費者金融はそれぞれに特徴の異なった経営方針を持っています。そのためこういった借り入れサービスにおける審査基準も全く異なります。
(⇒借入の審査基準をチェック!

サラリーマンや公務員などであれば年収や地位が安定しているとして、どんな消費者金融でも簡単に審査通過をすることができますが、一方で自営業などの立場だとその基準が曖昧で、落ちる場合もあれば受かる場合もあるという非常に微妙なものとなってしまいます。

中には自営業だから借入できないという人も大勢いるので、世の中にはそれだけ自営業者にとって審査の厳しい金融業者が数多く存在すると言っても過言ではないでしょう。

しかしながら逆に自営業でも簡単に借入できる業者も存在します。重要なのはいかにして自分の条件にあった消費者金融を見つけて、そこに申請するかに尽きるでしょう。

もしもこの手順を誤って、吟味しないで適当に業者選びを行っているとこうやって自営業だから借入できないケースに足を取られてしまうことになるのです。

こうなると一刻の猶予もないといった切迫時に貴重な時間が無駄になってしまいますし、同じような審査落ちが複数にわたって続いてしまうと信用機関に申し込みブラックとして記録されてしまいかねません。

申し込みブラックになると他社の借り入れでも審査に通りにくくなるので、こうならないように細心の注意が必要です。つまり、最初から自営業でも借入ができる業者をきちんと選んで申し込みすることが大事になってくるのです。

自営業だから借入できない理由としては、大きな企業や組織に守られていない分だけ不況の煽りや業績悪化を受けて経営が下降線を辿って返済が難しくなる危険性があることが挙げられます。

確かに自営業ならば巨額のやり取りや企業資金の確保などとも縁がないことから、ちょっとした原因が経営に大きく響いてしまうことになりかねません。

それに企業の給料のように毎月の安定した収入を手に出来ることも少なく、仕事の受注分にあわせて収入の大きな変動を余儀なくされることも明らかです。

こうした要因ゆえに消費者金融の中にはこれらの人々に融資を行って返済不能となってしまうリスクを考えた上で、あえて危ない橋を渡らないように融資を控えているところもあるのです。

まずはカードローンにしてもキャッシングにしても、インターネットの口コミ情報や消費者金融の店舗窓口、および電話相談などを活用して、できるだけ自営業が借りやすいと思われる業者を探して申し込んだ方が得策でしょう。

そうやって成功法と過去の実績に基づいて申し込みを行うことで時間と労力の無駄無くて続きを進めることができるはずです。

こうやって最初の審査を終えると、次に信用機関で過去の借り入れ履歴がチェックされます。

ここでブラック情報が載っていないか、短期間で複数の業者に融資を断られていないか、または他社に総量規制の上限を上回るほどの多額の債務がないかを確認します。

これらに問題がないと判断されれば、次に勤務先や自宅への確認の電話が行われます。

この場合、サラリーマンや公務員などであれば職場に直接電話がかかって勤務実態が調査されるのですが、自営業の場合には自宅や勤務先のオフィスなどに電話がかかってくることになります。

この時には自分が電話に出る場合もあるでしょうし、あるいは別の家族や従業員が電話をとる場合もあるでしょう。

とくに家族や従業員が電話に出た場合には当人としては借金のことがバレてしまうという不安が頭をよぎることになるはずです。

しかしながら実際には、審査担当者が消費者金融名や借金のサービス名を口にすることは決して無く、あくまで個人名で電話をかけることがほとんどなので、利用者は安心して良いでしょう。

こうやって勤務実態に確証が得られれば在籍確認はクリアとなりますし、もしも自営業における在籍確認を金融業者側が不安視するようであれば、これに加えて書類上でその自営業者を営んでいることを証明するものを提示する必要が生じます。

給与の利用明細や登記書類など、消費者金融が認める書類のコピーなどが必要になるケースもありますので、まずは事前に尋ねておくとよいでしょう。

いずれにしてもこの在籍確認をもって全ての審査段階はクリアとなります。

ここまで何ら問題点がなければ晴れて審査通過となりすぐに融資が実施されることとなります。

もしかすると自営業者は最初、ある程度の低い融資限度額からスタートしなければならないかもしれませんが、それでも借り入れと完済を繰り返していって徐々に信用度が高まっていくにつれて、融資限度額も少しずつ上昇していくことが考えられます。

そのようになるためにも、消費者金融業者とは常に良好な関係性を保ち、借入と返済をきちんと繰り返していくことが重要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.