自営業が借入しやすいところってどこですか?銀行は厳しそうです

29歳、栃木の方で自営業を営んでいます。自営業と言ってもかなり小規模な雑貨店で、店員なども自分一人です。

いつかは結婚して奥さんと一緒に店に…という理想はありますが、小さな店に嫁いでくる人なんてなかなか居ませんよね…。

それで…というわけでは無いのですが、今度少し店を改装しようと思います。

ちょっとだけスペースを広く使えるようにして商品陳列もより効果的にして、今までの黒字をさらに大きくしていくという狙いです。幸い内装業をしている知人が居ますから、多少まけてもらえるようです。

小規模な改装ではありますが、やはり改装である以上はそれなりにかかります。

予めこうした用途を見越して貯めていたお金を割り当てるつもりですが、ちょっとだけ予算オーバーしそうです。その足りなさそうな分はこの際融資を使ってなんとかしようと考えています。

そこで、自営業の私でも借入がしやすい場所というのを教えてもらいたいのです。

自営業ってどうしても普通の仕事に比べて融資が受けにくいらしいですから、銀行とかは正直自分でも厳しいかもと思っています。というか銀行って無理ですよね?

闇金以外で自営業が借りやすいところなら是非ともご意見をお伺いしたいので、何卒よろしくお願いします。

ビジネスローンがある業者は望みがありそうですね

小規模とは言え自営業を営んでいて、それで店をきちんと守れているっていうのは立派っすよねぇ。

それに結婚したら奥さんと一緒に店に…っていうのも理想的っす。それを実現する為にも、改装っていうのは有効そうっすね。ただ、小規模でもかなりの金額になるのが改装っす。

だから改装費用を融資で補うっていうのは、本当に良くある事だし実際に多くの人がそれで何とかしているっす。

ただ、そうした例は多くが普通の会社員の人とかになっていたりして、自営業が難なく出来ているっていうのはあまり聞かないっすよね。

実際、自営業っていうのは売り上げとかがそのまま返済能力になっているから、よほど大きなところ以外はどうしても安定していない、つまりはお金を貸しにくいって思われているっす。

でも、そうした仕事の人ほど融資を受けたがるわけっすから、金融業者側としては対応して行きたいところっす。

そんな自営業が借りやすいところといえば、ビジネスローンみたいな事業者向け融資を扱っているところっすね。

ビジネスローンは個人事業主から会社の社長といった立場の人専用の融資プランの事っす。

会社勤めをしている人は作れない専用ローンだから、該当する人は気軽に申し込めるっすよね。

もちろん自営業の人も該当している場合が多いから、問題なく申し込みが完了するっす。

ビジネスローンは事業用途にも使えるし、事業以外の個人的な用途にも使える場合が多いから、長く付き合える融資プランとして今ならおすすめできるっすね。(こちらもご参考に→企業の運転資金にも借入できる?

あと、銀行は自営業では借りられないって思っているみたいっすけど、これも一概に言えないっす。

自営業でもきちんと収入があれば、かなりの大金でない限り相談出来る余地はあるっす。

銀行がビジネスローンを扱っている事もあるから、何も聞かないで決めると損をする事もあるっすよ?。
(⇒今までの借入履歴が優良なら事業資金も借りられる?

自営業が借入しやすいところはどんな金融会社?

自営業は仕事の状況によってかなり収入の安定感が変わってきます。

そのため、正社員として会社で働いている人に比べると金融会社からお金を借りることが難しいとされています。

しかしながら、自営業でもお金を借りれないわけではないので、しっかりと自分でもお金を借りやすい金融会社を探してみましょう。

まずは金融会社へ申し込む際の必要書類について知識を持っておきたいところです。

金融会社へ申し込む時は収入証明が必要ですが、収入証明というのは給与明細や源泉徴収です。

自営業の人はこれらの書類を準備することが出来ません。そこで申込時には確定申告を用意することになります。

確定申告を用意しておきますと、それを収入証明として申し込むことが出来ます。

金融会社への申し込みでは収入証明以外にも身分証明が必要ですが、こちらの書類に関しては運転免許証などの書類を活用すればよいです。

運転免許証を持っていない人はパスポートでも保険証でも自分の住所等の情報を確認することができる書類なら基本的には何でも良いので、自分が持っている書類を用意しておくと良いです。

会社で働いている人と比べて自営業の場合はこのように必要書類の中でも収入証明が変わってきます。

自分の返済能力を示すために確定申告を用意して申し込みをしていきましょう。

すぐに書類を準備出来ないこともあるので、事前に余裕を持って収入証明を用意することが大事です。

自営業が借入しやすいところはどんな金融会社なのか?

これは上記で説明したように収入証明と身分証明を用意しておけば、基本的には自分の好きな金融会社を選んで申し込みをしていけば良いです。

申込条件と必要書類さえクリアすることが出来ると、後は審査を突破出来るかどうかがポイントです。

自営業がお金を借りれるかどうかは審査における収入の安定性が重要です。

しっかりと利益を上げることが出来ている状況なら問題なく簡単に審査に通過することが出来ますが、仕事がうまく行かない時は審査に通ることが難しくなります。

一般的に自営業は融資を受けることが難しいと言われることが多いですが、それは結局は収入の安定性によります。

どれだけ安定してどのくらいの金額を稼ぐことが出来ているのかが重要です。

審査ではいくつかのポイントが重要なので、どのようなポイントを考慮されるのかを覚えておきましょう。

まず審査の中では信用と借金、そして自分の返済能力が問われます。信用は今までの融資においてしっかりと返済出来ているかどうかがポイントです。

過去の返済記録でスムーズに返済することが出来なくて、返済が遅れたり返済不能から債務整理をした場合などは信用がかなり低くなっています。

こうした信用の低下は審査において記録を確認されることになるので覚えておきましょう。

借金を持っている人の場合は借金の金額によってはかなり審査に合格することが難しくなります。借金を持っているほど返済能力が低いと判断されてしまうからです。

そのため、もし金融会社へ申し込む際に借金を持っている状況なら先にその借金を清算してしまう方が審査に合格しやすくなることを覚えておきましょう。

借金を持っている状況でも借金の金額が小さいほど審査に合格しやすくなります。

自分の返済能力は収入証明から年収を確認されて、その稼ぎによって返済能力が判断されることになります。

年収が高い人ほど審査に合格しやすくなりますし、年収が低い人ほど審査に合格することが難しいです。

これに加えて借金の有無だったり、借金の金額も考慮されて返済能力が決まってきます。

金融会社の融資審査ではこのようなポイントが重要となってくるので覚えておきましょう。

こうしたポイントで良い評価を得ることが出来ると審査に合格することが出来ます。

自営業だから審査に合格することが難しいのではなく、審査内容を見ると自営業の場合は収入の安定性がキーポイントになるというわけです。

金融会社によって審査基準は色々と違いがあるので、審査基準が低いところなら審査に合格しやすいです。

また、融資を受けると言ってもどのくらいの金額を借りるのかによっても合格のしやすさは変わってきます。

借りる金額が小さいほど審査に合格しやすく、借りる金額が大きくなるほど審査に合格することが難しくなります。

もし、金融会社から借りる金額がさほど大きな金額ではないという場合なら申込先を銀行に絞ると良いです。

銀行では借りる金額が小さい場合に限り、申込時に収入証明が不要になるケースがあります。

これは銀行カードローンの情報などをチェックすると簡単に見つけることが出来ます。

例えば、100万までなら収入証明不要という内容になっている場合、その限度額までなら身分証明書だけで申し込みをすることができ、収入証明は必要ないということです。

申込時の書類が1つ減ることから簡単に申し込むことが出来るだけではなく、収入証明が不要なことから審査で年収を問われないので上記で説明した重要な審査ポイントの中でも、信用や借金に関して問題がなければ比較的簡単に審査に合格出来る事を覚えておきましょう。

この銀行の収入証明不要の内容だと自営業として収入がやや不安定な状況であっても、収入証明が必要ないので審査で年収が不問になり、簡単にお金を借りれます。

面倒な書類を用意する必要がなく、収入が不安定でもお金を借りやすいので、かなり便利な融資サービスです。

収入証明が必要ない融資は消費者金融にはありません。消費者金融は審査が甘いと言われることがありますが、それでも申込時は必ず収入証明が必要となってくるので、審査ではしっかりと年収が問われます。

そう考えると、実際に審査に合格しやすいのはやはり審査で年収を問われることが無い銀行の収入証明不要のローンです。

しかも、銀行の収入証明不要のローンは借りれる金額が小さいとはいえ、それでも限度額50万や100万、銀行によっては限度額200万まで収入証明不要という内容になっているので、そこそこ大きな金額を借りることが可能になっています。

また、銀行の収入証明不要ローンなら金利が低いということも大きなメリットです。

限度額が50万など小さなお金を借りる場合は金利が18%付近になっている金融会社が多いのですが、銀行の場合だとこうした小さな限度額の場合でも金利が15%ほどになっている会社も多くあります。

そのため、同じ少額の限度額でも収入証明不要で審査に合格しやすく、金利が低いメリットまで得ることが出来るので、借り先に迷った時は銀行の収入証明不要ローンを検討してみると良いです。

このように自営業が借入しやすいところは銀行です。上記で説明した銀行ローンは限度額があまり大きくはありません。

大きな金額を借りるならやはり銀行へ申し込む際に収入証明が必要となってくるので、確定申告を用意して申し込みましょう。

消費者金融でも銀行系の会社ですと、収入証明不要のローンを見つけられます。

また、消費者金融の場合なら地方にある小さな消費者金融は比較的審査基準が甘いと言われているので、審査に合格しやすいです。

自営業でも借入しやすいところはたくさんあります。

申込条件を満たして必要書類を用意出来るなら、自営業でも好きな金融会社を選んで申し込むことが出来る事を覚えておきましょう。

金融会社の情報に関してはインターネットを活用して調べるのが便利です。

自営業でも申し込める金融会社の情報をしっかりと調べることができ、申込条件や必要書類、又は融資の内容として金利などに関しても情報をしっかりと把握して、申込先を探すことが出来ます。

一般的には自営業はお金を借りることが難しいとやや誤解されることが多いですが、実際のところは結構たくさん借りれる金融会社があるので、好ましい会社を探してみると良いです。ポイントになることは年収なのでしっかりと年収を安定させましょう。

【参考ページはこちら】
自営業なら年収300万の人より借りられる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.