おまとめローンって6社借入があっても必ず通るものなのですか?

様々な事情がありまして、今私は6社の金融業者からお金を借りています。

一カ所一カ所は大した借入額じゃないと思うのですが、毎月複数の会社に返済をしていかないとなりませんから、なかなかどれも終わらずに支払いに息も絶え絶えです。

今は健康だから良いのですが、仮に体調を崩してしまって働けなると…と思うと、現状のまずさというのに身を震わせます。早急にどうにかしないといけません。

そんな時、私はネット上でおまとめローンなるプランを見つけました。

おまとめローンというのは、要は複数社から借りているお金を一社から借りたお金で返して、返済を一つにする事…で合ってますよね?

この手段というのは、まさに現状の私にぴったりのプランです。6社もあるのでそれが1社になるとあれば、返済が劇的に楽になるのはほぼ確実です。これでやっと、借金でがんじがらめな人生にも光明が差し込むかもしれません。

しかし、このおまとめローンって6社も借りているのに審査に必ず通るものなのでしょうか?

自業自得なのですが、やっぱり複数から借りているとなかなか難しくなったりしませんか?最初にも言ったように、一社毎の借入額はそこまで多いわけではありません。よろしく教えてください。

審査次第ではありますがさすがに件数が多すぎるのは不安です

6社からの借り入れですか…確かに、普通に融資を利用している人から比較すれば多いと言わざるを得ない件数ですね。

というか、融資審査は件数が増える毎に審査がシビアになっていく事を考えると、そこまで融資を受けられたのは十分な信頼があったから…と捉える事もできるかもしれません。

全て審査が簡単なところであっても中々難しい事なので、今後の融資審査ではそれを良い方向に活かしておきたいところです。

さて、それはさておき現状おまとめローンに必ず通るかどうかと言いますと、審査次第だけど厳しい…というのが正直な意見です。

何故なのかを箇条書きにてお知らせしていきますので、参考にしてください。絶対に無理というわけでは無いのですけどね。

・そもそも全ての融資審査で必ず通るというのはあり得ない
融資審査で必ず通るという知らせは、まずありません。実際に金融業者に自分の状態を話して十分通る可能性がある場合でも、絶対に通過します!とは言えません。
(⇒借入の審査基準はどうなってる?

何故なら融資審査を受けて細かい部分までチェックしない限り、すぐにOKが出せるとは限らないからです。

審査基準を公表してはいけない決まりも相まって、まず必ず通るという表現は使われないのです。

・おまとめローンでもビジネスである事に注意
おまとめローンは私たちを苦しい状況から救ってくれる救世主…それは間違いないですが、大前提として貸し付ける金融業者の利益が挙げられます。

利益が出ないプランを提供しても、そのうち経営が回らなくなってしまい、融資そのものが消えてしまいます。

ゆえに、おまとめローンを提供する場合でもきちんと審査し、返せると判断できない人には融資ができないのです。

・借り入れ件数が多いほど審査は厳しく
これはもう、そのままですね。借り入れ件数が多いほど金銭的に余裕が無い人、もしくは計画性が無い人という事で審査で危険視されやすくなります。

よって、審査に通りにくくなるのは当然ですし、全てのおまとめではなく6社中3社分までしかまとめられない…という事も実際にあります。

このように、なかなか置かれている状況は厳しい事を理解しておいてください。

【参考ページはこちら】
多重ローンを組んでると車のローンを組めない?

6社借入状態でもおまとめローンの審査に必ず通るためには

最初は1社だけで借り入れするつもりでも、お金のやりくりについて計画的でなかったら、そのうちに1社からの借入だけでは立ち行かなくなり、もう1社に借り入れを申込むことになります。

その様な人の場合、2社が3社になってと、借り入れしている金融機関が増えていくのは必然的です。

何故ならば、最初に借り入れを行う場合に、返済計画をはっきりとしていなかったからです。

無理なく毎月返済していくためには、いくらお金を借りて、その場合の金利がいくらで、月々の返済額や返済期間はどのくらいになるのかをはっきりさせて、それを理解して、承知したうえでお金を借りる必要があります。

しかし、複数の金融機関からお金を借りている人は、その様な返済計画を立てることができないからそうなっている場合が多いのです。

つまり、最初の1社からお金を借りた時点で、自分が無理なくそのお金を返していけるかどうか、自分の収入や生活様式、家族構成などを勘案して考えていなかったことになります。

そのために、最初の1社から借りたお金を返済することが難しくなり、更には生活費等でお金が不足することになるために、もう1社別の金融機関から新たにお金を借入することになってしまいます。後はこの繰り返しになります。

気が付くと、6社から借り入れているような多重債務になっている場合も少なくありません。このような状態になると、既に借主の管理できる範囲を超えています。

なぜなら、1社からお金を借りる場合ですら、計画的な返済ができないのですから、6社借入の状態になると、どの金融機関に毎月いくら返済しなければならないのか、毎月の返済期日はいつなのか、分からなくなってしまうからです。

このような状態を放置していると、間違いなく、いつの日にか延滞をしてしまいます。

延滞すると、新たに借金をすることも難しくなりますし、個人信用情報に延滞したという情報が入りますので、他の金融機関にも知られることになります。

そうすると、最悪の場合、融資したお金を回収できなくなる前に、少しでも多く回収しておこうと、その人に融資を行っていた金融機関が、貸したお金をまとめて返済するように要求することにもなりかねません。

このような状態は最悪の場合ですが、6社借入の状態を放置しておけば、その最悪の場合になる可能性が高くなります。

そこで、そうなる前に、借金を一本化するおまとめローンを利用することになります。

おまとめローンというのは、その名が示す通り、複数の借金をまとめて1本化するローンです。

具体的には、借り入れをしている6社とは別の金融機関とローン契約を結んで融資を受け、最初の6社から借りているお金を全額返済してしまいます。そうすれば、後に残るのは、たった一つのローンだけとなります。

勿論、ここで気を付けておかなければならないのは、そのたった一つのローンの金利が、今まで借りていた6社の金利よりも高ければ意味がないということです。

それでは、今までよりも毎月の返済額が高くなってしまい、メリットがありません。そこで、低金利なローンを見つけて契約する必要があります。

ローンが一つだけになれば、返済日や返済期間、借り入れ残高などが分かり易くなりますので、今までの多重債務の苦しみから抜け出して、心機一転、新たにお金の管理を行うことが可能となります。しかし、ここで一つ気を付けておかなければならないことがあります。

おまとめローンと言っても、それは新たにローン契約を金融機関と結ぶことを意味しますから、申し込みを行うと、必ず審査が行われます。

この審査に通らなければ、借金を一本化することはそもそもできないことになってしまいます。

そして、重要なことですが、その審査は、通常のローンを組むときの審査よりも厳しいということです。

逆を言うと、その審査で重視されることを知っておけば、審査に必ず通る可能性が高くなるということです。

審査で重視されることの第一は、多重申し込みをしていないかどうかです。

例えば、どうしても借金を一本化したいために、短期間のうちに複数の金融機関に申し込みを行うと、その情報は金融機関の間で共有されますので、審査に通る可能性が低くなってしまいます。

特に、1ヶ月の間に3社以上の金融機関に申し込んでしまうと、それが理由で審査に通らなくなる可能性が高くなります。

ローンというのは、どの金融機関に申し込んでも、申込んだという情報が個人信用情報を取り扱う信用情報機関のデータベースに記録されます。ローンの申し込みを受けた金融機関は、審査の際に必ずこの個人信用情報を確認します。

短期間に複数のローンの申し込みをすれば、そのことも個人信用情報に追加されます。

そして、審査において、複数の申し込みがあることが分かれば、金融機関としては、その申込者は要注意と見てしまいます。つまり、借りるだけ借りて逃げてしまうのではないかと疑われてしまうのです。

次に気を付けなければならないのは、これも個人信用情報に関することですが、事故情報がないことです。

事故情報というのは、3カ月以上延滞をしたことがあったり、ローンそのものを踏み倒したことがあったり、或いは債務整理をしたことがあった場合に、個人信用情報に記載される情報の総称です。

事故情報は、信用情報機関によっても異なりますが、5年から長い場合には10年間は保存されます。

そして、事故情報がある人に対しては、どのようなローンを申込んだとしても、審査に通ることは極めて困難になります。

そのため、おまとめローンをするときには、必ず1社に絞って、自分が最も良いと考える金融機関に申し込むことが大切です。

そして、現在の多重債務の状態を早く脱することです。もしも、延滞などをしてしまったら、申し込みさえできなくなってしまいます。

その他の条件としては、ローンを申込むときには当然のことですが、年収や勤続年数がチェックされます。

年収によっては断られることもありますし、勤続年数が短すぎると、安定した収入を得ていないと見做されてしまい、やはり審査に通ることが難しくなります。

また、現在何社から借入しているかということも重要になってきます。6社借入というのは、ローンを1本化するための審査ではかなり厳しい条件となりますが、必ずしもそのことが理由で審査に落ちてしまうわけでもありません。

そのため、審査に通ろうとして、虚偽の申し込みはしないようにしておくことが大切です。

現在どこの金融機関から借入を行っているのかは、個人信用情報を確認すればすぐに分かることです。

従って、申し込みの際に虚偽の記述をしてしまうと、そのことを理由に審査で落ちてしまう恐れもあります。

多重債務であるからローンを一本化したいというのは、申込先の金融機関には分かっていることですから、正直に申込むことが大切です。

なお、申し込みをする前に、ローンを一本化することについて金融機関の担当の方に相談するのは自由ですから、積極的に相談すべきです。

相談したという事実までは、個人信用情報には記録されませんし、相談料などは取られません。

自分がローンの一本化ができるかどうかについて、先ずは相談してみることが、審査に必ず通るための最善の道です。

相談を受けた側としても、嘘を言うわけにはいきませんから、相談者の現在の借り入れ状況を聞き出して、自分の会社ならばローンの一本化ができるかどうか、審査に通るような条件かどうかを確認してくれます。

また、おまとめローンを申込むならば、出来るだけ早い時期に申し込んだ方が、総支払額が少なくなり、延滞などの危険も少なくなります。しかし、1年間の中で考えると、審査に通り易い時期というのが存在します。

それは年度末です。年度末というのは、就職や転勤などで多くの人が引っ越しをしたり、新たな買い物などをするために、お金が必要となり、ローンを申込む人も多くなるからです。また、年度末は、どこの金融機関もノルマ達成などに動く時期でもあります。

従って、年度末に申し込めば、審査に通る可能性がわずかですが、高くなる可能性があります。

しかし、だからと言って、ローンの一本化を1年近く待つのならば、早めに申し込んだ方がお得です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.