多重債務も解決できるらしい借入一本化の詳細希望です!

私は自分で言うのもなんですが、普段はそこまでお金を使うわけではありません。

しかし、この前婚活中に出会った女性の気を引く為に髪型やファッションにこだわったり、トレーニング機器を購入して体を整えたり、さらにはジムに通ったり…

そのおかげでずいぶんと自分磨きが出来て自信も身に付いたのですが、その代償はあまりにも大きな物でした…。

こうした自分磨きにはお金がいくらあっても足りないもので、現に私は多数の負債を抱える事になってしまいました。

あの時は本当に必死で後先考えず、複数のクレジットカードやカードローンを作ってお金を借り入れていった結果、多重債務状態になってしまいました。

気になる女性とは距離を縮める事ができたものの、金銭的な問題という誰にも言えない事を抱える事になってしまって、せっかく身につけた自信というのが台無しになってしまいそうです。

というわけでこの多重債務を解決する事も自分磨きだと割り切って立ち向かう事にしたのですが、この状態の解決には借り入れの一本化が最も合理的らしいですね。

しかし一本化というのは、いったいどんな事をすれば実現するのでしょうか?私はそうした話に疎い為に分かりません。

しかし現状打破に役立つ事なら必死に勉強しますので、どうかこの一本化の詳細についておしえていただけませんか?ご協力お願いします。

複数の借り入れを一カ所からの借り入れで完済する事ですね

恋は人を変えると言いますが、質問者さんにとってはそれが良い方向に出たようで大変嬉しく思います。

私の姪に至っては、所謂ドキュン的な彼氏が出来てからというものの髪は派手に染めるし厚化粧はするし、さらには朝帰りも度々で両親を困らせているという…

こうした負の側面も目立ってしまうのが恋というものなので、どうかこのまま素敵な男性を目指して頑張ってくださいね。

しかし多重債務になったというのはいただけませんね…多重債務というのは複数の会社からお金を借りる事で、この状態になると返済日が多い事から手間が増えて、金利に関しても多めに支払うケースが多く、そのまま返していくと後になって後悔する事が多々あります。

自分で決めた事なんて言うとそれまでかもしれませんが、やっぱり後から思い直してなんとかしたい…そう思う気持ちは無駄にはできません。

そこで、この多重債務を解決する一本化についてご説明します。

といっても、理屈というのはとても簡単です。一本化というのはおまとめローンとも呼ばれており、『複数の借金を一カ所から借りたお金で全て完済、その後は借りた会社に毎月返済をしていく』というものです。

ぱっと見の返済額は一カ所になるだけで変わらないように見えますが、実際はそんな事はありません。

まず返済日が一日になることで、毎月のお金の移動がとても楽です。この移動が無くなれば返済ミスも起きにくいから延滞対策になりますし、金利に関しても大きく変わるでしょう。

カードローンというのは一カ所からたくさん借りる事で利息を減らす事ができますから、総じて理に適った返済に変わるというところですね。

ただ、一本化した後に返済をゆっくりしすぎていると、逆に長期化して損をする事もあります。

一本化したら程よく毎月返していく事で、その進化を発揮できると言えましょう。

【参考ページはこちら】
3社の借入がある状態でモビット使える?

複数本が走っている借入一本化の詳細について

みなさんは金融機関からお金を借りたことはありますでしょうか。

融資を受けるということは自分の収入では賄えないような高額の買い物を行うということですので、あまり良いこととは言えないでしょう。

また、生活費が足りないからお金を借りるということに関していうのであればさらに問題は大きく、収入に対する生活費の割合が高くなり、100パーセントを超えてしまっているから起こり得る問題なのです。

ですから、生活スタイルをもう一度考え直して自分の収入の範囲内に収める努力をしなければなりません。

そのままの生活を続けていると、その借りたお金もいつしか使い果たしてしまい、気付けば深刻な事態に陥ってしまっていることもあるかもしれません。

返済ができなくなってしまうと、その後の人生は大変です。

禁輸事故の経験はしっかりと個人信用情報に掲載されてしまうために、万が一その後新たに借り入れを行いたいという場合についてもその審査がとおることはないでしょう。

また、クレジットカードも同様の理由から作成することはできません。

期間は最長で10年間と大変長い期間が必要になりますので、その間ずっと不便な生活を続けなければならないのです。

また、金融機関にとっても貸し出したお金が返ってこないということは大損ですから、もしその個人信用情報に掲載されている期間が過ぎたとしても、その銀行が融資をしてくれることはおそらくないと思われます。

ですが、世の中にはそれでも借り入れを何本も行ってしまう方はいるのです。理由はそれぞれあることでしょう。

生活環境が急変してしまってことにより、借り入れを行わざるを得なくなったケースもあります。

たとえば急に職を失ってしまった場合などはそれにあたるでしょう。新しい職を探すのにもお金は少なからずかかります。

後日返済を済ませていくつもりで、一時的に借りている場合もあるかもしれません。

しかし、そうではない方も中にはいらっしゃいます。単純にほしいものがあるから、生活費が足りないからといった理由で借り入れを重ねてしまい、気付けば何本もの借り入れを行ってその返済に苦しんでしまっている方もいるのです。

自業自得といえばそうなのかもしれません。しかし、それでも返済できなくなってしまうという事態は、金融機関側にとってみても、できる限り避けたいことであるのです。

そのためにはどのような方法をとることができるのでしょうか。まずは金融機関に相談に行ってみることも一つの手ということが言えるでしょう。

おそらくそのようなケースですと、少額の借り入れを何本も持っているはずです。ですから、一つの金融機関だけでなく、たくさんの金融機関を相談に回る必要があります。

しかし、少額の借り入れのケースですと、なかなかその融資の条件を緩和してくれるところは少なく、頑張って返済してくださいとしか金融機関側も言えないことも多いでしょう。

ですから、まずこれを試してみて、駄目だったのであれば別の方法を考えなければなりません。

次にとり得る手段としては、弁護士などの金融事故のプロに頼むことです。

今では無料相談なども受け付けている弁護士事務所もありますので、そこに足を運んで自分の借り入れの状況を伝えてみましょう。

もし返済予定表などが手元にあるのであれば、それを持参するとなおよいということが言えます。

弁護士はそれらの借り入れの状態を確認すると、返済が可能であるか不可能であるか判断してくれると思います。

できれば返済できる限りはしていくことが重要ですので、本当に不可能だと判断した場合を除くと何らかの形で返済負担を減らし、少しずつでも返済をできるように考えてくれるはずです。

では、その方法というものはどのようなものがあるのでしょうか。

その前に、少し法律についての話をしておきましょう。借り入れに関しては、利息制限法という大事な法律があります。

これには、融資を行う際には金融機関側もある程度の金利までしか設定することができず、それを超える金利を設定している場合には違法であるというものです。

これによると、10万円までの融資に関しては20パーセントまで、10万円から100万円までの融資には18パーセント、100万円を超える融資には15パーセントの上限金利を設定しています。

ですから、もし皆さんが融資を申し込んだ際にこれ以上の金利を設定した商品を勧められたとしたら、その商品は違法です。

それを取り扱う金融機関も少しおかしな点があると考えてよいはずですので、その金融機関から融資を受けることはやめましょう。

では、その利息制限法を踏まえて返済が苦しくなってしまった借金を何とか返済できるようにするには、どのような方法があるのでしょうか。

答えは、借入一本化を行うことです。少額の借金が何本もある場合と、高額の借金が1本ある場合を、具体的な例を挙げて詳細を説明していきます。

極端な例ですが、10万円の借金が20本あった場合には10万円までの融資には金利が20パーセントまで設定できますので、すべて20パーセントで借り入れていたとしましょう。

すると、合計で200万円の借金に対して20パーセントの利息が年間で賦課されます。

実際には利息の計算は毎日行われていますので、この通りにはいかないのですがわかりやすくするために年間で考えます。

すると、200万円の20パーセントですから、年間で賦課される利息は40万円です。

ですから、月に33,333円までの金額に関しては、返済をしていてもすべて利息分にしかならず、何年たっても完済には至りません。ずっとその賦課される利息を支払い続けていかなければならないのです。

しかし一方で、これらの20本の借り入れを一つにまとめてしまった場合はどうでしょう。10万円が20本あったものが、200万円が1本の借り入れに変化します。

すると、利息制限法によると100万円を超える融資には最大でも15パーセントの金利しか設定できません。

ですから、最大でも200万円の15パーセント、つまり30万円しか年間で利息は付かないのです。月に直すと、毎月25,000分が利息分になります。

これだけで、毎月8,000円以上が浮いたことになり、年間では10万円の利息が削減されたことになるのです。これであれば、少し希望の光が見えてくるのではないでしょうか。

そもそも、その200万円の借り入れを行うことができる人物というのは、総量規制という規制によると年収の3分の1までしか借金は作れないことになっていますので、600万円以上の収入を得ている方、ということになります。

その方が、これらの毎月25,000以上の金額を返していくことは十分可能といってよいのではないでしょうか。

もちろんそれに上乗せして元本に該当する部分を支払っていかなければなりませんので、実際は4万円、5万円といった金額を支払う必要があるはずなのですが、それでも利息の賦課が少なければ少ないほど、完済までにかかる期間も少なくなりますから、返済が楽になるということは間違いありません。

このように借入一本化を行うことによって、返済負担を減らしていく効果を得られることはお分かりいただけたと思います。

しかしこれらは最後の手段です。基本的には身の丈を超えた借金を作らないことが一番大事です。

やはり自分の収入で生活できるだけの生活スタイルを作っていき、それを崩さないようにすることで少しずつ貯蓄をため、大きな買い物にはその貯蓄を充てるというある意味当たり前のことを行っていくことが、一番大事なのではないでしょうか。

お金のトラブルは本当に身を滅ぼしてしまいます。ですから、その前に自分できちんと自衛して、そのリスクを回避するように努めましょう。

もし何らかの理由があって借金をしなければならないのであれば、何よりも先にその借金を返済していきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.