借入のある場合のカード審査、やっぱり厳しくなる?

今、新しく借入をしたらどうなるのか?その点がすごく気になるんですけれども、借入のある場合のカード審査というのはどのくらい厳しくなるものなのでしょうか。

今は実は新しく借り入れをしようとは思っていないんですけれども、ある程度の借金はしています。

この状況から新しく借入をするとなった場合の審査を知りたいのです。

もしものことですが、一応抑えておきたいと思いました、借入のある場合のカード審査がどういうものなのか、教えてもらえないでしょうか。やっぱり厳しくなるものなんでしょうか?

借入のある場合のカード審査はまずハードルが上がる

このような審査が厳しくなるかどうか、他社借入があるかどうかというのはあまり知らない人も多いでしょう。

そもそもたくさん借入を使う人ならまだしも、全くと言っていいほど使わない人にとって見れば意味がわからないと思います。

また、ちょっとだけ使っている人や一社だけに依存して使っているような人にとっても、借入のある場合のカード審査について知っている人は少ないでしょう。

結論から言ってしまえば審査のハードルは上がり厳しくなってしまいます。

今までなら通っていたというような金額の枠ですらも、審査で落とされるということがあり得るのです。

もともとカード審査と言うのはそこまで厳しいものではありませんが、ひとつの重要な指標として「他の借入はないか」というのを調べると言われています。信用情報にはその情報が載っています。

そして借入と年収を比べてみるのです。借入が年収に比較してあまりにも多い場合、総量規制いっぱいまで借りてしまって新しい枠を発行することが出来ない場合などには、基本的に審査が否決されると思って間違いありません。

審査のハードルは大きく上がってしまうことがわかると思います。それだけ重要な指標になっているということです。

収入や職業が大きな関係をしていると言われているのはご存知かと思いますが、今の借入がいくらくらいなのか?というのも重要なのです。
(⇒どんな職業でも借入できる?

なのでもし今から新しくカード審査を受けたいというのであれば、借入を返済してからのほうがいいでしょう。そのほうが圧倒的に通りやすくなります。

もし一度すべての借金を完済しているというのであれば、新しく申込みをして消費者金融や銀行系カードローンを使うよりも圧倒的に借入審査に通りやすくなると言われています。

それだけ借金をしても返済したという実績があるため、評価してもらえるからです。なので、できれば全額返済をした方がいいというわけです。

【参考ページはこちら】
年収の何倍も借りる方法ってある?

借入のある場合のカード審査なら通らない?

カードローンを申し込む時には必ず審査が行われますが、審査でチェックされる項目というのは年収や勤続年数、住まいの状況と色々な面から金融機関は貸付を行った時に、申込者が返済能力をきちんと持っているかを判断します。

また債務の状況についても審査の際に必ず確認されることでもあり、借入をたくさんしているのなら審査に通るのは難しいとされています。

では借入のある場合のカード審査は通らないのかと言うと、必ず審査に通らないとも限りません。借入をしていても返済が滞りなく行われているのでしたら、審査にも通りあらたなカードローンなどの借入を申し込むことは出来ます。

現在借入れがあってもローンなどの審査には通ることが出来ます。このため他から借り入れがあるにもかかわらず、正直に申告せずに嘘の申告を行った場合は審査には通りません。

嘘の申告を行った場合は何故それが分かるのかというと、金融機関が申込者の審査を行う際にCICやJICCといった個人情報信用機関を通じて、過去の借入の状況やクレジットカードやキャッシングなどの申し込み履歴を調べるわけです。

ですから申込者が虚位の申告をしたとしても、個人情報信用機関に保存されている情報と照らし合わせれば、申し込み内容が虚位のものかどうかが分かります。

クレジットカードを発行する多くの信販会社はCICやJICCに加入しているところが多く、カードの申し込みがあった段階でCICとJICCの両方から個人情報の照会を行います。

JICCは消費者金融も加入しており、消費者金融での借入れ情報は信販会社にも分かるようになっています。借入があるか、過去に遅滞や延滞がなかったかなどの事故情報がないかも分かるようになっています。

借入れの残額も現実とはあまりに違った数字を書くことで審査には通らなくなります。実際の債務に関しては出来るだけ正確に書くことが望ましいです。

また自分自身が現在どれくらいの借金をしているのかを把握しておらずに、申し込みの際に適当な数字を記入する申し込みをする人もいますが、やはり金融機関は個人情報信用機関から実際の債務の額を確認していますので適当な数字を記入するとそれが分かるようになっています。

また自分の借入状況も把握できていない人と言った信用を失うことにもつながります。

もし自分が他社から借入をしている残額が正しく把握できていない場合、クレジットカードにおける申し込みの記入欄には他社からの借入金額の記入欄があったとしても、記入しなければ問題ありません。

それは金融機関は個人情報信用機関を通じて申込者の債務の状況を審査の段階で調べるので、申込者本人の記入情報との食い違いを防ぐために、曖昧な部分の記入は行わないことが無難なのです。

金融機関の側からすれば、申し込みをした本人が正しく自分の状況を把握出来ているのか、また正しい申告を行っており信用の出来る人なのかを、さまざまな情報から総合的に判断します。

このようにして借入れの審査は行われます。過去の借入の状況や現在の収入の状況に関しても収入の証明が出来る書類の提出を求められることで、審査の際に入念に確認が行われます。

各金融機関は最初から申し込みをした人を信用していないわけではありません。

しかしどの金融機関においても貸し倒れのリスクは避けたいと考えており、特に現在借入れがある人に対しては既成事実などから、入念なチェックを行うことは必須であると言えます。

借入がある既成事実があることはカードの発行が不可能というわけではなく、住宅ローンの申し込みに関しても借入をしている人の申し込みは半数以上とされています。

借入れがあったとしても遅延や延滞がなく毎月きちんと返済が行われているかがポイントとなります。

借入があっても審査に影響のない範囲であれば、現在借金があってもカードなどの申し込みは出来ます。

しかし借金がある程度の額を超えていたり、借入をしている件数が多い場合は審査に通りにくくなります。

その借入をしている件数については最低でも3件くらいならよいですが、4件以上ともなると審査に通るのが難しくなります。

複数の所から借入を行っているのでしたら、おまとめローンが出来るところに切り替えて返済を一本化することで、多重債務者として扱われなくなります。

借入れの件数は多ければそれだけ金利もたくさん支払うことになりますから、返済をするところを一本にしてしまえば、それだけ金利も支払わなくて済むようになります。

返済額に関しては、消費者金融から融資を受ける場合は総量規制の対象となっているため、借入れの出来る額は年収の3分の1までとなっています、銀行が提供する融資に関しては総量規制の対象外となっているので、年収に関係なく借入が出来ます。

しかし年収の3分の1以上の返済額がある場合、債務もそれだけ多いことになっているので、審査においては多重債務者という扱いを受けてしまいます。

借入れに対して毎月きちんと分割払いで返済を行なえている人は、他社からの融資を受けていてもあらたなローンやカード発行の申し込みは出来ます。

審査にも問題なく通ることになるのですが、それは他社からの借入で返済を継続的に行うことによって融資の利用の実績が残ることになります。

融資を提供する金融機関にとってはこのように返済を毎月行って借入れに利用をしている人は顧客として重宝されることになるので、新規で借り入れの申し込みをする人に比べたら審査に通る確率は高くなります。

しかし返済が滞るような状況がある人については、審査には通りづらくなります。

一度や二度程度の遅滞であれば問題はないのですが、3か月以上延滞をしているとそれが記録として残るようになります。

返済遅滞の記録は信用情報においておよそ半年の期間は保存されますので、この期間にあらたにローンやクレジットカードなどの新規の申し込みを行うと審査には通りにくくなります。

債務整理などの金融事故歴がある人の場合は融資を受けることが出来ません。

この金融事故歴というのは5年から7年の間は残ることになるので、その間は融資の申し込みをすることが出来なくなります。

期間をすぎればこの記録は消えますので、定職についていればあらたにローンやクレジットカードの申し込みが出来るようになります。

借入のある場合のカード審査について、中小の消費者金融から借入を行っている場合、カード会社は審査でいい結果を出さないことがあります。

それは通常借入を行うのでしたら大手の消費者金融や銀行系の融資を受けることが出来るのに、あえて中小の消費者金融を利用するということは、よほどお金に困っている人と判断されてしまうからです。

過去に消費者金融で借入を行っていて、今現在は借入をしていない場合でしたら契約はまだ継続されているかも確認すると良いでしょう。

契約が解除されていたら借入額はゼロとなりますが、契約が継続していたら信販会社によっては借り入れできる可能枠が残っている状態であると認識してしまうことがあります。

クレジットカードを作れた段階で、空いている消費者金融の枠を利用して借入を行うかもしれないと認識する可能性があるということなので、利用していない消費者金融の契約は解除しておくことが望ましいです。

消費者金融などで借入を行い完済した場合でもJICCなどの信用情報機関では5年間はその情報が保管されます。

消費者金融で借入をしたことが記録として一生残るというわけではなく、5年間の保有期間を経てそれ以降は消費者金融から借入をした事実ごと情報が消えることになるので、カード審査には影響がなくなります。

しかし消費者金融で借入を行って現在も利用中であったり、完済して間もない状況でもそれ自体が審査に悪い影響を与えるとも限りません。

融資として決められた期日までに正しい返済を行っていれば、今後他の借入を申し込んでも利用は可能なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.