借入審査の時に勤務先に嘘を書いたらどうなるの?

私はしたことがないんですが、やってはいけないということはわかります。でもやってはいけないことですけれどもやってみたらどうなるのかな?というのは気になるのです。

それが借入をするときに勤務先に間違った情報を書くことです。

つまり嘘を書くということですけれども、こういう時に審査というのはどうなるんでしょうか。審査がだいぶ悪くなるのか、それとも審査にあまり影響がないのでしょうか。

勇気がなくて出来ないわけですがもし万が一やってしまったとなればどうなるのでしょうか?

勤務先に嘘をつくと借入審査は在籍確認でまず通らない

勤務先に嘘をつくというのは良くないこと、これは間違いなく誰もがわかっていると思います。

ですが、借金をしようとする人の中には「バレなければ嘘をついてもいいんだ」と思っている人もいるようですが、そんなことはありません。借入の時だろうと嘘はダメなのです。

質問にあるように例えば勤務先についての嘘というのを書いたとしましょう。そういった嘘はまず見破られるでしょう。

借入審査の時には必ずと言っていいほど在籍確認というのがあります。この在籍確認の時に電話をしたら「そんな人はいません」というように言われます。

そうして在籍していない、会社は嘘だったということがわかるのです。そうなれば借入はできないでしょう。

嘘を就いている人には貸出をしたいという業者はひとつもありません。だから本当のことを書いて在籍確認を受けないと借入は無理なのです。

しかし最近は在籍確認不要の業者が増えているので、そういった在籍確認を不要としている業者を使えば、嘘をついたとしても審査に通るのでは?と考えている人もいるようです。

しかしこちらもまず通らないし、ブラック扱いされてしまうでしょう。

実は在籍確認無しとは言いますが、それは全く会社で働いているかどうかを見ないというわけではなく、在籍確認無しだけれども実際には在籍確認の電話に変わる他の方法を使っているのです。

多くが社会保険証を見せる、源泉徴収票や社員証を見せるなどの方法を取ります。

これらの方法が必要なので、結局紙の上では嘘をかけたとしても、ほとんどの人はその嘘を突き通すだけの材料を持っていません。

結局審査の段階で嘘飛ばれてしまうので借入はできなくなるでしょう。そして業者によっては何年もの間出入り禁止のようになったりします。

出入り禁止になってしまったり、ブラックリスト入りになってしまったりといいことはまずありません。

勤務先に嘘を書くということは出来ないと質問者はおっしゃっていますが、そのとおりです。良心としてできないというのもそのとおりですが、損得で考えても損をするのです。

だからこそこういったことはしないようにしましょう。銀行系カードローンでもクレジットカードでも、消費者金融でもそうですし、小さいサラ金や街金でも同じです。

嘘をついてしまうということは信用を一晩傷つけることになってしまうでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用できる職業とは?

借入をする為の契約の際の審査時の勤務先連絡

年の瀬が近づいてくるにつれて、忘年会や新年会等の行事が多くなって来ると、お金が必要になります。

日頃人づきあいが盛んな生活をされていたり、仕事の関係上、取引先との交流を持たなければいけない方々にとって、忘年会や新年会などの飲み会は一度や二度でははずです。

また、日頃あまりゆっくりと休みが取れない生活をしていると、年末年始におもいきって遠出の旅行に行きたいと計画している方もおられるかと思いますが、この場合もついてくるのがお金の問題です。

近年、キャッシングというシステムが見直され、大変利用しやすい状況にあります。

此処では、キャッシングというものに興味があるが、借金というイメージがあるからなかなか手を出しにくいという方に、キャッシングの契約方法や利点などをご紹介していこうと思います。

まず、キャッシングというのは、主に銀行、消費者金融会社、クレジットカード会社からの借入の事を差します。

あくまでも借入ですので、返済時には融資を受けた元金と共に金利を支払わなければいけません。

この金利と言うのは年率計算を行います。例えば、10万円を借入したとして、1年後に全額一括返済を行おうとした場合、10.0%の金利を採用している会社から融資を受けたとすると、1年後に返済する額は、元金の10万円に加え、金利分の10万円×10.0%=1万円を支払わなければならないため、総額は11万円です。

同様の金利で10万円を30日後に一括返済しようとする場合の返済額は、元金の10万円に加え、金利分の10万円×10.0%÷365日×30日=約800円を支払わなければいけない為、総額は約10万800円となります。

あくまでも一括返済の場合ですので、リボ払いなど、毎月定額を返済していく場合は額が多少上がる仕組みになっています。

この金利についてですが、一般的な金利をご紹介していくと、まず銀行のキャッシングは5.0%から15.0%の金利です。

消費者金融会社やクレジットカード会社の場合は5.0%から18.0%の範囲ないです。

しかし初めて融資を受ける場合などは、限度額がそれほど高く設定されないはずですので、銀行の場合は15.0%、消費者金融会社やクレジットカード会社の場合は18.0%の金利と考えていた方が良いと思います。

次にご紹介するのは契約の方法です。銀行の場合も、消費者金融会社、クレジットカード会社の場合も契約の方法はほぼ同じです。
(⇒借入ができる会社を教えて!

まず申し込みの場所ですが、店舗、無人契約機、インターネット上の3通りがあります。店舗は文字通りお店に直接行って、担当者との対面での申込みとなります。

無人契約機での申込みの場合は、個室に設置されている契約機の前に座るとオペレーターに繋がりますので、そのオペレーターとのやり取りによる申込みになります。

インターネット上の場合は、ご自宅で、契約したい銀行や消費者金融会社、クレジットカード会社のサイトにつないで頂き、申し込む方法です。

それぞれの方法に利点があります。まず一番早く融資を受けることができるのは、店舗と無人契約機での契約です。

店舗での契約は、担当者と対面で行いますので、申込みから本契約までの時間が非常に短く行えます。

無人契約機の場合もオペレーターとの直接のやり取りですので、申込みから本契約までがスムーズです。

一般的にキャッシングする際にATMなどから融資を受けられるようにカードが発行されますが、このカードが発行された時点で、即融資を受けることができます。

店舗の場合にしても、無人契約機の場合にしてもその場でカードが発行されますので、最短で申し込みから30分ぐらいで融資を受けることも可能です。

デメリットとしましては、対面にしろオペレーターとのやりとりにしろ直接担当者と話さなければいけないのでそこが嫌な方には向かないかもしれません。

インターネットでの申し込みの場合はご自分のペースで行えますので、ゆっくりと考えながら契約を進めていくことができますし、間接的な申込み方法ですので、重要な連絡事項がある場合を除いて、サイトへの入力、メールでの連絡、書類関係の郵送などでやり取りを行います。

この場合のデメリットは、カード発行までの時間がかなりかかる場合があります。

重要書類などは必ず郵送しなければいけない為、確認までの時間がかかり、またカードも郵送で送られてくる為、最短でも2週間程度を覚悟しておかなければいけません。

さて、契約の方法ですが、契約には必ず審査が行われます。

まず申込みに際して、氏名、住所、月収、年収、お勤め先などの個人プロフィールと他の金融機関などからの借入がある場合は申告を行います。

そこでまずはこの申告した情報を基に、契約しようとする銀行や消費者金融会社、クレジットカード会社などの過去の実例などとの照合を行います。

この段階では余程の問題が無い限り通過する事ができるはずです。

次に、第三者信用機関への問い合わせを行います。この際に申告した他の金融機関からの借入などの情報が照合されます。

審査で一番気をつけなければいけない事は、全ての申告項目を正直に正確に申告する事です。

例えば、月収や年収を過大に申告してみたり、他の金融機関からの融資額を過少に申告してみてはいけません。

第三者機関への問い合わせにより、正確な情報がわかりますので、担当者に良い印象を与えません。

第三者機関への照合を通過すると審査はほぼ終わります。ここまで終わると勤務先への電話確認が行われます。

これは、申告したお勤め先に本当に在籍しているかを担当者が電話でお勤め先に直接確認を行います。

この時、申込者が気になるのが、契約しようとすることを会社の上司の方や同僚の方に知られてしまうのではないかという事だと思いますが、この場合の電話確認というのは、契約しようとする金融会社の名前出さずに、担当者の個人名で申込者を呼び出してもらう形を取ります。

なので、会社の上司の方や同僚の方に知られる心配はありません。

また、電話確認の際に、店舗や無人契約機での申込みをされる方は会社にいないとは思いますが、その時に会社に申込者がいなくても、取次ぎが行われたり、不在とお勤め先の方が伝えさえすれば確認は取れますので不在時でも問題はありません。

この電話確認が取れれば、審査は終了します。そこから本契約として契約書にサインをしてカードが発行されます。

カードが発行された時点で融資を受けることが可能となりますので、お近くのATMなどで利用する事ができます。

また、近くにATMが無くても、先に融資を受けたい方は振り込みによる方法も利用できます。

キャッシングを初めて利用する方の契約は、一般的に限度額がそれほど高く設定されないのにも気を付けなければいけません。

申込時に必ず希望限度額を記入、入力しなければいけませんが、初めての場合に100万円の限度額を希望してもおそらく通らないと思います。初めは最高でも20万円ぐらいからのスタートになるかと思われます。

キャッシングを継続して利用していたり、返済日時に遅れることなく返済していけば限度額も徐々に上がっていきます。

最期にキャッシングはあくまでも借金ですが、利用する方法によっては非常に便利なシステムであることは間違いありません。

近年過払い金請求などの動きがあり、多くの消費者金融会社が顧客を一度失いました。

その動きが徐々に緩やかに収まりつつある現在では、失った顧客を取り戻そうと各消費者金融会社が様々なキャンペーンを展開しています。

例えば、初めてキャッシングを利用される方は30日間金利0%での融資を受ける事ができるキャンペーンや振り込み手数料や様々な手数料が無料で利用できるなど、契約者にとって得するキャンペーンが数多く存在します。

キャッシングは利用の仕方を間違えなければ非常に有意義なシステムですので、計画的に利用してましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.