カードローンで100万以上借入れるのは難しいって本当?

今、高い限度額を持ったカードローンが欲しい者です。用途としては特に現状では予想されるものは無いのですが、カードローンは限度額が多いと金利も下がりますし、そのうち結婚したら子供もできて何かをお金がかかるようになると聞いていますし、それを考えたらやっぱり今のうちに余裕のあるカードローンが欲しいかな、と思いまして。

仕事自体は大手企業の子会社に勤めている事もあってそこそこ順調で、ボーナスとかも出ていますので収入的に先行きが暗いというわけではありません。

だからそれなりの金額も借りられるかな?と思いますが、カードローンでは100万以上借り入れるのは難しいからよほどの事が無い限り希望しない方が良い…という疑問を解決しておきたいのです。

これはそのままの質問でして、私は出来るだけ限度額が多いカードローンが欲しい都合上、100万以上でも希望できるならそれだけ多めの希望を出したいところです。

ただ、審査が厳しくなってカードローン自体が作れなくなるというのなら、多少ラインを下げてもっと安全パイというか、多めだけど問題なく作れる金額というのを考えていきたいと思いますが、どうなのでしょうか?

100万以上借りるのは難しいというのは本当かどうか、そして借りるならどうするかを教えてもらえると助かります。

100万以上は慎重審査になりやすいですね

質問社さんは「大金は出来るだけ希望しない方が良い」と教わったのかもしれませんが、それはちょっと間違っています。

大金が欲しいというかそもそも必要な金額が分かっているのなら、それに借入額が届かないとなると意味がありません。

つまり、希望額というのは文字通り本人がどうしても欲しい金額を希望すべきなので、まずはそこありきで考えてみてはいかがでしょうか?

さて、問題の『100万以上をカードローンで借りるのは難しいかどうか』という点についてですが、確かに簡単とは言えません・大金を希望するほど審査が厳しくなるのはもちろんですが、銀行の場合は100万以上の限度額から慎重審査と呼ばれる状態に入りやすいのですね。

この慎重審査の違いというのは、収入証明が必須になる事がまず挙げられます。

銀行カードローンの多くは、100万以下の希望額だとこの収入証明と呼ばれる『その人の今現在の年収を知らせる書類』の提出が不要になります。

つまり言い方は悪いですが、100万以下なら銀行としてもさほど危険性は無いと考えているのか、厳しくは収入もチェックしなくて良いという事になりますね。

収入を厳しく見るだけではなく、その他の審査基準に付いても今まで以上に厳しく見るというのは、容易に想像できるでしょう。

この対策としては、先にほどほどの限度額…だいたい50万くらいまでなら簡単に作りやすいと言われておりますので、とりあえずそれくらいで作り、実際に借りてちゃんと返済する事で信用が身に付くのでそこから増額を希望するのが良いでしょう。
(⇒みずほカードローンも増額できる?

この方法だと多少時間はかかるものの、堅実に限度額を増やしていく事もできます。利用状況が良いと判断されると、金融業者から増額を誘ってくるのでより楽に増やす事もできます。

消費者金融で借入100万を行う方法について

消費者金融と言うと、金利が高いと言うイメージを持つ人も多いものです。

銀行と消費者金融の金利と比較をした場合、借入100万などの場合の金利は銀行が年利14.8%に対し、消費者金融は15.8%と言ったように、僅かながら金利が高くなっているケースは多いため、消費者金融の金利が高いと言うイメージを受ける人は多いわけです。

因みに、金利と言うのは利用限度額が多くなるほど低くなるのが特徴です。
(⇒借入の利息に関するおすすめ記事

100万円の借入をした場合の金利が14.8%で、倍の200万円を借入れすると13.4%と言った具合に、借入額が多くなることで金利が低くなります。

そのため、お金を借りる時は利用限度額を多くすることで金利が低くなると言う特徴も有るわけです。

但し、お金を借りる場合などでは、必要以上の額を借入れするのは良い事ではなく、必要な額をキャッシングし、利用する場合には返済計画をきちんと立てて利用していくことが大切なのです。

しかしながら、消費者金融と呼ばれている金融業者と言うのは、貸金業法と呼ばれる法律が改正されたことで、利用者にとって様々なメリットが出て来ているのが特徴です。

従来の消費者金融が適用していた金利と言うのはグレーゾーン金利と呼ばれるものです。

グレーゾーン金利は利息の法律でもある利息制限法の上限金利と、出資を行う側の利息の法律でもある出資法の上限金利の2つの間にある金利の事を意味しており、出資法の上限金利は、法律改正前では29.2%と言う高い金利であり、グレーゾーン金利はこの金利に近いものだったのです。

因みに、利息の計算方法と言うのをご存じでしょうか。

利息の計算と言うのは、借入れ残高の合計×金利÷365日×借入日数と言う計算式で算出する事が出来ます。

幾つか金利を変えて計算をしてみると、金利が低い程利息が少なくて済む事が解ります。

例えば、従来の消費者金融が適用していたグレーゾーン金利を利用してお金を借りた場合、その金利が仮に29.0%とします。

また、借入れ額は100万円として30日分の利息を計算してみると次のようになります。

100万円×29.0%÷365日×30日=23,836円となります。

一方、金利を14.8%にして計算を行うと以下のようになります。

100万円×14.8%÷365日×30日=12,164円となります。

先ほどの30日分の利息が23,836円ですので、これとの差額と言うのは11,672円となりますので、30日お金を借りただけでこれだけの差が生じる事になるわけです。

また、金利を12.8%にして計算を行うと、100万円×12.8%÷365日×30日=10,521円となりますので、金利が14.8%と比較をすると、12,164円-10,521円=1,643円の差が生じる事になるわけです。

これは30日分の利息ですので、1年間では更に差額が多くなることになりますので、如何に金利が低いキャッシングを選ぶのかが支払う利息を減らすコツと言う事になるわけです。

所で、消費者金融などでは申し込みをしてから融資が実行されるまでの時間が最短で30分や50分と言う会社が多く在ります。

申し込みをして審査が行われ、現金が指定口座に振り込まれる時間がこのような時間の中で行われているのです。

急にお金が必要になった時、どうしても工面できない場合などでは、このような即日融資をしてくれる金融機関は役立つ存在になってくれるわけですが、借りる事が出来る金額と言うのは審査により決められるのが特徴なのです。

銀行などの場合ですと、年収が400万円以上なければ融資が出来ない、勤続年数が2年を超えていなければ審査に通らないと言ったケースも多いのが特徴です。

その点、消費者金融などの場合ですと、申し込み時の年齢が満20歳以上で、65歳以下の人であれば申し込みが可能になっていたり、アルバイトをしている学生やパートで収入を得ている主婦の人なども申込みが可能になっていると言う特徴が有ります。
(⇒アルバイトが借りても返済できなくなる?

但し、銀行などでもアルバイトをしている学生やパーとなどをして収入を持っている主婦の人が利用できるキャッシングが在りますので、一概に消費者金融だけが申し込み出来ると言う事ではありません。

しかし、銀行と消費者金融には一つ大きな違いと言うものがあるのです。
それは総量規制と呼ばれる規制が消費者金融には有ると言う事なのです。

総量規制は年収の3分の1を超える貸し付けを禁止している規制であり、貸金業者に対する規制となります。

年収が300万円の人であれば上限は100万円までとなりますし、パートをして収入を得ている主婦の多くは扶養控除内での収入になっている場合などでは、30万円強が利用可能な上限金額と言う事になるのです。

借入100万円が必要と言う場合などでは、最低でも年収が300万円以上なければ融資をして貰う事が出来ないと言うデメリットがあるわけです。

更に、総量規制と言うのは現在借金をしている場合、利用可能な上限額から借金の額が差し引かれるのが特徴なのです。

50万円の借金がある年収300万円の人の場合は、100万円(年収の3分の1の額)-50万円(借金の総額)=50万円になりますので、融資をして貰える額と言うのは最大で50万円までと言う事になるわけです。

その点、銀行には総量規制と言う規制が在りませんので、借金が有っても審査を受ける事で融資をして貰える可能性は在るわけです。

これが消費者金融と銀行の大きな違いの一つでもあるのです。

因みに、総量規制と言うのは多重債務になる人を減らす目的で導入された規制なのです。

多重債務と言うのは、言葉通り債務が複数になることを意味しているのですが、従来の貸金業者と言うのは、利息と元金を支払ってくれる相手であれば常に貸し付けを行っていたのです。

しかし、1社からの借入れの返済が困難になってしまうと、2社目からお金を借ります。
申し込みが有ればお金を貸し付けていたわけですので、貸して欲しいと言われればお金を貸し付けしていたと言う事になるのです。

2社目から借りたお金を使って1社目の返済を行い、更に2社目の返済が困難になれば3社目、4社目と、債務だけがどんどん膨らむと言う雪だるま式の借金を抱えてしまう事を多重債務と呼びます。

この様な状態になることで、自己破産をしてしまう人や中には自殺をしてしまうなど社会的な問題となっていたことからも、多重債務になる人を減らす目的で総量規制を導入し、貸し付けを行う時には申し込み者の年収を調査するなどして、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止しているのです。

しかしながら、総量規制が導入されたことにより多重債務になる人を減らせることが出来ると言うメリットがあるのです。

利用をする側にとっては制限が設けられてしまうわけですが、総量規制には幾つかの例外貸し付けが可能になっているのです。

他社債務の借り替えに利用できるおまとめローンは、利用する側にとって一方的に有利になる融資であることからも、総量規制の例外貸し付けとして認められており、年収の3分の1を超える融資を受ける事も出来ると言う事なのです。

また、総量規制には配偶者貸し付けと言う例外貸し付けも有ります。

配偶者貸し付けと言うのは、主婦などの配偶者の年収と主婦の年収を合算させ、その年収の3分の1以内での貸し付けを受ける事が出来るというもので、扶養控除内で収入を得ている主婦の人でも自分の年収の3分の1以上の融資を受ける事が可能になるのです。

そのため、借入100万円と言う事も実質可能になると言う事なのです。

尚、銀行においては総量規制が適用されませんので、パートをしている主婦の人の場合は、年収に応じた形での融資と言う事になりますので、消費者金融と比べると融資を受けられる額は少なくなるのが特徴なのです。

但し、専業主婦などの場合ですと、自らの収入が無くても配偶者の年収を審査の対象とした融資が可能なケースも有ります。

これは総量規制の例外貸し付けでもある配偶者貸し付けとは異なるもので、主婦の配偶者となる人の年収が審査されて、利用限度額が定められますので、借入100万円と言う事も可能になると言う特徴を持っているのです。

【参考ページはこちら】
すぐに借りられる方法って?消費者金融?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.