三和の借入はおまとめローン以外もありますか?

田村と申します。仕事は建設現場での作業員で、なかなかしんどい日々を過ごしています。

とは言えデスクワークは性に合わないし、みんなと仲良く仕事ができていますから、疲れる事以外は特に問題らしい問題は無いです。

それでみんなとお昼ご飯を食べていたら、私の隣に座った人が「三和でおまとめローンが組めて助かった?」的な事を話していたんです。

おまとめローンっていうと、借金を一つにまとめて楽にする事でしたよね?確かに、返済に苦しむ人には良さそうです。

この話は軽く聞いていただけですが、出来れば新しい高級なカーナビが欲しかった私は、融資を受けてみたく思ったのです。

それで実際に使った人が居る金融業者…今回の場合は三和ですが、ここなら安心して使えると思ったのです。じゃないと闇金とか見分けられません。

ただ、三和についてはそのおまとめローンを組めたという話は聞いた事がありません。もしかして、三和はおまとめローンオンリーの金融業者だったりしますか?

私はお金は借りたいけど今は借金は特にないから、おまとめローンは特に必要はないのですよね。

三和にはおまとめローン以外もありますか?もしくはおまとめローンしか扱っていないのでしょうか?普通にお金を借りられる方法も存在しているのなら、是非教えて下さい。

普通の融資プランももちろんありますよ

田村さん、いつもお仕事お疲れ様です。確かにその話だけを聞くと、おまとめローン特化の金融業者としか頭の中にイメージ出来ませんよね。

金融業者は非常に数が多いから、中にはそうした特定の融資プランに特化した金融業者も存在はしています。

ただ、さすがにおまとめローンの金融商品一本で会社を運営していくというのは、なかなか厳しいですね。

何故かというと、大手の消費者金融や銀行は、普通の融資に加えておまとめローンも備えている場合が多く、ネームバリューの差も考えると、三和がおまとめオンリーとは考えにくいです。

実際、三和にはおまとめローン以外の商品ももちろん存在しています。

ただ、そうした人から聞いた話だけではなく、三和のホームページでもおまとめローンをプッシュした構成になっていますから、見間違える可能性も0とは言えないでしょう。

三和ではおまとめローン以外にも、普通の融資プランと言えるフリーローンがあります。

三和で言えば、サポートローンがその所謂『普通に現金を借りて自由に使い、翌月から地道に返済していく』ローンとなっています。今回のカーナビ用途でも全く問題ありません。

他にもビジネスローンや不動産担保ローンなど大型の融資方法もありますが、こちらに関してはものすごい大金を動かす時以外は縁がないでしょう。

サポートローンは融資額はこの中で言えば控えめですが、その分借りやすいので安心して相談できると言えます。

【参考ページはこちら】
借入を一本化すれば金利も下がる?

三和など破産した金融機関からの借入について

金融機関といえば、就職活動時にも就職希望者ランキング上位に位置する会社もたくさんある、大変人気の業種です。

三大メガバンクといわれる企業に関しては毎年何万人もの応募者が集まり、その採用枠を争っています。

なぜこれらの金融機関への就職希望者が多いのかというと、やはりその業種としての安定性にあるでしょう。

金融機関はモノを作る会社ではなく、お金をいうものをとりあつかってそれを貸出し、金利をもらって利益を上げる業態です。
(⇒借入のおすすめ会社を教えて!

ですから、お金というものがあり続ける限り、その業務はなくならないと考えてよいのではないでしょうか。

ですから、その安定性が魅力となり、毎年多数の学生を集めることになるのでしょう。特に、不況といわれる時代に関してはこの金融機関を希望する学生が増えます。

やはり先行きの見通しが不安定な製造業をはじめとする各種の業界に対して、金融業界の安定性が魅力にうつる方が多くなるのでしょう。

しかし、その金融機関も絶対ではありません。中には経営が危うく、破綻してしまう金融機関もあるのです。

また、お金を扱う業種であるからこそ、法律の規制に大変強く縛られます。

そのため、不祥事に対する意識は大変高く、常に金融庁からの監視の目が光っているのもこの業種の特徴です。

そのため、何か問題があった場合には営業停止などの命令が下ることもあり、その事実は大々的にマスコミに報道されるため、それによって経営が傾く原因となってしまうこともあります。

安定しているけれども、その中にも常にリスクが潜んでいる、これもまた金融機関の特徴といえるのです。

では、もし万が一経営破たんした金融機関からお金を借りていた場合というものは、いったいどうなるのでしょうか。

融資の申し込みを行っていた場合には、毎月決められた額を返済予定表に基づいて返済しているはずです。

ですが、その返済先が破綻してしまうということは、その後の返済は行わなくてよいということになるのでしょうか。

それは実は違います。その後も借りたお金はきちんと返済していかなければならないのです。その仕組みを以下にご説明します。

破綻した金融機関が持っている債権は、通常の場合ですとどこか別の金融機関に引き取られることになります。

債権譲渡と言って、現在返済している融資の契約を、丸々別の会社に譲渡することになるのです。

ですから、借金をした方にとっては、その後の返済先が変わるだけで、実際に支払っていくことには変わりありません。

しかし、少しだけ注意点も存在します。それらの債権譲渡された融資は、その譲渡された金融機関の制度に基づいて、条件が変更となる可能性があるのです。

金融機関は法に縛られている業種ではありますが、それでも各社によって少しずつ差異が存在します。

そのため、100パーセントまったく同じように譲渡した先でも融資契約が続いていくというわけではなく、その譲渡先によって新たな条項が加えられたりする場合があります。

もちろんこれらの条件変更に関してのことや、どこに譲渡されることになるのかという点についてはあらかじめ融資を受けた方には通知が行くはずです。

しかし、そこに拒否権が実質的に存在しているかというと必ずしもそうではなく、大体の場合は実質的には従わなければならない条件変更になってしまうことでしょう。

そこまで大幅な条件変更が行われることは通常考えにくいことですが、ぎりぎりのところで毎月返済ができている状態の方にとってはすこし苦しい事態になってしまうかもしれません。

やはり金融機関も公務員のように国や自治体が運営しているわけではありませんので、このように破綻してしまうこともあります。

経営が危ういという状態になると、公的資金を注入して何とかその経営を存続させようという動きが出てくるのですが、それでもどうにもならなくなってしまった場合には最終的には経営破たんということになります。

近年では、三和ファイナンスなどがそれらの破産手続きをおこなった事例があるようです。

このように経営破たんした金融機関からお金を借り入れていた場合には、その経営破たんに基づいてさまざまな手続きを行うことが必要になります。

それまでの金融機関とは別のところとの取引になるわけですので、当然といえば当然です。

また、返済を行うための銀行口座ももちろん変更になります。

ですから、毎月一定額を振り込む形で返済を行っていた場合には、その振込口座が変更になるわけですから古い口座にそのまま振込を続けても返済していることにはなりませんので注意してください。

誤って振り込んでしまうと、おそらくその口座は差し押さえられて凍結しているでしょうから、返還の手続きも大変です。変更の時期を十分確認して、間違いのないように振込先を変更しましょう。

経営破たんする金融機関というものは、多くの場合はあまり大きくない会社である場合が多いです。

ですので、そこから融資を受けている方というものはあまり人数的にも多くないことが多いのですが、それでも本人たちにとっては重要な問題です。

きちんとその事実を知り、確実に手続きを進めていきましょう。

融資を申し込む先というものは、金融機関の数だけ存在するということになりますので、どこに申し込むかという問題は利用者の側に選択権があります。

ですから、その経営状態を見て融資の申し込みを行うことも、また実は大事な問題なのではないでしょうか。

まとまったお金を借入れるということは、それを長年にわたって返済していく必要があるということです。

少しでも経営が安定した会社に融資の申し込みを行って、安心してその返済ができる環境を整えていくことは、利用者の立場でも十分可能なことなのです。

ですから、もしお金が必要になって融資の申し込みを行う必要が出てきた場合には、よくその金融機関の情報を調べて、安心できる会社に融資を申し込みましょう。

大手といわれているところはおおむね安定経営ができているものとおもわれますが、それでも自分の目で一度確かめたほうがよいかもしれません。

口コミを利用することでもある程度の情報を得ることができるでしょう。

自分自身がこれから何年にもわたって付き合っていく金融機関ですから、できる限り信用できる対応のよい金融機関を選んでください。それが自分自身を守るためでもあるかもしれません。

また、借金の返済ができなくなってしまうという事態は絶対に避けましょう。

それらの事態に陥ってしまうということは、自分自身にとってのダメージが大きいだけでなく、金融機関にとっても大変大きな損失を出してしまうことにつながります。

利用者の保護のための法律もたくさんあります。利息制限法や総量規制などは、利用者の利便性を奪うものではなく、その身を守るために存在する法律です。

返済ができなくなってしまうような事態をできる限り避けるために、制定された法律であるのです。

みなさんのその金融事故が、金融機関に大きなダメージを与えてしまうこともありえますので、みなさんを信用して融資を出してくれた金融機関の顔に泥を塗ってしまうような事態になるのだけは避けましょう。

金融機関からの借入というものは、使い方を間違えなければ大変便利に使用できるものです。

特に、高額の買い物の際や生活費のちょっとした補てんのためであれば、きちんと使うことによって大きな効果を実感することができます。

ですから、借りたものを返すというある意味当たり前のことを守るだけで、便利な生活を手に入れることができるのです。

消費者金融などのサービスはちょっとした機会に気軽に利用できるものですが、そのちょっとしたときに使ったという事実を忘れることなく、確実に返済を済ませていきましょう。

間違っても、ほかの金融機関で融資を受けて現在の融資を返済するようなことの内容にしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.