三井住友銀行のカードローンはカード紛失時どうしたらいいの?

三井住友銀行のカードローンを利用していますが、クレジットカード紛失してしまった場合、どのように対処すればよいでしょうか?

すぐに銀行に連絡をして利用を停止してもらいましょう!

クレジットカードを紛失してしまった場合に恐ろしいのは、他者に悪用されてしまうことです。ショッピングに使われたり、キャッシングされてしまったりと、被害は多岐にわたります。そしてそれらの支払いをするのは、紛失してしまった、あなたということになります。

他者から悪用されてしまった場合、警察も動くし、保証もしてくれるだろうから大丈夫だろうと、簡単に考えている方がいますが、これは非常に危険です。それらの被害のうち、保証のきかないケースも多くある為です。

まず、キャッシングをされてしまった場合、保証されません。キャッシングには暗証番号が必要なため、これは本人しか知りえないものとされるため、保証の対象外とされてしまうようです。また紛失してしまった場所が、自宅や、友人宅であった場合なども、保証されません。

カードの管理を他人に委託していた場合、その管理者が不正に利用した場合なども、保証対象外となります。絶対に他人に暗証番号は教えないようにしなければなりません。誕生日など、簡単にわかるようなものを暗証番号にしている場合もNGとなるケースがありますので、注意が必要です。

ですので、まずカードを紛失してしまったと気づいた際には、真っ先にカード会社に連絡して、利用の停止を申請しましょう。三井住友銀行の場合、それから自宅に申請書類が届くので、必要事項を記入して、本人確認資料(免許やパスポートのコピー等)を返送すると、再発行の手続きができます。カード、通帳それぞれに1050円の再発行手数料がかかりますが、悪用されることに比べると、随分と安いものであると言えます。

三井住友銀行のカードローンカードを紛失した時にまず連絡する先

カードの様々な紛失の状況
三井住友銀行のカードローンを利用していてカードを紛失した時には注意が必要です。三井住友銀行に限らず、カードローンのカードが手元からなくなるその理由には、落とした、盗まれた、そしてどちらかわからないが手元にカードが確認できないという三つのパターンが考えられるでしょう。

盗難など紛失がはっきりしている場合は
盗まれたのであればほとんどの場合、警察に盗まれたということを伝え、その次の段階として銀行にカードローンの利用停止の連絡をします。盗まれたということが判明している場合でなくとも、置き忘れで置き忘れた場所にそのものがない場合には誰でも同じような手続きをすることになるでしょう。

大きな問題に発展することは少ない
この場合には特に大きな問題に発展することはありません。見つかれば警察を経由して連絡が来ることになりますし、カードの利用を一時的に止めていますので仮に見つからなかったとしても悪用される可能性はありません。しかし、紛失するときはこのようなパターンだけではないのです。

問題は紛失したと確実に言えない場合
例えば、どこ紛失したか分からない場合があります。「どうせどこか家の中から見つかるだろう、家からは出していないのだから」そんな考えを持ってしまったらアウトです。自分が気づいていないだけで自宅に空き巣が入っているのかもしれません。手元にカードが確認できないにも関わらず放置していれば、自分の知らないところで悪用される可能性もあります。

手元で見つからないということは紛失!
特にこの場合には警察に連絡もしていなければ利用停止の連絡もしていません。暗証番号を正しく入力されてしまえば、確実に悪用されるということになるでしょう。その利用の内容によっては支払いを自分で行わなくてはならないこともあるかもしれません。手元にカードが見つからない場合には一旦必ず利用停止の連絡が必要です。

置き忘れは発見されていても確実ではない!
そしてもう一点、特に注意が必要なのが置き忘れなどの場合です。置き忘れた場合で、その置き忘れた場所に物が確認できなければ冒頭のように誰でもまずは利用停止の手続きを行うことになります。しかし、電車やタクシーなどに置き忘れた場合には思ったよりもすぐに紛失物が確認できることもあります。

利用停止の手続きを行わないこともある
このようなすぐに確認できた場合には、多くの人が利用停止の連絡を行いません。しかし、実際に物を受け取りに行ったところ、その中身が盗られていたということもあります。置き忘れで確認ができたとしても、見つけた人が中まで確認して確実に保管しているとは限りません。特に電車などの不特定多数が利用する場所での置き忘れは、ものを受け取り中身を確認するまでは一旦カードの利用停止を行っておくほうが良いのです。

紛失でも連絡を行わないパターンは注意が必要
この二つのパターンは同じ紛失でもその時の対応が大きく変わってくるものの一つです。手元にカードがないのであれば、仮に紛失物が見つかっていたとしてもまずは利用停止の連絡を行うのが得策です。一度利用停止を行ったからと言ってそのカードが利用できなくなるというわけではありません。再度発見したということを連絡すれば、また利用できるということを考えれば、まずは一本連絡をしておくことは有用なことなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.