三井住友カードの借入に成功した人っているんですか?

審査が厳しいと言われている三井住友カードですけれども、これって借り入れができた人っているんでしょうか。

三井住友カードの広告を見るたびに「こんなこと言ってるけど、借りられないんだよなー」と私は思ってしまいます。

一般的にあまり三井住友カードを使っているという人も見かけないですし、借り入れが出来る人なんていないと思っていますが、どういう人が借りているのでしょうか。

審査に通って使っている人はどういう人なのですか?

三井住友カードの借入は正社員の人がメインだ

ネットの口コミなどを見たら絶対にこの業者の名前が出てきていて、見ない日はないというくらい有名ですね。

三井住友カードの借入が厳しいというのはよく知られている話ですが、正社員の人がメインで使っていると考えていいでしょう。

あまり他の人は使っていないので、パート・アルバイトや派遣社員で働いている人からすると「使っている人は本当にいるの?」と思ってしまいますよね。
(⇒バイトの人でも借入していいの?

でも実際に存在します。ちゃんと三井住友カードを使っている人はある程度お金をもらっている人が多いようですね。正社員の人で起業の規模も大きめのところが多いというように聞いています。

三井住友カードじゃなくて他のカードローンもあるじゃないかと思うでしょうが、使っている人にしてみればそれで十分ということなのでしょう。

そもそも三井住友カードについては審査が厳しいということも言われているし、それに加えてあまり条件が良くないというようなことも言われています。

確かに限度額ももっと高いところもあれば、利率ももっと低いところを選ぼうと思えば選べます。ですが、三井住友カードは業界の標準よりも圧倒的に良いのは間違いありません。

そしてよほど消費者金融や銀行系カードローンの利率や使い勝手にこだわっている人以外には、三井住友カードで十分事足りているのです。

使えるATMは多いですし、利率もそこそこ安いし借入金額も十分という感じで、一般的に借金を少しだけ使いたいという人には三井住友カードはいいカードローンなのです。

借入に詳しい人やよくカードローンや消費者金融を使うという人であれば、確かにこういう消費者金融や銀行系カードローンにこだわるので、三井住友カードはいまいちだというように感じるのかもしれません。

しかしそれ以外の一般の人達にとってみたら大手ですし十分な機能を備えているカードローンだと評価されています。

そういうお金をある程度持っていて正社員の人で、借金をさほど使わないという人に支持されていると言えるでしょうね。

【参考ページはこちら】
三井住友銀行はキャッシュカードでも借りられる?

三井住友カードローンとプロミスなど銀行と消費者金融の借入関係

どうしても急にお金が必要になって誰にも借りることができなくなった時、消費者金融や銀行のカードローンなどのキャッシングはありがたい存在です。

テレビコマーシャルなどで大手の消費者金融や銀行がキャッシングの宣伝をしていたり、街中でキャッシングの会社の看板をよく見かけたりして今や有名な金融会社の名前は知らない人がいないくらいです。

大手の金融会社以外にも中小の金融会社はいくつもありますが、そんな中でもしキャッシングをするとすればどのようなところを選べばよいのでしょうか。

まず銀行と消費者金融ですが、どちらもキャッシングをするには年齢制限があります。満20歳以上の成人で、60歳から70歳くらいまでの安定した収入がある人が借入の申し込みが可能です。

お金を借りたら利息を付けて返済していきます。中小や無名の消費者金融に関しては不確かな部分もありますが、銀行のカードローンも大手の消費者金融も利息は同じくらいです。だからどちらでもあまり変わりはありません。

ただ違うところは限度額です。消費者金融は貸金業者なので貸金業法という法律の対象になります。

貸金業法の中には総量規制があって年収の3分の1までの額が最高貸付限度額となります。

他社で借りていてもその分と合わせて年収の3分の1までの額ということになるのです。

しかし銀行の場合は貸金業者ではないので総量規制の決まりの対象にはばらず限度額はその限りではなく個々の銀行が定めています。

それでも利用者に見合った額で無理なく返済できる範囲の中でその利用者の限度額を決めています。

またどちらも申し込み後には審査があります。初め申し込む際に年齢や年収、勤務先などを自己申告して融資の条件に合っているかを簡単に機械で審査をします。

そして次には金融会社の人によって本審査が行われ、お金を貸してもきちんと返済してもらえる人かどうかを調査するのです。

その本審査のためには本人確認の証明書類や収入を証明する書類の提出が必要になります。

最近はメールで提出することができるところも多いので、即日本審査をしてもらえることも可能です。

また金融会社によってはある一定の借入額までなら収入証明書を提出しなくていいところがあリます。

さらに本人が実際に自己申告した勤務先に在籍しているかを確認するため個人名を名乗って勤務先に電話をかける在籍確認を行うこともあります。

そのような調査や金融機関内での情報網を使って現在と過去の他社からの借入の有無やその額、返済状況などを調査し、申し込んできた人の信用度を調査し、審査基準にあっていれば審査に通過ということで融資を受けることができるというものです。

それらの審査は消費者金融でも銀行でもそれほど変わりありません。

最近では大手の銀行と大手の消費者金融が同じグループになり、共同してキャッシングを行っているところもあります。

たとえば三井住友銀行はプロミスという名称で知られているSMBCコンシューマーファイナンスという消費者金融と同じグループでキャッシング事業を行っています。

プロミスという独立した消費者金融もあるけれど三井住友の銀行カードローンも一緒に展開しています。三井住友銀行カードローンの保証会社がSMBCコンシューマファイナンスとなって審査も手掛けています。

三井住友銀行のカードローンは三井住友カードを持っている人はすぐに融資をしてもらうことができます。

返済よに使用する普通預金のキャッシュカードでも借り入れることができ、ない場合にはローン専用のカードを発行してもらうことで借入を申し込むことができます。

三井住友銀行カードローンは最高の限度額が800万円で10万円単位で申し込むことができます。

また利息は年4%~14.5%で100万円以下の融資の場合には年12%~14,5%の利息がつきます。700万円から800萬円という多額の融資の場合は年4%~4.5%になります。

利用できるATMもたくさんあり、三井住友銀行をはじめ、@バンク、イーネットのコンビニATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行のATMなどで融資を受けたり返済をすることができるので、必ずしも充住友銀行を探していく必要がなく便利です。

プロミスを利用したときも三井住友銀行、イーネット、ローソン、セブン銀行のATMを利用して融資を受けたり返済をすることが可能です。

このように三井住友銀行のカードローンと消費者金融のプロミスは提携しているほどなので銀行でキャッシングをしても消費者金融でキャッシングを申し込んでもそれほど変わりはないということです。

三井住友カードは他にも三井住友VISAカードというクレジットカードもあります。ショッピングの時に支払うときにカードで支払うことができます。

カード会社が立て替えて先に払ってもらうものを後で支払っていくためのクレジットカードです。

これも借入したことと同じになり、一回払いから何回にも分割して支払うリポ払いという払い方があります。リポ払いになると利息が付いてきますがその分毎月の支払が楽になります。

またクレジットカードもキャッシングと同じように審査によって利用限度額が決められています。

どのカードを発行するにしても審査があり、クレジットカードを発行するときも他社での借り入れが多かったり返済が滞ったことがある場合などは審査に落ちてカードが発行できないこともあります。

金融機関同士での情報があって、他のところでどのくらいのキャッシングを使用していてきちんと返済ができているかどうかについての情報は必ずどの金融機関でも知り得るので、キャッシングの時もクレジットのときもカードを作る際には虚偽の申告はできません。

虚偽の申告はまたブラックリストに載ることになるので、必ず正しい申告をするようにすることが大切です。

キャッシングは急にお金が必要になった時に利用したいところなので、つい有名なところに申し込んでしまうことが多いでしょう。

特に消費者金融の場合は無名なところより有名な大手のところの方が信用ができると思うことでしょう。

しかしそのようなところもたくさんあります。利息も金融会社によって多少の違いがあります。

少しでも利息が低い所、自分の条件で審査に通りやすいところ、少しでも多く貸してもらえそうなところを事前にチェックしておくことも必要なことです。

キャッシングを申し込むときには、審査に落ちては困るので、どこか1社でも融資を受けられればということで複数の金融会社同時に申し込無ことがありますが、それも審査に落ちる要因となってしまうので、はじめから「キャッシングを申し込むならここ」という金融会社を決めておくとよいでしょう。

インターネットでは各金融会社がホームページに詳細が記載されています。利息、限度額、特典などを知ることができ、返済シュミレーションも行うことができます。

そのようなホームページを見てどの金融会社が自分に合うのかをあらかじめ知っておくとよいのです。

そしてどの金融会社でキャッシングを申し込むとしても、はじめから年収の3分の1までの額を限度としてその額まで融資をしてもらえるものではありません。

初めは低い限度額から設定されて数か月間きちんと返済されているか様子を見てから増額も可能になるのです。

お金の貸し借りはお互いの信用に関わるものです。家族や友人に借りてきちんと返さないと信用を失って縁が切れてしまうことにもなりかねませんが、金融会社でも同じなのです。

キャッシングを申し込む方が信用できる金融会社を選ぶ野と同じように金融会社の方もいきなり申し込みにきた人のことを何も知らないのにお金を貸すということはできません。

だからお金を借りたい時はじっくり事前に調べて自分に合うところを選んでおき、金融会社側もじっくり審査をしてお金を貸してもよい人かどうかを確認するのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.