年収の何倍もの借入をするならどういう方法がある?

どこで聞いても「総量規制があるから」とか「独自ルールでそこまでは貸せない」というようになっていると言われるんですけれどもこれは本当のことなのでしょうか?というのは年収の何倍もの金額を借りている人がたまにいるじゃないですか。

そういう人たちは年収の何倍もの金額をどうやって借りているのか?というのが気になるのです。

ですので年収の何倍もの借り入れをするためには一体どうしたらいいのか?というのを知りたいのです。

やり方があって、消費者金融や銀行系カードローンでもそういう方法が裏ワザのようにあるんじゃないのか?と思っています。どうなのですか?

担保をつけることで年収の何倍もの借入が可能になる

まず基本的には年収の3分の1までしか総量規制では貸してはいけない、というようになっていますよね。

総量規制の関係している消費者金融だったら、どうやっても年収の3分の1までしか借入をすることは出来ません。

また銀行系カードローンでもそれは同じで、総量規制は関係ないですが独自のルールとして年収の半分までしか貸出をしないとしているところがほとんどです。

ですので総量規制だと3分の1、そうでなくても半分くらいまでしか借りられないというのが基本です。

ただしこれらは無担保無保証人のローンというものです。

消費者金融が劇的に利用者を増やしたのはこの無担保無保証人だからという点が大きいのですが、無担保無保証人のローンであれば、借金は限界がありますが、担保付きのローンであれば借入は年収の何倍にもなることはあるのです。

一般的な借入とは違いますが、この担保付きのローンというのは昔は銀行で当たり前のように使われていたものでした。

1000万円単位での借入も出来るくらいのものだったんですが、この担保というのがなかなか普通の人には用意できなかったのです。

ですのでこの借入が出来る人はお金持ちや土地を持っている人など、一部の人に限られていたと言われています。

しかし銀行でも消費者金融にも一部この担保を入れることによって、借入をすることが出来るローンというのがあります。

だいたいが土地を担保にしているローンなのですが、土地担保のローンであれば、1000万年単位での借入もできるし、その人の年収が低かったとしても借入をすることは可能です。

もし返済が難しいならその土地を押さえればいいため、業者側はリスクが少ないのです。

この様ん方法を取ることが出来るのであれば、十分年収の何倍者借入を使うことが出来るでしょう。

もちろんハードルが高いので使っている人が少ないのは言わずもがなですが。

【参考ページはこちら】
どんなローンも借入額は年収で決められる?

金融会社からの借入は自分の年収の何倍まで可能なのか?

金融会社からお金を借りる時に一体いくらまでお金を借りるのか気になるものです。これは金融会社によっても、内容が異なりますが、基本的には総量規制によります。

総量規制というのは、金融会社がお金を貸し過ぎることを防ぐものであり、お金を借りる人がお金を借り過ぎることを防ぐ規制です。

この総量規制では、年収の3分の1までお金を借りることができるという内容になっています。

金融会社からお金を借りる際はこの総量規制を一つの目途にして、いくら借りるのかを考えましょう。

総量規制は貸し金業者に適用されるものです。貸金業者というのは消費者金融のことです。

お金を借りることができる金融会社は消費者金融以外にも銀行や信販会社などがあります。

総量規制が適用されるのは貸金業者なので、銀行や信販会社には総量規制は適用されません。

つまり、自分の年収の何倍までお金を借りることができるのかは総量規制を目途にする場合、消費者金融からお金を借りる場合だけです。

銀行や信販会社からお金を借りる場合は、総量規制は関係ありません。

消費者金融からお金を借りるなら自分の年間の収入の 3分の1までしか借りることができないので、これはしっかりと頭に入れておきましょう。

例えば 、年間に300万稼いでいるなら消費者金融から借入できる金額は100万ということになります。

総量規制を考えると、消費者金融からいくら借りることができるのかはとてもわかりやすいです。

しかし、逆に言えば最初から借りることができる最大の金額がわかっているので、それ以上の金額を借りることはできないといえます。

キャッシングやカードローンなど、フリーローンからお金を借りる場合は消費者金融の場合、自分の稼ぎの3倍までしか借りることができませんが、銀行の場合だとそれ以上の金額を借りることも可能になります。

そのため、大きな金額を借りたい人は消費者金融より銀行を選ぶ方が大きなお金を借りやすいです。

消費者金融と銀行では銀行の方が金利が低いメリットがあります。しかし、金利が低いメリットがありますが審査に合格することが難しいとされています。

消費者金融は審査が甘い会社が多いですが金利が高いデメリットがあります。

銀行は金利が低いですが、審査に合格することが難しいデメリットがあります。

お金を借りるなら大きなお金を借りやすいうえに金利が低い銀行がお勧めですが、審査に合格しにくいのが難点です。

しかし、銀行でも審査に合格しやすい融資があります。それは収入証明不要という融資です。

基本的に金融会社に申し込みをするときは収入証明が絶対に必要なのですか、銀行の場合なら収入証明不要という融資があるので、これを利用すると審査に合格しやすくなります。

どうして収入証明不要なら審査に合格しやすいのか、これは審査で自分の返済能力が問われないからです。

普通なら審査の中で自分の稼ぎから返済能力が問われるのですが、収入証明が不要なのでこの書類がないことで審査では返済能力が問われないことになります。

こうして考えると、審査に合格しやすいのは一般的に消費者金融といわれていますが、一番審査に合格しやすいのは銀行の収入証明不要のフリーローンです。

銀行は長期で説明したように金利が低いというメリットがあり、そのうえ収入証明不要なら審査に合格しやすいというメリットもあります。お金を借入するために会社を選ぶなら銀行がお勧めです。

まずは銀行の融資の情報を調べてみましょう。銀行の融資の情報はインターネットから調べるのが便利です。

インターネットを活用すると簡単に様々な銀行の融資情報を調べることができるので、うまくインターネットを活用して申し込み先を探してみましょう。

インターネットから収入証明不要の銀行融資を探すと本当にたくさんの申し込み先を見つけることができます。

そして、多くの銀行の融資はインターネットから申し込みを完了することができます。銀行の中から申し込み先を選ぶときはしっかりと金利を比較しましょう。

消費者金融よりも銀行は金利が低いですが、銀行の中でもいろいろな金利設定があります。少しでもお得にお金を借りるならしっかりと金利比較をしなければなりません。

フリーローンの金利は上限が18パーセントになっている金融会社が多いですが、銀行の場合は上限が14パーセントや15パーセントほどでお金を借りることができる会社も多いです。

しっかりと金利比較をして申し込み先を探しましょう。収入証明不要の銀行融資は借りることができる金額が決まっています。

ほとんどの銀行では50万や100万までなら収入証明不要で申し込むことができる融資内容になっています。

この金額を総量規制から考えると、消費者金融よりも銀行の方が大きなお金を借りやすいことがわかります。しかも、審査に合格しやすいというメリットがあるのでとてもお薦めの申し込み先です。

銀行は消費者金融と違って年収の3倍以上の金額を借りることができるのでとても便利です。

フリーローンからお金を借りる場合はその日のうちにお金を借りたい場合があります。この場合は即日融資という内容を利用すると便利です。

即日融資というのは申し込みをした日に審査をしてくれるというとても便利なサービスです。多くの銀行はこの即日融資をしています。

インターネットから申し込み先を探すときに即日融資があるかどうか見ておくとよいです。

即日融資の申し込みをするときはインターネットからそのまま申し込みをすればよいです。

そうすれば、審査に合格することができるとその日のうちにお金を借りることができます。

このように金融会社からお金を借りる場合は大きなお金を借りやすく低金利というメリットがある銀行が良いです。

即日融資を利用できる銀行も多く何かと都合がよい金融会社です。

一般的には銀行はとても審査が厳しいと思われていますが、収入証明不要なら簡単に審査に合格することができるので活用してみましょう。

審査で年収が問われないので返済能力が低い人でも簡単にお金を借りることができます。アルバイトをしている人やパートの人、いわゆる非正規雇用の収入が安定していない人でも大きなお金を低金利から借りやすいです。

収入証明不要でお金を借りる場合は必要な書類は身分証明になります。

身分証明は運転免許証が基本になりますがパスポートでも住民票でも、自分の個人情報がわかる種類であれば何でもよいです。

車に乗らない人ならパスポートや保険証などを利用して申し込みすればよいです。

この収入証明不要という融資は申込時の書類が少ないのでこの点も一つのメリットだといえます。

収入証明不要は審査で年収が問われないので簡単に審査に合格することができますが信用情報や借金を持っているかどうか、これはとても重要なポイントになります。信用情報は過去の自分のお金の借方がポイントです。

お金を借りてしっかりと返済日にお金を返すことができているなら問題ありませんが、返済日に返済することができず何度も遅延行為をする場合や債務整理をしてしまった場合など信用が低下しているのでなかなか審査に合格することができません。

また、借金を持っているとその借金によって返済能力が低いと判断されるので、収入証明不要の融資でも収入証明を提出するように言われることがあります。

信用情報や借金に関してトラブルがない人なら収入証明不要融資ならお金を借りやすいことを覚えておきましょう。

大きなお金を借りたくてしかも金利が低いという都合の良い申し込み先を探したいときは銀行から収入証明なしの融資を探してみると良いです。

かなりお得な融資なのでとても便利です。消費者金融よりも大きなお金を借りやすく金利が低いので活用したいところです。

上記を参考にしながら好ましい申し込み先を探してみましょう。しっかりとインターネットから申し込み先の情報を調べて比較すると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.