ビーンズという業者の借入の特徴を教えて!

突然の質問失礼します。今、私はビーンズという消費者金融業者が気になっていますが、この業者の特徴について詳しい人はどうか教えて下さい!

このビーンズというのは本来そこまで有名では無いのですよね?現に私は友人にビーンズが良いんじゃない?と言われるまでは全くこの業者の存在を知りませんでした。

でも実際に使った友人がオススメするという事は、知る人ぞ知る優良業者…なのでしょうか?

その友人はビーンズ以外使った事は無いので比較した結果とかを教えてくれたわけでは無いのですが、そもそも普通に使えてきちんと返済できただけでも闇金とかでは無いですよね?

私も出来るだけ早くお金を借りたいという事で、早期のうちに使うべき金融業者を決めたいと思います。

ですので、このビーンズという金融業者について知っているだけの事を出来れば全部教えていただければ嬉しいです!

色々聞いてしまうようで本当に申し訳無いですが、どうかよろしくお願いいたします!

利点はありますが大手と比較した方が良いかもしれません

ビーンズ…ですか。確かに融資初心者の方が使うには珍しいチョイスですが友人からの口コミと聞けば納得です。

本来なら大手以外の業者は本当に口コミくらいしか広まる手立ても無く、今はインターネットのおかげでその口コミも各所で聞く事が出来て選ぶには便利な時代になりました。

さて、そのビーンスの特徴についてですが、最初に言っておくなら出来れば大手金融業者とも一社くらいは比較しておく事をオススメします。

大手というのは多くの人が使うからこそ大手として存在しており、多くの人が納得するという事は、それだけ初心者でもオススメが出来るという事なのですから。

ではビーンズの特徴というか長所の一つなのですが、ネットから申し込みが出来るという点でしょうか。

これは大手でも同じですが、ネット専門の受付だけあってネットのみで申し込みが終わります。

完全にネットのみで完結できるというのは意外と大手でも貴重と言える存在ですので、ネットを普段から使う人にとっては利便性が思いの外高いと言えます。

本来中小消費者金融はネット関係はあまり充実していないので、珍しい存在であるとも言えましょう。

次に返済日が自由に決められる、という点でしょうか。普通の金融業者なら決められた日のみか三種類くらいの日にちからしか選べません。

しかしビーンズはこちらの任意にて返済日を変える事が可能です。

あまり無い事だとは思いますが、給料日が多少ずれたりしやすい人には利点ですし、少なくとも選べないよりは自分にとって好都合です。

こうした特徴こそありますが、借入限度額や金利面では大手の金融業者に一歩及んでいないという感じが否めません。

ビーンズの利点が自分にとっての理想であるならもちろん良いのですが、その他の点も大事にしたいという人であれば、出来れば大手の消費者金融と比較し、その上で適切な判断をされる事をオススメします。

ビーンズはこだわりのある中級者向け以上の消費者金融側だと私は思いますよ。

【参考ページはこちら】
安全な借入先と危険な借入先の選び方

インターネットキャッシングのビーンズの借入の特徴

ビーンズという会社は平成4年に設立されたインターネットキャッシングを事業とする消費者金融会社です。パソコンや携帯電話のホームページから簡単にあ申し込むことができます。

融資を受けることができる対象者の条件は「満20歳以上65歳未満の方」「日本国内に住み審査基準を満たす方」で自営業や会社経営者の方への融資はしていません。

また専業主婦の場合は配偶者の同意が必要になるということです。
(⇒専業主婦は旦那名義で借りられる?

融資額は5万円から50万円で貸付利率は年5%から20%です。返済方法は1回から36回払いと設定されています。

さて初めて借入をする時に確認が必要なことがあります。その確認事項をすべてクリアしたうえで申し込みをしないと審査に落ちる可能性が高いので、あらかじめホームページにも確認事項が記載されているのです。

その確認事項とは「現在利用中のローンの支払いが遅れている」「住宅ローンや自動車ローン以外で現在利用中のローンの借入金額が年収の3分の1を超えている」「債務整理、調停、民事再生などの支払中である」「過払い請求をしたことがある」「今までに破産申し立てを2回以上したことがある」「半年以内にビーンズでお断りされた経験がある」「自営業、会社経営をしている」というものです。

これらに一つでも当てはまる場合は審査に通らず融資を受けることができない可能性があるので、これらの事項をなくしてから申し込むようにすれば融資を受けることができる確率は高くなります。

申し込み方法はインターネットからですが、審査に必要な提出書類があり、その件に関しては担当者から電話が入ります。

必要な書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなど本人確認ができる書類と直近2か月分の給与明細か源泉徴収票などの収入を証明する書類になります。

本人確認の証明書は現住所が記載された住所と異なる場合や現住所の記載がない場合は住民票も提出する必要があります。

これら証明書に関してはFAXで提出することになります。

本人確認を徹底するため自宅か勤務先に担当者が個人名で電話をする在籍確認もあり、その後審査結果を報告するという流れになります。

審査に通過すれば契約書類が送られてくるので、そこに必要事項を記入し、FAXしたものと同じ身分証明書類のコピーとともに返送します。

その際契約書類などに不備や記入漏れがあると融資が保留状態になりますので、早めに融資を受けたい場合はきちんと確認をして返送するようにします。

そして契約書類や提出書類に問題がなければ融資が行われ、本人の銀行口座に振り込まれることになります。

返済の方法ですが、毎月1日、5日、10日、15日、20日、28日の中から給料日に合わすなど自分の都合のいい日にち一日選択してその日を毎月の返済日と決めて指定された銀行口座に振り込んで返済することになります。途中で一括返済も可能です。

利息は借入残高に対して利用した日数分だけを計算しています。もし10万円を実質年利率18%で30日間借りた場合は10万円×18%÷365×30で1,479円となり返済額は101,479円という計算になるのです。

このような流れで申し込みから融資、返済まで行われます。

これらのことからビーンズの特徴としては、申し込みがインターネットからだけであること、融資額が5万円から50万円までと少額であること、他の大手の消費者金融より最高利率が高く20%であること、書類の郵送や返送などの時間が必要なことなどが挙げられます。

申し込みから実際に融資を受けるまでには郵送などの時間が必要なので即日融資という訳には行きませんが、申し込む前に確認事項をしっかり確認したうえで申し込むことで数日待てば融資がもらえるのです。

確認事項がクリアできていても審査に落ちる可能性はゼロではありませんが、審査によっては連帯保証人を必要としながらも貸してもらえる確率は高いでしょう。

だからすぐにお金が必要な人は他の即日融資が可能の消費者金融で申し込む法が良いのですが、すぐに必要ではなく少額の借入でよいという場合には、あらかじめ審査に落ちないための確認事項も記載されたホームページもあるビーンズが良いでしょう。

またテレビコマーシャルを頻繁にしていたり、街中に看板がたくさんあるような有名な消費者金融ではなく無名であるという点もキャッシングをしていることが人にばれたくないという場合にも良いかもしれません。

無名でも日本貸金業協会の会員であり、貸金業登録事業者なので、ヤミ金といわれるようなところではなく信用ができる消費者金融です。

ホームページでは返済シュミレーションもできるので、とにかく申し込む前にはホームページを熟読しシュミレーションも行ったうえで計画的に借入を申し込むことが大切です。

融資の追加を受けたい時など会員になることでインターネットから申し込むことができることも便利です。住所や連絡先の変更、支払い方法の変更なども会員のページから行うことができます。

実際の店舗は東京都中央区築地にあり、平日の午前10時から午後6時まで営業しています。可愛い豆のキャラクターがマークです。

テレビコマーシャルなどで有名ではなくてもこのような消費者金融もたくさんあるのです。

どうしてもお金が必要になった時、何かをするために少しだけ足りずどうしても工面ができない時などには消費者金融や銀行のカードローンのキャッシングはとても助かるものです。

生活が苦しい時だけではなく生活に少し潤いを持たせたい時にも利用することができます。

しかしどの消費者金融や銀行カードローンでも借りると利息がついてくるので、10万円借りたから10万円返せばいいというものではないのです。

利息は少額ほど高くなります。もし複数のところで少しづつ借りている場合には一つのところにまとめるほうが利息も低くなって、返済日も一日にまとまるので返済しやすくなります。そのようなことも考慮してキャッシングを申し込むようにしましょう。

最近は大手の金融会社だけではなくビーンズでもインターネットで申し込むことができる時代です。

するといつでもどこからでも申し込むことができるので、お金を借りたい時にすぐに申し込むことができます。

しかし申し込むのは簡単ですが、数多くある金融会社の中でどこを選べばよいか事前に確認しておかなかったら審査に落ちたり希望の金額を借りることができなかったりします。それは各金融会社によって審査基準に多少の違いがあるからです。

まず消費者金融と銀行カードローンは申し込み方法、提出書類、利息などよく似ていますが、限度額が変わってきます。

消費者金融は貸金業法の総量規制があるので年収の3分の1までに額しか借り入れることができないのです。

他社ですでに年収の3分の1に近い額を借りていたら新たに別の消費者金融に申込んでも融資を受けられないのです。

一方銀行の場合は貸金業者ではないので総量規制の対象にはならず限度額は銀行独自で定められています。それでもその限度額は最高額であって誰にでも当てはまるものではありません。

それぞれの年収に応じた額を限度額に設定してもらうのですが、消費者金融のようにきっちりと年収の3分の1までというものでもないのです。

そのような違いや各金融会社の利息の違い、無利子の期間があるなどで自分のあっているところはどの金融会社なのかということはあらかじめホームページなどで研究をしておくことが望ましいのです。

急にお金が必要になって自分の知っている名前の金融会社に急いで申込んで融資を受けた後に、別のところの方が金利が低かったとか一定期間のうちに返済すれば無利子という特典がついていたなどと後悔することもないでしょう。

大切なお金のことなので、キャッシングは慎重に申し込むことが大切なのです。そのためにも日ごろから情報を仕入れておくことは必要なことです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.