借入複数ある人がローンを申し込むと何を言われる?

今まで借入複数あることというのがなかったのですが、今度いくつか他の業者も使ってみようかなと思っています。

つまり2社目の借り入れをしようと思っているんですけれども、こういう借入を複数しているとあまり良くないという話は聞いています。

業者からの受けが良くないといいますが、どのくらい良くないのでしょうか。

例えば借入複数ローンしているからといって、その業者での申し込み時点で色々と文句を言われたりすることが会ったりするのでしょうか。

それとも何か審査の時に悪影響があったりしますか?どのくらいの悪いことが起こるのか、教えてもらいたいです。

借入前に説教も少なくなったし単に落ちやすくなった

昔はおっしゃるようなことも多かったと言われていますよね。今でも借金をしようと思ってお願いしにいくと、かなり説教をするような業者もいると言われています。

とは言いつつもそういう業者というのはだいたい大手ではなくて、中小の業者でしかも目の前で面接をするようなところがほとんどです。

となると、あまり数も多くはありませんし、昔から比べると減っていると言えます。

こんな消費者金融や銀行系カードローンなどが多い中で、昔みたいに複数借入をしたら文句を言われたり説教をされるということも減ってきています。
(⇒多数の借入がある時はおまとめローンがいい?

そもそもネットでの申し込みが多いので、ネットで申し込みをした時に信用情報を見て、複数借入をしているからと説教を言う場所がないというのが本音でしょう。

なので、今はほとんどの場合何も言わずに落ちるだけということが多くなっています。

借入複数あることで落ちてしまうと、どのくらい悪影響だったのか、いくら返済したらあとは借りられるのか?というような部分がわかりません。

昔のように対面であれば、説教を受けることはあっても話を聞いたらあとどのくらいのお金を返済していれば審査に通るというようなことをこっそりと教えてもらえることもありました。

しかし今はそういったことはなくなりつつあります。

大手を中心に基本はネットでの申込み、そしてネットでの借入とカードローンを使う場合はATMです。

ネットか機械か、どちらかしか相手をしないのが今の消費者金融や銀行系カードローンの世界といえるのです。

なので、借入複数あることはマイナスにはなりますが、どのくらいマイナスになるのかや、どのくらいであればギリギリ申込みが通るかなどもわかりにくくなっているというわけです。

便利な時代にはなっていると思いますが、融通は昔ほど効かなくなってきているのは間違いないかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
他社借入があるからレイクを使えるか不安

借入複数をまとめる事が出来る効果的なローンのポイント

現行の消費者金融系の借入のサービスは、安心して利用出来るものであることから、気軽にお金が借りられるようになっています。

また、審査時間が非常に短く、すぐにお金を借りたい場合にも対応してくれるので、週末や連休などで現金が必要になった際には、大変便利なサービスとなっているのです。

そのため、急遽現金が必要になった際には、最適な借入の選択肢となっています。

この消費者金融系のサービスには、さまざまな種類があることに加え、個々の利用者に割り当てられる融資条件にも、複数の要因により違いが出てくる事があります。

そのため、申込者に応じた条件で貸し出しが行われるようになっており、金利などを含め、多様な形態が存在しているのです。

そして、消費者金融のサービスには、銀行系の融資並みに良心的な条件で貸し出しを行っているところも多くなっており、初めてお金を借りる方でも安心して利用出来るサービス内容となっているので、複数の業者から借入を行う事も多くあります。
(⇒借入に関するおすすめQ&A

この消費者金融系のキャッシングなどの利点は、利用しやすさというポイントが重視されているので、借入複数も容易になり、お金を借りる際には短時間で審査も完了することから、銀行融資よりも融資を受けやすくなっています。

銀行系の融資は、より厳格な基準をクリアする必要があり、審査にも時間を要するものです。

そして、高額な限度額も割り当てられる事から、日常的な利用の為に、頻?に申し込みを行う事は少なくなります。

しかし、消費者金融の場合は、手軽に受けられるインターネット上での審査や、いつでもお金が借りられる専用端末が各地に設置されている事も多く、大変利便性に優れたサービスである事から、頻繁に利用する事が多くあるのです。

そのため、必然的に借入複数を行う方も多くなります。

また、消費者金融系のサービスでは、即日でお金を借りられる素早さがあり、急いでいる時でも融資に対応してもらうことができます。

そして、高額な融資が提供される銀行系の金融商品とは異なり、担保や保証人も不要なサービスであるため、複数の業者から借入れをしてしまうこともあるのです。

その結果、金利だけでも毎月の支払いで大きな負担となっている事があり、サービス利用の面では不利な条件でお金を借りることになるケースもあります。

このようなケースで利用すべきサービスが、借入複数を一つにまとめる事が出来るサービスなのです。

現在では、銀行系のサービスだけではなく、大手の消費者金融も複数の債務をまとめて返済することが出来る便利なサービスを提供しています。

この借り換えを目的とした金融商品は、消費者金融系のサービスでも規制の対象外となるので、年収の範囲を超えた借入が出来るようになっています。

そのため、非常に有利な条件で高額な融資を受ける事が出来るようになっているのです。

この消費者金融系のサービスの利点は、審査に要する時間が短く、審査基準が緩和されているというポイントですが、これは複数の債務をまとめる事が出来る金融商品にも該当するものとなり、このサービスの利点を上手く活用する事が出来るので、借り換えの際には非常に利用しやすいものとなるのです。

大手の消費者金融には、借換えに特化した専用のサービスがあり、追加での融資には対応していませんが、高額な融資限度枠が適用されるので、他の業者からの複数の債務を一つにまとめる事ができます。

通常は、高額な融資限度額が提供される事から、申込みには複数の必要書類の提出が必要になり、店頭窓口で契約する事が多くなります。

しかし、このようなサービスが利用できれば、年率を大幅に抑え借入れができ、高額な借入でも対応する事が出来るので、非常に有利な条件で完済まで返済する事が出来るのです。

また、返済回数や返済方式も、個々の希望条件に合わせたものが選べるので、 毎月の負担を抑える効果もあり、繰り上げ返済などを利用すれば、より短期間での完済も可能になります。

また、現在利用中のサービスから、この借り換え専用のサービスに変更する事が可能なものもあり、複数の借り入れをそのまままとめて返済することもできるようになっています。

そして、事前に契約していれば申込みをネット経由で受け付けている事もあり、全ての手続きをインターネットのみで完結する事も可能になっています。

このような場合は、現在その業者でサービスを利用している事などが条件となり、指定された金融機関に口座が開設してあることなども条件になりますが、幾つかの条件を満たせば、より短時間で借り換えが出来るので、すぐに有利な条件での返済が出来るようになるのです。

そして、一般的な銀行系のサービスを利用して複数の債務をまとめる場合は、非常に低い金利でお金が借りられるために、年間での返済負担を大きく減らす効果があります。

幾つかのサービスでは、非常に有利な融資条件でお金が借りられるのですが、審査基準が厳しいために、借入が難しくなるケースもあります。

しかし、現行の銀行系のサービスの中には、従来とは全く異なる審査基準を採用して、消費者金融系のサービスと同等の審査基準で融資を提供してくれるものもある為に、非常に利用しやすいものとなっているのです。
(⇒借入の審査についてもっと詳しく

また、銀行系に特有の規制の対象外となるという利点に加え、信頼性の高い金融機関からの借入れが出来るので、安心して長期的にサービスの利用が出来ます。

このような銀行の金融商品でも、使途が限定される事はなく、個々の目的に合わせて自由に利用出来るようになっているので、割り当てられた限度額の範囲内であれば、目的に応じた利用ができるのです。

しかし、このような融資条件の優れた低金利な銀行系のサービスに申し込みを行う際には、年収で一定の金額を得ている事を証明する必要があり、非正規雇用の形態で働いている方の場合は申し込みができないなど、幾つかの追加基準が設定されている事もある為に、それぞれのサービスの融資条件を確認しておく必要もあります。

また、注意事項としては、融資を受けるまでの時間があり、大半の借り換えを目的としたもう額な融資は、数週間程度の審査時間を必要とするために、時間的な余裕をもった申し込みが必要になるのです。

そして、このような複数の債務をまとめる際には、借入できる限度額と利用できる限度額についても把握しておく事が重要です。

この借入が可能な限度額とは、借り換えの際に利用できる範囲で、利用できる限度額は事前に設定されていた枠とは別に、追加で融資が受けられる金額です。

この借入が可能になる限度額は数万円程度で設定されることが多くなりますが、利用が可能になる限度の金額は、十万円を超える事も多くなるために、予めこれらの違いを把握しておき、より有利な返済に企てる事も重要になるのです。

このような限度額の違いを把握しておくことが重要になるポイントとしては、追加での借入れが残高に応じて可能になるためで、借入残高に応じて利用できる限度額の基準を満たす事ができれば、より高額な融資が可能になるので、予めそれぞれの借入限度額と利用限度額の条件を把握しておく必要があるのです。

このような借り換えを目的としたサービスでは、契約期限や条件が事前に明確に定められている事が多く、利用できる可能な期限が年齢により決まっていたり、借入の残高に対して利用限度額が基準を超えないように注意しておく事も必要になります。

そのため、毎月の返済を計画的に行い、効率良く支払いを継続する為にも、この残高に対する限度額の規定を十分に把握しておく必要があるのです。

これまでは銀行のおまとめローンは、非常に低金利で魅力的なサービスでも、審査基準が厳しく設定されているので利用しにくいという面がありましたが、現在は審査基準が大幅に緩和されたサービスも多くなっているので、利用しやすいものとなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.