大学生です。100万円用立てたいのだが、どうしたらいい?

大学生です。21歳です。どうしても100万円を用立てたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

先月はバイトで、30万円ほど稼いだので、このペースでいけば、100万円分の返済は出来ると思うのですがどのような所で申し込んだらよいでしょうか?

残念ながら、100万円を貸してくれそうな業者は存在しないわよ

残念なことを一つ言うわね。100万円を大学生に貸してくれる業者は存在しないわ。限度は50万円よ。

50万円までならば、いくつかの消費者金融で貸してもらえるわね。あとは、大学生向けのローン会社がいくつかあるわ。

何故、50万円かというと、50万円を超えた金額の融資は、法律上の手続きが面倒なものとなるからよ。

この50万円の壁を超えれれば、貸してくれるかもしれないけれど、至難の業だと思うわ。50万円を超える融資の場合は、貸金業者に年収を証明する書類を出さなければならないと法律で定められているのよ。

また、年収の1/3までしかお金を貸してはならないという「総量規制」の決まりに引っ掛かる可能性もあるわ。

しかしながら、年に150万円稼いでいる人すべてが全員、50万円を借りられるというわけでもないのよ。

「総量規制」はあくまでも、「年収の1/3」の金額までなら貸してもいいという基準を定めたものにすぎないからよ

。最終的な融資金額は各会社で決められているというわけで、それこそ、運が良ければというわけよね。

もし100万円を用立てたいという事であるならば、50万円を先に貯めておいた上で、あとの50万円を借りるしか手段はないと思われるわね。

でもね、親の許可があれば、銀行でのカードローンが出来るという、不確定な要素もあるからね。

銀行のローンについては、調べが付かなかったので、この辺にしておくけれども、学生ローンについて書くわ。学生のローンと、普通の消費者金融の審査では大きな違いがあるとされている点があるの。

ネット上の申込フォームに記入することで申し込みが完了するけれども、そこに書いた仕事先には、電話が入ることはないという点があるわ。

一回、あなた宛てに確認の電話が入るわ。電話越しに、貴方がお金を貸すに足りる人間かどうかを審査しているのよ。

この審査では会話の内容がおかしかったり、利用の目的があいまいだったり、もしくは嘘を付いていると思われてしまうと、審査に通らないから気を付けてね。

あくまでも、誠実に電話の審査に臨むことが重要よ。

【参考ページはこちら】
留学費用も借りられる?

たとえば年収100万円の大学生がお金を借入れる場合

どうしてもお金が必要なときに借り入れができる消費者金融や銀行のカードローンは、いざというときにはとても助かります。

たとえ1、2万円のお金でも工面できない時もあります。普通に働いていて収入がある人でも給料日前に何か必要なお金ができたとか、いつもなら給料内で生活できても冠婚葬祭が重なって出費がふえ給料日まで少し足りないということもあるかもしれません。

特に就職してまだ間がないような若者や、転職したばかりというような場合にはそのようなこともあり得るのです。

このように生活していくためにお金が足りなくなった時や思いがけなくお金が必要になり手元に準備できない時、家族に貸してもらえるような人がいればいいのですが、貸してほしいとは言い出せにくいということもあります。

そんなときに消費者金融や銀行のカードローンは強い味方になってもらえるのです。消費者金融も銀行もお金を貸す以上利息を付けて返済してもらわなければなりません。だから貸すことができる人に条件があります。

まずは年齢です。きちんと収入を得る年齢で大人としてのものの分別がつく成人であることです。

そのためどこの金融会社であっても原則は満20歳以上となっています。上限も金融会社によって異なりますが、満60歳から70歳までとなっています。

そして年齢が条件に合っていても無職で収入がない人には貸すことができないのです。毎月安定した収入がある人が、毎月きちんと返済できる人とみなされるのです。

安定した収入があればパートやアルバイトでもよいというキャッシング会社も増えてきています。

年齢と収入の受験にあっている人が申し込むことができますが、申込めば誰でも借入ができるということではありません。

きちんと返済をしてもらえる人かどうかを見極めるための審査があるのです。

審査ないように関しては各金融会社によって異なりますが、申し込み者の簡単な身元確認のほかに勤務先、年収、他社での借入はないかどうかなどの審査があります。

初めての申し込み時にこれらのことを自己申告し、その内容が借入条件に合っていたら、実際に収入を証明する書類や本人確認のための書類などを提出して本審査に移ります。

本審査ではそれらの書類や勤務先への在籍確認などを行って申し込んだときに申告したないように虚偽がないかを確認します。

それから金融会社がきちんと返済できることを信用できる人と確信すればいよいよキャッシングをすることができるのです。

消費者金融では借り入れ限度額は年収の3分の1まで、銀行ではその銀行独自が決めた限度額となっていますが、はじめのうちはそれらの限度額よりはるかに少ない限度額の中から借りることができ、数か月間きちんと返済していれば限度の枠を増やしてもらうこともできます。

キャッシングにはこのように条件やクリアしなければいけないこともあり、誰でも簡単に借りるということはできないのですが、虚偽の申告をしたり他社からたくさんの借り入れがない限りは多くの場合は審査に通過し借りることができるでしょう。

では大学生はキャッシングをすることができるのでしょうか。

大学生は多くの人がバイトをしていますが、それでもお金が足りなくなることはよくあることでしょう。

特にアパートなどを借りて一人暮らしをしている人は家賃や光熱費など実家暮らしの学生よりも余分にお金がかかります。

学費や生活費などで親に負担をかけているので、それ以上は迷惑が掛けられないということで自分で何とかバイトで頑張ろうとする人もたくさんいるでしょうが、それでも大学の付き合いで食事や旅行などに行くこともあり、バイト代だけでは賄いきれない時や、バイトの給料をもらう前に支払う必要があることもあるでしょう。

遊びだけではなく何かの資格を取得するための勉強やその試験のためにお金が必要になることもあるでしょう。そんなときにはキャッシングを利用できれば助かります。

原則的にどの金融会社も満20歳以上となっています。だから20歳以上の大学生でパートやアルバイトでも借り入れることができるという消費者金融や銀行のカードローンをインターネットなどで探して申し込むとよいでしょう。

消費者金融の場合は借りられる限度額が年収の3分の1までとなっているので、たとえば100万円の年収なら33万円まで借りることができるということです。

しかしその額はその人の最高の限度額であり、はじめからそれだけのお金を借りることはできません。

銀行の場合は年収の3分の1までの額までしか貸すことができないという決まりはなく銀行独自で申込者の年収などに応じた限度額を審査の時に決めてもらえます。

このようなことから自分に必要な借入額で返済可能な条件に応じた金融会社を探して申込むとよいでしょう。

また学生専用のローンを扱っているところもあります。一般のキャッシングより審査のハードルが少し低く設定されていてアルバイトで収入がある20歳以上の学性が利用しやすくなっているものです。

学生でも急な出費で困るときはあるのでこのようなローンも生まれたのです。

ところで大学生でも20歳未満の人はどうなのでしょうか。

20歳未満の大学生で、どうしてもお金が欲しい時で親から借りることができない時には、まずバイトをすることが先決になってきます。

そして安定した収入が得られ、それでもお金に困るときには親の同意を得て借りることができる金融会社も少ないですが存在するので、それもインターネットなどで調べてみるとよいでしょう。

それでも学生のうちからキャッシングを利用するということは借金を抱えるということになります。

アルバイトの給料日前の出費で、給料が入ればすぐに返せるという目途がついている場合は少し利用してみてもいいでしょう。

しかしお金が必要になった時にはまずアルバイトを増やしてみて自力で準備するか、それが無理な場合には家族に相談してみることが大切です。

キャッシングを利用するとどうしても金利がついてきます。

借りた額をそのまま分割して返済していくならいいのですが、利子の分を返済しているだけというようなことにもなりかねません。

各金融会社によって利息の上限と下限が示されていますが、利子というのは借入金額が多いほど低く、少ないほど高く設定されているのです。

たとえばある金融会社の金利が4%~!6%と提示してある場合、学生のように数万円のキャッシングとなると一番高い16%という利息がつくということです。そのような利息のこともよく知ったうえでキャッシングをすることが大切です。

そして審査に通過して借りることができ、無事に返し終わった後、また何らかの都合でお金が必要になった時に安易にキャッシングを利用していたら、そのうちに返済に困るくらい借りてしまって、それを返すために学校の授業にも出ずにアルバイトをするというのでは学生の本分を見失ってしまいます。

また他のところで借りようということも出て来て学生のうちから借金を背負っていくということでは困ります。

それは学生に限らず安定した職業に就いている人でも誰にでもいえることですが、どうしてもというときに最低限のお金だけを借りるようにして早めに楽に返済できるようにすることが大切です。

どうしてもお金が必要なときにキャッシングはありがたいことですが、返済のために生活に支障が出たり別のところに金策に走るようなことにならないように注意をするtことが
必要です。

そのためには消費者金融なら年収の3分の1までの額が限度額ですが、そのぎりぎりのところまで借りたりせずに自分の収入に応じて、無理なく返済できる額を借りることが大切です。

大手の金融会社のホームページでは返済のシュミレーションをすることができるので、借りようとする前に事前に試してみて自分が余裕で返せる額を知っておくことが大切です。

また各金融会社によっても特徴があるので自分にあったところはどこなのかを事前に調べておくことも必要なことです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.