パートをしている主婦なら何社まで一度に借入可能かご存知?

私は主婦をしながら週四、ほぼフルタイムで仕事をしているパートです。名前は明美(仮名)と申します。今融資を考えていますから、質問させてもらいますね。

私は今、どうしても欲しい指輪があります。

指輪と言えば結婚するとき主人に買ってもらったプラチナのリングがありますし、それはそれで気に入っているのですが…

有名なブランドが出した限定品というのが、ブランドという事も去る事ながらデザインが素敵すぎて欲しいのです。

でも、ブランドのアクセサリーな上に限定品という事もあって、そのお値段は我が家の生活費数ヶ月分と言っても過言ではありません…

私もフルタイムみたいな感じで仕事はしていますが、所詮はパートです。その給料だけでは買う事なんてまず無理で、貯金を使うなんていうのも無理です。

だから、私が普段使えるお金内で返済できるような融資を受けて、なんとしても購入したいと思います。

主婦になってからというものの贅沢らしい贅沢はしていませんから、これくらいは許してもらえますよね…?

だけど購入しようとしている指輪の値段を考えると、一社から借りるだけでは足りなさそうなイメージがあります…

金額が金額なので仕方ないのですが、そうなると複数の金融業者から借りる事ができるかどうか、主婦の身である私には疑問です。

パートをしている主婦ならば、何社まで一度に借入が可能かご存知ですか?パートと言っても働く時間も収入もなかなかなので、期待できそうですか?

仕事云々よりも返済能力次第と言えそうです

明美さん、こんにちは。確かに女性なら、ブランド限定品の指輪なんていうと、見逃せないのかもしれません。

男がゲームの初回限定版を必死に購入する感覚と同じなのかもしれませんね(笑)。

しかし、指輪となるとそのお値段もかなりのものといえそうで、複数の金融業者に頼る可能性もありそうというのは、納得出来ます。

ただ、納得はできても使えるかどうかで言えば、少し微妙かもしれません。それは主婦だからとかではありません。

融資において金融業者は、その人の返済能力を一番に見ています。

極端な例ですが、主婦の方でも片手間で一ヶ月に50万くらい稼いでいる方もおられて、そうした方なら下手な正社員よりも融資を受けられます。

それこそ、複数の金融業者からの融資も可能になるかもしれません。

しかし、パートタイムというとさすがにそこまで稼げてはいませんし、何よりパートという事で不況で仕事を失うリスクもあります。

そうなると金融業者も慎重な審査を心がける都合上、複数の金融業者から借りるとというのは確約とはいきません。

一社から借りるというのなら、今の質問者さんなら比較的容易だと思います。

ただ、複数となると貸し倒れリスクが増加する事、パートという立場である事を鑑みて、審査には通りにくいです。気をつけた方が良いでしょう。

それに旦那さんに内緒でそんな大金を借りると、万が一の事があると大げんかになる事も考えられます。

その万が一を回避する為に、借りる前にその事を相談してみてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
女性が有利に借入できる方法を教えて!

主婦が借入する場合は何社まで借入可能か知ろう

お金を必要とする理由は人それぞれ違いがありますが、手持ちの資金だけでは十分な金額が用意できない場合もあります。
そして、そういった場合には借入が利用されることも少なくありません。

お金を借りる方法としては、担保や保証人が必要ないカードローンはよく選ばれています。
担保、保証人がいらないこともあり、思い立ったときにすぐに手続きができるのもカードローンのメリットです。
そして急いでいる場合はできるだけ手間は省きたいですが、カードローンの場合は来店なしでも自宅からでも手続きを進めていくことができます。

融資も他の借入方法に比べてかなり迅速に行なわれており即日融資が行なわれることも珍しくありません。
さらにコンビニATM等からも利用できるなど利用できる場所も多くなっており、いつでも必要なときに資金が用意できます。

そしてカードローンは一社からのみの借入で十分な資金を用意できる場合もあれば、複数社から借り入れている場合もあります。
まず借入をする場合は審査が必要ですが、このときに一度に多くの金額を希望すると審査が厳しくなる傾向がありますので、低めの金額で申し込むことも多くなっています。

そして、小額の利用の場合は、すぐに限度額まで借りてしまう場合もあり、そのためにさらに借入先を増やすということは珍しくありません。そこで、気になるのはカードローンなどの借入は何社まで行なえるのかということとなります。

まず、カードローンやキャッシングの場合は特に何社まで借りられるのかという規定があるわけではありません。
とはいえ、何社でも借りられるというわけでもなく、その人の収入や借入状況により判断されていくこととなります。

消費者金融の場合は何社まで借入可能かということとなりますが、総量規制がありますので、年収の3分の1を超えた時点でさらに借入先を増やすということはできなくなってしまいます。

4社目ぐらいで借りられないという場合もあれば、1社であってもすでに総量規制となっている場合はそれ以上の借入は行なうことはできません。

主婦の人の場合もやはり家庭のお金を管理していることもあり、お金のことで悩みを持っている人は少なくありません。

それゆえに主婦の人もカードローン、キャッシングを利用しているということは珍しいことではなく、生活費の補充や交際費など様々な用途で役立てられています。

そして、こうした借入はその用途も自由となっていますので、カードを作っておけば様々な用途で役立てることができます。

そして主婦の人の場合の借入ですが、まずパートやアルバイトなど何らかの形で本人が収入を得ている場合は、本人名義で申し込むことができます。

借入先は何社まで借入可能かとなりますが、消費者金融の場合は、総量規制を超えた時点で借入することはできなくなります。

申し込み前には、まだ年収の3分の1の金額に達していないか、あと何円借りられるかはよく確認しておきましょう。

パートの方の場合でも返済能力があると認められれば複数社から借りることは可能ですが、金額が大きくなってくると収入を証明できる書類の用意も必要となります。

この場合は源泉徴収票や給与明細などの書類の提出も要求されることとなりますので用意しておきます。

それからパートなどの場合はあまり年収が多くないこともあり、すぐに総量規制になってしまう場合がありますが、こういった場合でもまだお金を用意しなくてはいけない場合もあるものです。そういった場合はほかに借入れる方法がないのかも調べておきましょう。

カードローンは銀行でも対応しており、この場合は総量規制がありませんので、それ以上の借入を行なうこともできます。

こちらもやはり利用するには審査が必要ですので、融資が受けられるかどうかはその審査結果を待つこととなります。

そして、まったく仕事を持っていない、配偶者の収入で生活を行なっているという専業主婦の場合は、収入を得ていないこともあり、本人の名義で消費者金融に申し込むことはできません。

それゆえに、仕事を持っている人よりも借入ができる金融機関は少なくなる傾向にあります。

それから、銀行のカードローンの場合は専業主婦の場合にも配偶者の方に安定した収入があれば利用できることが多くなっていますが、本人名義で借りる場合は融資限度額は抑えられる傾向にあります。

生活費の足りない分を補うなどの目的であれば、数万円程度の小額の借入でも十分という場合もありますが、より多くの資金を必要としている場合は配偶者貸付を利用するなどの方法もあります。

より多くの金額を用意したい場合はやはり配偶者の方と相談することも大切です。

消費者金融の場合は総量規制を超えると借入ができなくなりますが、まだ総量規制でない場合もやはり借入が行なえない場合があります。

まず、たとえ借入先が一社からの場合も、遅延などを繰り返している場合は借り入れることは難しいと言えます。

複数借入をしている場合は審査がより厳しくなる傾向がありますが、2社目、3社目程度であれば、その返済状況に問題がない、返済を行なうための十分な収入があると判断されれば融資を受けられることが多くなっています。

借入を行なうときには現在の借入件数や金額も入力する必要がありますが、このときに件数や金額を少なめに書くことは信頼にかかわりますので、避けましょう。

虚偽の記載をしても信用情報を確認することですぐにわかってしまいますので、かえって印象を悪くしてしまうことにつながります。

申し込み用紙は正確に記入しておくことも審査を通りやすくするポイントとなります。

それから、返済に問題がない場合でもやはり4社目以降となると大手の消費者金融や銀行では借入を行なうことが難しくなってしまいます。

こうした場合も中小の業者なら対応している場合もありますのでそうした業者に相談することも考えてみましょう。

大手消費者金融や銀行とはまた違った審査基準ですので、大手で審査に落ちてしまった場合もより小規模な業者であれば利用できることがあります。

借入できる件数は人により違いがありますが、借入先を増やすとそれだけ利息の負担も大きくなり、返済も難しくなってきますのできちんと返済ができるのか、返済シミュレーションなども利用して返済計画はきちんと立てておくことが大切です。

そして、複数社から借入をしている場合は期日もそれぞれ違いがありますので、管理もよりしっかり行なっていかなくてはいけません。

返済が遅れてしまうようなことがあれば遅延損害金といったペナルティも発生しますので、注意が必要です。

借入先が増えるとそれだけ利息の負担も管理も大変となりますが、すでに複数社から借りている場合は、さらに借入先を増やすよりも、借金をまとめるなど返済を楽にすることも考えたほうが良い場合もあります。

借入先が増やせない場合でも、さらにお金を必要としている場合は増額という方法もあります。

増額が可能なカードローンであれば、融資限度額を増やせる場合もあります。一度契約内容を見直し、増額が可能であるか調べて見ましょう。

そして増額を行なう場合もやはり条件があり、一度でも遅延があった場合などはやはり審査が厳しくなる傾向にあります。

増額をスムーズに行なうためにはきちんと返済を続けて信用力をアップさせておくことも大事です。

借入は困ったときにはとても役立ってくれますが、その返済は必ず行なっていかなくてはいけません。

それゆえに便利だからとどんどん借入先を増やしてしまうことは避け、できるだけ借入先を増やさずに限られた資金で生活できるようにする工夫は必要です。

借入先を増やさなくてはいけない理由は人それぞれ違いますが、返済のために、さらに借入先を増やすなどということは悪循環となり元金が減らない原因となりますので、こうした目的で借入先を増やすことは避けましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.