大手のプロミスで追加して借入をするためには?

今使っている消費者金融は大手と言われている業者で、実はプロミスです。

プロミスを使いたい!と思って使ったというよりも、最初に使ったところがたまたまプロミスだったのです。消費者金融を使うタイミングにちょうどぴったりだったというか。

で、そのプロミスで追加融資を受けて借入したいなと思っています。プロミスの追加融資というのはどうやったらいいのかがわかりません。

初めてなもので、借入を増やすためにはどうすべきなのでしょうか?教えてください、お願いします。

まずはプロミスで追加融資の増額申請をしよう

プロミスを使っているということですが、それ自体は何もおかしなことではありません。借入をするならプロミスのような大手というのはすごくいい選択だと思います。

プロミスで追加融資を受けたい、追加で借入をしたいというのであればおそらく増額申請が必要でしょう。

プロミスでなくても他の業者でも同じなのですが、消費者金融や銀行系カードローンには枠というのがあります。

その枠の中で借入を自由にして返済をすればまた使える枠が増えるというような形になっているのです。これは原則ほぼすべてのカードローンが同じです。

で、プロミスではこういった枠を増やすことが出来るというわけです。増額申請というものが必要ですが、増額申請をすれば増やせます。

おそらく質問者も追加で借入をしたいということですが、追加で借りるなら枠の中で十分借りられるなら追加で増額申請は必要ありません。

ただもうすでに枠がいっぱいになっているというのであれば、増額申請が必要になります。

増額をすれば枠が大きくなるのですが、プロミスの場合は総量規制がありますので、年収の3分の1以上の大きさにはなりません。これは法律で決められているので絶対です。

年収の3分の1以下の借り入れであればプロミスは追加融資をしてくれますが、増額が通るかどうかはまた審査が必要になります。

この時の審査は年収なども重要ですが、返済をしっかりしているかどうかが重要になると言われています。なので返済は遅れないようにしておきましょう。

そして年収の3分の1以上の追加融資を受けたいというのであれば、プロミスから他の銀行系カードローンに借り換えをするしかありません。

借り換えを銀行系カードローンにしたら、総量規制の対象外になるので、年収の3分の1以上の借入もできるようになるでしょう。

もちろんここでもたくさん借入をしたいのであれば、それだけの実績が必要ということになります。

年収も必要になりますし、職業なども必要になってきますので、簡単に借り換えをしてすぐに増額申請が通るというようなほど、甘くはないと思っておいたほうがいいでしょう。

とりあえず枠以上の借入をしたいというのであれば増額申請が必要ということ、そして年収の3分の1以上の借入をしたいのであれば、プロミスではなくて銀行系カードローンに借り換えをすること、この2つを覚えておけば問題ないかと思います。

プロミス利用中に追加の借入をしたくなったら

最近では、誰でも気軽にキャッシングができるようになっています。

キャッシングを行う時には、必要最低限の額に留めるようにして、実際に借りる前に返済のシミュレーションをしておくことが大切です。

申し込みをしてみたら、予定よりも多くのお金を借りられそうだということで、必要以上に借りてしまう人もいますが、借りたものは返さなければなりませんので、返済が厳しくなります。

安全に利用することを念頭に置き、信用取引であるという点を考慮すれば、借りられる分だけ借りようなどとは思わなくなるはずです。

プロミスは、消費者金融会社の中でもかなりの大手です。
(⇒プロミスの借入情報はこちら

実際に利用している人も多いので、口コミで評判を聞くことも容易です。プロミスの大きな特徴は、即日融資が受けられるところです。

他にも即日融資に対応してくれるところはありますが、Web契約なら平日14時までに完了させていれば即日融資で借入することができる点が大きなポイントとなります。

申し込みはインターネット上から行うことができ、自動審査によって契約可能額を最短30分という素早さで回答してくれます。

キャッシングを行う人の多くは急な出費に対応するためですので、対応が早ければ早いほど都合が良いといえます。

即日融資に対応してもらうには、店舗や自動契約機でなくインターネットから申し込み必要があります。

Web申し込みなら、誰にも知られずにこっそりとキャッシングすることができます。店舗や自動契約機では待たされる時間も発生しますので、効率的ではありません。

インターネットから申し込むと、自動審査ですぐに回答がきます。Webからの申し込みは、24時間365日受け付けていますので、緊急時に対応できるタイプです。

申し込み後は、登録しておいた連絡先に融資可能額が送られてきます。回答までの時間は状況により異なりますが、最短なら30分ほどで、長くでも1時間程度で知らされます。

Web契約を利用する場合、提出書類を携帯電話のカメラやスキャナ等で画像にして送付します。

やはり、Web契約であっても提出しなければならない書類というのは、あまり変わりはありません。

提出する書類の種類ですが、運転免許証や収入証明書です。収入証明書は、一定額を超える場合のみに求められます。

収入を証明する書類には色々なものがありますが、具体的には源泉徴収票や確定申告書、直近の給与明細書等が該当します。

外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書が必要になります。

契約の内容もインターネット上で確認できます。平日14時までにWeb契約が完了していれば、その日のうちに振り込みをしてもらえます。

即日対応はしていますが、申し込みの状況によって審査に時間がかかることもあります。

最短30分とはされていますが、余裕を持って手続きを行うなら、ぎりぎりではなく早めに申し込みを済ませておくことが大切です。

プロミスのレディースキャッシングなら、女性のオペレーターが対応してくれます。

男性と話すのが苦手な女性も中にはいますので、必ず女性オペレーターが電話にでてくれると分かっていると安心です。

このレディースキャッシングでは、女性利用者専用のダイヤルを用意しており、申し込みや契約の内容について相談することができます。

主婦や学生であっても、継続して安定した収入があれば借入可能となっていますので、まずは相談してみることが大切です。

このようなキャッシングにおいて、在籍確認の電話について心配する声もよく聞かれます。

確かに勤め先に電話が入ることは気になりますし、できれば避けたいところではありますが、最近の消費者金融は細かなところまで配慮してくれますので、会社名で電話をかけてくることはありません。

大抵は個人名ですので、在籍確認の電話だとは誰も思わないはずです。

どうしても電話をかけて欲しくないという場合には、事前に相談してみると対処してくれるケースもあります。その場合、在籍を証明できるような書類を追加で提出します。

キャッシングでは、郵便物から周囲に知られてしまうケースもあります。

プロミスでは、振込みで融資を受ける際に、振り込み名義人をパルセンターに設定しておけば、郵送物もパルセンターの名で届くようになります。

ただし、名前を工夫したところで、同居している家族には知られてしまう恐れがあります。

そのような場合に対処できるのが、利用明細書をネット上で電子交付してもらうサービスです。このサービスを利用すれば、利用明細書が郵送されてこないようにできます。

追加の借入を希望する場合、利用限度額の範囲内であれば全国にあるATMや店頭窓口で引き出すことができます。

提携ATMでの利用も可能です。提携ATMを利用すると、引き出す額に応じて手数料がかかりますので注意が必要です。

プロミスのATMや三井住友銀行のATMを利用する場合には手数料がかかりませんのでお得です。

追加の際には、新規申し込みは不要です。既に契約していれば、利用限度額までは繰り返し借入しやすいといえます。

追加で融資を受けようと思ったが、既に利用限度額まで借りているという場合には、利用限度額の変更を申し込みます。

増額を希望する際には再度の審査が必要となります。

具体的な手続きとしては、希望する利用限度額が50万円を超える場合や希望する利用限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合には、最新の源泉徴収票や確定申告書等、収入証明書類の提出が必要になります。

迅速に手続きを進めたいと考える場合には、これらの書類をあらかじめ用意しておくとスムーズです。

増額には、多少のリスクもあります。たとえば、審査に2~3日要しますので、緊急にお金が必要である場合には必ず増額できるものと考えて他に手を打っておかないと、審査に通らなかった時に必要な期日までに用意できない可能性もでてきます。

条件を満たしていても必ずしも通るとは限りませんので、一つの方法ばかりに固執するのは危険です。

また、審査に通らなかった場合には、利用限度額が減少してしまったり、一定期間融資を受けられない可能性も出てきます。

そのため、どうしても必要な時以外は安易な増額は行わない方が無難です。増額でなく、他から新規で借りるという方法も残されていることを覚えておくと便利です。

増額の審査はどこでも厳しいものですが、普通に利用するならとても便利なサービスが揃っていますのでおすすめの会社です。

Web申し込み時の最短30分での回答は他の会社では見られないことですし、即日融資可能といっても時間的に朝一でなければ無理なケースと比べて、14時までならその日のうちに振り込をしてもらえるのも大きなメリットです。

条件は満たしていそうだが本当に融資を受けられるか分からないという場合には、お試し診断も利用できます。

お試し診断で通れば、申し込む際、気持ち的に楽に待つことができます。無利息期間を利用すれば、かなりお得に融資を受けられますので、キャッシングをする時には筆頭候補として覚えておきたい会社です。

お金を借りたいと思うタイミングが平日とは限りませんので、土日でも利用できるという点も魅力です。

365日いつでも申し込みをすることができるとなると、キャッシングをする側の精神的なハードルはずい分下がりますが、借入はあくまでも計画的に行うことが大切です。

利用限度額が目標額よりも大幅に多かった場合でも、必要な分だけを借りるようにします。

融資額が少なければ、その後の返済額も小さくなりますので、生活への影響を最小限に食い止めることができます。

一度でも事故を起こせば、その消費者金融会社を二度と利用できない可能性も出てきますので、借りた分は返すということを、いつも忘れずにいなければなりません。消費者金融会社は、個人への信用に対してお金を貸しているのです。

【参考ページはこちら】
プロミスの借入金額は一時的に増額できる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.