借入利息の端数は小銭が不足しているときどう返せば良いの?

クレジットカードのキャッシング枠はありますが、まだ実際には使った事がありません。

今までは利息も取られるからと本当にいざという時の為に使わないようにしていましたが、来月くらいには使わないといけないかもしれません。友人の結婚式と旅行が同時に発生するのです。

用途としては問題ないし、借りる金額というのも決まっています。ただ、利用する前には疑問は無くしておきたいと思いまして、今回はお聞きしています。

まだ使っていないうちから聞いてしまいますが、知っている方は是非教えて下さい。

借入を受けると、利息が発生しますよね?その利息は一日毎に加算されているらしく、一日単位で割るとやっぱり端数…小銭分も発生しているわけですよね?

で、ATMからお金を返すときはほとんどが千円とかお札じゃないと受け付けてもらえません。コンビニとかがそうですね。

それだというのに、借入利息の端数として小銭が発生し、それが払えないATMしか無かったら、もしくは小銭の持ち合わせが無かったら、どうなるのでしょうか?

私の財布はかなりスマートで小さいタイプなので、小銭は出来るだけ入れないようにしているんです。

だから、もしも完済が目の前になって小銭分も払わないといけない時、どうやって返せば良いのでしょうか?

金融業者が小銭とはいえ、返済額をまけてくれるとは思いません。どうやって返せば良いのか教えて下さい。

引き落としや振込が楽な返済方法と言えますね

旅行というのは前々から計画できていたものだと思いますが、そこに結婚式が重なってしまうと、祝わないわけにもいかず困りますよね。

結婚式というのは開催者でも無い限りは相手の都合に合わせるしかありませんから、お金を用意する以外選択肢は無いでしょう。

そんな時に、クレジットカードにキャッシング枠が付与されているととても便利に感じます。

キャッシング枠はカードローンみたいな融資と同様に、いつでもお金が借りられて、返済は分割してのマイペースな支払いが出来るのが強みとなっています。

ただ、返済方式が自由という事もあり、返済において端数が発生しやすく、小銭分もちまちまと返さないといけないという問題もあります。

これはどのようにして解決するか、実は意外と簡単な問題です。以下に二つほど解決策を提示していきますから、ご参照ください。

まず、引き落としの返済を依頼するという方式です。クレジットキャッシングならクレジットカードの利用料金と一緒に引き落とされるはずですが、こちらから支払うよりも引き落としにしておくと、小銭の心配をする必要は無くなります。

何故なら、引き落としの場合は小銭なども関係ありません。返済額だけ指定された口座から引かれるのですから、わざわざ計算して入金して…という手間が丸ごと無くなるのです。

引き落としに比べると手間がかかりますが、振込返済を行うのも良いでしょう。銀行振込に対応した金融業者は多いですが、返済額が分かっている場合、その分をかっきり指定してネットバンキングなどで口座から直に振込を実行してみましょう。

これならお札を口座に入れておくだけでOKですが、操作が発生するという事、そして振込手数料が取られてしまう事もあって、引き落としがあるなら出来ればそちらを使いたいと言える方法です。

これらの方法が楽と言えます。特に引き落としはうっかり返済忘れも無くしやすくてオススメですよ。

【参考ページはこちら】
借入利息の計算方法を教えて!

借入利息と残高が不足しているときの対処方法

キャッシングやカードローンからお金を借りるなら借入利息をしっかりと把握しておかなければなりません。

利息は金利計算から算出されるので計算方法を知っておけばよいです。そうすれば、自分でも簡単に利息を計算できるようになります。

しかし、この絶対に必要なわけではなく、基本的には毎月の返済にまでに金融会社が計算して教えてくれます。

どこかの金融会社で契約した後は別に毎回自分で計算する必要がありませんが、どの金融会社でキャッシングやカードローンを利用するのか迷っているときは借入利息を考えて申し込み先を選びましょう。

簡単に金利計算を紹介しておきますと、算出方法は元金×金利÷365×借入日数になっています。

この計算方法から簡単に利息を算出することができるので覚えときましょう。ポイントになるのは元金と金利です。

元金が多ければ利息は高くなりますし、金利が高ければ利息は高くなります。

つまり、借入金額はその人によってどのくらいの金額を借りるのかは様々ですが、金利はだれにとっても低い方が好ましいものです。

そのため、申し込み先の金融会社を選ぶときはしっかりと金利を比較して選びましょう。そうすれば、利息をやすくしてお金を借りることができます。

金利は基本的に低い方がよいですが、低金利を考えるときは限度額から考えなければなりません。

金利は限度額によって適用される金利が変わるので自分がどのくらいの限度額を持ちたいのかを決めて、そこから各社の金利を比較しましょう。

金融会社各社は下限金利から上限金利までを設定していますが、単純にその範囲を比較してもいくらの限度額を持てるのかはわからないので、自分が持てるであろう限度額に応じた金利を各社で比較しなければなりません。

例えば、50万借りたい時にその金額に対して各社でどのくらいの金利が適用されているのかをチェックすると良いです。

このくらいの金額ならば各社において上限に近い金利が適用されているので、上限金利をしっかりと比較すればよいです。

各社の上限金利は基本的に高いです。18パーセントになっている会社が多いですか、銀行ならもっと低い金利になっています。

そのため、低金利を求めるならば消費者金融よりも銀行を選ぶ方が金利をやすくしてお金を借りることができます。

銀行の金利が低いというのは誰もが知っていることですが、消費者金融に比べると審査が厳しいと思っている人は多いです。

しかし、銀行でもキャッシングやカードローンの審査が甘いものがあります。

インターネットから銀行のキャッシングやカードの情報検索すると、収入証明なしでも申し込める銀行を見つけることができます。

この内容なら収入証明なしなので審査で返済能力が問われません。

収入証明なしだと、書類がないのでしっかりと申込者の年収をチェックすることができないので、基本的には返済能力は問われません。

他社の借金を持っていると収入証明なしでも申し込めるキャッシングやカードローンだとしても収入証明を提出するように言われることがありますが、他社で借金がないなら基本的には身分証明だけで簡単にお金を借りれます。

収入証明なしでも銀行は上限金利が低いのでかなりお得にお金を借りれます。

消費者金融だと、上限の金利が18パーセントになっているところが多いですが、銀行の場合は上限金利が15パーセント前後になっている会社が多いので、この差は非常に大きいです。

少しでも利息をやすくしたいのならば銀行を選びましょう。

審査に合格しやすいうえに低金利からお金を借りることができるので非常にメリットが高いです。

消費者金融でも下限金利なら低金利からお金を借りることができます。

小さな金額を借りるなら消費者金融よりも銀行選んで上記で紹介した収入証明なしのキャッシングやカードローンを活用する方がよいですが、大口融資を受ける場合は銀行でも消費者金融でも好きな金融会社を選びやすいです。

どのくらいの金額を借りるのかによってしっかりと限度額に応じた金利を比較するようにしましょう。

そうすれば、上手にキャッシングやカードローンの申し込み先を見つけることができます。

キャッシングやカードローンの申し込み先を比較から探す場合はインターネットを活用しましょう。

インターネットを活用すれば簡単に各社の情報を比較できます。インターネットはキャッシングやカードローンの比較サイトがたくさんあります。

このようなサイトを活用することでしっかりと下限金利から上限金利、限度額に応じた金利を比較することができるのでとても便利です。

キャッシングやカードローンは限度額があります。

どこかの金融会社でキャッシングやカードローンの契約をすると限度額を持つことができ、その限度額の範囲から好きなだけお金を借りることができます。

限度額いっぱいまでお金を借りるとそれ以上お金を借りることができません。

残高が不足しているとき残高不足によってお金を借りることができないので、その場合の対処方法は返済をすることです。

返済をすれば返済をしただけ残高が復活するので再びお金を借りれるようになります。限度額をたくさん使ってしまったときはしっかりと返済に力を入れましょう。

自分の残高がどのくらいあるのか、これを確認したい時はATMを使います。

ATMでは残高照会を利用できるのでこれによって後どのくらい残高があるのかを確認できます。金融会社によってはコンビニのATMを活用できます。

もしコンビニを活用できるなら近所にあるコンビニを探せば簡単にキャッシングやカードローンの残高をチェックできます。

もっと簡単に残高を確認する方法は、インターネットを利用する方法です。

金融会社によってはインターネットに対応しており、インターネットからログインすることでお金を借りたり返済したりできます。

インターネット対応の金融会社でキャッシングやカードローンを活用している人はインターネットから自分の限度額の残高を確認してみると良いです。コンビニなどに行く必要がないので手間がかかりません。

パソコンでもスマートフォンでもウェブに接続できるなら、どんな端末からでもログインできます。

キャッシングやカードローンの残高が不足しているとき、基本的には返済をすることが一番大事ですが、収入に余裕がない場合など返済することができないなら、他の金融会社でキャッシングやカードローンの申し込みをするとよいです。

新規にキャッシングやカードローンを持つことで、残高を増やすことができます。

ほかの方法としてはすでに契約している金融会社でキャッシングやカードローンの限度額を増額するという方法もあります。

この方法でも限度額を増やすことができるので好ましい方法を選択しましょう。

このようにキャッシングやカードローンは金利をしっかりと比較して選ぶことが大事です。

そして、キャッシングやカードローンを利用するときは自分の限度額の残高を確認しながら、計画的にお金を借りることが大事です。

金利に関して基本的には低金利を選ぶことが大切ですが、もっとお得な金利として無利息があります。

無利息サービスは金融会社によってサービスを提供しているところもあればそうでないところもあります。

無利息を利用できる金融会社ならそちらを利用する方がお得になることがあるので覚えておきましょう。

キャッシングやカードローンの無利息サービスというのは一定の期間において利息がかかりません。

その期間の間にお金を返済することができるなら無利息を利用する方がお得です。無利息期間を過ぎてしまうと普通に利息がかかります。

近々収入が入る状況ならばすぐに返済できることがあるので、低金利を選ぶよりも無利息をうまく活用する方がメリットが高いことがあります。

自分の状況に応じて好ましい金融会社を選ぶようにしましょう。各社の情報を比較することが一番大事です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.