借入審査に通らないというのはどういう要因が多いの?

借金の審査に落ちたっていう話はこの総量規制ができてから、すごく多くなったように思います。

昔良く消費者金融とかのCMがやっている時って、借入審査に落ちたっていう話はほとんど聞かなかった気がするんですよね。

それがここ最近になってかなり聞くようになりましたから、やっぱりそれだけ審査が厳しくなったということなのでしょうか。

でも落ちるとなっても落ちた本人はどうして落ちたのかというのを教えてもらえないと聞きました。

借入審査に通らない人というのはどういう理由から通らないのでしょうか。いろんな理由があると思いますが、どういう時に通らないものなのでしょうか。

借入審査に通らない一番の理由はミスマッチだ

借入審査に通らない、なかなか正社員の人にはわからないかもしれませんが、そういう人もいます。

新入社員でいきなり厳しいと言われている銀行系カードローンなどに申し込んだらよくあるでしょうけれども、借入審査に通らない一番の理由としてはミスマッチだと言われています。

ミスマッチというのはいわば借金をしたい人と貸出をする業者、このミスマッチが起こっているのです。

どういうことかというと、業者にもレベルのようなものがあります。例えば消費者金融でも中小企業の業者であれば、かなり審査のレベルが低いと言われています。

甘い審査なので通りやすく、うまく行けばパート・アルバイトやフリーターでも結構な金額を借りられると言われています。

一方の大手の消費者金融はそれなりに審査もしっかりしているので、正社員がメインになっているのが現状です。

そして借りる側にもレベルがあります。年収が高くて安定している人と年収が低くて不安定な人までいるわけです。

年収が高い人は基本的にどこを使ったとしても申込み審査で落ちるということはないでしょう。

安定感があるし返済が確実視されるからです。しかし収入が低くて不安定な人となると大変です。まず借りられる場所が限られます。

となると借りられるところにちゃんと申込みをしているかがポイントになります。普通はそういう人向けの消費者金融がちゃんとありますから、そこを使わないといけません。

しかしあえて大手などに申込みをしてしまえば、それこそミスマッチで審査に通らないということになるのです。これがミスマッチとして多いと言われています。

自分自身が通るレベルのところに申し込みをする、これを意識していれば審査に通りやすくなるでしょう。審査に通りにくいというのはミスマッチの問題ということです。

【参考ページはこちら】
借入審査に通りやすい友人がいるんだけどどうして?

お金の借入でなかなか審査に通らない、その理由は何であるのか

お金の借入の際、審査になかなか通らないということはないでしょうか。

もちろん、収入がない場合は通りません。個人への50万円ほどの貸付は、基本無担保無保証であるため、その人の返済能力が何よりも問われるものだからです。

このような場合は、まず仕事を見つけて、それから借入を行うようにしましょう。

もちろん、無職であっても収入がある場合、たとえば不動産収入や株の配当金、年金などは定収入とみなされるので通ります。また、FXや内職の収入でも大丈夫なこともあります。

それから、いわゆるブラックリストに記載されている場合も通るのは難しいと考えてください。

ブラックリストに載るのは、ローンの返済が遅れた時です。

もちろんこのローンには、クレジットカードやキャッシングも含まれます。通常は、3回連続して遅れるとブラックリスト入りとなります。

一旦リストに入ると、その後5年間は、新規のキャッシングやクレジットカードの申込は、まず難しくなりますので、返済は遅れずに、月々きちんと行うようにしましょう。

それ以外の理由でも、ブラックリストに載ることがあります。

それは債務整理です。もちろん債務整理も、返済が出来なくなって整理を行うわけですから、一定の間、キャッシングやクレジットカードの作成が規制されます

。期間は整理の方法にもよりますが、任意整理で大体5年間、自己破産で7年間です。

ただし、金融機関によってばらつきがあり、消費者金融系は比較的緩いのですが、銀行系は厳しいといえます。

自分がブラックリスト入りしているかどうかを知るには、信用情報機関に問い合わせるのが一番です。

消費者金融系、クレジット系、銀行系の3つがあり、連絡すると自分の情報を郵送してもらえますし、また、PCにダウンロードすることもできます。

もちろん中には例外もあり、比較的審査の緩いカードなどは、ブラックであっても作れるケースもあります。たとえば、外資系のカードとか、流通系のカードがそれに当たります。

流通系のカードというのは、スーパーや量販店などで発行されているカードのことです。

行きつけの店のを一枚持っていると、買物のたびにポイントが溜まりますし、また会員特典もあります。

このカードをきちんと使ってきちんと返済することで、良質の利用実績が積み上げられるため、その次に銀行系や信販系などのカードに申し込んだ場合でも、比較的楽に通るようになります。

その他に審査に通らない理由として、申込用紙にきちんと記載していないということも考えられます。

自分の住所や電話番号は、正しく記載するようにしましょう。勤務先もしかりです。

もし勤務先の名称や電話番号が間違っていると、本当にそこに勤めているのだろうtかと疑われても仕方ありません。

また、記入すべきことは記入しましょう。たとえば、収入などを空欄のままにしておいたりすると、相手によくない印象を与えてしまいます。

申込用紙への記入に関しては、もう一つ大事な点があります。それは、他社からの借入件数とその金額です。

これはきちんと書くようにしましょう。多く借りたいからといって、3社利用しているのに1社などと書いても、信用情報を照会した時点でわかってしまいますので、わざと少なく記入したと思われるだけです。

もちろん金額も正確に記入しましょう。特に消費者金融では総量規制があり、限度額が設けられているため、他からお金を借りている場合は、いくら借りているのかをきちんと書くようにしてください。

この総量規制は、2010年の貸金業法に初めて設けられた新しいシステムです。

借り過ぎを防止するために、年収の3分の1以上の金額を借り入れられないようにしたもので、消費者金融での借入すべてに適用されます。

ですから、複数の消費者金融を利用している場合には、金額によっては融資をしてもらえないこともあります。

それでも借りたい場合には、総量規制対象外の業者もありますので、それを利用するといいでしょう。

また、総量規制に抵触した場合には、銀行のカードローンを利用するという方法もあります。

消費者金融は貸金業法の適用を受けますが、銀行は銀行法の適用となるため、総量規制そのものが存在しません、ですから、年収の3分の1の金額を気にする必要はありません。

ただし銀行も、あまり多くの金融業者から借りている場合には、やはり融資をしてもらえないことがありますので、その点には気を付けるようにしましょう。

それ以外にも、やはり収入が少ないなどの理由で、通りにくいのではないかと不安になることもあります。そのような場合は、申し込む時に一工夫してみましょう。

たとえば、ネットでの申込は空いた時間にできて、大変便利なものですが、その一方で、収入と属性だけで判断されることになりがちです。

収入が少ないけど、どうしても通りたい場合には、やはり窓口で申し込んだ方が、通る確率は高くなります。

まず窓口で、社員の人と向き合い、きちんと相手の顔を見て話すようにしましょう。

もちろん身だしなみはきちんとして、清潔感のある服装を心がけるようにしてください。また、敬語をきちんと使うようにしましょう。

つまり、直にその会社の人と会話を交わすことで、自分は信用のおける人間であるとアピールするわけです。

貸す方にしても、収入はあるけど不潔な感じであるとか、態度の良くない人より、あまり多くの収入はないけど、きちんとしていて好感が持てる人の方に融資したいと考えるはずです。

また、通らないもう一つの理由として、いわゆる申込ブラックが挙げられます。

これは、本当はブラックでもなく、収入もきちんとあるのに、一度に多くの金融機関に申し込んだため、ブラック認定されてしまうことです。

一応の目安として、通常3社までなら一度に申し込んでももまず大丈夫ですが、4社以上になると、この申込ブラックとなる確率が非常に高くなります。

初めてお金を借りる場合、あるいはクレジットカードを作る場合は、やはり審査が不安なため、本命とすべり止めの両方に申し込む人は多いでしょう。

そのすべり止めをもうひとつ増やしておきたいというのも、きわめて自然なものです。ただ、不安なあまりあれこれ何社も申し込むのは考え物です。

申込情報は金融機関で共有されますので、それぞれの会社の審査で、こんなに借りて返済は大丈夫なのかという疑問符がつけられてしまうわけです。

その結果、申し込んだすべての会社から落とされてしまうわけで、これは非常にもったいない話です。

そういうことにならないためにも、せめてすべり止めは2社にとどめておきましょう。

正に、過ぎたるは及ばざるが如しで、あれもこれもと欲張ると、かえって悪い結果に終わってしまいます。

また、もし申込ブラックになってしまった場合は、次の申込までには半年置くようにしましょう。

半年経つと、前の申込情報が消えるため、通る率が高くなるからです。またこの時は、できれば、その前に申し込んだのとは違う会社にしてみるといいでしょう。

やはり一度落ちた会社よりも、全く初めてであるほうが通る可能性は大きくなるからです。そして、くれぐれも3社以内に候補を絞ってから申し込むようにしましょう。

なかなか絞り込めない場合は、たとえば銀行よりも消費者金融といった感じに、ハードルの低い方を優先するといいでしょう。

借入の際になかなか通らないというと、つい収入の面で不足しているのではないかと考えがちです。

しかし実際には、収入の多寡よりも、定期的に収入があるか、他にどのくらいお金を借りているのかの方が、問題になることが多いのです。

また、その人が信用がおける人なのか、お金を貸してきちんと返済してくれるのかといった点も重視されます。

ですから、お金を借りようとする場合は、このような点をアピールすること、自分の情報を間違えずに記入することなどが大事になって来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.