今の借入利用が限度額いっぱいだと怒られたりする?

カードローンは無計画に作るとつい使いすぎてしまう…そんな話を聞いた事がありますが、今それをまさに実感しています…。

私は単なるアルバイトであり、それまでは収入が少ない事もあって買いたい物も買えずに日々を過ごしていたのですが、カードローンはアルバイトでも作れると言われて作成、そして実際に手に入ってからは世界が変わりました。欲しい物がどんどん手に入るのです。

おかげで今までの鬱屈とした満足出来ない生活から解放されたのですが、私は最初に聞いた注意点をつい忘れてしまっていたのです…

そう、カードローンの利用限度額までいっぱい使ってしまい、今からの借入は一円たりとも不可能になってしまいました。

やっぱりギャンブルとかの遊びにまで注ぎ込んだのが失敗でして、例え10万の限度額と言えど使い切ってしまったというのは、我ながら失敗です。

注意されてもこれなのですから、カードローンって本当に便利すぎるくらい便利なんですね…。

リボ払いという返済方法があるおかげで毎月なんとか遅れずに返済が出来ると思いますが、いきなり限度額いっぱいまで使ってしまうと、金融業者側から何か言われたりしませんか?怒られたりとかしないか、実は心配だったり…。

今心配してももう遅いですが、心の準備というものもあります。本当に怒られたりがあるのかどうか教えて下さい!

怒られる事は無いですが滞納しないようにして下さい

カードローンの限度額というのは様々ですが、例え10万だったとしても、本当に生活費が足りなくて困っている人なら十分すぎる枠…

なのですが、無駄遣いすると質問者さんみたいにあっという間に限度額まで使い切ります。今回の件は勉強だと思って下さいね。

さて、利用限度額というのが設定されていても、確かにそこまで使い切ってしまう人というのはあまりいらっしゃらないですよね。

一応限度枠内は自由に使って良い額なので、それで怒られたりしたらたまったものではありませんが、不安になる気持ちも分からないでも無いです。

ただ、限度額まで使い切っても、以降の返済で遅れたりしない限りは怒られたりする事はありません。

むしろ、たくさん借りてもらう方が金融業者としては利息による収入が増えるわけですから、返せる分にはいくら使ってもOKというのが本音でしょう。

しかし、返済に遅れてしまうような人では、悠長に構える事もできません。返済に遅れてしまった場合、怒るとは違うのですが、督促の為の連絡が来る事になります。

初期段階なら女の人がやんわり電話してくるくらいですが、長期の滞納だと問題です。

長期になってしまうと、家にまで訪問してくる場合があります。訪問と言っても怒鳴り散らすわけでは無く、今後の返済の仕方についての相談という名目で話し合いがあります。

これで返せないようなら、裁判にまで発展する事もあるわけです。

怒られるという事は全体を通してなかなかありませんが、もしもこちらが遅れているのに傍若無人な態度を取れば、向こうだって頭に来ます。

遅れない事をまず第一に、遅れそうならこちらから連絡して待ってもらうくらいの事は必要ですね。

【参考ページはこちら】
借入金額にまつわるエピソード

借入限度額いっぱいだとほかの金融会社などでは借入はできない

即日キャッシングというものを利用している人が最近は少しずつ増えてきているということです。

キャッシングとは、銀行や消費者金融などが提供しているサービスのことです。

即日キャッシングというのは、その言葉のとおり、即キャッシング、つまりお金を借りることができるサービスのことです。

銀行や消費者金融を利用するときに気をつけなければいけないことは、金利についてです。

金利とは簡単にいえば、レンタルしたDVDなどを返し忘れていたときにかかる延滞料金のようなものだと考えるといいです。

金利は銀行と消費者金融では少し違いがあります。銀行は金利が低めに設定されていて、消費者金融は基本的に高い場合がほとんどだといいます。

消費者金融はどこで借りても金利は同じだ、という人もいますが、それは間違いです。その金融会社によって少し差があるのが事実です。

どこで借りても金利は一緒なのならATMや無人契約機のある業者から借りたい、という人もいます。ですが、そんなときにこそ気をつけなければいけないのです。

どこで借りても金利は同じというわけではなく、百万円未満の利用の時、18パーセントの金利を適用する、ということが正しいのです。

業者によって金利は違うので、つまり簡単にいうと、金利の低い業者も存在している、というだけの話なのです。

法律が改定されたからどこでも同じという風に勘違いすることもありますが、年利の上限利息が十八パーセントだというだけです。

勘違いしやすいので、気をつけるようにしておくことです。

年利というのは一年を単位として定めた利率のことです。

利息の計算の仕方は返済残高と年率をかけます。さらに利用日数をかけて、それを年間日数で割ると出てきます。

10万円を30日間借りることになる場合は、10万円の場合、金利は18パーセントになるのが一般的にいわれているものなので、10万円×パーセント18÷365×30という計算です。つまり、約1479円が毎日です。

1ヶ月で大体1500円の利息が付くということになるのです。毎月の返済額が少ない場合には、利息の割合が多くなることになるのです。

金利が高いところで借り入れをすると、もっと高い金額を返済することになる、ということを考えておくことです。

キャッシングは簡単に借りることができる、という点で借金だということを忘れてしまう場合もあります。借金ということは、きちんと返済しなければいけない義務があるのです。もちろん、利息もつくのです。

なので、できるだけ早く返済できりように、返済計画をたてて利用することが大切です。

利息が高いところが駄目だというのなら、金利の低いところで借りればいいのではないか、ということになりますが、それも簡単なことではないのです。

金利が低いということは、総返済額が少なくて済むということではないのです。

あまり金銭面で余裕のない人の場合、最低返済額で返済することになる場合もあります。
最低返済額というのは、簡単にいえば月々に決められた金額の最低ラインのことです。

この最低ラインの金額で返済しつづけると、毎月の金額は少なくてすむのですが、返済期間は長くなってしまうのです。

つまり、返済することになった合計の金額は多くなっている、ということになります。

返済したときの金額の結果をとるのか、それとも返済しているときの金額をとるのか、ということです。

返済期間が短いけれど、毎月返済する金額を高くして合計をできるだけ少なくするのか、それとも少なくして長く支払って合計が高くなるようにするのかはその人次第ですが、きちんと考えておかなければいけないことだといえます。

元金に対する利子の割合というのは、単純に返済する金額を測る基準になることはない、ということです。

借り入れの金額が一定の額を超えると金利がすごく安くなるということを聞いたことがあるという人もいます。

確かに安くなるということは確かだといいますが、実は金利を安くするためにたくさんの借り入れをしてしまうのは危ないのです。

それにはじめから限度額ぎりぎりまで融資をしてくれるところはまずないといえます。

貸金業法という法律に基づき、消費者金融やクレジットができる会社は、年収の3分の1までの貸し出ししかできないことが決まっています。

借入限度額いっぱいだと、貸し倒れリスクが高くなる可能性も高いので、まず借り入れができることがないです。

銀行や消費者金融などでは、必ず審査することからはじまります。

審査が甘いところや金利が低い消費者金融がないか、と探していると、なかには即日で審査もなし、即日でのキャッシングというところもみかけることがあります。

ですが、そのようなところは大体合法で行っていないヤミ金などの場合が高いので、絶対にかかわらないようにしておくことが大切です。

ヤミ金にかかわるとずっと追いかけられますし、親族などにまでいくこともあるということです。

ヤミ金ではない金融会社を見分けるポイントとしていくつかあげてみると、ひとつは金融業を営むときに必要なことで、お店のある都道府県、または財務局の登録認可をとってあることです。(こちらもご参考に→安全に借入できるところと危険なところ

これは、お金を扱う金融会社として最低条件なので、これに登録していない業者はまずヤミ金だといえます。

また、広告などに必ず書かれている、日本貸金業協会の登録番号などの文字です。

各都道府県には、日本貸金業協会といったものがあります。そこに通常は加盟しているので、必ず番号が書かれているということです。

ですが、最近はヤミ金も形だけ教会に登録している場合もあるということで、見分けるためにはもうひとつ大切なことがあるのです。

金融業界の任意団体というものがあるのです。

それは、JCFA、NIC、CLAといったものです。これらに加盟しているということは優良企業であるという目安のひとつになっているということです。

任意団体はヤミ金の加盟がほぼありえないということです。その理由は、他店の紹介が必要になっていたりすることがあるからです。

これらをしっかりと確認して気をつけるようにしておくことです。

各金融業者などでは、サービスの一環として無利息期間というものを設けていることがあります。

それは一定の期間、借りていても利息がつかないということです。

無利息期間はその会社などによって違いますが、最近は30日間無利息だったり、一週間の無利息を何度も利用できる、というものもあるということで人気になっています。

利息を本気で下げたいと思っている人や、少しの間お金が足りないという人にはとてもお得なサービスだといえます。

なので、使い方次第で便利な期間だということです。

キャッシングの手数料についてもきちんと考えておかなければいけないです。

キャッシングをするときには手数料がかかることはないのですが、ATMなどから現金を引き出す際には手数料がかかってしまいます。

それらを隠し金利という人もいるほど実は重なると多くなってしまうものなのです。

コンビニのATMなどには銀行や金融会社と提携して手数料が無料だというところもありますが、それ以外はしっかりと手数料を毎回とられてしまうことばかりです。

ATMなどを利用せずに、振込みのキャッシングを利用すればいいのです。振込みなら銀行でおろせば手数料は無料になります。

キャッシングなどの借り入れは、借入をしている金額が多くなってしまうとわけがわからなくなってしまうこともあります。

ですが、そのようなときにはあわてずに、もう一度しっかりと返済計画を見直してみることが大切です。

また、借金を返すためにまたほかのところで借金をしてしまうようなことがないように気をつけておきます。

それでは借り入れが増えていくだけで、返済できているとはいえなくなってしまいます。

キャッシングは無利息期間を利用していない状態の場合は、借りたその日から利息がついている、と考えて計算しておくといいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.