サラ金は銀行で借入できない人に高利で貸し付けるって本当?

融資に関する黒い噂って、それこそ数えきれないくらいたくさんありますよね…最近になって私が気になっているのは、サラ金の存在です。ここって本当に黒い噂ばっかりですよね…。

私が聞いた話だと、サラ金というのは銀行からお金を借入できなかった人たちに、高利で貸し付けている…というものです。

銀行からお金を借りるのは審査が厳しいらしくて、その審査に落ちた人たちの足下を見て貸し付ける…って感じなのでしょうか。

これって商売の常套手段かもしれませんが、やっぱりこうして改めて見てみるとえげつないですよね…さらにサラ金はお金を返せなかった人にはかなり強引な方法で取り立てたり、さらにものすごい利息を発生させてむしり取ろうとしたりと、本当に何で営業できているか不思議なレベルの話ばかりです。

サラ金のこうした噂ってどれも真実なのでしょうか?

私もパート勤務で働いていますのでお金が足りなくなりそうな事が多く、出来ればどこかでカードローンでも作りたいと思いましたが、サラ金はこの調子なら選考外になりそうです。でも銀行に通る自信も無いですし…。

ここまで悪い噂ばかりでもうなかなか信じられませんが、こうしたサラ金の高利貸しとかの噂って本当でしょうか?違うとしたらその部分を教えてくれませんか?

昔はともかく今はルール内での営業をしていますよ

サラ金の悪い話ばかりを聞いてきたみたいだね…まあそうした噂が立つくらいに金融業界は怖いところっていうのは否定しきれないけど、正規業者でそんな事をしていたとなると、今では大問題だね。

そもそも、現代ではサラ金と呼ばれている金融業者は、実質的に存在しないと言える。

というのも、サラ金はみんな消費者金融という名前に変更していて、サラ金と呼ばれる事を良しとはしていないんだよね。

だから、キミの情報っていうのは古い部分がたくさん存在していると言えるだろう。

消費者金融というのは現代ではイメージが良いところも多いように、今はルール内でしか貸付けはしていないし、銀行に落ちたからといって不当に金利を引き上げるような行為をするわけでもない。

今は法定金利が大きく引き下げられて、その枠内でしか設定はできないからね。

そして遅れると怖い取り立てがあるっていうのは有名な話だけど、それは昔のサラ金の話だよ。

昔のサラ金の中には大手の有名企業でもそうした暴力まがいの取り立てを実践していて、その結果追いつめられて自殺した人も居る。

こうした部分にもしっかりと規制が入っていて、同じくできない事になっているよ。

とにかく、サラ金は今では消費者金融に変わり、ルール内でしか貸付けをしてはいけなくなっている。

これはそのまま安全に繋がっているから、不当な高金利などの心配はせずに、額面上の金利や限度額で選んでしまって構わないだろう。

【参考ページはこちら】
借入に関するおすすめQ&A

サラ金で借入できない時に考えられる3つの要因

キャッシングやカードローンをサラ金で利用しようとしても、審査に通過出来ない場合があります。

利用の為には必ず審査を受けなければなりませんが、審査に落ちたとしても理由は教えてもらえません。

サラ金にとって審査基準は企業秘密なので、落ちた原因を伝えることで審査基準がわかってしまいます。

その為に、サラ金の審査に落ちた原因に関しては自分で推測して、次の申し込みに備えることが大切です。サラ金で借入できない時に見直すべき項目は次の3つです。

・経済力を充実させる為に収入を安定させましょう。

・過去に金融トラブルを起こしている場合は、記録が抹消されるまで待ちましょう。

・既に年収の3分の1に近い金額を借入れていて、法的にこれ以上の借入には問題がある場合は返済してから申込みましょう。

これらの3つの要因を見直して、審査基準を越えることが重要です。まず、経済力に関しては年収や勤続年数や雇用形態から判断されます。

年収が400万円程度あったとしても、勤続年数が半年程度であれば収入が安定しているとは言えません。

年齢も一緒に見られて、転職を頻繁に行っていると判断された場合は、いつ収入が途絶えるかわからないので基準を満たせません。

確実に審査に通過する経済力は、年収200万円以上で勤続年数は2年以上で正社員です。

正社員は簡単に退職することがないと判断されるので、最も安定性が高い雇用形態として見られます。

勤続年数は長ければ長い程に良いですが、最低でも2年は必要です。

しかし、年齢が30代で勤続年数が2年の場合は職を転々としていると判断されるので、20代で勤続年数2年よりも多少評価が下がります。

年齢も合わせて見られているので、年相応の収入や安定性を誇っていることが大切です。

年収は200万円でも低所得層ですが、借り入れは年収の3分の1までと定められているので、返済さえしてもらえれば問題はないと考えられます。

金融機関側が、返済を滞納する可能性があると判断した場合に審査に落ちます。

つまり、年収がある程度低くてもそれに合わせた利用限度額になるので、滞納せずに返済する見込みがあれば問題ありません。

信用を得られる経済力を示す数値を持っていることが大切です。

次に過去に金融トラブルを起こしている場合です。

金融トラブルの種類によって、信用情報に記録される期間が違います。滞納の場合は完済してから半年間は信用情報に記録されます。

教習所の入学金や車のローンなどの支払い途中に滞納している場合は、記録が残るので審査で不利になります。

債務整理を過去に行っている場合は、5~10年程度の期間において信用情報に記録が残ります。

そして、これらの期間が経過すれば信用情報は白紙になりますが、白紙であることも審査には不利になります。

社会人であれば大学生の頃に奨学金やバイクのローンなど、少額のローンを組んでいる可能性もあります。

そういったローンも組んでいない状態で、全くの白紙であれば金融トラブルの記録をされる期間が過ぎたことによって、信用情報が白紙になったのではないかと疑われます。

記録があるかないかということではなく、過去に金融トラブルを起こしているかどうかが重要なので、そういった経験がある疑わしい部分がある場合は審査で不利になります。

逆に有利になる信用情報は、過去に借金をして滞納せずに完済を繰り返している記録です。

全く借金をしたことが無いよりも、過去に借金を経験している方が評価が高くなります。

これは、借金を初めてしたことによって返済計画を上手く立てられずに滞納してしまう可能性があるからです。

過去に借金の経験があれば、返済方法や計画の立て方などある程度のノウハウが身についているので、滞納される可能性が低いと判断されます。

そして、3つ目の要因が年収の3分の1に近い金額を既に借入れている場合です。銀行以外の金融機関では年収の3分の1以上の借入が出来ない総量規制が適応されます。

年収300万円で、既に90万円程度他社から借入れている場合は、確実に審査に通過出来ません。

たったの10万円の貸し付けでは金融機関は大きな利益を得られない上に、様々な要因が重なって万一、総量規制の範囲を越えて貸し付けてしまった場合は金融機関が罰せられます。

ハイリスクローリターンになるので、審査では必ず借入額に注目されます。

年収の6分の1程度であっても、出来るだけ多く借金を返済してから新たに申し込んだ方が、審査に通過出来る可能性は高くなります。

金利が魅力的である為に、違う金融機関の利用を考えているのであれば、借り換えを利用して賢く申し込むことが大切です。

サラ金はグレーゾーンの金利で営業していますが、これは審査基準を下げることでより多くの利用者を募った為に生じたリスクをカバーする為です。

審査基準を下げれば、それだけ信用性が低い人物の利用も許可することになります。

そうなれば滞納や債務整理をされる頻度が増えてしまって、より多くの損害がもたらされます。

それらの損害をカバーするのが、日頃からグレーゾーン金利で貸し付けて得た利息です。

普段からより多くの利益を得ておくことで、滞納や債務整理による損害をカバーできます。

審査に通過しやすいことには、この様に必ず理由があるので把握した上で申し込むことが大切です。

また、これらの書面の審査に通過出来ても本人確認や勤務先への在籍確認が出来なければ審査に通過出来ません。

偽物が申し込んで勝手に利用することになれば、本人も金融機関も大きな損害を受けます。その為に本人確認は厳格に行われています。

基本的にどちらの確認も電話で行われますが、会社名ではなく個人名でかかってきます。

その為に、会社の同僚や上司が電話を取っても金融機関からの電話とは気づきません。

また、その日に会社を休んでいたり席を外していても、在籍していることを電話を取った人物が伝えてくれれば在籍確認は完了です。

本人確認の際にも個人名でかかってきますが、本人が必ず担当者と喋らなければなりません。

氏名や住所や生年月日など様々なことを質問されます。これらをスムーズに答えられるかも審査基準になっているので、待ち時間を与えると審査に落ちる可能性が高まります。

その時は本人確認は終了と伝えられても、確認が完了したとは言われません。これは正しく確認できずに疑わしい部分があった場合にも伝えられます。

勤務先への在籍確認は、申込書に記載した勤務先の情報が正しいかどうかを確認する為に行われます。

もし、無職で収入を得ていない人物に貸してしまえば、当然返済は出来ないので金融機関が大きな損害を受けます。

全ての情報は必ず裏付けされてから審査されるので、嘘の情報を記載しても必ず知られてしまいます。

嘘が発覚した時点で審査に落ちることになるので、必ず真実の情報を記載しましょう。

これらの審査は落ちてしまうと信用情報に記録されて、次の申し込みの際に不利になります。

一般的には3社程度審査に落ちてしまうと、審査に落ちたという記録が消える半年間の間は、どんな金融機関に申し込んでも審査には通過出来ません。

審査を何度も受けているということは、それだけお金に困っていて返済出来る人物かわからないと考えられてしまいます。

また、同じ金融機関に再度申し込んでも、半年間は必ず審査で落ちることになっていることがほとんどです。

その期間については金融機関のホームページに記載されているので、半年間経過するのを待たずに申し込んで信用情報に傷を付けないように注意が必要です。

借入できない時には、一度経済力と信用性を見直して、審査基準に満たないと判断される部分があれば、改善に向けて努力することが大切です。

特に信用情報に関しては、時間が解決してくれる部分もあるので、無理に借り入れずに節約をするなど現在出来ることをして信用情報が回復するのを待つことが重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.