銀行で借入、用意するものは消費者金融などとは違うの?

初めて消費者金融で借りるときに持っていくものがわからないで、こういうところで聞いてみました。

無事借入はできたのでホッとしていたのですが、さらに良い条件で借りるためには銀行で借り入れをするほうが良いということがわかりました。

銀行のフリーローンを使えるかどうかはわからないのですが、一度チャレンジをしてみたいなと思っています。

そこで銀行のフリーローンをどうやったら使えるのか?何か用意するものはあるかなどを教えてもらいたいのです。

銀行からの借入もほとんど用意するものは変わらない

用意するものが銀行からの借入の場合は少し違うんじゃないか?と思うということですが、基本的にはほとんど変わらないと思ってもらってもいいかなと思います。

用意するものが変わると思うのは銀行のほうが厳しい審査だからでしょう。

たしかにフリーローンの審査というのは他の消費者金融の審査などと比べてもかなり厳しいと言われていますから、そう思うのも不思議ではありません。

とは言え銀行も消費者金融も審査という点ではフリーローンを貸出をするときには、特に見ているところは変わらないというのが基本です。
(⇒借入の審査基準ってどうなってる?

まず見ているところというのは本人かどうかです。本人が申込みをしているかどうかがわからないと、違う人に借金をつけてしまう可能性があります。だから免許証などの身分証明証は絶対に必要です。

次に収入証明書ですが、こちらも必要です。最近の銀行系カードローンや消費者金融では、少額の場合は持ってこなくてもいいというところもあるみたいですが、原則として持っていかなければならないところのほうが多いと思います。

実際、これは銀行でのフリーローンでも必要です。給料明細や源泉徴収票、確定申告書などが必要なのでもっていきます。

あとは申込書などを出すだけなのでほとんど消費者金融も銀行での借入も変わらない、というのがわかるかと思います。

申込書などについては更に精査されるところもあるようですが、使い道などもしっかりと見られると言われています。

一般的にフリーローンは何に使っても大丈夫なのですが、フリーローンでギャンブルなどをするというと、通らない可能性もあるようです。

ギャンブルをするかどうかでは消費者金融は落とすことはないと言われていますので、この点だけは少し厳しいかなという感じになっているといえるでしょう。

ただ、ほとんど変わらないので用意するものも聞いてみたら驚くほど簡単なことに気づくのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
まともな理由じゃないと借入できない?

借入れ前に準備必須!借入銀行用意するものとは?

大手銀行(メガバンク)をはじめ、地方銀行、民間の金融機関、公的機関などで様々な融資を受けることができる商品がありますが、大手銀行(メガバンク)や地方銀行などでローンを組みたいと決めた場合にはどのような準備をしていけばいいのでしょうか。

まずローンとひと言にいっても、その商品は様々です。

個人のカードローン、目的別ローン、住宅ローンから、ビジネスのためのビジネスローンまで用途は様々であり、用意する書類もポイントも変わってきます。

わかりやすく、ローン目的にあわせて特徴や準備に必要なものをまとめてあげていきますのでチェックする参考点にしてください。

1、銀行カードローンについて。申し込みに必要なものはなんですか。

カードローンとは、個人が申し込み可能な使途自由なローンです。

大手銀行(メガバンク)、信託銀行、地方銀行、ネット銀行をはじめ信用機関、農林中金などが発行しているものになります。

審査基準は銀行カードローンが一番厳しく、レイクなど銀行系のカードローンの方が審査通りやすいことがあります。(こちらもご参考に→レイクは追加借入でも無利息期間ある?

しかし、最近は総量規制の制度の変更にともない専業主婦や学生でも申し込み可能なカードローンを扱う銀行もあります。

申し込みもインターネットから申し込み可能、審査スピードも即日ということを特徴としている商品が多いです。

三菱東京UFJ銀行バンクイック・・インターネットから申し込み可能。金利4.6%から14.6%で限度融資額500万円。

100万円未満の借入れは、収入証明書は不要。運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか1点が必要です。

専業主婦は30万円まで、学生も10万円まで借入れ可能ですが、学生は親権者の同意が必要です。

100万円以上の借入れの場合には、収入証明書等の書類が必要となります。

オリックス銀行カードローン・・インターネットから申し込み可能。金利3.0%から17.8%で限度融資額800円まで。

300万円までの借入れの場合は収入証明書等の書類が不要というのが特徴。

楽天銀行スーパーローン・・ネット銀行の代表的楽天銀行のカードローン。金利4.9%から14.5%で限度融資額は500万円。

オリックス銀行同様に300万円までの融資は収入証明書等の提出は不要です。運転免許証、パスポート、健康保険証等提出。学生、専業主婦も申し込み可能です。

イオン銀行カードローンBIG・・低金利が特徴のイオン銀行カードローンBIG。金利3.8%から13.8%と特徴的な低金利です。

100万円以上の借入れの場合に収入証明書等の提出が必要です。学生の申し込みは不可ですが、専業主婦の申し込みは可能となっています。

住信SBIネット銀行カードローン・・はじめてカードローンを利用する場合に最大2ヶ月の無利息など独自のサービスを展開しています。

金利は圧倒的に低く、2.49%から7.99%。300万円までの借り入れは収入証明書が不要です。

このように、銀行によって収入証明書等が必要になる借入れ金額が変わってくることがわかります。

金利も銀行によって違いがあり、学生や専業主婦を対象にしているかというところも違いが見られます。

2、ビジネス向けのローンを申し込む際に用意するものは何ですか。

借り入れ先の銀行によっての違いがありますが、代表的に必要なものは、納税証明書、賃借対照表、商業登記謄本、2期分の決算書、および事業計画書等などを、提出する必要があります。

この中で特に、重要なポイントとなってくるのが決算書や事業計画書です。

よい条件で融資を受けるためのアピールポイントとなりますので、入念に前向きな計画を立てることがポイントになります。

信用力を上げることで、銀行からのビジネスのための融資を受けやすくなります。

三井住友ビジネスセレクトローン・・中小企業向け融資のローン商品です。利率2.125%から。

必要な書類、最新の税務申告書(原本3期分)、最新決算期の納税証明書(法人税・消費税、その1・3-3)、商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3ヵ月以内)これに加え別途必要な書類もあります。

インターネットからの申し込み不可です。

中京銀行事業者向けフリーローン「はやわざ-α」・・個人事業主の方におすすめしたいフリーローンです。

使途自由で、金利が5.9%から12.9%必要書類は運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか1点本人確認資料となっています。

担保、保証人不要となっています。

中京銀行の営業区域内に在住、もしくは勤務先がある方のみが融資可能です。

三井住友トラストローン&ファイナンス不動産活用ローンビジネスコース・・法人、個人事業主の方を対象としたビジネスローンです。

不動産担保が条件となっています。金利3.5%から8.30%、最長25年までの借り入れ期間が特徴です。

必要な書類は、(申込時)担保物件関連書類(登記簿謄本、公図等)、商業登記簿謄本(法人の方)、本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)、収入を証明するもの(決算書、確定申告書等)となっています。

このように銀行によってビジネスローンによっても必要な書類が変わってくるので、ローン担当者に確認して事前に準備を進めることが大事です。

3、銀行の教育ローンを利用する時に準備しておくことはなんですか。

まず、教育ローンを検討する際にあたって固定金利方と変動金利型であるかとちゃんと確認しておくことが大事です。

固定金利型とは、申し込みの際に契約した金利で固定する借り入れ方法、返済終了まで決められた金利が変わらないタイプです。金利の低下局面でも、固定金利の場合は金利変更ができないケースが多くあります。

変動金利型とは、借り入れの初めによって適用された金利が、一定期間経過後に見直しにより変動するタイプの借り入れ方法です。

申し込みの際には適用金利の見直しについて必ず確認しなければならないのが適用金利は年/何回の見直しかということです。

一定期間ごとに金利を見直すため、金利の上昇局面では最終的には総支払額が増える可能性があります。

みずほ銀行教育ローン・・金利変動タイプ3.475%、金利固定タイプ4.550%の郵送で契約可能な教育ローンです。

必要書類は本人確認証明書の運転免許証、健康保険証、パスポート等いずれか1点、収入証明書源泉徴収票(50万円までの借り入れは不要)、資金使途を証明するものとして入学金、学費納付書などが必要になります。

教育ローンは団体信用生命保険に加入することができます。

三井住友銀行教育ローン(無担保型)・・変動金利型10万円から300万円以内の借り入れ可能。

必要書類は本人確認証明書の運転免許証、健康保険証、パスポート等いずれか1点、収入証明書源泉徴収票、確定申告書、資金使途を証明するものとして入学金、学費納付書、パンフレット等が必要になります。

インターネット、電話、郵送の他、三井住友銀行の店頭窓口、ローン契約機での申し込みが可能です。

三井住友銀行教育ローン(有担保型)・・変動金利型50万円から3000万円以内の借り入れ可能。

親子リレー返済が可能な他、団体信用生命保険に加入するのが条件となっています。

申し込みは三井住友銀行の店頭窓口のみになります。

4、マイカーローンを銀行に申しみたいけど準備するものはありますか。

車購入の際には、大きな金額が必要となります。ローンを組むときに考えたいのがやはり金利です。

販売店のクレジットローンは審査が通りやすいともいわれていますが、銀行と比べると金利が高いところも多いのでやはり銀行のマイカーローンも視野に入れて検討しておくことがおすすめです。

住信SBIネット銀行ミスター自動車ローン・・金利1.775%から3.975%で変動金利で、自動車の購入から運転免許証、自動車ローンの借換にも対応しています。

必要な書類は本人確認証明書の他、資金使途確認書類のコピー、振込先確認書類コピー、仮審査承認額が100万円超の場合のみ収入証明書等の書類が必要となります。

借入銀行用意するものとして銀行が扱うローン商品別にチェックしたいものを特徴とあわせてご紹介してきましたが、目的に合わせて準備を進めるとスムーズに自分にあったローンを選ぶことにつながります。

計画的にローンの契約に向けて用意をしていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.