主婦ならお金を借りるとき複数借入は無理ですよね?

もしもの話なんですが、私は主婦をやっています。主婦で実は複数借入をしようかなと思っているんです。

主婦がお金を借りるときには主婦が借りやすいところを選ぶというのが原則になっていると思いますが、その借りやすいところを選んだとしても、いくつも主婦が借りやすいところを選んで複数借入をする、ということは可能なんでしょうか。

主婦というとあまり信用も高く無いということで、やっぱり複数借入をするのが難しいんじゃないかというように思っています。

実際のところ、どの程度借り入れが可能になるものなのでしょうか?

主婦が複数借入するなら最低限の収入はほしいところ

それは確かに質問されている方が言うとおりだなぁと思います。そもそも主婦というのは信用があまり高くないというのが基本にあります。

信用があまり高くない人が借入をするとなると、どうしても主婦は借金をするということが難しくなります。

これは主婦だけに限らず、無職の人や学生の人なども同じで、お金を借りるにはかなり厳しい部分があります。(こちらもご参考に→無職でも借入はできる?

お金を借りるのには厳しい部分があるといいますが、無職の人よりは主婦の場合は借りやすいですし、学生よりも大きな枠をもらえるといっていいでしょう。

それは夫が稼いでいるからで、夫の収入の一部を返済に回してもらえるだろうという考え方があるからなのです。

ですので、消費者金融では一般的に借入に際しては夫の同意書が必要ということになるわけです。

銀行系カードローンには主婦向けのものもありますが、そういうものを使えるからといって、複数借入も可能であるというように考えるのは確かに危険だと思います。

複数借入も可能か不可能かで言えば2社くらいならできないこともないですし、うまく行けば3社くらいまで借りられる可能性もあります。

だからといってそれがだれでもできるわけではなく、やはり条件が厳しいです。

一番いいのは夫の同意書をもらってくること、これが一番効果的だと思います。夫の同意書さえあれば、借金をするときにはかなり楽になります。

夫の収入の多くを使えるというように解釈されるので返済可能性が高いというように思われるからです。

それが難しいという人のほうが大半でしょうから、それならば最低限の稼ぎというのが必要になってくるでしょう。

ある程度の稼ぎがあれば、それは借金をしやすくしてくれると思います。それこそ複数借入もできないことはないでしょう。

その代わり複数借入をするんであれば多重債務で自己破産しないように注意しなければならないでしょうね。

【参考ページはこちら】
専業主婦でもお金を借りることはできる?

主婦でもお金を借りることができるが複数借入には気を付けて

最近は消費者金融や銀行のカードローンなどキャッシングができるところがたくさんあり、また消費者金融も以前のように高い利息を付けて貸し付けるということはなくなったので安全に安心してお金を借りることができます。
(⇒金利なしで借入できるってホント?

生活に困ったり、急な病気やけがなどでどうしても早くお金が必要になった時だけではなく、人との付き合いのためや少しいつもと違う贅沢がしたい時などにもキャッシングを利用する人が増えています。

最近では大手の消費者金融や銀行は頻繁にテレビコマーシャルを流してキャッシングの宣伝したり、看板やATMを街の至る所に設置したりして多くの人の目や耳に入るようになりました。そのため利用しやすくなってきたのです。

貸金業法の利息制限法の改正によって20%以上の利息を付けることは違反になり、29.2%を超えると刑事罰の対象になりました。

そのために以前は高い利息を付けていた消費者金融も20%を超える利息は付けられず銀行のカードローンと同じような利息となっています。

また総量規制の決まりによって年収の3分の1までの額が貸し付けの上限額に決まりました。

そのためキャッシングを申し込む人がいくら多額の借入れを申し込んでも年収の3分の1を超えると借りることができません。

銀行は貸金業者ではないので総量規制の対象にならず、年収の3分の1までの額と決まっているわけではありません。

それでも借り入れをする人にとって無理な返済にならないように個々の年収に応じた額を貸付限度額に設定されます。

このようにキャッシングによっていくらまで借りることができるのか、またはキャッシング自体ができるのかということは審査によって決められるのです。

まず初めて借り入れを申し込むときには自分の名前や年齢、住所、連絡先などのプロフィールのほかに勤務先や年収、また他社からの借り入れの有無などを申告する必要があります。

そして仮に機械で自動的に審査をした後、条件に合致して仮審査に通過すれば次は本審査に入ります。

本審査では仮審査の際に申告した内容が真実で虚偽がないかを調査します。そのためには本人確認のための書類や源泉徴収票や数カ月分の給与明細など収入を証明する書類を提出する必要があります。

金融機関によっては一定の借入申し込み額までは収入証明書類の提出が不要なところもあります。

またそれらの証明書の上にさらに申告された勤務先に電話をかけ本人が在籍しているかを確認する在籍確認を行うところもあります。

それから他社から借り入れをしているのか、また複数借入をしているかどうかを調査することによって今回の借り入れに対する返済がきちんとされるかどうかを判断します。

そのような調査は金融機関同士で共有の情報があるので容易に調査できるのです。

これらのことを調査し、信用ができる人で融資が可能か、そして貸付限度額をいくらに設定するかを審査するのです。

この本審査に通過すればいよいよ専用のカードが発行され、本人の口座に振り込まれることになります。

最近は仮審査は数秒で、本審査も短時間で終わり申し込みから融資まで最短即日で行うことができるというところもたくさんあります。

さてキャッシングができる条件として満20歳以上の成人であることと、毎月安定した収入があることは必須です。

正社員として勤務をしていると毎月安定した収入が入ってくるですが、パート主婦やアルバイト学生などはキャッシングができるのでしょうか。

消費者金融でも銀行でも、パートやアルバイトでも借り入れ可能というところもたくさんあるのです。少しでも収入があればよいということです。

消費者金融の場合は年収の3分の1までの借り入れが可能なのでパートやアルバイトの収入に応じた限度額までなら借り入れが可能ということです。

銀行のカードローンの場合はそのきまりはありませんが銀行が設定した少額の限度額となります。

ただ収入がない専業主婦の場合は年収の3分の1までの額が限度額という総量規制の決まりによって収入がないなら限度額も0ということになるので借り入れることはできません。

しかしそれは消費者金融の場合です。銀行の場合は専業主婦でも家族に内緒でお金が欲しい時もあるということで少額のみ貸し付けをしているところもあります。

どちらにしても主婦が少額の融資を受ける場合には収入証明書などの提出が不要で借り入れを申し込みやすくなっています。

また多くのキャッシングにおいてパソコンやスマホなどインターネットからの申し込みが可能なので、24時間365日いつでもどこからでも申し込むことができるので誰にも知られることなく申し込み、審査、契約、融資、返済とすべての行程をインターネットだけで済ませることができることができます。

このように主婦でも気軽にお金を借りることができるのですが、いろいろな金融会社から複数借入をすることは気を付けたほうがよいでしょう。

複数借入をしているとどの金融会社にも情報が入り一か所でも返済が滞ってしまうようなことがあればブラックリストに載ってしまい、今後借り入れが不可能になり、クレジットカードを作ることもできなくなります。

また金融会社によって返済日が違うので、返済日が毎月何日もあることになり混乱を招いてしまったり、忘れてしまうこともあります。

そのためにできれば一つにまとめることをおススメします。まとめるようにすれば返済日は一日で済み、借り入れが多いほど利息も低くなってくるので、毎月の返済が楽になってくることでしょう。

たくさん金融会社がある中でそれぞれの会社によって、年満20歳以上であることと安定した収入があることが原則であること以外、異なる細かな条件があるものです。審査方法もそれぞれ異なってきます。

そのような情報はインターネットのホームページで詳しく知ることができます。

ホームページでは借り入れ可能かどうかの診断や返済のシュミレーションができるところもあります。

また初めての借り入れなどの条件によって一定期間は無利子で借りることができるなどの特典を用意している金融会社もあります。

だからキャッシングを申し込む前にはホームページを見て自分にあったところを選ぶことが審査に通過するための対策でもあります。

大手の銀行の中にはキャッシングの審査を消費者金融会社が行っているところがあります。

同じグループ会社でもあり、保証会社を消費者金融会社に設定して審査もお任せしている場合もあります。

銀行よりも消費者金融の方がキャッシング事業の経験も豊富なので審査においても安心してお任せできるというものです。

だから消費者金融でも銀行でもどちらを選んでもあまり変わりはないのですが、総量規制のように消費者金融は借り入れ不可能でも銀行なら可能であることもあるので多額の融資を希望している人は銀行を選ぶようにします。

さらに銀行なら住宅ローン、車のローン、教育ローン、おまとめローンなど目的に応じた融資のコースもあります。

それぞれのコースで審査内容も変わってきます。だから車の購入のために借り入れがしたい時なども銀行に申し込むとよいでしょう。

そのようなことがない限り銀行のカードローンでも消費者金融でもどちらで申し込んでもさほど変わりはありません。

だから選択肢がたくさんあるので、日ごろから各会社のホームページで詳細や利用した人の口コミなどを参考にし事前にどの金融会社で借り入れをするかを考えた方が良いでしょう。

そうすることで急にお金が必要で早く借り入れたい時にスムーズに借り入れることができるからです。

そしてキャッシングをするときには限度額の上限が設定されてもそのぎりぎりの額まで借り入れると返済に困ることも出てきます。

返済に無理なく借り入れるためには返済シュミレーションを使ったうえ、余裕を持って返済できるような額を借り入れるようにすることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.