教えて!借入を親に知られないようにするには?

教えて欲しいんです、誰もが知っていることなのかもしれないですが私は知らないんで…あの、親に知られないで借入をすることって出来るんでしょうか?

私は今、やっと働き始めた新入社員なので親に知られないように、心配させないようにしたいんです。

なのでとりあえず給料が出てボーナスが出たらそれで返済しようと思っているんですが、今の生活費が少し足りそうにないんです。

なので生活費を借りられたらなぁと思っています。どうにかして借入することって出来ないでしょうか。

親に知られないように借りるならネットがいいだろう

若い人は最近親と同居している人が多いといいますが、きっと親と同居しているから質問者の方も親に知られないようにしたいという考え方なのかもしれませんね。

若い人だと親に知られないように借りる方法として一番いいのはネットかなと思います。

最近の業者はほとんどネットで借入をすることが当たり前になっています。

大手ならまず間違いなく、ネットで借り入れが出来ますから、インターネットに詳しい若い人たちのほうが使いやすいでしょう。

ネットを使って借入をしているということは親にバレにくいと思います。

大体親に知られる時というのは決まっていて、例えば明細書が実家に送られてきたとか、実家の電話に消費者金融や銀行系カードローンが連絡をしてきたということが多いです。

そういう時にはバレやすいですから、こういったものも全てネット上で済ませてしまうようにするのがいいでしょう。

もし質問者のように社会人になっているのであれば、こういう方法は使えます。

社会人になれば給料が入ってきますから、その給料で返済をしていくということを業者側も期待しています。しかし人によっては学生のうちに借りたいという人もいるでしょう。

学生の場合は少し違って、そのような使い方が難しいです。ですので他の方法として学生ローンを使うということが出来ます。

学生ローンはネットでの振込も最近は対応してくれていますが、ネットでの振込は専用ページなどを持っているところはほとんどありません。

なので一般的な消費者金融や銀行系カードローンに比べると使いにくいかもしれません。

しかしそれでも借入している学生は少なくないのですが、それは借金をしているということが親に通知されないということがあります。

親の同意がなくても借りられるために使われているのです。

学生の場合は学生ローンを、社会人になっているのであれば一般的な消費者金融や銀行系カードローンのキャッシングをネットで使うのがオススメです。

最近だとクレジットカードのキャッシング枠で借り入れをするという方法も間違いないかなと思います。

いろいろな借入の方法というのはあるので自分にあった方法で使うのがいいでしょう。

今は親に知られないようにするというだけではなく、他の人達もわからないように借りるということだって出来るのです。これは大きな進歩ではないかと思います。

【参考ページはこちら】
借入した方がいい場合としない方がいい場合

親に知られない借入れといざという時の資金調達方法

日本の雇用形態は、かつては終身雇用と呼ばれるものでした。

これは、学校を出た若者が初めて企業などに雇用されると、その職場で仕事を覚え定年を迎えるまで働くことを意味しています。

雇用者と労働者の間には強い信頼関係が育まれ、労働者は会社のために働くという意識が強くなり、雇用者側も労働者を育てるという強い意識を持っていました。

現代は、終身雇用制が崩壊し欧米並みの合理性を追求する企業が増えています。

労働者と雇用者の間にはかつての信頼関係のようなものは薄れています。

正社員雇用が減少し所得面での格差が広がり、低所得で働くことを余儀なくされている労働者の中には、生活費の不足分を借入れなどで賄う必要がある方も少なくありません。

近年、生活費の工面の方法として、銀行や消費者金融などのカードローンを利用する方が増えています。

カードローンは、個人に対する信用貸し付けのことであり、保証人や担保を必要としないことが利用者の希望に合致するため急速に普及してきた金融商品です。

提供している金融機関ごとに利用出来る借入金額の上限や設定金利が異なりますが、法律によって上限金利が設定されていますので、きちんとした金融業務を行う金融機関であれば法外に高い金利を設定することはありません。

また、金融機関ごとに顧客を獲得するために様々な特色のあるサービス提供をしていますので、それらの情報に気を付けていると有利にキャッシングが出来る可能性があります。

ただし、金融機関は返済の可能性がない利用者には融資することは出来ません。そのため、利用希望者には審査を行い、信用情報などの確認をします。

審査の際には、本人を確認するための書類(免許証・パスポート・保険証など)と収入を確認するための書類(源泉徴収票・所得証明書・給与明細書など)を基本的に求めること、勤務先へ在籍確認の電話を入れるなどを行います。

ただ、個人情報保護には慎重な取扱いをしますので、在籍確認の際には金融機関名を名乗らず個人名で行います。

また、自宅に電話をかける場合にも金融機関名を名乗らず個人名で行いますので、親に知られないかと心配する必要はありません。利用明細を自宅へ郵送しない方法をとっている金融機関もあります。

時代は変わっても金銭の借り入れを他者に知られたくないという意識に変化はないようです。

そのため、個人向けの資金貸付業務を行う金融機関の側では、利用者の希望に沿った取扱いをするようになってきています。

ただし、返済が約定どおりに行われない場合には、督促の方法として電話・郵送などの方法を行います。

督促をしても返済が滞る場合には金融機関側でも強い態度に出ざるを得ない場合がありますので、カードローンなどのローン商品を利用する場合には慎重な返済計画をたててから利用するようにしましょう。

また、ローン返済のために新たな借入れをすることは多重債務になるリスクが非常に高いので心して注意する必要があります。

また、所得の格差がそのまま生活の満足感の格差に繋がるわけではありません。少ない所得でも上手に生活を送る方は多くおられます。

またその逆に多くの収入を得ている方が、殆ど貯金がなく借金に追われているというケースも少なくありません。

自分の収入でどの程度の生活が出来るかを把握することが大切です。

余裕があるからといって安易に金銭を消費する生活を続けていると、収入が低下した時にいきなり生活が困窮してしまうでしょう。

現在、資金調達の必要がない方も、もしもお金が急に必要になった時、どのような方法があるか調べておくことは良いことです。

事前に借入れに対する知識を持っていれば慌てずに資金調達が出来るからです。

前述のカードローンという方法は、比較的だれでも利用しやすい方法ですが、その分金利が高いことがネックになります。

出来るだけ利息負担を少なく出来る方法を探しておくと良いでしょう。

例えば、保険や貯金などをしている方は、それを担保に資金調達をする方法があります。

ゆうちょ銀行の主力金融商品に定期貯金や定額貯金がありますが、これを担保にした資金調達は利息の負担が少なく利用しやすいのではないでしょうか。

ゆうちょ銀行は、郵便局が窓口になっていますので日本国内で最も拠点数の多い金融機関だといえるでしょう。

地域密着型の金融機関ですので多くの方が利用されていると思われます。

日本郵政のホームページを見るとゆうちょ銀行がどのような仕事をしているかが分かります。

個人向けサービスの中の「お金を借りる」のページには、定期・定額貯金を担保にする「貯金担保自動貸付け」の他、財形定額貯蓄や財形年金などを担保にする「財産形成貯金担保貸付け」、また総合口座で管理する国債を担保にした「国債等担保自動貸付け」などについて紹介していますので、参考にすると良いでしょう。

また、カードローンを利用する場合でもゆうちょ銀行で取扱いをしているものがあります。

ゆうちょ銀行はスルガ銀行の代理店業務を行っており、スルガ銀行の個人ローンの申込み受付業務をしています。

ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方は、これらのサービスが利用出来ることを覚えておくと良いでしょう。

その他、利息負担を少なくしたキャッシングを希望するのなら、労働金庫を利用する方法があります。

労働金庫は、一般の銀行や信用金庫などの民間金融機関と同様にお客様からお金を預かる預金業務と、お客様にお金を融資する貸付け業務を行っていますが、民間金融機関と大きく異なる点が一つあります。

それは、一般の銀行などが利益を追求する企業であるのに対して、労働金庫は労働者の福祉を目的として設立されている金融機関であるという点です。

自分が利用出来る労働金庫の店舗がどこにあるか知りたい方は、一般社団法人「全国労働金庫協会」のホームページが参考になります。

都道府県ごとの全国ろうきん一覧が掲載されていますので最寄りの店舗を探すことが出来ます。

例えば、新潟県にお住まいの方・お勤めの方が利用出来るのは新潟ろうきんです。

全国労働金庫協会のホームページから新潟ろうきんのサイトへ移動してサービスや店舗を調べてみてはいかがでしょうか。

ろうきんでも民間金融機関と同様にインターネットで取引きが出来るサービスをしていますので、店舗に行かなくても振込や残高照会などのを行うことが出来ます。

金融機関の口座を開設する際の選択肢の一つに労働金庫を入れておいても良いかも知れません。

労働金庫は、金利面で利用者に有利なだけでなくローン商品のラインナップも豊富に揃えていますので、この点も覚えて置くと良いでしょう。

住宅ローン・借り換えローン、マイカーローン、教育ローンなど生活に必要な様々な目的別ローンを提供しています。(こちらもご参考に→借入をする理由にはどんなものがある?

個人向けカードローンの「マイプラン」は、取引きに応じて金利引下げをしており、給与振込をしている場合は△0.5%、NHK・電気・電話料金などの2件以上口座引き落としをしている場合△0.3%、一般財形積立利用者にはさらに△0.5%の優遇措置をとっていますので、最高で通常金利よりも年△1.3%有利な金利でローンが利用できます。

また、ろうきんに預金をしている方は「ろうきん預金担保ローン」が利用できます。このローンは、資金使途が自由で利用期間は最長35年と長期設定をされています。

金利は変動金利ですが2013年9月1日現在の金利は年0.525%となっています。

利用金額は担保とする預金金額で、担保とする預金は新規の預金でも可能です。現金を保有したまま低利で資金調達をすることが可能な点がメリットです。

その他、NPO応援ローン、福祉ローン、自治体提携融資制度など民間の金融機関とは違った特徴のあるローン商品があるのも労働金庫ならではです。

あまりメジャーでない金融機関ではありますが、労働者の視点に立ったサービス提供をしています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.