借入審査に通過するコツがあれば是非教えて下さい!

こんばんは、私は今度借入審査を受けようかと思っているパート主婦です。

結婚してからは生活自体は普通に回っているのですが、私個人で使えるお金というのがあんまり無くて…とは言っても夫も贅沢しているわけでも無いし、私が一方的に不満を言える空気ではありません。

だからどうしてもという時のお小遣いの足しにカードローンが欲しくて…パートでも申し込めるっていつも使っている銀行のパンフレットにも書いていたから、これだ!と思いました。

だけども、借入審査を受けるのって初めてで、初めて申し込んだ人が審査に落ちているっていうのも良く見かけていて不安です…私も落ちてしまう可能性が高いのでしょうか?さすがにそうだというのにそのまま申し込む気にはなれません。

ですので、今回は借入審査に通過する事があれば是非とも聞いておきたい…そう思ってご質問いたしました。

借入審査にも落ちまくる人と普通に通過している人の二種類が居るって聞いたので、やっぱり通過できる人ってコツとかも知っているのでは?と思っています。我こそは融資審査に自信あり!という人、どうか教えて下さいませ!

いくつかありますが現状は狙いにくいコツもありますね

昔は主婦ならパートをしていても難しかったかもしれませんが、非正規雇用の方が増えたという事もあって、今では短時間労働による収入内にて融資が受けられるようなカードローンも多いですよね。

そう言ったカードローンに申し込めば、主婦でも少額ながらも借入枠を所持する事が可能ですが、それは絶対に持てるというわけではありません。

カードローンはご存じのように、審査に通過できた人のみが持つ事が出来る一枚です。

審査に通過するためのコツというのは確かにありますが、やはり人によって狙えるものとそうでないものがありますので、主なものについて見ていきましょう。

・返済実績がある
これは今までに融資を使った事がある人向けですね。どんな融資であっても返済すればそれはきちんと記録されて、その記録は他の金融業者が審査の時にでもチェックする事が可能になっています。

仮に返済に遅れたというマイナスがあれば審査はとても厳しくなりますが、逆に返済がきちんと出来ている場合は間違い無くプラスです。

質問者さんはおそらく初めての申し込みだと思いますので実績無しかもしれませんが、ローンによる分割払いなども無関係では無いので何か遅れが無い限りはプラスもあるかもしれません。

・安定した仕事である
これはパートという職業上、若干厳しいかもですね。

実は収入は大事なのですが、それよりもどんな仕事であるかが重要視されています。何故なら不安定で高収入な仕事よりも、終身雇用が期待できてそこそこの収入の場合、低収入の方が評価は高くなりがちです。

もっと具体的に言えば、水商売は不利、公務員は有利…という感じですね。ただ、パートでもある程度の期間働けているなら信頼は無いわけではありませんから無理になるわけではありません。

・普段から取引がある銀行を使う
これは多分一番狙いやすいですね。普段から使っている銀行というのは、あちら側からするとまさしくお得意様です。

特に預金が多い人ほど優遇されますので、複数の口座をお持ちなら預け金の多い銀行にするのが良いでしょう。銀行のカードローンは低金利で主婦にも使いやすくてオススメです。

以上が主なコツです。最後のコツに関しては一番狙いやすく効果も期待できるので、せめてこれだけは狙うべきでしょう。

【参考ページはこちら】
主婦でも複数借り入れできる?

借入をする時に必ずある審査コツを知っておこう

借入をすることは決していけないことではありません。もしそれが生活をしていく上でどうしても必要なことであれば、むしろ生活を立て直すためにしたほうがいい時もあるのです。

ただそれをする上で気をつけたほうがいいことというのはいくつかあります。例えば自分の収入に見合った借入であるかということをしっかりと理解しておく必要があります。

キャッシングやローンなどは借りている期間が長ければ長いほど利息がつきます。高額な借入の場合であれば利息だけで数万円になってしまうことも珍しくありません。

ですから、申し込みをする前にまず返済シミュレーションの利用がオススメです。返済シミュレーションとはいくら借りれば毎月の返済額はいくらになり、利息がこれだけかかるということを計算することができるシミュレーションです。

キャッシングやローンのサイトなどに設置されていますので誰でもお試しすることが可能です。

そして借入する前に申し込みをした時点で必ずあるのが審査です。これはキャッシングでもローンでも同じで、職場や年収、返済能力など様々なことでチェックされます。

しかし審査コツを覚えておくことで、それを乗り越えられるでしょう。まず絶対に守らなければいけないのは自分の情報について嘘をついてはいけないということです。

例え年収が低めであったとしても嘘の申告をしないことが大切です。

それは必ずバレてしまいますし、審査にも当然通らなくなってしまいます。審査の時には個人信用情報機関という金融についての情報が全て載せられている情報機関をチェックされます。

この機関には他社での借入れ、ローン、金融事故などのあらゆる情報が載せられており、他社での返済が滞っていたり、遅延していたりすると審査には通らなくなる可能性が高まります。

できれば他社での借金については新しく申し込みをする前に返済してしまうといいでしょう。

そして申し込みをする会社についてはあまり多くに一度に申し込まず、1社もしくは2社までにしておくのが良いです。

あまりに多くの会社に申し込みしているとそれほどお金がないと考えられ、返済をきちんとしてもらえるかという点で疑われてしまうことがあります。痛くもない腹をさぐられないためにもたくさんの会社に申し込みしないようにしておきましょう。

また貸す側と借りる側は信用関係によってつながっています。

貸す側については安心できる貸主であるということ、それこそ怖い取立て屋が家にまで押しかけてこなかったり、契約した分の限度額内であれば必ず借りることができる資金力などです。

また借りる側が必ず返済を毎月して完済してくれる人物であることが絶対条件です。

ですから審査に通るのにはできれば固定電話があることや今の住居に長年家族と住んでいると有利です。独身よりは家族持ち、携帯電話よりは固定電話、賃貸よりは持ち家ということです。

しかし必ずしも賃貸ではいけないということではなく、それはやはり信用できるかどうかということにかかってきます。

審査の際には担当者と電話で話す機会もありますが、その時には横柄な態度をとらないようにして、誠実に対応しておきましょう。

担当者はただ電話で確認をしているのではなく、なにげない会話の中で申込者の態度についてもチェックしているのです。

ここで担当者がこの人物はあまり信用できないと感じればせっかく審査に通りそうだったのに落ちてしまったり、もしくは審査には通るけれども限度額が最低ラインのものになってしまったりということがあります。

逆に信用できる人物とみなされれば、いずれ限度額がアップするきっかけになります。

急いでいるのに審査に時間がかかってしまい、やきもきしたという経験がある方も少なくないでしょう。

銀行のローンの場合は数日かかることが多いです。そのため、そのお金が必要な日まで余裕がある方に向いています。

キャッシングなどの場合は即日融資をしているところもありますし、申し込み方法もいろいろあるので便利です。

例えば時間をかけずにその日のうちにお金を入手したいという場合は一番早いのは無人の自動契約機です。

無人自動契約機は大手であればどこででも見かけることができますし、審査も申し込んだその場でしてもらえます。

またお金を引き出すためのカードもその場で発行し、すぐに利用できるのがメリットです。

ただこの場合、自動契約機の前で3,40分ほどじっと待っていなければいけないのでそれが面倒だという方はインターネットで審査まで完了させておき、無人自動契約機でカードのみを発行するというふうにしておくのがオススメです。

無人自動契約機以外で短時間で融資をしてもらうにはウェブでの契約が良いでしょう。

ウェブでの契約とはインターネットで契約をするというもので、融資の申し込みや返済などが全てインターネットで行なえます。

またカードがあるタイプとないタイプがありますが、カードがあるタイプでも先に振込みで融資を受け、カードは後日郵送されてくるので問題ありません。

そして注意しなければいけないのが書類への記入漏れや記入ミスです。わざとでなくとも虚偽の申告をしたと誤解されることがあります。

説明して書き直すとさらに審査が終わるまで時間がかかってしまいますし、きちんとした人ではないと信用度が落ちてしまいます。審査落ちしてしまったと言っている方の数パーセントはこの記入ミスによるものです。

他に問題がないのにこんなことで落ちてしまうなんてと思われがちですが、やはりお金を貸すという仕事をしている以上、細かいことにも厳しくなってしまうのは当然といえます。

もう1つは最初に申し込み希望融資額を高額にしないということです。どうせなら高額でと考えてしまいがちですが、希望融資額が高ければ高いほど審査はより厳しくなります。

つまりそれだけ時間をかけて入念にチェックを入れるので、一般的には通ったかもしれない人が審査に落ちてしまうことがあります。

限度額については収入に見合った金額に設定されますし、初回は低めになっていることが多いです。

しかし利用をこまめにしていくうちに信用度がアップして限度額を上げませんかというお誘いがくることがあります。

この時がチャンスです。もしくは自分から限度額アップを申し込んでみるのもいいです。

限度額アップする時にはもう一度審査がありますので、収入が低くなってしまった場合には利用停止とされてしまう可能性がありますから申し込まないようにするほうが良いです。

一般的にはキャッシング会社よりも銀行のほうが審査は厳しいといわれています。それは豊富な資金力があるがゆえに高額な申し込みが可能という点と金利を低く設定してる点にあります。

金利が低いとやはり利用者は多いですし、審査も慎重になってしまうのです。ただ銀行の場合は融資について総量規制の枠を気にせずに利用できるのが良いところです。

総量規制の枠というのは国の決まりで年収の3分の1までしか融資を受けることができないというものです。

例えば年収が90万円ほどの方はキャッシングで融資を受ける時、総量規制が適用されると30万円までしか借りることができません。

もし50万円ほど必要だったとしてもそれ以上は借りることができないのです。しかし銀行はこれが適用されないため、年収に関係なく融資金額を決めることができるのです。

融資金額は審査によって決められるものですから年収が全く関係ないわけではないのですが、3分の1までという心配はいらないので、少しでも多く借りたいという方は銀行を利用してみるのが良いです。

お金を借りると金銭感覚が狂ってしまう方がいることは確かです。

限度額内であれば何度でもお金を借りることができるので欲しいものを簡単に手に入れることができ、それがクセになってしまうことがあるからです。ですから借りるのは必要最低限の金額だけにしておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.