バンクイックは年収が上がれば借入額に反映されますか?

バンクイック、多分私だけじゃなくてみんな知っている業者の一つだと思うんですが、バンクイックのような大手の業者は貸出金額にかなり渋い、というイメージがあります。

中小の業者の方がたくさん出してくれるというようなイメージがないでしょうか、私はあります。

なのでバンクイックも結局年収が上がっても、借入額はそこまで反映されないんじゃないのかなというように考えています。

転職なんかだと年収が一気に100万円くらい上がることもありますけど、そういう時にバンクイックはどのくらい借入額が上がるものなのでしょうか。

バンクイックは年収が上がれば借入額もちゃんと上がる

大手企業は少し考え方が古いとか、固いとか、もしくは渋いというように考えている人は少なく無いと思います。

この質問者も同じように考えているということですが、基本的にはバンクイックは借入額もちゃんと上がるようになっているので心配しなくていいでしょう。

むしろ大手の銀行系カードローンと言われているものの類としては、かなり上がりやすい方ではないかと重います。

バンクイックは結構CMもやっていますし、知らない人のほうが少ないんじゃないかというような業者ですが、悪くはないと思います。

とりあえずバンクイックを利用するという人も多いでしょうが、銀行系カードローンの大手として借入額が多い方に入ります。

もちろん年収が上がれば、そして返済実績をつけていけば増額をしやすくなりますし、増額申請が断られやすいということもないので安心です。

またバンクイックの場合は年収が上がって借入額が上がるというようなことに縁遠い人であっても、使いやすくなっています。

具体的に言えば専業主婦のように収入を持っていない人にも使いやすいですし、パート・アルバイトのような人たちも借入をしやすいのが特徴です。

バンクイックが借入をしやすいというのはそのとおりなのですが、消費者金融にしても銀行系カードローンにしてもキャッシングは年収が上がれば借入額は上がります。

そして増額もしやすくなりますが、そこまで大きく期待しすぎないようにすべきです。

どうしてかというと、年収が例えば上がると言ってもだいたい月に1万円も昇給すればいいほうでしょう。

月に1万円の昇給ということは12ヶ月で12万円、もしボーナスが3ヶ月あるとしたら15万円の昇給ということになります。昇給自体は嬉しいですが借入額はさほど上がりません。

なぜなら総量規制、もしくは銀行系カードローンであれば自主規制があるので、それ以上は上げることが出来ないからです。

15万円の年収アップであれば、消費者金融は5万円程度、バンクイックであっても7,8万円しかアップしないのです。

意外に年収が上がってもそこまで借入金額は増えないということを知らない人も多いので、今年は昇給したから借入額を増やしてほしいと言われて断られたりするので気をつけてください。

バンクイックもやはりルールを独自に作っているので無尽蔵には限度額は上がらないでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行は年収の3分の1以上借りられる?

バンクイックの借入額は年収によって異なってくる

バンクイックは、三菱東京UFJ銀行カードローンの提供している銀行カードローンです。

最大大手のカードローンですが、自動審査での即日融資や、低金利で融資金額も大きいのが特徴です。

大手の銀行なので信頼度は高いですし、自働審査になっているので素早く結果がわかり、平日の14時までのWEB契約完了なら即日融資も可能です。

更に、銀行系のカードローンなので業界でも最高クラスの低金利(4.6%~14.6%)もおすすめなポイントです。

土日や祝日、夜間でも全国の提携している銀行やコンビニのATMから借入や返済が可能になっています。

申込対象者は主婦や学生、アルバイト、派遣社員やパートなどでも可能になっています。

バンクイックの審査基準は、申込者の年収や年齢、借入申込額や勤務先、勤続年数などがあります。

銀行系の中では、比較的審査が通りやすいと言われているので、大きな問題が無い限りは審査に通る可能性は高いです。

ただ、既に他のキャッシング会社から多額の借入があったり、延滞などを起こしていると審査に通らないことがあります。

銀行系のカードローンは、消費者金融と比べると審査が厳しいといわれます。

元々お金を貸すのが事業になっていますから、審査のシステムも整っていますし、また銀行だけでなく保証会社の審査もあるのでそれだけ厳しくなるわけです。

審査では、希望借入額と本人確認が重要になります。

借入希望顎がどのぐらいで申し込み者の情報は正しいか、また希望する借入額に対して年収はどのぐらいかも判断します。

バンクイックは融資限度額は大きいですが、希望する融資額に対して返済が出来る収入がないと審査では通りません。

特に大きな融資額になってくると、それだけの年収が必用になってきます。

例えばパートやアルバイトでは収入も少ないですから、それだけ融資限度額は低くなりますし、逆に大手の役職で収入が多ければ融資限度額も増えます。

ただ、審査では大きな収入よりも安定した収入の方に重点をおきます。

いくら収入が多くても、それが安定したものでないときには審査では不利ですし、少なくても安定して収入がある方が返済能力があると判断されて通りやすいです。

そのため、パートやアルバイトなどの主婦の方や学生でも申し込みが可能になっています。

申込年齢は、満20歳から65歳までの方です。

また、銀行系なので配偶者に収入がある専業主婦の方でも申し込めます。

ただ、専業主婦の場合は借入限度額が30万円になります。

近年は、アルバイトやパートでも一定の安定した収入があれば、申込が可能なカードローン会社が増えてきています。

直ぐにお金を借りる必要がなくても、万一に備えて申し込んでおくのもよいです。

持っておくだけなら、年会費や手数料などはかかりません。

厳しいといわれる銀行系のカードローンですが、それでも他のカードローン会社と比べると審査が通りやすいともいわれています。

例えば、別のカードローン会社で落ちても、こちらの会社では通る可能性はあります。

また、最高限度額も500万円まであり、金利も4.6%から14.6%と大変低く設定されているので、大きな融資金額を受けたいときにも安心して利用が出来ます。

かつては、カードローンやキャッシングというとあまりよいイメージがありませんでした。

しかし、現在は必要なときに必要な金額だけ、直ぐにでも借りることが出来る大変身近で便利なものになっています。

特に、不況が長引いている現在では、いつ急な出費が必用になるかがわかりませんから、一枚は持っておいた方がいざというときにも助かります。

カードローンの申込みは、インターネットならパソコンや携帯、スマートフォンから24時間、365日いつでも出来るようになっています。

特に申し込んだ時間が営業時間内なら審査も早いです。

申込の審査のときには、個人信用情報機関CRINで過去の借入の返済や滞納、債務整理や自己破産など法的処理などを確認します。

このときに、返済の滞納があったり、債務整理などを起こしていると記録が残っているので審査に通る可能性が低くなります。

滞納などの金融事故の記録は、ある一定期間が経過すると消えるようになっているので、もし不安がある場合は申込前に確認しておいた方がよいでしょう。

他に、他社からの借入も同じように個人情報機関で確認されます。

例え借入をしていなくても、同時期に複数のキャッシング会社などに申し込んでいると、それも記録されているので審査に通らなくなります。

実は、借入だけでなく申し込み状況も個人情報機関に登録されているので、出来れば一つ会社だけ、多くても二社ぐらいにしておいた方がよいです。

もし、他の会社に申し込んでしまっていたら、情報が消えるまでの約6ヵ月間は空けておいた方がよいでしょう。

審査では、収入や職業、勤続年数に居住年数などの個人情報も確認されます。

このときに勤続年数が長いほど有利になります。

また、住んでいる住宅が持ち家で長く住んでいて、固定電話などがあると評価が高くなります。

勤続年数が1年未満で、転職を繰り返していると審査では通りにくくなるので、出来る限り一年以上は同じ会社に勤めてから、更に最初の希望融資金額を少なめにしてから申し込むとよいです。

最終的に、在籍と在住の確認が行われます。

これは職場や自宅に担当者が電話をして、実際にその会社で働いているかや、記載された住所に住んでいるかを確認します。

確認が出来ないと、他の審査項目に満たしていても落ちてしまうので注意しましょう。

また、電話は会社名などは出さずに、担当者の名前でかかってくるので他の人に知られる心配はありません。

インターネットから申し込んだ場合は、仮審査があってからその結果をメールまたは電話で連絡を行います。

仮審査で大体の借入限度額は決まり、そのあとに本審査があり、それに通ると契約が済んで融資を受けられるようになります。

仮審査の結果のあとに、本人確認書類(運転免許証コピー、保険証コピーなど)を郵送しますが、借入限度額によっては収入証明が必用になります。

仮審査のあとに、本審査があります。

本審査では申込み書の情報に嘘などが無いかや追加融資なそがないかなどの確認と、本人確認書類を確かめます。

仮審査に通っても、本審査に落ちることも珍しくないので、最初の申込みと同じように嘘がないように注意しましょう。

カードの受取をテレビ窓口にすれば、条件次第で即日で現金を借りることも出来ます。
仮審査は、申込が多いと時間がかかることもあるので、余裕をもって午前中に申し込んでおいた方がよいです。

インターネットやモバイルでは、本人確認も含めて仮審査の結果の連絡は電話で行われることが多いです。

電話の申込みでは、仮審査の結果は同じく電話または後日郵送で送られてきます。

仮審査の通過のあとに、本人確認書類、利用限度額によっては収入証明書などのコピーを郵送します。

郵便物が届いたあとに本審査になるので、早くても融資を受けられるには1週間ぐらいはかかると考えた方がよいです。

郵送では、同じように申込書を送ってからになるので、早くても10日間ぐらいはかかってきます。
テレビ窓口は、基本的に即時回答なので急いでいるときには、この方法がよいです。
窓口でも、後日電話での連絡、郵送になります。

本審査では、仮審査で確認した情報が正しいかどうかを詳しく調べます。

また、希望借入額が100万円以下では収入証明書の提出は原則不用になっています。

スピード審査になっていますが、申込と確認した内容が違っていたり、申込が多かったりすると時間もかかるので、不備がないように最初によく確認しておきましょう。

特に、申込内容に嘘を書いたりすると信頼をされなくなり、それで審査に通らなくなりますから、正直に入力するようにしましょう。

また、銀行側が必用と判断した場合は、必要書類などが増えることもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.