借入れ審査に通る上で適当な職業を教えて下さい!

私の仕事は車の整備です。個人経営の場所で仕事をしており、社長の人柄なのか結構リピーターが多いです。

私もそんな社長だからこそ楽しく仕事ができていて、普段も生き生きと働けています。これからも長く勤めていきたいと心から思っています。

車の整備士をしている事からも分かるかもしれませんが、私の趣味は車いじりです。

いじると言ってもヤンキーみたいな趣味の悪い改造じゃなくて、出来るだけスマートに、それでいて車のポテンシャルを最大限引き出すような感じで調整しています。

車というのは金食い虫とも言われる事が多いように、お金をかけようと思えばそれこそ際限なく費やす事ができます。

だから今回も大規模な改修をしたいと思い、大金をかけて良い感じにしようと思っています。今の車とは長く付き合う予定ですからね。

さて、そうと決めたらお金の確保です。貯金はいくらかありますが、出来れば借入を受けて、そのお金を分割で返していくという感じで利用したいと思います

。借入審査では通過する為には職業によって変わってくるらしく、それで聞きたいです。

借入れ審査に通る上で適当な職業って、どんなのが当てはまりますか?私はさっきも話したように、車の整備士です。雇用は一応正社員です。

これってどうなのでしょうか?悪くはないですか?それだけでも知りたいので、どなたかお答え下さい。

収入があれば大抵は通りますよ

車の整備という事は、手先が器用なのでしょうか?私は小学校の時の図工の成績がいっつも最低だったので、本当に不器用で…自分で車をいじるなんて怖くてできません。だから、いつも整備士の方にはお世話になっています。

それで借入の審査で職業が大事というのは、間違いの無い事実です。

審査において有利に働く職業があれば、審査で不利になって落ちてしまう事ももちろんあります。ただ、大前提として知っておきたい事がまずあります。

基本的に、融資審査は収入があれば通過の可能性はあります。

つまるところ、職業がどうであれ収入がきちんとあるお仕事をしていると、お金を借りられる可能性があるという事になりますね。収入の有無がまず最優先です。

それを踏まえて、主な仕事の種類というか雇用形態から考えてみましょう。まずは質問者さんは正社員という事ですが、これは融資審査で十分有利です。

仕事内容に関しても整備士というのは心象的に悪い部分は無く、職業における問題は無いと判断されます。(こちらもご参考に→どんな職業でも借入できる?

そして有利な職業について一つ挙げるとしたら、やはり公務員というのは強いですね。

公務員はリストラなどの心配がほぼ無く、給与水準も高い為に金融業者からすると上客という感じです。不況が続いていますし、ますます強さが増すと言えます。

最後にアルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用についてですが、多少不利ではあるものの、前述の通り収入があるので審査に通る事もできます。

大金を借りるには心もとない立場ではありますが、少額融資なら問題はありません。

以上の事を考えると、質問者さんは審査に通る希望が十分存在していると言えます。安心して融資審査を受けて、ご自分の車をより良くしてみてくださいね。

【参考ページはこちら】
銀行以外のお得な借入方法を教えて!

借入れ審査に通る適当な職業には傾向があります

借入れ審査に通る適当な職業というのはあるのでしょうか。

消費者金融は、かつてはサラ金と呼ばれていましたから、サラリーマン、つまり正規雇用者でないと借りることができないと思い込んでいる人もおられるようです。

確かにかつては非正規雇用者は借りにくいという現状はありましたが、現在ではそうではありません。

結論的に言えば、雇用が安定している方が借りやすいです。

もう少し具体的に言うと、公務員や大手企業の社員は借りやすく、契約社員や派遣社員、あるいはフリーターなどはどちらかというと借りにくい傾向があります。

全く働いていなくて全く収入がない場合には、一部の例外を除いて借りることはできないと考えておいた方が良いです。

なぜこのような傾向があるのかと申しますと、これは返済可能性が大きく影響しているからです。

銀行にしても消費者金融にしても、貸付を行ったのであれば、もちろんそれを回収しなければなりません。

もしも回収ができなければ、貸し付けた資金がそのまま損失となります。貸付の利率は、高くても年率で20%ですから、得られる収益は小さく、それを損失が上回ると経営が成り立たなくなります。

ですから、返済可能性の高い人の方が借りやすいという傾向があるのです。

公務員の場合、よほどのことがない限りは解雇されません。

民間企業なら景気が悪くなった場合に言及になったり、あるいはリストラで解雇されたりすることもありますが、公務員は普通に働いていれば急に解雇されることはありません。

もちろんですが、違法な行為を行ったり、驚くほど勤務態度が悪かったりすると、それが原因で解雇されることもありますが、普通につとめている人ならよほどのことがない限りは大丈夫でしょう。

大手企業の社員の場合にも、急に解雇されることはありません。

たいていは労働組合がありますし、リストラで解雇されるとしても退職金はきちんともらうことができます。

転職をした場合でも、大手に勤めていれば転職先は見つかることが多いでしょうから、収入は安定していると考えられるのです。

大手ではない企業であっても、そこそこの規模があれば雇用は安定していますから、収入も安定していると言えるでしょう。

零細企業の場合には雇用が安定しているとは言いにくいですから、審査に通りにくくなることもあります。

その違いは労働組合があるかどうかです。労働組合があれば、急に解雇されることはないでしょうが、零細企業などでは労働組合のない場合が多いために、雇用は安定していないと考えられるのです。

派遣社員の場合には、やはり収入は安定していないと考えられます。

ただし、派遣社員にもいくつかの種類があると言うことは知っておくべきでしょう。派遣社員と言っても正規雇用者と同じように、きちんと雇用されている業種もあります。

一般的に派遣社員というと、派遣期間が定められていて、それが更新されないと仕事がなくなるといったイメージが先行しがちですが、そうではないものもあります。

特に専門知識や専門技術を持っている派遣社員の場合には、審査には通りやすい傾向があります。(こちらもご参考に→派遣でブラックでも借入できる?

たとえば設計を専門的に行っている人の場合、派遣社員という形で働くことは多いですが、実際には正社員並みに雇用が安定しているケースが多いですから、これが審査で不利になると言ったことは考えにくいのです。

フリーターの場合には、景気が悪くなるとすぐに解雇されてしまう可能性があります。

景気が悪くなって店舗を閉鎖すると言ったときには、ある程度の処置はあったとしても、解雇される可能性は高いでしょう。そのため、審査に落ちやすくなるのは現状です。

よく誤解されるのが、年収が低いと借りられないということです。

年収があまりにも低すぎると審査に通らなくなることもありますが、普通に生活をしていくことができるくらいの収入があれば借りられることが多いでしょう。

というのも、年収は借りられるかどうかの審査に影響するのではなくて、借り入れる金額に影響するからです。

一般消費者向けのローンの多くは月々返済を行っていきます。まとめて借りて、そしてまとめて返済をするといった形ではありません。

借りる金額の大きいものとして住宅ローンがありますが、住宅ローンでも月々少しずつ返済していくというのが一般的です。ですから、収入が大きくなくても安定していれば返済していくことができるのです。

ただ、返済できる金額が小さくなりますから、借り入れる金額には限界があります。

公務員で収入があまり大きくない人と、自営業者で収入が大きい人とを比較した場合、どちらが審査に通りやすいのかと言えば、公務員の方です。

返済可能性については、収入の安定性が重視されるという点に注意しておきましょう。

融資によって審査の基準が異なるという点にも注意が必要です。住宅ローンは比較的審査が厳しい融資です。

公務員や正規雇用者の場合には、住宅ローンを組むことはできるでしょう。

しかし、非正規雇用者の場合には組めないこともあります。住宅ローンは返済期間が長くなりがちですから、長期にわたって収入が確保できることが前提となります。そのため、非正規雇用者は審査に通りにくいのが現状です。

融資にもいろいろなものがありますが、その中で最も審査の基準が低いのがキャッシングやカードローンと言った無担保の融資です。

キャッシングやカードローンというと、消費者金融が始めたサービスですが、最近では大手の銀行をはじめとして、ネット銀行や信用金庫もサービスを提供しています。

審査の基準はあまり厳しくはありませんから、借りやすいと考えられます。

キャッシングやカードローンの場合でも、やはり職業によって借りやすさは異なるという点に注意しておきましょう。

ただ、もともと審査の基準が低いですから、派遣社員やフリーターだと言うだけで審査に落ちることはありません。

実際、派遣社員やフリーターとして働いている人の中には、キャッシングやカードローンを利用している人もいます。自営業者でも利用している人はいるのですから、職業による影響は低いと考えられます。
(⇒様々な職業の方におすすめ借入情報

職業が何であれ、安定した収入があればキャッシングやカードローンで借りることはできるでしょう。

しかし、その場合にはほかの融資条件への影響があるという点に注意しなければなりません。

収入が低い場合や、あまり安定していないと判断される場合には、金利が高くなったり、あるいは借入極度額が小さくなったりすることが多いです。

このような影響はあるとしても、収入があればキャッシングやカードローンの審査に通る可能性は非常に高いです。

ですから、何らかの収入があるのなら、申し込んでみる価値はあります。

職業がなく、全く収入のない人の場合には借りるのは非常に大変です。借りられないケースが多いと考えておいた方が良いですが、借りられるケースもあります。

たとえば専業主婦の場合、収入は全くないのですが、夫が働いていればその収入を元にして返済できるでしょう。

大手の銀行などでは専業主婦向けのサービスも提供していて、夫の収入を元にして返済することを前提として貸付を行ってくれます。

もちろんですが、この場合には夫の収入があることを証明することが必要ですし、夫の同意を得ていることを証明するための書類の提出も必要となりますから、手続きは普通の場合に比べて面倒です。

職業によって審査に通りやすさは異なるのは事実です。

職業については、審査の段階で在籍確認が行われて、そこでチェックされることが多いです。ですから、職業を偽ると言うことは難しいでしょう。

本人確認書類の提出はたいていの金融機関で行われるのですが、このときに職場から渡された健康保険証をを提出すれば職業を確認することができます。

健康保険証の提示を求められるのは、このような理由があるからだと考えられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.