ワンルームの不動産投資!銀行からの融資は受けられる?

不動産投資として、ワンルームマンションの購入を考えています。不動産投資には銀行はお金を出してくれるとどこかで聞きました。融資を受けることは可能でしょうか?

不動産投資としては、銀行は融資してくれません

不動産投資という名目では、銀行は融資をしてくれません。しかし、融資を受けることは可能であるといえます。どういうことかというと、銀行側は、それを「不動産投資」としてではなく、「不動産賃貸事業」に対する融資として行うという見方をしてくるということです。

あくまで、銀行側は事業に対する融資をしているという感覚を持っていますので、当然、審査の際にもそのように見てきます。物件自体の賃料、換金能力、あなたの給与などを総合的に、個別審査します。

給与を審査する際には、給与の安定性が重要視されます。変動性の高い職種であれば、現時点での給与が高いとしても、信用性といった点からはマイナスの評価を受けてしまいます。逆に、給与に安定性が認められれば、それに見合っただけの評価は得られるということになります。

物件の換金能力を審査する際には、立地やその他の条件と、賃料とを照らし合わせ、十分に賃料収入を得ることができる(見込みがある)かどうかを審査されることになります。あまりにも無計画、または突飛な賃料設定などをしていると、銀行に相手にされなくなってしまう場合があります。賃料設定については慎重に検討すべきかもしれません。

以上の点を充分にクリアーしていたら、銀行からの融資を受けることは可能です。上述したように、銀行はあなたと、その物件の返済能力を見て判断しますので、そのことをしっかりと頭にいれて計画を立てておきましょう。

ワンルームマンションを購入するのに銀行から融資を受けれるか?

ワンルームマンションからの家賃収入生活
ワンルームマンションを購入して家賃収入を得ることができれば、日々の生活はグッと楽になります。銀行から融資を受けてマンションを購入して収入を確保する。確かにその後の生活が楽になることは間違いありませんが、銀行からの融資を期待して購入を予定するのであれば、注意しなければならない点も多数存在するのです。

ワンルームマンションを担保にしての銀行融資
まず最も大切なのは、例えそれがワンルームマンションなどのそれほど高額ではない物件だとしても、不動産購入の為の資金を銀行から借り入れると言うことは決して簡単ではないということです。一般的にワンルームマンションの購入資金を銀行から融資を受けれる可能性はそれほど高くないということは知っておく必要があるでしょう。

融資が受けれた時ほど要注意
更に、もしも資金の調達が可能だったとしても、その融資は個人の信用に対して融資された資金となります。つまり、その後の生活の中でカードローンやその他ローンを申し込もうとした場合に、審査に通らなくなるということもあるということです。融資の内容によっても性質は変わって来ますが、信用情報に対する影響にはそれほど大きな違いはありません。

次のマンションを購入できるほどの資産価値
そもそもワンルームマンションを購入してそれを担保に融資を受け次のマンションを購入しようとしても、そのワンルームマンションで融資を受けれることはほぼ、ありません。人によっては融資を受けれたと言う人もいるようですが、それを繰り返して資金を調達し、マンションの収入を増やしていくという方法はまず無理でしょう。

問題はそのマンションを担保とできるのか
ワンルームマンションは立派な不動産ですが、住宅としての担保の価値はほとんどありません。そのような物件を担保にしてお金を借りることができた場合には、既述の通り個人の信用に対しての貸付になってしまっている場合が圧倒的な多数です。ワンルームマンション以外にも、木造のアパートなどを担保にして家賃収入での生活を夢見ている人は注意が必要なのです。

余っているマンションを販売している業者
最近では借り手のいなくなったワンルームマンションなどを積極的に販売している業者もいます。その誘い文句には家賃収入が得られる、家賃収入で生活できると言った、誰もが心揺らぐような美辞麗句が多く含まれています。このような誘いの電話に乗ってもほとんどの人が資産価値のほとんどないワンルームマンションを手にすることになるのです。

大切なのはそのマンションの資産価値を見極めること
そうはいっても場所や建物によっては充分に資産として利用できるマンションもあります。需要の高い大学の周辺などの安価なワンルームマンションなどはその良い例です。マンション経営で収入を得たいと考えているのであれば、まずはそのマンションに飛びつくのではなく、資産価値としてそのマンションが割高なのか、割安なのか、しっかりと値踏みするための知識が必要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.