借入した方がいい場合としないほうが良い場合の違いについて

お金がないときでも借入した方がいい場合としないほうが良い場合、両方あるのでしょうか。

普通お金がなかったら生活も大変になりますから、どういう時でも借入をした方がいいという時のほうが多いような気がします。

でも借入をしないほうが良い場合もあるというように聞いたことがあるんですが、借入した方がいい時としないほうがいい時の違いというのはどういうところにあるのでしょうか?

その違いというのを教えてもらえたら嬉しいです。

借入をした方がいい場合は将来の投資のために使うとき

これは結構難しい問題で、ひとによっても考え方が変わるので一言で「この時がいい」というようには言えないかと思います。

もちろん人それぞれの考え方がるのはそのとおりですが、多くの人が納得するという点で言えば借入をした方がいいのは将来が見える時でしょう。

将来が見えるというのは簡単にいえばその借入が投資になって、後で帰ってくるような場合のことを指します。

例えばですが一時的に会社が給料を支払えない状態になる、ということは考えられます。その時に借入を使って数ヶ月間何とか耐えるという時はあるでしょう。

こういう時は会社がV字回復を行うこともしばしばあるわけですが、大きく業績が好転した時にはその会社で踏ん張ったということが評価されて、離れずに残っていた人たちにはボーナスもしくはいろいろな評価というのがされることになるでしょう。出世することもあるかと思います。

そうして返済をすることが結果としてできるし、会社に残って出世をすることにつながっているので借入をした方がいい状況と言えるかと思います。

もちろんもう倒産間近で倒産するしか無いという時に借入をしても仕方ないので、それは借りないほうがいいですが。

他にも転職活動のためというのもあります。自営業に転身するためにというのでもいいですし、将来的に新しい道を切り開くためにお金を借りるというのはひとつの方法です。

借りたお金は生活費に使ってもいいし、自分の勉強のために使っても問題はありません。

重要な事は借入をした方がいい場合というのはこういった将来の返済のために、何かのプラスになるために使うという時です。

逆に使わないほうがいいことも多いのですが、それはギャンブルなど一時的なことに使う場合です。こういうものは将来の返済にも役立たないのでよくありません。
(⇒まともな理由じゃないと借りられない?

将来的に役立つようなもの以外は使わないほうがいいと思ったほうがいいでしょう。その方が借入を使うかどうかを判断する良い材料にもなるかと思います。

判断材料としては自分の好きなことややりたいことではなく、将来のためというのが良い考え方ではないでしょうか。

多くの人はそこまで考えて借入をしていませんが、借入を確実に返済している人などはこういった将来のことを考えた上で行動を指定たりするものです。

ぜひ将来のことを考えた上で借入をしてください。絶対にそのほうが安全ですし役に立つ使い方ができるからです。

借入した方がいい場合の金融機関の使い方について

借入した方がいいという場合は幾つかあります。

一般的に言うと、お金を借りて、それでごたごたになるという悪いイメージを持っていますし、CMなどでもそのブラックなイメージを払しょくさせるような爽やかなCMを取り上げています。

しかし、本当に借金をする場合は、全てブラックな一面を持っているのでしょうか。

ブラックな一面として挙げられるのが、まずは取り立てでしょう。

「お金を返せ、こら」とチンピラ風の男たちがドアを蹴り飛ばしているシーンを何度か見かけたことがあるかと思いますが、実際には貸金法で違法となっている暴力行為ですので、そんなことはありません。

次に、連帯保証人です。連帯保証人となってしますと、その人が借りただけのお金を借りてしまうということとなり、何も知らないで契約書にサインをさせられたら、とんでもないことになります。

これは個人個人が気を付けなければいけないことです。連帯保証人は、お金を借りるのと同じことなのです。

そして、もう少しブラックなものになりますと、ギャンブル依存症や買い物依存症を加速させる働きがあります。

お金が自由に引き出せるとなると、ついつい、そうした依存症に拍車がかかるきっかけとなってしまいます。

そうしたブラックな一面もあれば、借金にはいい面もあります。

それは、やはりスピーディーにお金が手に入るということです。それを元手に何かを始めようという人によっては、非常に重要なものとなっています。

それがギャンブルなどの不確定要素である場合は、駄目なのですが、起業などの目的を持ったことであるならば、借入した方がいいという場合に該当します。

例えば起業をする時は、多くの人が銀行から借入をします。

そして、その中でも銀行の借入だけではやっていけないという人が、消費者金融などからも借入をします。また、銀行から借りる信用力がない人も消費者金融から借入をします。

そうして借入をすることによって、起業ができ、成功をすればかなりの額の収益が手に入ることになります。

そうしたお金による、『希望』は計り知れないものがあります。もしかしたらそれで人生が一発逆転するかもしれません。

特に最近では少額から始めるインターネットビジネスが流行っていますので、そうしたものを行うお金がないという人は、キャッシングカードなどで簡単にお金を借りることができる現代の状況はかなり得するものがあるのではないでしょうか。

例えば、株をするのも、初期投資として最低でも100万円は必要だと言われています。

そうしたものに挑戦する場合でも、借入した方がいいという場合があります。まずその初期投資がなければ株を始めることすらできません。

株と言うものは人生を変えることができるものです。ただのギャンブルではありません。

この数字があるから、ここまで売って、ここまで買ってということを繰り返して戦略的に資産を増やしていけるものです。

不確定要素は大きいものの、自分の力で稼ぐことができるという意味では非常に重要なものです。

また、本業でやっていけるまでになれば、仕事をしなくていいので、煩わしい人間関係に悩まされることもなく、パソコンの前で数字を見張っているだけでお金を手に入れることができるようになります。

そうした状況は社会不適合者と呼ばれるような人にとっては、まさに希望の収入を得る手段であると言えるのです。

借入した方がいいという場合は、まだまだあります。それは車を購入する時のことです。

やはり車と言うのはなければ不便なものです。田舎などでは車がなければ生活ができないということもあるはずです。

そうした重要な車と言うものは、『車がない』という状況がそもそもステータスダウンを招くために、まず最重要事項として車を手に入れなくてはいけません。

そのため、借入をしてでて車を買う必要は十分にあります。

日々の通勤や、遊びに行く時など、車がなければ何もできないようになっているのです。

そうした状況を打開するために、ローンを組んだり、お金を借入したりすることは多く人が行っていることです。

また、家を買う時もほとんどの人がお金の借入をして、手に入れています。何千万円というお金を一気に出せる人は少ないはずです。

言えは生活をする基盤のものです。そうしたものをお金を借りてでも手に入れたいと考える人は大勢いるはずです。

そうした人はみんなローンを組んで、お金の借入をして家を手に入れているのです。

何かとブラックな一面があるお金を借りるという行為ですが、状況に合わせて考えれば借入した方がいいという場合が生まれるのです。

そうした状況はいっぱいあります。例えばギターを買いたいという少年が、親からお金を借りてギターを購入するのも、立派な借入です。そうした夢を含んだ状況を現実に変えることができるのが、お金の借入なのです。

人は多くの場合、夢を持っています。何かしら夢を持っているのは、誰にでもある状況です。

夢がない人もいるでしょうが、『何もない生活を守る』というのも夢の一つです。そうした夢をしっかりと持っていることは、かなり良いことです。

しかし、実際に実現しようとするとなかなか上手くいきません。何かしらの弊害が出てきます。

その弊害をお金を借りることで、取り除くことができるというのならば、それ以上のことはありません。

人は無限のお金を持っているわけではありません。そんなことになってしまえば、経済が成り立たなくなってしまいます。

だからこそ、みんな頑張って働いて貯金をして、裕福になっていくのです。

しかし、それを先取りする裏ワザがあったらどうでしょうか。それを使うのは悪いことでしょうか。決してそうではないはずです。

その裏ワザというのが、お金を借りるということなのです。お金を借りれば、先取りして自分の給料を手に入れることができます。

そして、自分のやりたいことがあれば先取りしてそれを行うことができるのです。そうしたことは悪いことではありません。

ただ、気を付けてほしいのは、計画的にお金を借りるということです。やはりどんなに夢があっても、破れる時は破れます。

そのため、その後負債を返済していくことができるだけの何かを持っていなくてはいけません。

それは安定した収入です。起業をするにしろ、株を始めるにしろ、車を買うにしろ、それができた時に安定した収入が入っていくようにしなければいけません。

また、それに失敗した場合でも、切り捨てるところができるところで、就職するなりして安定した収入を得る必要があります。そうしたものまで考えて、しっかりと計画を立てることが重要です。

計画的にお金を借りて、計画的に人生の裏ワザを使いこなせば、人によっては莫大な利益を出すことができます。

ただ、これは絶対ではありません。そうしたこともしっかりと考えた上で、お金を借入する必要があります。

ただ、お金を借入をすれば希望が見えてくるという場合もあります。そうした場合であるのか、そうでないのか、しっかりと考えた上で、しっかりとした返済計画を立て、しっかりとしたお金の管理を行う必要があります。

そうすれば、借入をして失敗する確率も下がっていくはずです。そうした計画こそがお金を借りるためのポイントとなるのです。

また、人生は先取りできませんが、お金を借りることで、人生の一部を先取りすることができます。

そうしたお金の借入をすることで、人生がつまらないと感じている人も、人生を面白く変えることができるかもしれません。

そうした可能性を秘めているのがお金を借りるという行為であるのです。何事も前向きに考えればそうなります。

しかし、そうでない場合もあります。それはしっかりと頭に入れておくべきでしょう。

お金を借りて、人生を先取りして、人生に挑戦して、人生を計画してみてください。そうすればきっと新しい未来が見えるはずです。

【参考ページはこちら】
借入のおすすめQ&A

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.