借金や借入の時に聞くノンバンクとは一体何か?

ノンバンクという言葉、よく聞きますよね。私もよく聞いているんですけれども、正直あまりわかっていません。

何なのでしょうか、ノンバンクというのは。消費者金融とかのことをノンバンクと言っているようなのですが、どうしてそういう名前がついたのかがわかりません。

ノンバンクというのは消費者金融のことというような認識であっているんでしょうか。それと借入をするときにはノンバンクを使っても問題はないですよね?

変なヤミ金とかそういうものとは違うという認識で間違いないですか?

ノンバンクは貸金業法に基づく企業のことを指す

ノンバンクという言葉、たしかに一時期はよく使われていましたよね。

最近はとんと効かなくなってきたと思いますが、一応まだノンバンクと言うのは存在しているようで、使っているところもありますね。

ノンバンクというのはちょうど消費者金融が全盛期の時によく使われていました。

今はどちらかと言うと消費者金融とかキャッシングとか、そういう言葉のほうが使われているかなというイメージが有りますね。

しかしノンバンクというのはいわゆる消費者金融やサラ金、街金のことを指すというのはその通りです。昔も今もそれは変わりません。

ではどういう意味でこの言葉が付けられたのかですが、それを知っている人のほうが少ないでしょう。

実はノンバンクという言葉は簡単言うと銀行ではないという意味です。ノンは違うという意味の英語で、バンクは銀行という意味です。つまり銀行ではないという意味なのです。

銀行ではない業者ですよ、というようにあえて言っているのですが、これは銀行がもともとお金を貸してくれる会社であり、銀行との区別をしたかったから付けられたというように考えられています。

銀行の方が信用できて、ノンバンクはそれよりも劣るということなのでしょう。

またノンバンクは銀行と同じように貸出をしてくれるのですが、預け入れというのは出来ないし、定期預金などの商品を持っていません。

普通銀行であれば預け入れをしてそれを引き出すというようなサービスが有りますが、消費者金融系にはないため区別しているとも言われます。

ちなみに質問者も心配されているように、ノンバンクという言葉はあまり響きが良くなかったこともあってか、怪しい業者ではないかと考える人も多かったようです。

ですのであまり評判は良くなかったので、今ではあえて使うという以外は使っていないようですね。

ノンバンクは消費者金融のことですし、キャッシング出来る業者のことと考えてもらったらいいでしょう。

銀行系カードローンというのが最近は借入できる業者の中に出てきて、非常に難しい立ち位置にいるということも、ノンバンクという言葉が使われない理由なのかもしれませんね。

とりあえず町中でノンバンクという言葉が出てきたとしても「怪しい業者だ」というように思わなくても大丈夫でしょう。ちゃんとした登録業者であり借入の出来る業者ですから。

【参考ページはこちら】
借入しやすいのはネット銀行?

利用すやすさに重点をおいたノンバンク系の借入のサービス

消費者金融系のキャッシングやカードローンは、ノンバンク系のサービスでも代表的なものとなります。

これらのサービスは、個人向けの融資で、保証人の必要が無く、無担保で提供されるローンです。

そのため、日常的な利用が可能なサービスとなっており、多くの利用者に親しみやすいサービスとなっています。(こちらもご参考に→おすすめの借入業者を教えて!

近年では、各種のメディアでキャッシングやカードローンのサービスの広告が打ち出され、知名度が高いものとなってきています。

また、従来と比較し、審査のスピードや、借入や返済におけるサービス面の利便性が格段に向上し、利用しやすいものとなっているのです。

これらのサービスを利用してお金を借りる場合は、サービスの利便性だけでなく、金利などの金銭的な負担が重要なポイントとなり、審査の通過しやすさという面も重要になります。

そのため、ノンバンク系のサービスを選ぶ上では、複数の要素を総合的に検証して、最適な融資条件を提示しているサービスを見つける必要があるのです。

このサービスの使いやすさを検証するには、実際にサービスに申し込みを行い、借りいれを行った方の評価を参照する事も効果的な方法です。

このサービス利用の経験談は、正確な審査時間を検証するのに役立ち、必要書類の種類や、提出方法など具体的な事例を確認できる為に、大変役立つ情報となるのです。

広告で即日融資を謳っている業者でも、実質的には長い審査時間を要してしまい、融資までに必要となる時間に大きな差が出るケースもあります。

このような問題を回避するためには、サービス利用を経験した方の感想を聞く事が効果的なものとなるのです。

最近では、ノンバンク系の業者では、インターネットで申し込みができるようになっており、このシステムを利用すれば審査結果の連絡がメール経由で届くものとなっています。

このネットを介した申し込みを行う場合には、幾つかの条件がそろっている必要があり、前もって業者の要求する必要書類を準備し、営業時間内に申請を行う必要があります。

しかし、このネットを介した申し込み方法を利用すれば、店舗に出向く必要もなくなり、近所に店頭窓口が無い場合でも申し込みが出来るものとなっているのです。

このようなサービスを利用して審査を受ければ、銀行系の融資やクレジットカードの申し込みとは異なり、即日でもサービスの利用が許可され、お金を借りる事が出来るようになるのです。

特に、評判の良いノンバンク系の消費者金融ならば、審査時間をきわめて短くする事も可能で、必要書類の種類も数が少ないので、即日で審査を終えることが可能です。

このような即日の融資を可能にする申込み方法は、各業者で異なるもので、予め複数のサービスの審査方法や所要時間など比較してみることが大切です。

この際にも、実際にサービスを利用した方の体験談などが役立ちますので、予め複数の情報を活用してサービスの使いやすさを検証しておく必要があります。

また、ノンバンク系のサービスの特徴としては、申込みの方法だけではなく、借入や返済がスムーズに行えるように、複数の便利な活用方法が用意されているものを選ぶ事が重要です。

このようなサービスを利用すれば、個々で希望する使いやすいサービスを自由に選べるので、さらに利便性に優れたサービスとなります。

借り入れのサービスを効率良く利用する上では、借り入れ方法だけではなく、返済方法も重要な要素となり、支払いの延滞などが無いようにする事が重要になるのです。

サービスの申し込みでは、ネットや電話からの申し込み方法が有効な手段となり、これらの方法を活用すれば、来店不要で契約できるようになります。

そして、借入においても、インターネットで指定した口座にお金を振り込んでもらえるシステムが普及している為に、店舗に出向く事無く、現金を入手する事が出来るようになっているのです。

このようなネット経由の振込サービスは、短時間で現金が必要な場合には理想的なサービスで、審査に通過していれば瞬時に送金してくれる為に、大変便利なものとなっています。

このネット経由の送金は、銀行の営業時間内に限られることが多いので、予め送金が可能な時間帯を把握しておき、急な入用に備えておく事も大切なのです。

また、消費者金融系のサービスでは、提携銀行の口座があればいつでも送金をしてもらえるサービスもあります。

このサービスでは、送金の申請が完了すれば、数分程度で入金が確認できますので、急遽お金が必要なった際には、非常に便利なサービスとなっているのです。

そして、提携銀行を介した送金は、土日や祝日でも可能になる事が多い為に、金融機関の営業時間などを気にせずに、いつでもサービス利用ができます。

そのため、予め提携銀行に口座を開設しておき、より素早く送金が出来るように準備を整えておく事も効果的な活用方法となっているのです。

そして、消費者金融系のサービスを利用する際には、返済でもインターネット経由の支払いに対応しているサービスを選ぶ事がポイントです。

これはネットで返済ができるシステムを完備している業者で、幾つかの消費者金融系の業者が優れたネット返済のシステムを完備しています。

また、大手の業者では、独自に開発した支払いサービスなどを提供しており、複数の大手金融機関と提携しているために、手数料などのコストを節約して返済が出来るようになっています。

そして、審査が不安で、事前に融資の可否を知りたい方の場合は、仮審査のサービスなどを利用してみる事も大切です。

大手の消費者金融系のサービスでは、申込者が融資の可否の目安を知る事が出来るように、自動的な審査で融資が可能かどうかを把握出来るシステムを用意しています。

このシステムを利用すれば、予め融資が可能なおおよその金額を提示してもらうこともでき、その限度額に応じた金利負担も把握する事が出来るようになります。

そして、このようなシステムを完備した業者の場合は、その後の本審査で必要書類をアップロードして申し込みを行えば、本審査が受けられるようになっており、時間帯によっては当日の振込にも対応してもらえるなど、素早くお金が借りられるシステムを導入しているのです。

このシステムを活用して本人確認の書類を提出し、審査が完了すれば、銀行口座に送金されるようになります。

しかし、このサービスを利用する際に注意が必要なポイントとしては、融資金額に応じて要求される必要書類があります。

消費者金融系の業者から融資を受ける際には、一定の金額を超える場合に収入証明書の提出が必要になります。

これはネット経由の審査でも必須の書類で、利用限度額を決める上でも重要なものとなります。

しかし、融資の希望金額が数万円程度ならば、必要書類の提出はなくなり、少額の融資では書類提出の手間を省いてお金が借りられるようになっているのです。

また、消費者金融系のサービスは、非正規雇用の形態で勤務している方にも融資を提供している事が多く、アルバイトやパートでも申し込みが十分に可能になっています。

このような場合も、収入証明書などの必要書類を準備する必要がなく、短時間で審査を完了させ融資を受けることが出来ます。

大手金融機関のサービスでは、年収が低い非正規雇用の申込者の場合は、不利な融資条件となるケースもありますが、消費者金融系のサービスでは適度な利用限度額が割り当てられ、職業に安定性が欠ける申込者にも配慮され、返済しやすいサービスが利用出来るようになっているのです。

これらの理由から、消費者金融系の借り入れは、融資のサービスの利用しやすさという面に重点がおかれた仕組みとなっており、すぐに現金が必要な場合や、より手軽に借り入れがしたい方に対応しています。

これらの便利な側面から、はじめてお金を借りる際にも利用しやすいサービスとなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.