どうしても借入の返済にピンチ、そんな時はどうするの?

だれでもというわけではないかもしれませんが、借金をしていたらどこかで返済がピンチになる時ってあると思います。

借金の返済がピンチという時には返済できない可能性が出てくるわけです。もし返済できなくなったら大変なことになる、それは自分でもわかっています。

であれば返済ができるようにしておくべきで、計画的な借入をした方がいいのはその通りです。でも長く使っていると一度や二度ピンチの時はやってくるでしょう。

そういう時は一体どうしたらいいのでしょうか。やってはいけないことなどもあるのでしょうか。

ピンチになっても返済を続ければなんとかなる!

確かに長く借入を使っていれば、2年3年と使っていてピンチになることって絶対にあると思います。

返済を出来ないかもしれない、返済をしたら自分の生活が危ないというようなことになるかと思いますが、そういう時にはピンチであるということを正直に業者に話しましょう。

今借入をしている業者、大手の銀行系カードローンや消費者金融であれば借入を返済するために一緒になって考えてくれます。

返済が今回は難しそうだというのであればじゃあどのような形なら支払えるのか?というのを考えてくれるのです。

消費者金融や銀行系カードローンがそこまで親身になってくれる、というのを信じられないという人もいるかもしれませんが実はかなり親身に相談に乗ってくれるのです。

どうしてここまでしてくれるかというと返済をしてもらわないと困るからです。

一応は返済をしてもらわなかった時には保証会社が保証をしてくれるので損はしません。

しかし保証会社は保険のようなもので一度使うと次からは保証料が高くなったりするのです。ですからできるかぎり返済をしてもらいたいと業者側も必ず思っています。

ここで絶対に避けておきたいこととしてひとつあげられるのが、返済のために借り入れをするということです。確かに返済をするということはいいことですし、正しいことです。

しかし返済のために借入をするということは多重債務になってしまう第一歩だとされています。

いつかは返済のために借入をしていたとしても、どこかで破綻してしまうのです。

特に多くの業者に新規で借入を求めてしまうと、返済日が増えてしまい、返済金額も大きくなってしまいます。金利も当然多く払うことになってしまい、負担が増えるのです。

なので絶対に他社借入を使って返済をしようとは考えないようにしてください。返済がピンチになってどうしたら良いかわからないという時にはまずは相談です。

業者に相談すれば必ず解決策を教えてくれるので諦めてはいけません。

具体的にどういう解決策があるかですが、まず一番多いのは金利だけ支払うというパターンです。

今月は金利だけ支払って後は返済を1ヶ月ずらすというようなものです。これなら負担も少ないので支払える可能性は高いのではないでしょうか。

こうやって具体的にいろいろなパターンの解決策を示してくれるのですから、相談しないと損です。

それこそ返済できなくなれば自分がマイナスになるのですから、特に勇気を出して相談するべきでしょう。

【参考ページはこちら】
借入がしたい方におすすめQ&A

ピンチの時には借入をするべき、が返済プランは綿密に

大事な会合があるのにお金がない、とか次の日に支払わなければならないお金があるのに銀行が利用できない、といった経験は誰にもあると考えられます。

そういった時に、すぐに思い浮かべるのが消費者金融でしょう。

それくらい、現代社会では消費者金融が浸透してきています。ピンチの時にすぐに借りられるというのが消費者金融のメリットです。

確かに消費者金融から借入を行うのは気が引けるかもしれません。

怖い顔をしたお兄さんが返済を催促するために自宅を訪れ、そしてドアをけたたましく叩いて返済を促す、といったのは過去の話です。

実際の返済にはそういったことはほとんどないのです。ただ、そういったイメージを持たれているのは疑いのない事実です。

基本的に大きな金額を借入するのは気が引けるかもしれません。ただ、現在では5万以下の金額でも融資してくれる消費者金融は存在します。

また、少額であれば、返済についてもそれほど深く悩む必要がありませんので、気軽に借入をすることが出来ます。

少額であれば、次の日に銀行からお金をおろして返済する、などが可能なため返済に苦しむと言うことは少なくとも、しっかりとした収入源がある限りは安心できるのです。

審査については、基本的に返済の予定がきちんとしていることが最も大事です。返済能力がない人に貸すほど消費者金融も甘くありません。

もちろん、家や車など大きな買い物をするとなると、それだけローンの審査は厳しくなります。

返済までに時間がかかるものについては、審査も慎重に行わなければならず、また貸した側も返済を期待しているので少なくとも返済能力がしっかりとあるかどうかを見なければならないからです。

そう考えると少額の場合はそれほど、大きな審査をする訳ではありません。

即日で次の日に返せるほどの額であれば、それは審査の対象としては非常に軽いものなので、借入は思っているほど難しくはなくなるのです。

従って、お金を借りることを躊躇しているのはやはり、どこか消費者金融のイメージにおいて間違った認識をしているからなのです。

実際に、ピンチの時ほど消費者金融が役立つときはありません。少額であればなおさらです。

大きな買い物をする訳でなければ、少額を借りられる消費者金融の方が銀行のローンよりも比較的使いやすいのが現状です。

そのため、消費者金融も企業イメージアップのために芸能人をCMに起用したり、また社会貢献などを行っています。

それほど、消費者金融が違う世界にあるといった以前のイメージは薄くなりつつあります。

それに借りる場合でも今は審査にさほど時間がかからず、また企業によっては無人でも借りられるものもあるため、より一層使用勝手が良くなっているのは間違いありません。

一番、消費者金融が困るのは返済が滞る時です。企業側としても低い利率でお金を貸したいと思っているのは事実ですが、返済が滞るとどうしてもその分の利子をつけざるを得ません。

そのため、返済能力がしっかりとしている、というのは審査を通るうえで非常に重要になってくるわけです。

それが例え少額だったとしても企業としては返済プランや無理のない返済がちゃんと出来る人にしか貸すことはできません。

わずかな額にしても返済が出来ないのであればそれだけ利子がついていきます。以前よりも借りやすくなったというのは事実です。

それは企業側が大きく貸して大きく利子を取るのではなく、小さく貸してたくさんの人から少量ずつでも集めようとする、という姿勢に少しずつ変容をしていっているからです。

反対にいうと、借りられるのが簡単になっている文、その分だけ利子のつく回数が増えている、ということなのです。

つまり、本来であれば払わなくても良かったお金を余分に払うことになるのです。借入の回数が増えれば利子として払う金額が増えるのも当然です。

返済プランがきちんと立てられない人に消費者金融がお金を貸すのは、ある意味では冒険なのです。

そういった計画をすることが出来ないとなると、返済が滞る可能性があるからです。お金を無計画に借りてしまわれては、回収が思ったよりもうまく望めなくなってしまうからです。

従って、返済能力がきちんとないようであれば、借りるのはやめておいた方が無難です。

安定した収入源や、必ずお金のあてがある、という状況であればお金を借りても問題はありませんが、そういった後ろ盾がない場合には借りない方が良いのです。

どうしても必要なお金が手持ちになかった場合のみ消費者金融からお金を借りるべきなのです。

そういったピンチに関しては銀行の融資よりもはるかに効率がいいです。即時性ということを考えた場合には消費者金融が役に立つのです。
(⇒銀行で借入する時はここをチェック!

いざという時のためにある程度知識を身に着けておき、ここぞという時に利用するのは悪いことではありません。むしろ、お金がないからといってチャンスを棒に振る方がもったいないです。

ただ、そういった消費者金融は町中にあふれていますし、また現代社会では携帯電話やスマートフォンから申し込みが出来るため、やはりそれなりの知識を持っておくべきです。

どこの利率が低いか、とかどの融資の条件が軽いか、などは何か困った際に使えるように身に着けておいて損はありません。

いったん消費者金融を使い始めると、その利便性が分かるのでその後も、何がなくても借りようとしてしまいます。

後で払えばいいか、と思って借りてしまうと堰を切ったかのようにそのタガが外れて借りることに対して何の抵抗もなくなってしまいます。

人間は便利なものがあればそちらの方に流れていく人間ですから、「なかったら借りればいい」といった意識を持ってしまうと、不要なお金まで支払わなければならなくなるのです。

確かにピンチの時は借りるべきです。お金があれば昇給できる、とか声がかかる、とか機会があるのであればなおさらです。

そういった機会を助けてくれるのが消費者金融なのです。返済の目処が立っている上で借りることが最も重要なのです。

逆に言えば、返済の目処がないのであれば、余分なお金も払うことになり、結局はマイナスになってしまうため、借りるべきではありません。

借金は少ないに越したことはありません。たとえ一度でも借金をしてしまうと、たとえそれが少額であったとしてもそういった癖がついてしまいます。

人間は自分の処理しきれない事態に遭遇するとその情報をすべてシャットアウトして現実逃避をしたくなり、また感覚がマヒしてしまいます。

感覚がマヒしてしまうと、返済についてもどうでもよくなってしまい、どんどん支払う額が増加し、最終的に返済が不可能な状態に陥ってしまいます。

これが少額であれば問題がないか、というとそうではありません。むしろ、少額の方がこういった心理状況に陥りやすいのです。

前述のとおり、「まあなんとかなるか」という意識が働いてしまうため、利子を払っている気があまりしなくなってしまいます。

また、それだけ少額でも借りれるのであれば、多額でもいいのではないか、と自分の返済能力を過信して借りることを躊躇しなくなってしまいます。

そうなってしまうと、利率が雪だるまのようにかかり結局は返済が困難になってしまいます。

そうなると企業側としては大打撃であるため、そういったことがないようにと申し込みの時の条件を他の人から厳しくしてしまい、企業としては儲からなくなります。

従って、消費者金融側としてはそういった人に対してお金を貸すことはできなくなっていくのです。

回収できないことが企業にとっては一番痛いことなので、期日までに何としてでも回収しようと努力をすることになります。

むしろお金がある時にこそ、お金を借りるべきです。返済が絶対できる額を持っていながら、さすがに使ってしまってはその後の生活に支障が出る、と思うような時にお金を借りるべきです。

そうすれば返済に困ることは滅多なことではなくなりますし、また企業側としても回収の面倒をかけずに済むことになるのです

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.