借入って年収を超えて使う事ができると聞きましたが本当?

私の年収は、去年実績で大体200万弱というところです。仕事が自由業なので月当たりの収入が安定せず、トータルでこれくらいだと思ってもらえれば良いです。

まだ二十代前半ですが、同年代と比較しても気持ち低いかな?という感じだと思います。

それを踏まえてお聞きしたいのですが、借入って年収を超えて使う事はできますか?

というのも、今の仕事を最高の効率で行う為の機材の購入費用が、270万くらいかかるんですよね…購入さえできれば今よりも収入が増えて返せると思います。

ただ、年収の値よりも多い金額を借り入れるのって、何だか無理そうというか…単純に考えて一年全てのお金を使っても返せないっていうのは、貸す側も嫌がりそうというか不安に思いそうですよね。私でもそうですし…。

借入はやはり年収を目安に金額を決定するっていうのは聞いていますから、私では希望額は借りられないのでしょうか?

年収を超えた融資というのは土台不可能なのでしょうか?仕事の為にも何としても借りたいのですが…どうか教えて下さい。

あ、ダメな場合も遠慮なく言って下さい。よろしくお願いします。

銀行ならば可能性としてはあり得ます

自由業というのは完全に自分で仕事を取ってきて稼がないといけませんから、それで二十代前半の収入としては、十分ではないかと思います。
(⇒フリーランスも借入できる?

私が30前のサラリーマンですが、やっと300万を超えるというレベルですので…。

しかし、自由業で仕事によってはやっぱり設備も必要になりますよね。

そんな時、一括で買えないほど高いものである事は多く、その為に融資を使う事業主の方は多いです。仕事の内容次第では一千万単位になる事もあります。

この事からも分かるように、年収を超えて借りる方法というのはもちろんあります。

年収以上の融資を受けられないのが絶対の決まりだとしたら、そもそも数千万にもなる住宅ローンを一介のサラリーマンが組んだりもできませんね。

年収を超えて借りるには、基本的には銀行に頼る事となるでしょう。

例えば消費者金融からお金を借りたいという場合、消費者金融は総量規制という制限があって、最大でも年収の三分の一までしか借りられません。銀行ではその決まりがありません。

ゆえに銀行と交渉する事が事業者にとっての最もポピュラーなものとなりますが、銀行というのは実績のある企業などしかなかなかお金を融資してくれないという現実があります。それを踏まえて考えると、別の方法も検討して良いでしょう。

その方法とは、購入を分割ローンで支払う事です。分割ローンの場合も年収以上に借りられる事があり、これは購入元と相談する事で組める場合があります。

購入元が対応していない場合、事業向けローンを別途様々な業者に頼るしかありません。

普通にお金を借りるよりも、大金を借りるというのは大変な事ですが、どうか頑張って実行して、さらにお仕事頑張って下さいね。

【参考ページはこちら】
年収がアップすれば借入増額できる?

年収超えての借入を可能にする効果的な方法

キャッシングやカードローンのサービスを利用する際には、幾つかの点に注意が必要です。

これらのサービスは、申し込みをしてから非常に短時間でお金の借り入れができ、どこでも自由に引き出しが出来るようになっているために、急遽現金が必要な際には非常に役立つサービスとなっています。

そのため、年々利用者数も増加しており、個々の用途に応じてさまざまな活用方法が生まれているのです。

このサービスを利用する際に注意が必要な点としては、借り入れの総額があります。

これは複数の業者のサービスを利用して借り入れを行っていると、現在の借り入れの総額を把握する事が困難になるために注意が必要になります。

そして、この借り入れの金額で注意が必要なポイントに、法的な規制があります。

キャッシングやカードローンのサービスを利用してお金を借りる際には、予めこの法的なルールの概要を理解しておく事が重要になるのです。

これらの規制について予め基本的な知識を身に付けておけば、安心して各金融機関からお金を借りることができます。

このカードローンやキャッシングにおける規制は、業者から無担保で融資を受けている場合に該当するもので、融資を受けている金額が年収の三分の一以下になるように抑えておく必要があるものです。

これは過剰な借入を防止する為の法的な処置で、融資の上限を設けることで、個々のサービス利用者の借り入れに関連するトラブルを回避するために設定されました。

また、この法的なルールを理解する上で重要なポイントは、この規制が業者から五十万円以上の借り入れを行う場合に適用されるというものです。

そのため、この金額を超えた融資を希望する方の場合は、現在の収入の金額が証明できる幾つかの書類の提出が必要になります。

また、複数の業者からの借り入れがある方の場合は、新たに申し込みを行う際には、借り入れの金額が百万円を超えるケースで、必要書類の提出が義務付けられています。
(⇒複数の借入は一本化した方がいい?

これら個人の借り入れに関する情報は、専門的な信用情報機関に保有されており、各金融機関が情報を共有できるようになっているために、短時間で個人の借り入れについての情報照会ができるようになっています。

そのため、このサービスの申込み時には、これらの情報を正確に申告する事が重要で、正確な情報を申告すれば信頼性の高い申込者だと評価され、業者からの信用度も向上します。

しかし、より高額な融資を希望する方の場合は、幾つかのポイントを把握しておく事で、この規制の枠を超えた融資が受けられます。

これは法的な規制の対象が、無担保での融資となっていることから、担保があるサービスを利用すれば、この融資枠を越えての借り入れができるものです。

そのため、担保を必要とする住宅ローンや、保証人の必要な学資ローンなどの金融商品は、この規制の対象外となり、高額な融資を受けることができます。

また、この法的な規制には特殊なルールがあり、銀行からの借り入れは規制の対象外となります。

そのため、貸金業者に該当する消費者金融などからの借り入れは、一定の融資制限が出てくることになりますが、銀行系のサービスでキャッシングやカードローンを利用した場合には、この規制の対象外となることから、より高額な融資が受けられるのです。

通常は、金融機関から融資を受ける際には、複数の必要書類を準備する必要があります。

これは規制の関係から年収超えて借り入れをする事に制限がある為で、幾つかの証明書を基本として確認される事になります。

この提出を求められる証明書は、源泉徴収票があります。これは給与の支払額の履歴が記載されている書類である為に、収入を証明する書類として利用する事が出来るためです。

また、融資を受ける際には、会社が発行する給与の支払明細書も必要になるケースが大半です。これは数カ月分が必要になるために、業者のほうから指示があります。

このほかにも、幾つかの必要書類を提出する事が必要になるケースが大半ですが、それぞれの業者により必要書類の種類は異なりますので、予め申し込みを行う業者に確認を行う事が重要になります。

そして、これらの収入を証明する書類が申し込みの際に用意できない場合は、サービスの利用が許可されない事もある為に、予め準備をしておく事が必要です。

しかし、これらのサービス申込み前に、借入金額が五十万円以下である事が明確になっている場合には、必要書類の提出は必要なくなる事が大半なので、心配する必要はなくなります。

そして、この規制の対象となるのはキャッシングやカードローンの利用だけではなく、クレジットカードも含まれる事になります。

これは買い物でキャッシングを利用した際にも該当するもので、この法的な規制の対象となりますので、予めどの程度の金額を利用しているのかを把握しておく必要があるのです。

クレジットカードを頻繁に利用してキャッシングを行い、既に年収の三分の一以上の借り入れがある場合には、新規のサービスの申し込みができないケースもある為に、事前に注意しておくことが必要になります。

近年では、クレジットカードで現金を借りる事が容易にできるようになっており、いつでも利用できる事に加え、金利的な負担も低い事から、キャッシングで現金を借り入れる事が多くなっています。

しかし、このような使い方も規制の対象に該当する事がある為に、予め把握しておく事が重要になるのです。

しかし、クレジットカードで商品を購入する場合には、この規制の対象とはならないことから、安心して利用する事ができます。

これは分割払いなど、特殊な支払い方法を選択した際にも当てはまるもので、規制の対象にはならないために、買い物での利用で心配する必要はなくなります。

この借り入れに関する法的な規制は、該当する業者からのみの借り入れに当てはまるもので、銀行からの借り入れは含まれません。

そのため、銀行系のローンを活用し、借り入れの総額が年収の一定の割合を超えていても、この規制には該当しないために、この規制の年収超えての借り入れができるのです。

これは銀行系のカードローンなども含まれるもので、規制の対象から外れます。

そのため、銀行系の融資は消費者金融系のサービスとは異なり、より高額な融資が受けられる事になるのです。

そのため、高額な借り入れが必要になる場合は、銀行系のサービスを効率良く活用する事が重要になります。

そして、比較的高額な借り入れをしている方が理解しておくべきポイントとしては、複数の業者から融資を受けているケースがあります。

この場合は、法的な規制の枠を超えた場合に、限度額の減額が行われる事が一般的で、新たな借り入れや、増枠などが制限されるために、予め確認しておく事が必要です。

そして、既に年収の三分の一を超える融資を受けている方の場合は、業者の事業形態により、個々の借り入れに影響を及ぼす可能性もある為に注意が必要になります。

特に、消費者金融系のサービスを利用して、この規制の枠を超えた金額の融資を受けている方の場合は、新規の借入れができなくなる可能性があります。

しかし、早急にサービスの利用が停止されるなどの処置はない為に、事前の契約通りに返済を続けることが必要になるのです。

また、この規制の枠を超える借り入れがある場合でも、法的な処分を受けるような事はない為に、安心して継続利用が行えるようになっています。

そして、この規制で注意が必要になるポイントとしては、新たな借り入れを行うケースがあり、借入の残高が50万円を超える場合や、複数社からの借入で百万円を超える融資を受けている場合は収入を証明する書類の提出が義務付けられているために、必要書類の種類を把握しておく必要があるのです。

これは返済能力の有無を確認する際にも重要な要素で、各業者がそれぞれに必要となる書類の提出を義務付けている為に、予め確認しておくことで、より短時間で融資を受けられるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.