新卒社員として入社したらすぐに借入が使えますよね?

この春、新卒社員になることになっています。無事就職活動も終えて、内定をとれたのは運が良かったと思います。

多分不景気で就職難だったらこういうのは難しかっただろうなと思います。で、新卒で会社に入って働くのですが、一つ聞いておきたいことがあります。

それは消費者金融などの借入についてです。新卒で入った時に消費者金融などの借入を使うことが出来るかどうかを教えてもらいたいと思っています。

学生ではなくなるし稼ぎも十分できるわけですから、使えるんじゃないかと思うのですが、どうなのでしょうか?

新卒で入ってすぐの借入はあまりよい条件にはならない

新卒で就職に成功したということでおめでとうございます。

最近は新卒であっても就職に失敗して、留年するという人もいるというふうに聞いていますから、新卒でもちゃんと入っているというだけでもすごいと思います。そこで借入をすることも出来ます。

もちろん社員になって社会人になったわけですから、借入自体ができないということはありません。

しかし気をつけておきたいのは、借り入れの条件は新卒になってからすぐに借入をする場合、あまり良くないということです。カードローンの業者のほとんどに当てはまります。

なぜそのようなことが言えるかですが、実はこれはパート・アルバイトでも同じなのですが、仕事を始めてからすぐくらいというのはあまり信用度がないと言われています。

信用が少ないというのはもしかしたらこの人はやめてしまうんじゃないか?と思われるということです。

最近でも非常に辞める人が多いということで、新卒で入った人の3割は3年でやめてしまうと言われています。

なので銀行としてはそれでは返済ができなくなるのでは?というように心配しているというわけです。だから返済してもらえる可能性を高くしてほしいと考えています。

だいたい新卒で入社してから半年くらいたってからだと、借入枠もそれなりのものをもらえますし、金利も十分低くしてもらえるでしょう。

しかし新卒で入社してすぐならそれよりも条件が悪くなる可能性は高いです。もちろん使い続けていけば条件は良くなっていきますが。

しかしそれでも最初の給料が出るまでの間はやっておかないといけない、という人もいるでしょう。

そういう時は条件は悪いかもしれませんが、新卒の間に使っておくというのは悪くはないでしょう。

最初は最低限だけ借入をしておけばいいですし、給料が出たら返済すればいいのです。

中小企業に就職すれば特に最初の給料が出るまでの間、かなり厳しいと思います。

営業など、遠くへ行ったり交通費がかかるような職種もありますし、そういった場合には最初に出費のほうが絶対に出てきてしまいます。そのためにも消費者金融などを使うべきででしょう。

後はクレジットカードを上手く活用するという方法もあります。

クレジットカードの支払が給料のあとになるようにしておけば、クレジットカードの支払で交通費などは賄うことも出来るでしょう。

新卒は今からが大事ですから、借入を上手に使って頑張ってほしいものです。

【参考ページはこちら】
就職が決まったら借入審査に通りやすくなる?

新卒の人は借入を利用して新生活を始めよう

高校や専門学校、大学を卒業して、これから社会に出ようとしている人は、とても初々しく、見ている人にとっても新鮮な気持ちになるものです。

社会人になれば、自動車を運転したり、お酒を飲んだりすることもできますし、いろいろな権利が与えられるので、今までとは違った気持ちになれるのではないでしょうか。

一方で、権利が付与されるだけではなく、大人としての義務も発生しますので、身の引き締まる思いをしている人も多いでしょう。

これからは、何でも自分の自由にできる反面、社会人としての責任が伴うので、これからの生活は必ずしも楽しいことばかりとは限りません。

学生時代は、親の扶養家族の身分なので、面倒なことは全て親任せで済ませることができました。

例えば、健康保険料や国民年金などの社会保険料を支払った経験がある人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

これまでは、風邪をひいた時には、近くの病院に行けば、3割の自己負担額を支払うだけで、医者の診察を受けたり、医薬品を処方してもらうことができました。

これらの権利を行使できることに、何の疑問も持っていなかった人がほとんどでしょうが、実は、両親が保険料を負担してくれていたからこそ、これまでは少ない自己負担で病院を利用することができたのです。

また、学生の頃にアルバイトに精を出した人は多いでしょう。

生活費や学費のために仕事をして、少しでも親の負担を減らそうと努力してきた親孝行な学生もいることでしょうが、ほとんどの人は、自分の趣味や娯楽に費やすために、バイトに励んできたのではないでしょうか。

そして、それらの仕事で得たお金は、ほとんど全て自分の収入とすることができたはずです。

アルバイトの情報誌で時給をチェックすれば、どの仕事をすれば、一か月にどれだけの収入を得られるかということは簡単に計算することができました。

働けば働くほど、それがそのまま収入につながるということに、疑問をさしはさむ余地はなかったことでしょう。

しかし、社会人になれば、これまでとは条件が異なります。これからは、仕事で得た収入から、税金や社会保険料などを支払っていかなければならないのです。

つまり、これまでは親に負担してもらっていた分を、これからは自分で負担しなければならないのです。

実は、ほとんどの学生はこの事実に気が付いていません。

今まで親からの仕送りやお小遣いと、自分のアルバイト代で比較的裕福に暮らしてきた人は、社会人になった途端に急にお金に困り出す場合が少なくありません。

こういう人は、社会人が支払うべき税金や社会保険料のことを、全く考慮していなかったのです。

社会人になるにあたって忘れてはならないことは、社会人の給料は、額面上の金額と実際に支給される金額が異なるということです。

就職活動を行っている時には、誰しも初任給をチェックして、少しでも給料の高い会社に入ろうと努力するものです。

運よく給料の良い会社に入社することのできた人は幸運の持ち主ですが、それでも、採用の条件として示された初任給の金額と、実際に給与口座に振り込まれる金額には違いがあります。

実際の手取り額は、所得税や健康保険料、厚生年金や雇用保険などの金額が天引きされているので、額面に比べてかなり少なくなってしまうのです。

平均的には、額面の二割から三割程度は少なくなることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

こうした理由により、学生時代のアルバイト収入よりも、正社員として稼いだ給料の方が金額が少なくなる場合が生じるのです。

アルバイト代からは、何の金額も天引きされないので、あらかじめ決められた時給に総労働時間を掛け合わせて得られた金額をそのまま収入とすることができます。

しかし、これは学生時代だけに限られた特権なのです。

そのため、学生時代の延長で社会人としての生活を考えていると、途端に生活が苦しくなってしまいます。

学生の頃は、少しお小遣いが足りなくなると、短期間のアルバイトを見つけて急場をしのぐことができましたが、社会人になると、そのような方法をとることもできません。

本業に忙しく、他の仕事をする余裕がないというのが主な理由ですが、実はほとんどの企業では、社員の副業を禁止しているので、お金が足りないからといって、家計の足しにアルバイトをすることはできないのです。

副業を禁止している企業で働いていながら、副業をしていると、それが発覚した時には、最悪の場合は懲戒解雇という事態を招いてしまうこともあります。

この就職難の世の中で、そのような事態に陥ってしまったら、次の就職先を見つけるのは困難を極めることになります。

また、せっかく子の就職が決まって、肩の荷がおりた思いでほっとしている両親にとっては、どれほどの打撃となることでしょう。

自分のみならず、家族に迷惑をかけないためにも、会社の規則には必ず従わなければなりません。

しかし、どうしても生活が苦しく、自分の給料だけではやっていけない、という場合もあることでしょう。

新卒で働くと、どうしても初任給は安くなりがちですから、誰でも入社当初はお金がなく、辛い思いをするものです。

若いうちは、誰でもこうした苦労を経験するものですが、やはり我慢の限界というものがあります。

お金が足りないからといって、安くて栄養バランスの悪い食事を続けていたり、食事の回数を減らしたりしてしまうと、体調に悪影響が生じてしまいます。

働く上では身体が何よりの資本ですから、身体を壊してしまっては本末転倒です。

また、体調管理ができていないと、自己管理能力に欠ける人間だと見なされて、上司からの評価が下がってしまう可能性すらあります。

こうした結果を招かないためには、毎日元気に働けるように、きちんと食事をとることが大切です。

食費を削るほどに生活が厳しいという場合には、生活設計を見直す必要があります。

例えば、給料の額に比べて、家賃の高い所に住んでいる場合には、引越しを考えるのも一つの方法でしょう。外食が多い人は、面倒でも自炊をすることで、支出を抑えることもできます。

このように、自分の生活管理をきちんと行い、給料の範囲内でやりくりすることは、社会人として当然の責務でもあります。

お金が足りないことを嘆くだけではなく、節約生活を楽しむくらいの気持ちで、新生活に臨むことが大切です。

しかし、いかなる手段を講じても、独力ではどうにもならない、ということもあるでしょう。

しかし、そのような場合でも通常通りの生活を続けながら、問題を解決することができるのです。

多くの金融機関では、個人向けの少額貸付の制度を設けていますので、困った時にはこうした制度を活用すればよいのです。

このような借入金は、個人であれば誰でも利用することができます。新卒で入社して、社会人として働いてまだ間もないからといって、審査に通らないということはありません。

毎月きちんと給与収入がある人ならば、月々の返済額が滞る心配がないので、金融機関は安心してお金を貸し出すことができるのです。

このように、毎月家計が赤字になる分だけ、借入金で対応するようにすれば、生活に困ることなく、社会人としての新生活を始めることができます。

特に、入社当初はスーツや靴を購入したり、通勤用の自家用車を購入するなど、何かと出費がかさむものです。

こうした費用は、社会人として働くためには必要不可欠なものですので、割り切って支払うようにしましょう。

毎月の返済額は少額に抑えて、年二回の賞与でまとまった金額を返済するようにすれば、毎月の生活にしわ寄せが来ることもなく、余裕を持って借入金を返済することができます。

若いうちの苦労は買ってでもしろと言われますが、借入金を使えば、苦労をしなくても新社会人として本業に専念し、充実した毎日を過ごすことができます。

金銭面の不安は早急に解消して、仕事に打ち込むようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.