サロン立ち上げの為に借入金を用意する方法教えて下さい!

サロン立ち上げを目標としている26歳です!名前は朱実(仮名)と言います。今現在はご近所の人も来てくれる感じなので、とりあえず開店当初は賑やかになりそう♪

今まではネイリストとして勉強してきたので、それが存分に活かせそうです!

ネイルサロンの開店に伴い、技術に関してはそれなりに自信が身に付いてきたのですが…問題が資金です。

頑張って貯金をしてきたんですけど、やっぱり自前のお金だけで開店するって難しくて…困りました。お金の問題が一番厄介です。

結局、出来ればしたくなかった借金をするしか無さそうです。借金は嫌ですけど、自分の店を持つのにわがままなんて言ってられませんよね!

だからせめてお金を借りるにも賢く、より良い方法っていうのを探してから利用したいので、それが今回の質問です!

サロン立ち上げの為に借入金を用意してもらうなら、どんな方法が良いですか?

こう見えて、今までは借金とかした事無くて…学生時代、友達は結構カードローンとか気にせずに使っていたみたいですけど、私はあまりそういうのに気が進まなくて…。

でもこうなるのなら、ちょっとでもつかって勉強しておけば良かったかなぁ…と少しだけ悩んでます。

でもいつまでも悩んでいても仕方ないから、今は借りる方法を調べます!というわけで、皆さん教えて下さい♪

開業ならやっぱり日本政策金融公庫が一番ですね

融資を使う事で慣れるというのは確かに大事っす。しかしながら、基本的にお金というのは借りないならそれに越した事無いっす。

そういう意味では、非常に堅実な学生生活を送っておられたようで、良い事だと思うっすよ。

んで、今回生まれて初めて、それも開業資金を借りたいって事っすよね?開業資金を借りるのって、実は融資の中でも結構難しい部類に入っているっす。

だから自前のお金だけで開業できるなら、とっても楽チンになるけど、現実はそんなに簡単じゃないんすよね。

開業資金を用意する場合、基本的にはフリーローン系はダメっすね。

フリーローンっていうのはカードローンとかキャッシングとも呼ばれている、何にでも使える融資っす。何にでも使えるとは言うものの、こうした融資は大抵事業に使ってはダメなんすよ。

しかも開業するってことは、これまでの実績がまだ無いって事だから、実績優先の銀行融資は基本的に受ける事が難しいっす。

銀行は働く人にお金を貸してくれるところっすけど、回収が第一だから、すでにある程度業績が無いと渋るんすよね。

なら八方塞がりかというと、そんな事は無いっす。日本政策金融公庫って聞いた事あるっすか?

ここは、開業資金とかを低金利で貸し付けてくれる公庫…つまりは国の金融機関っす。国が経営しているから低金利になるし、たくさんのお金も借りられるっす。

ただ一つ欠点を言うとしたら、この融資方法は審査がちょっとシビアっす。

審査基準が難しいというか、きちんと「どんな感じで利益を出して返済するか」っていう計画書とかも出さないとダメっす。国の支援と言っても簡単じゃないって事っす。

借りる額によって難易度も変わるから、最低限足りない分だけ借りるようにすれば審査もちょっと楽になるっすから、頑張って下さいっす。

【参考ページはこちら】
今までの借入履歴が優良なら事業資金も借りやすい?

サロン立ち上げのために借入金を活用する方法

一生にわたって安定して豊かな暮らしをおくりたいと考えている人は、働けるうちは可能な限り仕事をして、収入を得ることが大切です。

たとえば、一流企業に勤めるサラリーマンと結婚して専業主婦になることに憧れる女性は多いですが、彼女たちの多くは必ずしも幸せな一生を過ごすことができるとは限りません。

ある日突然、配偶者が失職してしまうかもしれませんし、子会社に出向させられて給料が激減してしまうことだってあるのです。

数十年前の高度成長時代だったら、一家の大黒柱である父親が外で働いて、専業主婦の妻と二人の子どもを養う、というのが日本人の典型的なライフスタイルでしたが、今の時代にそのような生活をおくることができるのは、ごく一部の裕福な家庭に限られています。

たとえ一流企業に勤めている夫を持つ専業主婦でも、子どもが二人とも大学に進学するような場合には、外にパートに働きに出て、家計の足しにするためにお金を稼がなくてはならないのが現実なのです。

ですから、今や結婚や出産で仕事を辞めてしまうのは、かなりリスクのある選択ということがわかるでしょう。

最近は、少子化とそれに伴う労働力不足が問題になっているので、仕事と家庭が両立できるように、さまざまな支援制度を取り入れている企業が増えています。

ですから、そのような制度を上手に利用しながら、末長く働き続けることが最も賢い選択なのです。

しかし、一方で、組織に勤めている人の多くは、独立開業することに憧れるものです。

組織に雇われている以上、上司の命令には絶対に逆らえないので、どんなに理不尽と思われる命令があっても、黙ってそれに従うしかありません。

また、個人でいくら優秀な成績をあげても、周囲の同僚や部下、上司などに無能な人が多ければ、そうした人々が足を引っ張って、結果として会社の業績が落ち込んでしまうこともあります。

そのような場合は、連帯責任をとってお給料やボーナスが減額されてしまうかもしれません。

このように、組織で働くということは、個人の能力や成果が正当に評価してもらえない、という悩みがあります。

自分にはもっと大きな仕事ができるはずだ、もっとたくさん給料がもらえるはずの仕事をこなしている、と考えている人はたくさん存在していることでしょう。

そのような人にとっては、会社組織で働くことの方が、リスクのある行き方といえるかもしれません。

自分で独立開業すれば、はるかに多額の収入を得ることができるのに、会社に所属しているがゆえに、不当に安い賃金で働かされている、という場合があるからです。

自分の能力に自信がある人の場合には、思い切って組織を離れて独立することを検討してみるのもいいでしょう。

実際に、一代で事業を興して大きな成功をおさめた社長たちは、若いうちから会社組織に限界を感じて、それに見切りをつけて独自にビジネスを始める人が多いです。

つまり、会社で働くということは、平凡で安定した人生をおくることができますが、成功をおさめたり、自分の能力を最大限に発揮することはあきらめなければならない、ということなのです。

しかし、人生はたった一度しかないものですから、時には思い切って自分の力を信じて新しいことにチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

とはいうものの、独立開業するにはスキルもノウハウもないし、自信がないという人は少なくありません。

そのような人は、まずは小さな店舗を営業することから始めてみればいいのです。

例えば、美容師の場合を例にとってみましょう。カットやパーマの技術に優れた美容師は、客からの指名回数が多いので、若くても高額の収入を得ることができます。

しかし、ヘアサロンに雇われている限りは、売上の多くは会社の利益となるため、本人の手元に残るお金はその何割かに過ぎません。

確かに、有名サロンに勤務していれば、そのお店の知名度によってたくさんの顧客を獲得できるので、そこで働くメリットは大いにあります。

一方で、一日に何十人もの顧客を相手にして必死になって働いても、それに見合うだけの収入を得ることのできる可能性は低いので、このようなお店に雇用者として採用されることには、やはり一長一短があるといえます。

そうした事情を考慮してか、美容師の人は、比較的年齢が若いうちから、独立開業を志す人がとても多いのです。

実際に、今まで通っていた美容室の美容師さんが、独立するために店を辞めてしまった、という経験がある人はかなり多いのではないでしょうか。

特に、美容師はサラリーマンと違って、各自の実力の違いが大きく際立つ仕事です。

特に技術に自信がある人ほど、いつまでも他人に雇われていないで、自分の力で店を切り盛りしたい、と考えるのは当然のことでしょう。

独立すれば、自分の技術に見合ったサービス料金を設定できますし、店の売上は全額自分の収入とすることができます。

つまり、頑張って働けば働くほど、それに見合った報酬が得られるため、仕事のやりがいや働くことへの意欲がますます増加していくのです。

やはり、働く上では誰でも社長になったり、トップになることを目指すものですから、自分のサロンを開くということは、技術者にとっての究極の目標であるといえるでしょう。

しかし、実力には何の問題もない技術者にとって、独立開業に向けての課題となるのが、資金調達をどうするか、ということです。

どんなに高額の収入を得ている人でも、自分の預貯金だけで開業資金をまかなえるほど金銭的に余裕のある人は、まず存在しないといっていいでしょう。

また、独立するとなると、今後の収入の保障がなくなるので、預貯金を全額開業資金に注ぎ込むことは危険なことです。

特に、開業して数カ月は、まだお店の知名度が低いので、なかなか客足が伸びずに、思ったほど利益が出ない場合が往々にしてあるものです。

一般的に、どのような業態の店舗も最初はあまり来店数が伸びずに苦労しますが、その後徐々に口コミによって評判が広がり、人気店へと成長していくものです。

ですから、最初の数カ月を乗り切るために、ある程度の預貯金は生活費やお店の経費に要する費用として確保しておかなくてはなりません。

それでは、サロン立ち上げに必要な資金はどうするのか、という問題が残りますが、それは簡単に解決することができます。

金融機関から、事業資金を借入金で調達すれば、自分の預貯金に一切手をつけなくても、必要なお金を手にすることができるのです。
(⇒借入ができる会社を教えて!

また、金融機関は単にお金を貸してくれるだけではなく、サロン開店に伴う事業計画の妥当性についても、いろいろなアドバイスをしてくれます。

銀行や貸金業者は、業種や業界を問わずに、さまざまな事業者に資金調達を行っているので、ある意味では当の事業者以上に経営を熟知している存在といえます。

ですから、事業計画や資金計画について、金融業者のアドバイスを受けることは、今後の事業展開にあたって非常に有益なことなのです。

特に、サロン立ち上げを考えている人は、今までは雇用者として働いてきて、現場の仕事というものは十分に熟知していても、経営の立場から物事をとらえた経験のある人はあまりいないといっていいでしょう。

しかし、どんなに小規模のサロンであっても、お店を開く以上は、経営者としての判断が欠かせません。

通常は、店舗運営をしながら、試行錯誤して経営者としての資質を磨いていくものですが、金融業者から融資を受ければ、資金の適切な使い方や、事業の進め方について、随時アドバイスを受けることができるので、予定よりも早くお店の運営を軌道にのせられる場合が多いのです。

このように、金融のプロを味方につけることができれば、未経験の人でも失敗をおそれずにサロン開業を進めることができます。

店舗経営を考えている人ならば、まずは一度金融機関の窓口に相談に訪れてみるといいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.