借入一本化をしたいのですが銀行は相談に乗ってくれますか?

今、借入の一本化を検討しています…私は忠盛(仮名)と申します。

ちょっと前に欲しい物がたくさん出まくった事もあって、多額のお金を複数の金融業者から借りてしまいました。

そのおかげで、今は返済に苦しんでいます…欲しい物を目の前にして、冷静さを失っておりました。

後悔ばかりをしても仕方ないので、返済を前向きに終わらせようとしたのですが、毎月複数の金融業者からお金を請求されるのって、精神衛生上でも良くないですし、一ヶ月に複数の返済日があるという事で、お金の計算もとても大変です。

引き落とし口座を光熱費の口座と同じにしているので尚更です。

だから、借入の一本化というサービス利用も考えているのですが…一本化の前に、是非とも相談してから考えたいと思っています。

というのも、以前はお金をたくさん無計画に借りた事で困ったので、一本化をする時くらいはきちんとしたい…その為には相談が必要だと思ったのです。

それで、普段使っている銀行での相談を今は考えていますが、一本化の相談なんて銀行は乗ってくれますか?

何だか申し込み用紙を一枚だけ渡されてさっさと話を先に進められるのではないかと思うと、なんと言うか不安です…自分の撒いた種ではありますが、本当に乗ってもらいたいです。

一本化の相談は可能かどうか、どなたかお答えをよろしくお願いします…。

もちろん相談はOKです

人間ってどうしても欲しい物がありますと、ついついそちらを購入する事で頭が一杯になってしまいますよね。

忠盛さんも同じようについたくさん使いすぎただけだと思います。これを機会に反省すれば問題無さそうです。

とは言え、反省するだけでは無く返済はしなくてはいけませんし、その返済の為に融資を受けないといけないというのも分かります。

で、問題は相談できるかどうか…ですね。金融業者というとどこも閉鎖的で、銀行となると何だか重いイメージが強く難しそうに思えます。

でも、それはちょっと深刻に考え過ぎというものです。銀行の窓口などに向かってみると分かりますが、ほとんどの場合は丁寧な応対をしてもらえます。

銀行だって客商売であり、ライバルというのは多数存在しています。銀行というイメージは安定がありますが、やはり他行との競争なのです。

借入の一本化をするとなるとおまとめローンの相談となると思いますが、その相談をないがしろにされてしまえば、他行でも扱っているわけですから、そちらに行くのは容易に想像出来ます。

おまとめローンとて利息を取るサービスである以上、きちんと銀行の利益になりますから、ちゃんと相談にも乗ってくれます。(こちらもご参考に→借入の利息についてもっと詳しく

さらに今回は普段使っている銀行という事で、融資以外の取引がある顧客という事でさらに蔑ろにはできません。

遠慮なく融資に関しても相談してみて、そして相手の話を聞きつつも気になった事は何でも質問しましょう。一本化とて下手をすれば、損をする可能性もあるのです。

【参考ページはこちら】
借入の一本化は具体的に何をする?

複数の融資をまとめたいときの借入一本化の相談のポイント

少額の融資を複数の金融機関から受ける事で、高い金利を適用される場合が多くなります。

このケースでは融資を受ける上では不利な条件となってしまいますので、借入一本化などの方法を用いて金利の負担を大幅に減らす事が効果的です。

この返済方法を用いれば、返済総額を大きく減らす事も可能になるのです。

複数の借入一本化を検証する際には、現在利用している各サービスのそれぞれの金利を調べてみることで、簡単に金銭的な負担の大きさが分かります。

一般的には、少額の融資を受けると高めの金利設定になってしまい、毎月の支払いの負担になるために注意が必要になるのです。

このサービス利用が複数になれば、それだけ金利の負担も大きくなる為に、現在利用している個々のサービスの金利負担を把握しておく必要があります。

しかし、融資限度額が大きなサービスは、最高の金利は一般的なキャッシングやカードローンよりも大幅に小さくなっており、他のローンに比べて低い負担であるために、複数の債務をまとめるには最適なサービスとなっているのです。

このようなサービスに借り換えを行う際には、より長い審査時間が必要になり、必要書類の提出数なども多くなる傾向がある為に、予め融資を提供している金融機関の担当者の方に相談し、適切な申し込み方法やサービス利用の指導を受ける必要があります。

この債務をまとめる事が出来るサービスは、限度額が非常に高くなることが多く、一般的な消費者金融系のサービスよりも高額な融資が受けられるようになっています。

多くのおまとめローンと呼ばれるサービスは、大手金融機関が提供している事も多く、銀行などが一般的に提供しているサービスです。

通常のカードローンなどでは、サービス初回利用の限度額が数十万円単位である事が殆どですが、このような債務の一本化を目的としたローンは数百万円単位の融資が多くなっており、この融資限度額に応じて、非常に有利な金利が適用されるようになっているのです。

また、サービスの種類によっては、幾つかの条件を満たした申込者の方に、より大きな限度額を割り与えるなど、特別な処置も講じています。

具体的には、現職での勤続年数が長期間であることや、年収で一定の基準を超えているなど、各業者がそれぞれ異なる基準を採用しているのです。

この借入一本化ができる融資総額の大きなサービスには、通常は年齢制限があり、二十歳程度から申し込みが可能になります。

また、申し込み年齢の上限は六十代後半となることが多く、安定した収入が認められれば、融資を受ける事が出来るようになっているのです。

そして、勤務先に関連する審査項目は重要で、数年以上の勤務履歴が確認できる事や、個人自業主の方などの場合は、より長期的な経営実績などが審査される傾向があります。

また、配偶者に安定した収入がある場合などは、より融資が受けやすくなる事もあり、このようなケースでは審査に有利な条件となる事もあります。

そして、勤続年数という審査項目に加え、雇用形態は融資総額の大きなサービスに申し込みを行う上で重要なポイントです。

これは各業者の設定する条件を満たしていれば、非正規雇用の形態で働いている契約社員や派遣社員の方でも申し込みが出来ますが、アルバイト勤務などで年収が低い場合や、勤続年数が基準に満たない場合は注意が必要になります。

そのため、そのほかの審査項目で高い評価を得る事も重要になり、必ずしも正社員である必要はありませんが、予め審査で有利になる条件を用意しておく事も重要なポイントとなります。

この複数の借りいれをまとめるメリットは、融資に適用されている金利を下げることに加え、返済計画がたてやすくなるというポイントもあります。

これは返済が統一されることで、返済にまつわるあらゆる手続きが簡略化され、支払い全般が把握しやすくなるというポイントです。

この幾つかの借入をまとめることで、金利負担を大きく下げる効果が期待できますが、これは通常のキャッシングやカードローンなどの場合は、比較的高額な金利が割り当てられている為です。

しかし、融資条件の良いローンに借り換えを行い、借入限度額が大きくなることで、適用される金利負担は安くなる傾向があり、継続的な返済でローン残高が減少していくことで金利が安くなるように設定されているサービスもあるために、返済がしやくなっているのです。

複数のキャッシングなどを利用している方の場合は、数十万円単位のお金を数社から借りている場合が多くなります。

このような場合は、それぞれのサービスで比較的高額な金利負担を強いられている事が殆どで、三社以上から高額な金利負担での支払いを強いられる事は、金利だけでも大きな負担となるのです。
(⇒3社以内なら複数借り入れしても大丈夫?

この利息負担が年単位で加算されれば、最終的には非常に高額なものとなります。そのため、複数の借入を一社にするローンは、大幅に年間の金利負担を節約するものとなり、毎月の支払いも楽になるのです。

そして、毎月の支払いに振り込みなどの手数料がかかる場合は、複数の金融機関へ支払う手数料を削減できる事から、このコストにも削減効果があります。そのため、金銭的にメリットの大きなものとなるのです。

そして、このようなサービスの利点としては、返済が一社にまとまることで、支払いに関するさまざまな手続きが必要なくなるという点もあります。

複数の金融機関から借入をしていた場合には、毎月に何度も返済が必要になり、これが一社に総括できれば返済手続きが非常に楽になります。そのため、時間的にも節約する効果が期待できるのです。

そして、融資総額の大きなサービスは、法律の規制の対象外となる事が多く、これまでは年収を基本とした融資限度額を超えてしまうことで新規の借り入れができなかったケースでも、新たに借入れが出来る可能性もでてきます。

これは規制の対象外となるサービスを利用すると、これまでは借入ができなかった消費者金融からも追加でお金が借りられるようになるものです。

このようなケースでは、既に高額な借入れをしているために、新規のサービスに申し込みを行う事は適切な行為ではありませんが、万が一急な入用で現金が必要になった場合には、有効活用できるものとなるために、予めこのような知識を身につけておく事も重要なのです。

通常は、新たに百万円程度までの借入が可能になり、消費者金融などからも借入をすることができるようになります。

また、おまとめローンなどの申し込みで必要となる書類には、基本的な身分証明書として運転免許証や健康保険証があります。

多くのサービスではパスポートも活用することができ、これらの書類を提出して本人確認ができれば、この本人確認の審査項目をパスする事ができます。

おまとめローンの場合は、融資限度額が大きくなるので、各業者が借入限度額に応じ、追加で必要書類の提出を求める事が一般的です。

これは収入を証明する書類などで、希望する借入額が大きくなる場合に必要となりますので、予め金融機関の担当者の方に相談しておく事も必要です。

この融資限度額の大きなローンを利用するときは、適用される金利に注目する必要があります。

特に、現在借りている複数のサービスと比較し、大幅に金利負担が低くなれば、それだけ節約効果が大きくなります。

これはおまとめローンを申し込む際に最も重要なポイントで、どの程度の節約効果があるのかを予め検証しておく事が大切なのです。

これは毎月の負担となってあらわれる金銭的な負担である為に、年間で換算すれば大きな金額となります。

この借り換えを行うことで、毎月の返済額が数千円ほど減少する事は多くあり、年間の返済額では現在の金利負担の大きさに応じて、数万円から十万円単位での節約効果が見込めるものとなるので、非常に有効な返済方法となるのです。

このような高額な融資総額を提供してくれるサービスは、審査にも一定の期間が必要になる事がある為に、予め余裕を持ってサービスに申し込みを行う事が必要になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.