フリーターでもお金を借り入れることは出来ますか?

フリーターでもお金を借り入れることは出来ますか?私は23歳のフリーターです。

大学を卒業した後、就職できずにずるずるとこのような生活を送っています。大学時代の下宿の家賃5万円のアパートでひとり暮らしをしています。

アルバイトで月に15万円近くの収入がありますが、殆ど生活費に消えてしまい、貯金はほとんどありません。

こんな生活を続けていられないだろうなあと思っていた矢先に、故郷の親友から「結婚する」との知らせが入りました。

故郷に戻るにしても、結婚式に参加するにしても、お金が必要だと思います。しかしながら、実家に頼ることは難しい気がしています。

そこで、ギリギリの金額で良いのでお金を貸してくれる所を探しています。

大した金額でないならば、大抵の業者で貸してくれるわよ

大抵の消費者金融であっても、銀行であっても、安定した収入があることが第一の条件になっているわ。

安定した収入って言うのは、決して職業が正社員であるという事じゃあないのね。

まず、自分に合っているサービスはどこならあるか?ということを比較検討する必要があるわね。(こちらもご参考に→誰でも使える借入方法を教えて!

あなたの場合、初めての借り入れだと思うから、そういう意味で、あなたの情報は真っ白のままだと思われるわね。

真っ白だということは、つまるところ大抵の会社の場合、汚れがないという事になるわね。つまり殆どの会社は審査を通過させてくれると思われるという事よ。
(⇒銀行借入の仮審査って何をしてるの?

それじゃあ、ここだと決めた1社に申し込んでみましょうね。この申し込みという作業を行う前提条件としては、絞り込んだ3社以上を同時に申し込んだら駄目という事ね。

そして、ここで必要な書類が、本人確認書類ね。免許証やパスポートなんかが有名よね。

50万円を超える借り入れをしようとするならば、収入証明書が必要になるわ。提示を求められた場合は、給料明細や源泉徴収票を提示する必要があるわ。

会社のホームページには、各社趣を凝らした、テストで入会の是非を占ってくれるようなページや、返済時のシュミレーションを行う事が可能となっている会社もあるからチェックしなさいね。

審査を抜けた後、対応としては二つに分かれることも覚えておいた方が良い事なのかもしれないわね。

第一に、郵送で契約する場合。契約書類とカードを、郵送で受け取って、契約に必要な書類を送り返して、それを相手が確認した時点から、カードを使ってお金を借りる事が出来るわけよね。

第二は、来店して契約を行う事ね。契約書類やカードが届かないといったトラブルは回避できるうえに、カードを受け取ってすぐ使うことが出来る上に、店頭で契約書類を作成するから、書き洩れなんかが少なくて済むというメリットもあるわ。

【参考ページはこちら】
バイトがお金を借りたら返済できない?

フリーターでも借入を利用することは大丈夫?

フリーターの人は金融機関から融資を受けて借入をすることは難しいと思われているかも知れませんが、実際ではそんなことはありません。

アルバイトであっても安定した収入があれば、融資を受けることは可能です。非正規雇用という形でも何かしらの収入があるのならば、お金を借りることが出来るというわけです。

これは消費者金融でも銀行でもカードローンなどの融資を提供するところは同じであり、収入があることが証明できるのであれば借入のサービスの利用は可能です。

ここで言う安定的な収入と言うのは週5日で働けており、毎月決まった日に同じくらいの額で給料収入があるということになります。

フリーターという肩書は社会的に信用度が低いと捉えられがちですが、あらゆる要点を押さえておくことでその信用度は高くなっていきます。

その中のひとつにお住いの中に固定電話がある事が挙げられます。これは契約した住所に確実に住んでいるという証になり、携帯電話のようにすぐに解約の出来るものではないので信用度が高くなります。

そして収入の証明として提出できる書類ですが、源泉徴収票などの収入が証明できる書類が用意出来ることで、さらに信用度を高めることが出来ます。

このような社会的な信用度を持っていれば、融資のサービスは受けることが出来ます。

しかしあくまでもお金を借りるということであれば、各金融機関の審査の基準に引っかかるような項目があれば、安定的な収入があったにしても融資を受けることは難しくなります。

働いていることで収入があることは証明できます。そうなると融資を申し込む際には雇用形態は特に規定はないのです。

しかし融資の内容によっては、各金融会社で審査の基準や色々な注意事項が違ってきますので、どのようなことに注意を払って申し込みをするかは事前に調べておく必要があります。

消費者金融の場合でしたら基本的には安定した職業を好むと言われていますが、その点においてフリーターは安定した職業と言うと少しかけ離れたイメージになります。

融資の申し込みをする際にはその職業のことが気になってしまう人も少なくはないでしょう。

しかしフリーのアルバイターというものは、アルバイトをいくつか掛け持ちして、収入もそれだけ多く得ている人もたくさんいて、通常のサラリーマンよりも多い収入を得ている人もいます。

こういった面を評価してくれる金融会社も多くあり、年収が高いと判断されたら支払い能力も高いと判断されます。

利用可能額も幅広く設定されすぐにお金を借りることも可能になってきます。

このため申し込みをするには悪い影響はありません。職業の条件は気にせずに申し込みが出来るわけです。

しかしすべての金融会社において、どんな職業でも融資が可能かと言うとそうではなく、一般の会社員と比べたら審査に通ることが難しいとされています。

審査に通ったとしても融資が利用出来る限度額は会社員の利用者のそれよりも低く設定されていることがあります。

やはりフリーであることは月収が定まっていないと判断されることが多く、万が一貸付を行っても返済が出来なくなってしまったら困ることから、審査が厳しく行われるようです。

現状このような状況であっても、それでもお金を借りたいと言う人は増えてきており、最近になってフリーターでもお金を借りられる金融会社も増えてきました。

素早い審査で即日融資を受けることの出来るサービスでもフリーの職業の申込者が審査に通る実勢も増えてきています。

パートタイマーやアルバイトのような非正規雇用であっても、審査の際に行われる在籍確認の連絡は必ずあります。

在籍確認の場合は勤務先に電話がかかってくるので、借入を申し込んだことが仕事先にバレてしまうのではないかと不安に思う人も多くいますが、在籍確認の電話は申込んだ本人の書いた勤務先が実在し、その勤務先に本当に在籍していることを調べることが目的です。

つまり本人と連絡が取れればそれで終わりと言うことになります。

金融会社が在籍確認の電話をする場合は、申込者本人のプライバシーを重視するので自らの会社名を名乗ることはありません。電話をかけてきたオペレーターの名前で申し出できます。

仮に申込者本人以外の人がこの電話をとった場合でも、他の人はどこの会社の者から電話がかかってきたのかは知ることがありません。

在籍確認の電話があった時に申込者本人が留守だった場合でも、電話に出た者が「ただいま○○は席を外しております」などと応対した場合に、申込者本人が在籍していることが分かります。これで在籍確認は終わりになるわけです。

電話を取り次いだ人が名前と用件を控えて本人に伝達する場合もありますが、申込者本人はこれが金融会社からの在籍確認の連絡と分かっていれば、折り返し電話をする必要もありません。

非正規雇用の場合でしたら正社員に比べて、勤め先の諸事情もありなかなか収入が安定しないという人も多くいます。

このような状況で収入とは別に不足分のお金を借りる方法として、消費者金融などからの融資を利用する手段を選ぶ人も多いでしょう。

多くの消費者金融では申し込みをした人が安定した収入があることで貸付のサービスを提供しています。

ただし消費者金融の場合では法律による規制もあり、年収に応じた借入れの上限が設定されています。このため融資を受けるとなればある程度の年収が求められます。

これは実際にお金を借りることで月々決められた期日に決められた額が返済出来るかどうかが必要とされ、申し込みをした人の収入というものは審査が行われる中で非常に重要な基準となっています。

それであっても非正規雇用でありながら、基本的に安定した収入があれば審査が行われ断られるようなことはありません。

アルバイトや派遣社員といった非正規雇用の形態でも満20歳以上であり、収入が安定していれば融資の利用は可能であると判断されます。

しかし安定した収入と言うのはどのレベルまでを言い表すものなのかというのは、融資の審査を行う金融会社によって異なり、これについては区別がはっきりしているわけでもありません。

そこでお金を借りることを考えた場合に、いくらまで借りられるかや毎月どれくらいの返済を行うことになるのか、月々の返済を行う中で普段の生活と両立出来ていけるのかといったことは考えておく必要があります。

毎月の返済額をイメージして申し込みを検討することで、計画的な利用が可能になります。

金融会社には借入の予定額や返済日などを入力し、月々の支払予定額をシミュレーションすることができるようなホームページもあります。

また融資を利用するということは金利の支払いも行うことになり、金利に加えて元金の支払も返済として月々行われることになります。

金利に関しては融資を提供している金融機関によってその利率は違ってきます。出来る限りは金利は支払いたくないものです。

そう考えると低金利で利用の出来るところを探すようにすれば、月々の返済計画も立てやすくなり、支払いにかかる負担も大きくなりません。金利の計算も出来るホームページがあるので参考にするのも良いでしょう。

フリーターの人がお金を借りる場合、急にお金が必要になったという目的で借りる人が多いのではないでしょうか。

最近では各金融会社に来店して申し込む必要がなくなり、来店不要の申し込みで即日によりお金を貸してくれる金融会社が増えてきました。

どこでお金を借りるかを選ぶ時は、信用度が高く金利が低い、申し込んでから借り入れが出来るまでの期間が短くスピーディーな審査の行える金融会社が最適です。

こういった融資を提供してくれる金融会社を探すには、インターネットで検索をしたりキャッシングやカードローンの比較が出来るサイト、ランキングサイトなどが沢山ありますので、各社の特徴やサービスを比べた上で、自分がお金を借りるのにふさわしい金融会社を選びましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.