限度額を上げたいのだけど、今の借入状況で大丈夫?

今の借入状況での限度額アップは可能なのかどうか、少し判断が難しいので教えてもらいたいと思いました。

今、私は枠が50万円ほどあるんですけれども、これを倍くらいに増やしたいと思っています。借入は30万円でコツコツ返済をしています。

年収が300万円あるので年収から考えれば、限度額アップ自体は総量規制には引っかかっていないので大丈夫と思うのです。

で、私はこのような状況から限度額アップというのは可能になるものなのでしょうか?できるのかどうかがわかりませんので教えてもらいたいです。

実績をつければ高い確率で限度額をあげられるだろう

限度額アップが可能かどうかというのは簡単に「これは出来ます」や「これは出来ませんね」とはっきりと言えるような問題ではないというのがポイントです。

ですので、質問者の方の話を聞いても、確実にできるということは言えません。

ただし、今のところ借入状況を見ている感じでは、まず借入の限度額を上げることは高い確率でできるのではないかと思います。

総量規制にも引っかからないですし十分な金額の収入があります。そして収入だけではなく、しっかりと返済をしていて延滞などをしていないのであれば問題はないでしょう。

借入限度額も業者側が50万円ではなく、さらに高い限度額まで設定可能であれば、大丈夫だと思っていいでしょう。

更に確率を挙げたいというのであれば、やりようはあります。ひとつは借入返済をしっかり続けるということです。

借入返済の実績というのはどんどん借入限度額を上げるのに必要な物で、限度額をあげたいけれども申込みをしたばかりで返済実績がない、という時はほとんど不可能ということになります。

なので、まずは返済をしっかり進めていきたいところです。

もう一つが意外に思われる事が多いのですが、できるだけたくさん借りることです。

それこそ今の借入限度額いっぱいまで借りてしまうほうが良かったりします。

その方が借金をしてくれる人であるということ、限度額いっぱいまで借りてくれるのでいいお客さんであるというように思ってもらえるということです。特に消費者金融系ではこれが効果的だと言われています。

限度額を上げてもらいたいというのであれば、今の借入状況から少し工夫をすることで上げてもらいやすくなるということは間違いありません。

工夫次第で何とかなりますし、確率を上げることができるので、必ず確率をあげられるような方法をとったほうがいいでしょう。

限度額を一社だけで上げていくほうが複数借入よりも個人的にはお勧めです。

【参考ページはこちら】
どうして銀行は借入条件がいいの?

借入状況を把握して新たに申し込む金融機関の利用限度額を知ろう

金融機関からお金を借りる場合は、できるだけ1つの金融機関からまとまったお金を借りることが大切です。

複数の金融機関から借りてしまうと、返済日の違いから振り込むことを忘れてしまって、遅延損害金によって無駄な支払いが増えてしまうことがあります。

利息の支払いで家計が圧迫されている場合は、更に気を付けることが大切です。

複数の金融機関から借入れる理由としては、その金融機関の利用限度額に達してしまったが、より多くのお金が必要な状況に陥っているということが挙げられます。

経済力や信用性によって利用限度額が定められるので、まだ利用して間もない頃は利用限度額は引き上げてもらえません。

その為に、複数の金融機関に申し込んで借入れられる金額を増やします。しかし、闇雲に複数の金融機関に申し込んでもスムーズに審査には通過出来ません。

既に他社から借入れているということは、そちらの借金の返済に追われてしまって返済が出来なくなることを懸念されます。

その為に、既に金融機関からお金を借入れている人物は、厳しく審査を行って経済力と信用性から返済の信ぴょう性を測ります。

現在の借入状況を把握して、審査に通過できるかを見極めることが大切です。

銀行であれば総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上の金額を借入れられます。しかし、ノンバンクの金融機関は全て総量規制の対象となります。
(⇒総量規制は銀行も対象?

つまり、消費者金融や信販会社から借入れられる金額は、年収の3分の1までとなります。年収300万円であれば最大で100万円までしか借り入れられません。

現在の借入額が50万円程度であれば、残りは40万円程度しか借り入れられません。

総量規制ぎりぎりの金額までは借り入れられないので、10万円程度の余裕が残るように融資をしてもらえます。

ただし、これはあくまでも限度額なので信用性が低かったり、今まで滞納の経験があればそれだけ限度額が引き下げられます。

まずは、少しでも返済履歴を作ることが大切です。

今まで一度も借金をしていなくて、急に多額の借金をすることになれば、返済計画の立て方や借金の返済の難しさを知らずに利用してしまって、その結果滞納や未返済をしてしまうことになる可能性があります。

それを金融機関側もわかっているので、返済履歴が無ければ貸し付けに関しては慎重に行われます。

経済力も100万円を借りたいのであれば年収400万円程度は必要です。

年収300万円で実際に100万円近く借入れる為には、今まで多額の借金を滞納せずに完済しているなど、信用性を上げる要因がある必要があります。

今までに借金をしたことがないのであれば、年収400万円程度は必要です。

金融機関によって審査基準は違うので、場合によっては年収300万円程度でも100万円近く借入れられることもあります。

しかし、審査に落ちてしまうと信用情報に傷が付いてしまって、次の金融機関への申し込みが不利になります。

できるだけ審査に通過できる確率を上げる為にも、少しでも年収を増やしてから申し込むことが大切です。

また、現在借入れている金融機関に少しでも返済することで、次に申し込む金融機関で多く借入れられます。

信用情報に現在の借入額も記録されているので、そういった情報を元にして貸付額を決められます。

自分を守ってくれる法律でもあるので、総量規制で守られていると考えて無理な借入は避けましょう。

また、経済力を表す数値は年収だけではなく勤続年数や雇用形態も関係します。

その為に、年収が高くても勤続年数が短いことが理由で少額しか借り入れられないこともあります。

半年程度の勤続年数であれば、職を転々としているということなので、収入が安定しているとは言えません。

返済は必ず毎月行わなければならないので、1ヶ月だけでも収入が無かったり不安定であれば滞納の可能性があります。

滞納者は金融機関に損害を与える存在として、金融機関のあらゆるサービスを受けられなくなることもあります。

更に多額を借入れたくても許可してもらえなかったり、新たな借入を断られることもあります。

2010年の法改正によって総量規制が設けられたことによって、あらゆる部分で融通が利きづらくなっています。

最大限に金融機関を利用する為にも、健全な利用を心がけて滞納は一切しないように気を付けましょう。

また、まとまったお金が必要になったタイミングで申し込んで、審査に通過できなかった場合は車や住宅ローンの状況を確認することが大切です。

車や住宅ローンの返済額が多く残っているのであれば、それが影響して借り入れられない可能性があります。

少しでもローンを返済してから申込みましょう。また、ローンの返済時にお金が必要な事態に陥らない様に、正しく人生計画を立てることが大切です。

また、社会人になりたてであれば、大学の奨学金の返済や教習所で組んだローンが残っていることもあります。

無利息であっても信用情報に記録されていることもあるので、完済してから新たに申込みましょう。

また、申し込める金融機関の数は3~5社です。これ以上申込もうとしても、返済してもらえる保証が無いとして審査に通過できないことがあります。

また、審査に落ちた場合も同じで、3社以上審査に落ちてしまうと半年経過するまで新たに申し込めなくなります。

信用情報には申込み日や審査を受けた時間が細かく記載されています。同日に複数社に申し込んでも知られてしまって、全ての審査に落ちてしまうことになるので注意が必要です。

審査の通過に必要なことは、経済力と信用性ですが借入額が多額であればあるほどに不利になります。

申込書に記載しなければなりませんが、信用情報の閲覧時に虚偽の情報を記載していないか確認されます。

より多く借入れたいと思っても、絶対に虚偽の情報は記載してはいけません。

虚偽の情報が記載されていることがわかった時点で、審査に落ちることが確定します。信用性を測る為の策略と考えて、経済力に乏しくても真実の情報を記載しましょう。

銀行であれば、総量規制の対象外になりますがスムーズに貸し付けてくれるとは限りません。

総量規制の対象外だからと言って無制限に貸し付けてしまうと、滞納によって多くの損害を受けます。その為に保険として担保を求められることがあります。

担保は、対象者が返済出来なくなった時点で銀行の所有として売却して、借金の残高の返済に充てます。

つまり、銀行にとっての保険になるので借入額が大きければ、それだけ価値がある資産を担保にする必要があります。

一般的には車や住宅を担保として収めますが、価値のある物であれば何でも構いません。

また、返済が滞るタイミングで担保としている資産の価値が下がっていれば意味が無いので、数年~数十年後にも担保としての価値があるのかを調べられます。車は走行距離が長ければそれだけ査定額が下がります。

毎月どれだけ走行しているのかによって、担保として価値があるかどうかが変わります。

また、住宅であっても築年数が経過すればするほどに価値が下がるので、中古物件を購入していた場合は担保にできないこともあります。

新築物件で購入したてであれば、より担保としての効果が持続します。

数千万円もの大金を借入れたい場合は、こういった担保が必須になります。

つまり、資産が無ければ年収以上の金額など多額は借り入れられないので、資産が無い状態で大金が必要になる事態は未然に防ぐことが大切です。

また、金融機関は銀行、信販会社、消費者金融の順番で金利が高くなるので、多額の借入を希望する場合は必ず銀行に申込みましょう。

審査に時間がかかるなどのデメリットもありますが、審査にさえ通過出来れば低金利で借入れられます。

大金であればあるほどに金利の影響を受けてしまうので、金融機関選びは妥協せずにできるだけ経済力と信用性を充実させてから申込みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.