借入れ審査で電話による在籍確認がなしの企業はありますか?

花村(仮名)という名前でおよび下さい。名前の由来ですが、近くに花の名産地があるからで深い意味はありません。融資に関する質問をさせてもらいますので、どうぞよろしくお願いします。

借入審査で電話による在籍確認が無い企業って、ありますか?私の仕事は事務員で、私自身が良く電話に出る事もあります。

仮に在籍確認があった場合、私が電話に出る可能性というのもいくらかはあるとは思いますが、それで良いというわけでもありません。

もしも私が出られたにしても、個人宛の電話なんて滅多にかからないし、話している姿を見て他の人が怪しんだり勘づいたりしそうで嫌です。

そして私以外の人が出る事になれば早々に融資審査だとバレてしまったりして、それも困ります。

なので、融資審査ではだいだいあると言われているこの在籍確認が無い金融業者を探しています。

電話が無いのならどこでも良いですが、さすがに闇金だけは勘弁して下さい。トイチとか言われても絶対に返せません。正規業者のみでお願いしています。

借入審査で電話による在籍確認が無く、普通に使える企業を教えて下さい。

もしも在籍確認は無くせないというのなら、それも教えてもらえると助かります。その場合は親に相談すると思います。

消費者金融なら応じているところもあります

花村さんこんにちは。もしも在籍確認がどこも必須ならご家族に相談されるとの事ですが、家族とは言えどお金のやり取りというのは、とてもデリケートです。

返せない場合は絶縁などのリスクもありますので、出来る事なら後腐れ無い金融業者が良いでしょう。

とは言え、在籍確認というのは金融業者にとってはとても重要なポイントです。

在籍確認をする事でその人がきちんと仕事をしていて、尚且つ収入もあるという事を把握できるわけですので、そんな大事な工程を無くすには相応の対応が必要です。

ただ、金融業者というのはより多くの顧客を自社に引き込む為に、顧客目線で様々な変更をしています。

その結果として、在籍確認の電話を無くすという事も実行している業者がいくつかあります。それらについて確認しましょう。

まず、在籍確認を無くしやすいのは消費者金融です。

消費者金融は昔はサラ金と呼ばれていてあまり良いイメージが無いかもしれませんが、消費者金融は今ではクリーンな営業に加え、柔軟な対応をする事が多くて有名です。

全ての消費者金融が無しにできるわけではありませんが、一部の消費者金融では事前に相談する事により、在籍確認を別の方法に置き換える事もできます。

例えばその人がきちんとその会社に在籍しているという証明として、社員証の提出を希望したりですね。

こうした対応というのは、銀行では難しくなります。銀行の審査基準は消費者金融よりもシビアな事で有名で、厳しい分良い条件で貸し付ける以上、こうした審査過程を飛ばすのは難しくなるのです。

在籍確認をどうしても無くしたいなら、消費者金融にすべきでしょう。

尚、心配されている通り、闇金に頼っても意味はありません。在籍確認どころか会社に取り立てにくるなども平気で行いますので、どうしようもならなくなるでしょう。

【参考ページはこちら】
借入に関するおすすめQ&Aはこちら

借入れ時の審査で電話での在籍確認なしの融資

金融機関からお金を借りる際には、貸し出しを行う業者の審査を受ける必要があります。

この査定は、申込者の職業や収入が重視されることが多くなりますが、その他にも家族構成や過去のローンの返済履歴などが重要になる事も多く、申込者に関するさまざまな情報が評価され融資の可否が決まることになるのです。

また、この査定項目では、本人確認を行う必要があることから、幾つかの書類を提示してもらい、多くの場合では勤務先に電話をかけることが必要になります。

これが在籍確認と呼ばれているもので、融資を提供する最終段階の査定項目として重要なものとなっているのです。

この借入れの際には、申込者の信用情報が確認される事になります。

これは申込用紙に記入された情報を基本として、本人を確認することになり、勤務先での在籍を確認したり、これまでの金融機関からの借入で問題が無いかを調べるものとなります。

この際に融資に有利になる条件としては、運転免許証ではなく、社会保険証などの身分証明書を提示する事です。

これは特定の企業に所属している事が明確になるためで、組合の保険証などを提示する事で評価が高くなることもあるのです。

そのため、この身分証明書の効果から、評価に要する時間を短縮してサービスを利用する事が出来るようになるケースもあります。

また、借入の査定では、本人確認が行われる事に加え、申請書に記入した収入の証明が重要な要素になります。

これは給与明細書などで現在の収入を証明する事になりますが、そのほかにも源泉徴収票などを提示することで、より融資が受けやすくなることもあるために、複数の必要書類を準備しておく事も効果的なのです。

これは借入希望の金額が高額になるケースにも当てはまるポイントで、複数の収入を証明する書面の提示で、よりスムーズに融資が行われるケースが多くなるために、事前に複数の必要書類を用意しておく事が重要になります。

そして、借入を申し込む際に重要なポイントが職業で、通常は公務員や上場企業の正社員という属性であれば、非常に短時間でサービス利用の開始が許可されます。

これは信頼性の高い職業であると評価されるためで、融資を受ける際には非常に有利な条件として作用するのです。

しかし、正社員という雇用形態で働いていれば、定期的な収入が確保できている事が証明しやすいので、金融機関からの借入は比較的容易になります。
(⇒公務員ならたくさん借入できる?

しかしながら、フリーターや学生などの場合は、正社員の方に比べ、評価が低くなる傾向があります。

これは勤務先の特定が困難になり、在籍確認が取れないというポイントもあり、一定の収入があっても、毎月の安定した収入を証明することが難しくなる事から、評価が低くなる事があるのです。

特に、学生の方やフリーターの方は、毎月の定期的な収入がないケースが多くなるので、融資条件が厳しくなることがあります。

このような属性の方が金融機関から融資を受ける際には、審査基準が緩和されたサービスを選ぶ事も重要で、より多くの申込者に対応した在籍確認なしのサービスを選んだり、限度額を少なめに申請するなど、幾つかのポイントを押さえた上で申し込みを行う事が必要になるのです。

そして、金融機関から融資を受ける際には、自営業主の方や経営者の方の場合も、幾つかのポイントを把握しておく必要があります。

これは申し込みの際に会社の謄本などが必要になるケースがある為で、融資の申込みの際には事業内容を明確に示した書類が必要になる事が大半です。

この謄本の確認や経営状況の現状が審査され融資の可否が決まり、限度額の金額も決定する事になります。

自営業主の方が融資の申し込みを行う際には、業務形態や大手取引先との契約なども加味され、融資が提供される事もある為に、お金が振り込まれるまでに一定の時間を要するケースがあるのです。

このような場合は、会社の収益を証明する証明書や、事業に関する契約書などの特別な書類も必要になるために、予め必要書類の種類を把握しておく事も重要になります。

そして、借入の審査で重要な項目としては、勤続年数があり、これはサービスや業者の融資形態により大きく左右される要因となります。

一般的には、勤続年数が長ければ有利な条件として評価されることになり、収入面で安定していることが確認できるので、融資は受けやすくなります。

これは数年単位の勤務履歴が必要になるもので、数ヶ月単位の勤務履歴しか確認できない場合には評価が下がる事もある為に、融資の申し込みを行う上では勤務履歴を積んだ上で申し込みを行う事も重要なポイントとなるのです。

しかしながら、個々のキャリアアップのための転職や、ヘッドハンティングなどが理由で職を変えている場合は、有利な条件として扱われる事が多い為に、よりスムーズに融資を受ける事が出来るようになることもあります。

そして、融資を受ける際の重要な審査項目としては在籍確認があります。これは在籍確認で申請書に記入した会社に勤務しているかを確認する為に重要なのです。

これは業者の担当者が直接勤務先に電話をかけ、その部署に在籍していることを確認します。

この確認では融資の査定が目的である事は告げられず、その勤務先での本人確認が目的となるために、金融機関の名前や目的などは伝えられません。そのため、非常に短時間で終了する簡単なものとなります。

また、勤務先が頻繁に移動したり、自宅で行うような特殊な職業形態の方で、勤務先への在籍確認がとれない場合には、幾つかの異なる方法が用いられ確認が行われます。

具体的には、派遣社員の方の在籍確認があり、この場合は勤務している派遣先の会社ではなく、申込者が登録している企業に電話連絡が行われる事が一般的です。

派遣社員という形態で勤務している方の場合は、勤務している場所が時期により変化する事も多くなり、勤務実態を把握する事が困難になるケースもあります。

このようなケースでは、登録している派遣会社の本社に確認を行う事が多くなり、申込者の勤務状況を確認することになるのです。

そして、幾つかのケースでは在籍確認なしで融資を提供してもらうことも可能です。

これは申込者の職業により、在籍確認する事が困難になるためで、自営業主の方の場合は従業員の方に在籍を確認したり、自宅が職場の方の場合は家族に確認をとるなど、各業者によって異なる方法が用いられ、融資の可否を決める事になります。

幾つかの業者では収入証明書や社会保険証のみで融資を提供してもらえるケースもありますが、大半の融資の申し込みの際には、勤務先への在籍確認が必須の項目となっており、この確認が完了する事で申込者の申請した銀行口座にお金が送金される事になります。

そのため、この最終確認は融資を受ける上では非常に重要なポイントとなるのです。

この勤務先への確認の際に注意しておくべきポイントとしては、従業員の数が多く、大規模な部署などの場合は、勤務している従業員を個々の社員が把握できていないケースがあるというポイントです。

そのため、複数回の連絡が必要になる事もあり、勤務先での確認がとりにくい場合には、幾つかの必要書類の提出が義務付けられる事もある為に、予め在籍確認がとりやすいようにしておく事も大切なのです。

このような場合は、連絡がとりやすい勤務先の番号を事前に調べておくなど、業者の担当者が連絡しやすい方法を考案しておく事も大切です。

このように金融機関から融資を受ける際には、査定を受ける中で在籍確認が行われる為に、予めその勤務先で働いている事が短時間で把握してもらえるように、事前に対策を練っておく事が重要です。

近年では、勤務先への確認がプライバシーの保護の観点から、難しくなるケースもある為に、融資の申し込みで電話連絡を受ける際には、予めこのようなポイントを把握しておく事が重要になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.