無職ですが消費者金融から即日借入は出来ますか?

ただいま無職という立場に甘んじております。昔は公務員になる為に浪人をしたりもしていましたが、公務員に新規申し込みが出来なくなった年齢に到達した事で、就職を余儀なくされました。

しかし、就職も出来ずにこの有様なのです。

私の両親はまだまだ健在で共働きをしており、せめてもと家事などは代わりに行うようにはしていますが、やはり肩身が狭いというのには変わりません。

どんな仕事でも良いから初めて親を安心させたいと思いますが、今まで就職した事も無いので、初めの仕事は厳選したいのです。

就職活動をするのにもお金がかかりますし、その為のお金を親に都度たかるというのは、さすがに心苦しいです。

だから、今回の面接に必要な諸費用(交通費や衣服代)は消費者金融からお金を借りて捻出しようと考えています。

無職にてお金を借りたいというなどちゃんちゃらおかしい話かもしれませんが、ここで消費者金融です。

消費者金融は銀行に比較して評判はよろしく無いですが、審査が簡単で比較的誰でも借りられると言います。ここなら私も…と考えたのです。

また、その面接の日がすでにかなり近いので、出来れば消費者金融から即日借入をしたいのですが、無職でもこれは本当に可能かどうか教えて下さいませんか?こんな状態で情けないですが、現状を何とかする為にも強力をお願いします。

収入の有無が全てを決めると言えますね

無職でも就職する気がない場合はニートなどと言われていますが、質問者さんはきちんと就職する気があるようで良かったです。

公務員試験に何度も落ちている方は、どうしても無気力になってしまっている方も多いので…。

そうなるとなんとしても借入をして就職に役立ててもらいたいところですが…質問内容から考えると、おそらく融資を受ける事は難しいでしょう。

消費者金融の審査が簡単なのは事実ですが、むしろ今は消費者金融の方が厳しいと言えるかもしれません。

無職であっても融資を受ける事は可能ですが、それは全て収入の有無が決める事だと言えます。

そこで今回、収入がある場合のケースとそうではないケースに分けて説明をしていきたいと思います。

・収入がある場合の無職
収入がある無職なんてあり得ない…そう思うかもしれませんが、内職であったり株取引などで不労所得がある場合だと、実は融資を受ける事は可能です。

収入の額によっては、ちょっとした会社員の方よりも有利になる可能性も否定できません。

基本的に仕事があっても収入が雀の涙なら融資が難しくなるように、仕事をしていなくとも十分な収入があるというのなら、融資を受けられる可能性は十分に発生していると言えます。

それを踏まえて、副業的な軽い仕事を今から開始するのも良いでしょう。

・収入が無い場合の無職
おそらく多くの無職の方がこちらに所属していると思われますが、この状態だと消費者金融は厳しく、同様に銀行でも融資を受ける事は難しいでしょう。

銀行よりも消費者金融の方が難しいと言うのは、ひとえに総量規制というルールがあるからなのです。

総量規制が発生すると、年収の三分の一までしか融資を受ける事はできません。

これは消費者金融に適用されるルールであり、収入が0という事は、借り入れられる金額も0になるという事です。これはしょうがない事とも言えますね。

銀行なら規制外ですが、銀行も無職に貸すほど甘い審査はしていません。

現状は無職で無収入という事になりますから、無理にお金を借りようとしてはいけません。今は我慢するしかないでしょうね。

【参考ページはこちら】
無職でも借入できるのは消費者金融?銀行?

無職の人でもキャッシングの即日借入ができるのか

急にまとまったお金が必要になることがあります。

このようなときには知人や親戚にお金を借りるという方法もありますが、後で金銭トラブルにつながってしまうこともあり、親戚や友人関係が壊れてしまうという可能性も否定できません。

そこでこのようなことにならないために金融機関でお金を借りている人が多くなっています。

少し前まではお金を借りるということに抵抗を感じている人もいましたが、最近では申し込みから融資まで比較的簡単に行うことができるようになっています。

利用の際には基本的に働いていて安定した収入があるということが条件になりますが、最近ではこのような条件を緩和して借りることができるところが多くなっています。

そこで気になるのが無職の場合の利用です。働いていない人が消費者金融などでお金を借りるためには、配偶者に安定した収入があるということが必要です。

このときには配偶者との関係を証明できるような資料が必要になります。このときに注意しなければいけないのは、決してサラ金を利用しないと言うことです。

消費者金融でお金を借りる際には、働いていないと少し厳しくなりますが、クレジットカードの場合には働いていなくても作れるところがあるのです。

このカードにはキャッシング機能がついていることがあるので、少しなら現金として利用することができます。

一般的には多くの所で仕事をしていないとお金を借りることが難しくなっていますが、最近ではこのような人向けのサービスも多くなっています。

たとえば専業主婦ですが、この場合には自分に収入がなくても配偶者に収入があるということが多いです。

したがってこの配偶者の収入を証明できる源泉徴収票などを提出すれば、キャッシングを利用することができるのです。

双方で納得のうえでキャッシングを利用するのであれば何も問題はありません。配偶者の同意書なども必要になるので、事前にしっかりと話し合いをしておくようにします。

しかし配偶者の同意を得ることが難しかったり、ほかの誰にもキャッシングを利用していると言うことを知られたくないというときには、収入証明が必要ない申し込みのサービスもあります。

ここでは最短即日借入での融資ができるようになっています。

また銀行のカードローンということで、収入の3分の1以上の借入ができないという総量規制の対象外となっています。

200万円までのカードローンの申し込みに関しては、収入証明が必要ないと言うことになっています。

専業主婦などの無職の場合には、限度額50万円までの申し込みが可能です。そして申し込み方法も簡単です。

それはパソコンやインターネット、この他にはスマートフォンからの申し込みができるようになっています。

指定銀行の口座がある場合には、24時間いつでも申し込みをすることができるので、時間を気にすることがありません。このカードローンの申し込みの流れは次のようになっています。

まずは申し込みを行います。ホームページなどで必要事項を入力して申し込みを完了させます。

インターネットからの申し込みの場合には24時間受け付けているので、自分の開いた時間に申し込みをすることができます。ここで専業主婦の申し込みも可能です。

次に最短でその火の内に審査が行われるようになっています。申し込みを行った後には、本人に契約の確認の電話がかかってくるようになっています。

そしてその後に書類を提出します。200万円以内の借入に関しては、原則として収入証明が不要なので、必要書類が少なくなっています。

このときに即日借入をするポイントとして、平日の14時までに審査を完了させると言うことになります。

またこの他には、現在無職でも派遣社員として登録をしておけば、働いていると見なされるので審査に通りやすくなるという場合もあります。

このようなキャッシングサービスを利用するときには必ず審査が行われます。審査内容に関しては公表されていませんが、書く金融機関で基準が設けられています。

一般的に銀行系のものは審査が厳しくなっています。逆に消費者金融では審査が甘いというのが特徴です。

消費者金融でお金を借りる場合には、この審査に通る必要がありますが、無職の場合にはほかのケースのように簡単に審査に通ることができると言うことではありません。

しかし少し工夫をすることでお金を借りることができるのです。それは仕事をしていなくても求職中であるということを伝えるようにします。

仕事を探しているけれども就職先がなかなか見つからないと言うこと、失業手当だけでは生活が苦しいというような現在の事情を正直に話すことで借入が認められると言うこともあるのです。

この他には先ほども述べたように派遣社員として登録をしたり、個人事業主として申請を行うというような方法で消費者金融の審査に通ることもできます。

どうしてもお金が必要という場合には、これらの方法を使って申し込みをすればいいのですが、お金を借りると言うことはしっかりと返済をしなければいけないので、できるだけ仕事を探すという努力をすることが大切です。

例え日雇いのアルバイトであっても働いているということに変わりはないので、まずはこのような仕事を探すようにします。仕事を選ばなければ職業の記入欄に書くことができます。

このような形にすれば無職ととらえられると言うことがありません。アルバイトと言うことでお金を借りることができる金融機関があります。

ここを利用して一時的にでもお金を借りることができます。

今江の自分の状況でキャッシングを利用することができるのか不安という人は、インターネットに診断や相談のサイトが儲けられています。

ここでは専門のアドバイザーがいるので気軽に何でも相談をするようにします。

例外として毎日年金生活をしている人は、仕事をしていなくても安定した収入があると認められるのでキャッシングを利用することができます。

キャッシングの利用の際には年齢制限が設けられているので、この制限に引っかかってしまう可能性もありますが、このような方法もあるということを頭に入れておきます。

仕事をしていない人がお金を借りるために申し込みを行うときには、困ってしまうのが勤務先への確認の電話です。

ここで働いているのかどうかと言うことの確認が行われるのですが、ここでは安定した収入があるのかどうかということが同時に判断されます。

しかし心配はありません。働いていない人でこのようなカードローンを利用することができるというのは、ほとんどが派遣会社に登録をしているからなのです。

派遣会社に登録をしているということは、働いていると見なされるので審査に通ることができます。

このように仕事をしていないからといって絶対にキャッシングを理用意することができないと言うことではありません。

現在の自分の状況によってあらゆる可能性があります。専業主婦の人であれば配偶者を頼って利用することができたり、収入証明が必要ない銀行のカードローンがあります。

最近では専業主婦向けのサービスや学生やパートやアルバイト向けのキャッシングサービスも多くなっています。

これらの所を事前にしっかりと調べて賢くキャッシングを利用すると言うことが大切です。

そしていくらたくさん借りることができるからといって必要以上に借入を行わないように注意します。

返済ができなくなると、それが金融事故として残されるので、この先キャッシングを利用するのが厳しくなってしまうからです。

お金を借りて返済をするというのは、金融機関に対しての信頼があって初めて成り立っているので、しっかりと返済するようにします。

お金を借りる際には、それが何のためにどのくらい必要なのかということをしっかりと把握して、返済計画をしっかりと立てるようにします。こうすることで安心して利用することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.