50才から家を建てる場合だと借入金によるローンは無理ですか?

私は近々家を建てたいと思っている者です。独身だったので持ち家は必要無いかなと思っていたのですが、長年マンションで暮らしていると支払い続けた家賃というのが勿体ない気がしてきて、その支払った分で家が建てられたのでは…と考えると、居ても立ってもいられなくなりました。

というわけで、家を住宅ローンで建てたいです。

ただ、ここで一つ問題が…実は私の年齢は、すでに50歳なのです。だからこそキリが良いという事で家を購入する気になったのですが、そもそも住宅ローンとかで借入金を用意してもらえるのって、若くて元気な人が多いですよね?

元気という意味では若い方にも負けていないと思っていますが、さすがに若さというのは誤摩化しようがありません。

となると、この50歳からの住宅ローンというのは、年齢によって無理と判断されてしまうのでしょうか?

私はこれでも一応会社でも役員と呼ばれている立場ですし、そこそこ給与はもらっているし安定した立場のつもりです。

住宅ローンを組んでも借入金はきっちり返していけるつもりですので、どうかご助言をよろしくお願いします。

返済期間を短くすれば期待できるかもしれません

家賃よりも住宅ローン!…と昔なら言えたかもしれませんが、現代では不況もあってとてもそうすぐには判断出来ません。

ただ、やっぱり持ち家の方がメリットも多い事を考えると、年齢に関係なく住宅ローンを夢見る人は多いでしょう。

一括で購入できれば家もお得ではありますが、数千万にもなる事がある買い物を完全に一括で処理するというのは、難しいですからね。

しかしながら、住宅ローンというのは他の融資に比べても年齢というのは重要です。

他の融資よりも返済期間が長いという事を考えれば、人生においてもそう何度も組むものではありません。

ゆえに年齢制限も無いというわけではなく、申し込み可能年齢で言えば最大でも70歳までとも言われています。

質問者さんのご年齢から考えるに、返済期間の猶予で考えれば20年ですので、悠長な事は言えないかもしれません。

しかし、住宅ローンを組みやすくするコツを使えば借りやすくはなるでしょう。

・返済期間をできるだけ短く
これは基本中の基本ですね。返済期間が短いという事は毎月あたりの負担額がとても多いという事ではありますが、その分総返済額はカットできますし、金融業者が嫌う年齢に関するリスクも軽減できます。

50歳なのに30年以上のローンなどを希望すれば、定年後にも多額の返済を残す可能性が高く不安は大きいのです。

・頭金を多めに入れる
頭金というのは、先に購入金額の何%かを支払うという事です。

これは絶対ではありませんが、先にある程度ローンを支払える人の方が、もちろん最後まで返済するだろうという期待が持てます。

また、頭金を入れれば上記の返済期間短縮にも繋がりますので、高齢者ほどその利点は大きくなっていきます。

頭金は入れる割合が多いほど有利なので、余裕があれば相談の上入金額を決めてください。

この二点を抑えると、多少は年齢による住宅ローンのリスクを軽減できます。普段よく使っている銀行があるのなら、そこをメインに相談してみてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
借入のおすすめQ&A

50才で家を建てる為のローンと借入金について

家は一生の買い物と言われています。

家を購入する事は高額な買い物をする事になり、また一生残るものです。

自分が死んだ後も、家はずっと残るものでしょう。

ですから、家族がいる方はいずれは自分の家を持ちたいと願うのです。

子供がいると特に家を持ちたい気持ちは高まるそうです。

アパートなどですと子供が泣いたりと騒ぐので、近所に気を使います。

ですから、益々持ち家の必要性があるのです。

子供だけでなく、自由にインテリアや内装をデザイン出来る点もメリットの一つでしょう。

自分の家を自分の好きな様にデザイン出来るのは、大変嬉しい事です。

大体多くの方は、家の建設は30代や40代で行います。

何故かと言うと家は高額な金額になる為、住宅ローンなどの借入をする方が殆どです。

本当に裕福なお金のある方でなければ、一括現金で支払う事など出来ないでしょう。

日本の一般家庭では、家を建てるにはローンを組むのが一番です。

ローンは20年や30年で支払いを終えるので、出来るだけ早くローンを組む事が必要なのです。

だからと言って、20代など若い内は収入が少ないので、中々審査に通る方が少ないです。

30代以降になると徐々に収入が増えますし、係長など役職に就く人も多いので審査には通りやすくなるのです。

逆に年齢が50代になると定年退職が間近になります。

ですから、20年や30年のローンを組むと無職の期間にも返済する事になり、審査に通らない事もあるのです。

審査に通っても、借入金が少ない金額になる事もあるでしょう。

50才で家を建てるのは、本当に大変なのです。

50才で家を建てるには、まず頭金を多く払い、借入額を少額にする方法があります。

頭金を一括で多く払うには、相当な貯蓄をしてる事が重要でしょう。

頭金を多く払う事で、借入金を少なくし、審査に通りやすくするのです。

しかし、実際には子供の教育費などで貯蓄があまり出来ないのが現状でしょう。

退職金を前借して、頭金に充てる方もいます。

また、返済期間を短くし、月々の返済金額を増やす方法もあります。

これは毎月の収入がかなりある事が重要でしょう。

実際には、転職していたりで収入が少ない方もいます。

転職する事で、長年同じ会社に勤めている方に比べると収入が少なくなってしまうのです。

しかし、今の日本は大変厳しい経済状況です。

裕福なのは、一部の大手有名企業だけでしょう。

収入が増えるどころか円安の影響などで倒産する会社も多いのです。

色々な理由から転職を余儀なくされる方も大勢います。

退職金を充てにしても、実際何度も転職を繰り返していると退職金も少ないケースもあります。

これは女性の貧困問題にも繋がります。

今の会社は、出産や育児で休暇を取っても、引き続き復職出来る様な体制を取りなさいと国から指導されているにも係わらず、中々復職出来ないのが現状です。

出産や育児によって、他の職員の負担となり、それが会社の不利益にも繋がるからです。

ですから、今での多くの女性は出産すると会社を退職する方が多いです。

育児休暇、出産休暇はあるけれど使用出来ない環境なのでしょう。

そこで、一旦会社を辞めると正社員で雇用してくれる会社は中々ありません。

特に30代や40代となるとパートやアルバイト、派遣社員などになってしまうのです。
(⇒派遣社員はどのくらい借入できる?

結婚しているなら、旦那さんの給料もあるので心配ないですが、離婚は年々増加しています。

ですから、日本では母子家庭が増加傾向にあるのです。

今後も、独身女性と母子家庭の貧困は増加するだろうと言われています。

女性の貧困問題と同じ様に男性も一度会社を退職すると給料が再度低いところからスタートします。

余程仕事の能力を高く買われて転職した以外は、同年代の人よりも給料は下がるのです。
ですから、転職は余程の事が無いとおススメしません。

リストラや自分の夢の為に転職するなら仕方ありません。

しかし、人間関係などの理由でしたら、我慢して働く事も必要でしょう。

家族が居ない方なら転職しようが良いのです。

子供が居て、専業主婦の妻が居る方は、慎重に考えてください。

本当に転職が良い事なのかジックリと考えましょう。

また、妻が専業主婦でなく、夫と同じ位の収入があれば、借入金は違ってきます。

月の返済金額を増やす事も頭金を多く払う事も可能です。

今の日本の共働き夫婦はかなり多いです。

むしろ専業主婦の数が少ない位です。

それだけ、経済的に厳しい状況が続いていると言えるでしょう。

昔は専業主婦の方が殆どでした。

しかし、今は夫婦で働く方が多いのです。

夫婦共働きが増えた事も、少子化の要因の一つでしょう。

働いて育児をし、また復職する事は女性にとって大変負担です。

出産や育児で、一旦キャリアがストップするのです。

1年や2年キャリアがストップすると周りとかなり差がついてしまいます。

ですから、子供は欲しいけど一人でいい!と思う夫婦が多いのです。

夫婦で収入があると高額なお金を借りる時に大変有利です。

しかも、子供の居ない家庭でしたら、子供にかかる教育費も無いので、大変余裕のある生
活が出来るでしょう。

50才で家を建てるのも問題無いと思われます。
貯蓄も相当あると思うので、相当の金額の頭金を用意でき、返済期間を短くし、月の返済金額を高くします。

夫婦で50才でも、同じ様な収入があれば、審査も通りやすいでしょう。

夫婦共働き、大手有名企業に勤めていて給料が凄く高い、元々資産がある家であるなど家が裕福でなければ、審査を通るのは難しいのです。

しかし、どうしても家を建てたい!と言うのでした、借入する企業を慎重に選ぶ事です。

50才でも、色々な話を聞いてくれ、融通してくれる企業は存在します。

多くの企業や銀行は、難色を示す事でしょう。

審査すら通らないかもしれません。

しかし、中には貯蓄や退職金など色々な点から見てくれ、相談に乗ってくれる企業も存在します。

企業の中には、50代以降からの借入を商品としているところもあります。

年収や勤務期間だけで審査せずに色々な視点から審査してくれるのです。

もし、50代から家を建てたい!と言う考えの方は、まず融資してくれる企業を探す事を始
めましょう。

企業では、色々な融資の商品を扱っています。

その商品は企業や銀行によって違います。

色々な方に借入して欲しい事から、色々な方向けの融資の商品があるのです。

家を建てたいなら、本当だったら30代や40代の若い内にお金を借りて、家を建てた方が良いです。

何故なら、審査に通りやすいですし、返済が楽だからです。

しかし、子供にお金がかかり、30代や40代はそれどころでは無いかもしれません。

やっと子供が独り立ちして、子供にお金がかからない様になった時は、50代になっているケースもあるのです。

50代になってようやく、家を建てるかどうか考える事が出来る様になるのです。

今は特に晩婚化が進み、子供が独り立ちするには両親はかなり高齢になっている可能性が高いです。

ですから、これから益々融資の商品も色々なパターンのものが出てくるでしょう。

この年齢じゃ融資は無理だと思わずに色々な企業や銀行を探す事も手段の一つです。

今は、パソコンや携帯電話などから色々な情報を検索出来ます。

検索し、良いなっと思った企業や銀行にまずは連絡をしてみましょう。

相談の結果ダメでも、世の中には驚く程の企業と銀行が存在します。

どこかにお金を貸してくれる企業や銀行は存在していると思い、探しましょう。

しかし、注意しなくてはいけないのが、ブラック企業から間違って借入しない事です。

金利が高く、返済が大変です。

しかも、返済が滞ると取り立ても強引なのです。

貸してもらえると喜んで契約したところブラック企業では、借金は増えるばかりです。

ですから、企業や銀行選びは十分にそして慎重に行って下さい。

家は一生物の買い物です。

高額な買い物ですので、若い内から貯蓄をして置きましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.